いのちがけ

現実での生き残り、すべてが有機的につながり、壊れてゆく。日常からの脱出。まさに、いのちがけ。

どようびじゅうよっか

2017-10-14 12:05:31 | Weblog
どようび
じゅうよっか
あめもよう
きのうもあめ
あすもあめ
すべなきは
ぼおおっといちにち
すばなくひるまで
だらだらだら
しごとほうき
ほうしんじょうたい
さけがにければ
いかんせん
ないぞうそこそこ
いきものいかに
もとにはしゅうふく
しぜんちゆ
かみのさんだんいのちの
ろうそくちろちろ
きえそできえず
どようび
もくてき
ありなしりんご
あきのみかく
ちゅちゅんちゅん
すずめはいなほを
ちゅん
ちゅん
ちゅん
あかぎまだらは
いまごろどこへ
はねをやすめて
てん
てん
てん






この記事をはてなブックマークに追加