とんぼ歳時記

ヘルシー家庭料理の店「とんぼ」のお知らせ

枕崎・薩摩酒造[明治蔵]へ

2017-03-06 12:56:05 | 日記

カラオケ好きの常連客が好んで歌うのが、ご存知の歌手・森進一さんの【港町ブルース】。特に好きな一節が、♬呼んで届かぬ人の名を こぼれた酒と指で書く〜港 別府・長崎・枕崎〜 なんだそうです。

先週の週末を利用して、その港町・枕崎市をお店の常連客の皆さんと、私と直子さんとで訪れてきました。
目的はお店でお世話になっている鹿児島・薩摩酒造の花渡川蒸溜所[明治蔵]の見学です。
[とんぼ]のキープボトルの棚を見れば一目で分かりますが、大半のボトルは焼酎類です。その8割以上が薩摩酒造さんの製品で占められおります。同社東京支店長を長年務められ、昨年本社に戻られた田代さんもいらっしゃるので、希望者を募り実現した旅路の果てツアーです。

薩摩酒造の[明治蔵]は、明治の頃から続く焼酎造りの伝統の製法と技を今に伝えてます。見学者は、手作りの仕込みを間近で体感したり、[明治蔵]でしか味わえない限定の焼酎を試飲できました。
薩摩酒造さんのご好意で、明治蔵で造られた甕壺(かめつぼ)仕込みの[白波明治蔵]をお土産に頂戴いたし、至れり尽くせりのご歓待をいただきました。
田代さんはじめ薩摩酒造の皆さん!お世話になりまして、ありがとうございます。

今回の鹿児島[旅路の果てツアー]は、とんぼと同じ町内にある南日本新聞東京支社に単身赴任中の常連客・永瀬さんのご手配と現地案内のおかげによります。
ツアー初日は、沖田牧場に赴き、鹿児島名産の黒豚肉料理の数々を堪能。鹿児島市内の城山展望台から[桜島]を眺望し夜は天文館にあるお店に案内いただき鹿児島の郷土料理をたっぷりと味わいました。
そして二日目は、指宿市に赴き有名な[砂蒸し風呂]を体感し、薩摩酒造[明治蔵]の後は、知覧市に立ち寄り太平洋戦争時の[特攻平和会館]にある旧陸軍特別攻撃隊員の資料や遺品等の展示物を見学いたしました。

永瀬さん、何から何までお世話になりありがとうございます。

G I N Z A と ん ぼ
富士子
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハマグリのお吸い物 | トップ | 富士子特製 『さつま揚げ』 »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。