とんぼ歳時記

ヘルシー家庭料理の店「とんぼ」のお知らせ

新ジャガとマグロのコロッケ

2017-03-21 14:59:32 | 日記
大正末期から、昭和の初めにかけて流行し、家庭料理としてもすっかり定着したのが[カレーライス]と[トンカツ]、そして[コロッケ]です。日本の三大洋食ともいわれ、トンカツ、コロッケは、街のお惣菜屋の定番です。中でも[コロッケ]は、蕎麦、うどん、カレーライスの上に乗せたり、サンドイッチに挟んだりして、応用例の多い料理。

[コロッケ]は、茹でたジャガイモを潰した(マッシュポテト)をベースにしたものと、ベシャメルを用いたクリームコロッケに大別されます。

今夜は、新ジャガと新玉ねぎ、そしてマグロの骨についている身をほぐし、具にした[富士子風変わりコロッケ]を誂えてみました。
作り方は極めてシンプル。マグロの身をほぐして、細かく刻んだ新玉ねぎをバターで炒め、レモン汁を入れて、予め茹でて潰した新ジャガイモに混ぜて塩コショウします。隠し味にマヨネーズを少し加え、パン粉は米粉が少し混ぜたものを使用します。米粉が入っていると、覚めてもカラッとしています。


子どもから大人にも人気のコロッケ。主たる食材や混ぜる材料によってバリエーションも豊かです。ポテトコロッケに、カボチャコロッケ、おからコロッケ、メンチコロッケ、豆腐コロッケ等々です。[コロッケ]は、調理が手軽で安価なことが家庭料理として定着した原因かも。

そういえば、大正時代の流行歌に[♬ワイフ貰って嬉しいが、いつも出てくるおかずはコロッケ 今日もコロッケ 明日もコロッケ〜♬]という歌詞の[コロッケの唄]が大ヒットしたそうです。

G I N Z A と ん ぼ
富士子
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« チヂミ小松菜料理を | トップ | 山芋の磯辺焼き »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。