giotto34/Whale song  ―白い鯨のうた―

*詩はオリジナルです。
たずねてくれて、読んでくれて、
ありがとうございます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

詩205:虫

2010年11月21日 | 


後ずさる

睫毛のような脚に

思考の花びら

この虫の名を知らない



この思考を

危める

存在であるのは

思考の波に

色を見る

ワタシであるなら

簡単なことではない


「whale song」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あたらしい詩のブログ

2010年10月04日 | ご挨拶

読んでくださっている何処かの

だれか、

その人に

こころからの感謝を申し上げます。

また、

新しく詩のblog始めました。


http://ameblo.jp/blue34-gio/


これからもどうぞ宜しくお願い

いたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詩204:国境

2010年10月04日 | 

/国境


国境なき国境の側で、

黄色い砂を噛む人間の

白い歯

肌を割いて、

肉食の空を夢見る


ワタシのそばで、

分かてない

砂のような

匿名の



「whale song」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詩203:てのひら

2010年09月06日 | 
/てのひら



青い空に
ひしめく てのひら、
羽音をつかまれた鳶
静かに
海へ出る


羽音を手にして
鳥を真似る てのひら
ホシガル
黄色い嘴の砂、



紛れ込む
ワタシの足跡、


切り裂かれた
ワタシの足跡、


崩砂に立つ姿
亡き
ワタシの足跡、


砂に染みる水滴の粒子、
濡れる、
桃色の宝石、
貝殻が転がる、海は
ワタシの戦場、
うつ波の、


涙を
青い魚が舐めに集まり、
魚は海をつくる


魚の尾びれ、をまねる
ひしめく てのひら


空へ出る、
音のないただの空、

ただの青

ワタシのてのひら


「whale song」




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詩202:せかい

2010年08月24日 | 
/せかい




そうだね




「望むなら」


ほかに



言葉がみつからない



世界とはそういうもの





「whale song」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詩201:平日

2010年08月21日 | 
/平日  
 


暮れ行く空に立ち上る
ビルディングの死んだ神々


亡霊、行過ぎた孤独
朝に並ぶ 雨言葉、


誰もが帰りたい
出勤時間


真昼の太陽
欠伸は手のひらに


誰も知らない
午後16時半の
大人のランドセル


ビルディングの隙間から
死んだ神々のコトバは漏れ始める


昨日と同じ今日だったね
何にも変わらない
双子のような
昨日と今日だね
仲良しだからね
平和だよね
きっと人間は
こうやって
幸せを手にしてきたのさ


しかし、
これはいったい
誰の置き土産だったんだい??
随分長持ちする
賑やかなメルヘン


耳も
目も塞ぐような
睡眠にも
頼れない
真昼のような
心の夜よ


「whale song」






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詩200:水の行方

2010年08月01日 | 
/水の行方


夕暮れに飛び回る海豚の群れを

輝く水面に飛び回る波のしぶきを、

命から零れる、青い音、




黄土に乾いた唇から語られる、

誰も知らない、あの

行方をさがすのは、

最後の一滴をのみほして

しまった、

旅人、の

そのミズの姿を

その後誰もみたことがない


あの最後の一滴が、

水の姿だったのなら、

私たちは、

今まで何にかわいていたのだろう。


旅人よ、飲みほしてしまった

その水の姿を、

語る、

その誰も見たことが無い、

水、

の姿を語る、

それが旅人の始まりで、

私たちは

かわいた唇を舐めるように、

その知らない水の味を

愛するほか

生きる、 姿はない


「whale song」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詩199:羊の足元

2010年07月20日 | 
/羊の足元


頭には森

胸には太古の海

羊は目を開け

夏の朝と

足元をみた

砂の粒子に足を
這わせて

蟻は戦場に向かっていた

「whale song」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詩198:コドモ

2010年06月22日 | 
/コドモ


丸い乳房の向こうで

オレンジ色の

太陽がうたう

僕を見ろ

泣いたって元気だ

「whale song」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詩197:開拓

2010年06月04日 | 
/開拓


海は枯れ、白骨が残る

あれはたくましい、ポセイドンの白骨、

シロナガスクジラの腹の辺りに

転がるそれを西日が照らし曝してゆく

荒野は広がり、

果てを知らない金色の絨毯は

死者を宝石に変える



あなたはまた旅をすることになった

かつて海があったこの場所で、

死のにおいにむせ、生きた香にむせる

あなたは額にコブシの花を添えていた



わだつみの

取り残された波の音

あなたは白い光の混ざりものを

ただ歩いていた


「whale song」


コメント
この記事をはてなブックマークに追加