祇園のたわし

映画日記です。懐かしの名作や話題の作品をジャンルを問わず
観賞しています。

『モネ・ゲーム』

2017-04-23 23:25:19 | 洋画 ま行

 2012年 米英合作映画 

監督 マイケル・ホフマン 

出演 コリン・ファース、キャメロン・ディアス、アラン・リックマン 


 

 

イギリス人のキュレーター、ハリー・ディーン(ファース)は、長年メディア王ライオネル・シャバンダー(リックマン)のもとで働いていたが、彼の横柄さと人使いの荒さにはもう我慢できないものを感じていた。印象派絵画のコレクターであるシャバンダーは、戦時中ナチスに強奪された『積み藁・夕暮れ』を探し求めていた。これを知っていたハリーは、知人の退役軍人ネルソン少佐が描いた贋作の『積み藁・夕暮れ』を利用して大金を巻き上げることを計画するが・・・。

私のお勧め度は「B」。ドタバタコメディー映画だがコリン・ファースはこの手の役がはまりどころだ。ディアズの魅力はあと一つ。脚本はコーエン兄弟が執筆した。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『リトル・フォレスト 冬/春』 | トップ | 『リリーのすべて』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む