銀幕大帝α

切り株愛好連盟加入ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で8周年。2600作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

スノーピアサー

2014年06月11日 21時20分04秒 | 亜細亜サスペンス
SNOWPIERCER
2013年
韓国/アメリカ/フランス
125分
SF/サスペンス/ドラマ
PG12
劇場公開(2014/02/07)



監督:
ポン・ジュノ
『母なる証明』
製作:
パク・チャヌク
原案:
ポン・ジュノ
脚本:
ポン・ジュノ
出演:
クリス・エヴァンスカーティス
ソン・ガンホナムグン・ミンス
ティルダ・スウィントンメイソン
ジェイミー・ベルエドガー
オクタヴィア・スペンサーターニャ
ユエン・ブレムナーアンドリュー
アリソン・ピル小学校教師
コ・アソンヨナ
ジョン・ハートギリアム
エド・ハリスウィルフォード



<ストーリー>
氷河期に突入した2031年の地球を舞台に、生存者を乗せて走り続ける列車・スノーピアサーで形成された階級社会で自由を掴み取るために闘う人々の姿を壮大なスケールで描く。

前を進め。
世界を変えろ。


-感想-

前車両に行くほどに裕福な人達が居住しているというユニークさは買う。
けど、私的には一車両毎にレベルが上がっていく殺戮集団とか殺人鬼が居て、それらを次々に倒しながら先頭車両を目指す、てな話の方が良かったなぁ。
トンネル内で勃発する黒マスク軍団と貧困軍団との戦いがすこぶる面白かっただけに、尚更そう思ってしまった。

次の車両はどんな敵が待ち構えているんだろう?と妙にワクワクしたにも関わらず、その思いを否定するかのように、子供達が楽しげにお勉強していたり、車輌丸ごと水族館だったり、薬でハイになった人間達がワイワイやっていたりと、やけに平和的な描写が続くものだから私が求めていたのと違う!と少しガッカリした気分になってしまった。

もういっそうの事、戦いだらけのサバイバル映画にしちゃえば良かったのに。

そんな中、一人のターミネーター野郎が登場して若干、展開に盛り上がりが生まれたものの、期待した程緊迫したシーンまでには至らず、結局最後も主人公と列車の責任者がまったりと会話しているだけで、そのまま無理やりに爆発起こして脱線終了。

結果的に見ると、ラストに登場した白熊の生存を映し出す事で、氷河期の世界は終わりに近づきつつあり、人類も安心してこれからは外で暮らせるんだという、希望を齎す形で締めくくられていたが、生き残ったのは若き韓国少女と黒人坊や。
果たしてこの2人で再び人類繁栄を呼び戻す事が出来るのか、その辺に疑問を残すものはなきにしもあらずでしたが、ま、それなりに物語の〆として余韻を残す意味ではこういう終わり方も有りかもしれないな。

貧困民に与えられていた唯一の食料。
真っ黒な羊羹みたいで、見るからに不味そうだったのだが、まさか原材料が“あれ”だったとは^^;
そりゃ、“あれ”を使ったらあんな色になりますわ。
製造過程を見せられた瞬間、うげぇ~ってなったよ。

後、それぞれの車輌に住んでいる人達は寝床とかトイレとかどうしてるんだろう。
それ以外にも、1年中走り回っているそうだが、線路のメンテナンスとか誰がやっているんだろう。
なんか色々とツッコミというか疑問が沸く設定内容の作品でしたが、なんだかんだ書きつつも先ず先ず楽しくは観れちゃったのが不思議。

評価:★★★☆
14/06/11DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2014-06-06
メーカー:KADOKAWA 角川書店

オフィシャル・サイト(日本語)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (18)   トラックバック (35)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハリケーンアワー | トップ | インシディアス 第2章 »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
一番海苔♪笑 (Puff)
2014-06-11 21:59:21
この映画ね、さすがコミックの映画化だけあって、
「映像化するとちょっと無理があるんじゃね?」みたいなツッコミはありましたが、
映画自体はなかなか楽しく観れましたね。

私も列車の順番とか内容が不満でありました。
最初の方はまあ納得出来るものでしたが(調理室の驚愕のアレとか!)
その後、トーンダウンしていくような…
やはり、進んで行くに従って難易度上げて欲しかったです。

で、ティルダさんにはビックリでしたね!
(少し久本 雅美さんに似てませんでした?笑)
クリス・エヴァンスも「キャプテン・アメリカ」とは全然違う雰囲気でしたね。
言われないと気付かないかも!?
>Puffちんへ (ヒロ之)
2014-06-11 22:25:49
こんばんは!

原作がコミックなんで、それを実写化するには多少の無理があったのかもしれませんね。
しかし、そこは韓国人監督。
上手く見れる作品として料理していたように思えました。

Puffちんと全く同じ意見で、後半に進むにつれて、展開が地味になったように思えます。
自分の中でのピークはやっぱりトンネル内での攻防戦でした。
そういうのを車両を変えていく毎に見せてくれれば、まだ違った面白さがあったように思えます。

出っ歯でしょ(笑)
私も久本さんの顔を思い浮かべましたよ
クリス・エバンスは「キャプテン・アメリカ」の人、って言われてもピンとこない、全く違う風貌でしたよね。
今回は普通のおっちゃんでした(笑)
同じく出っ歯さんがねえ。 (ミス・マープル)
2014-06-11 22:43:42
いろいろ突っ込みどころがあるし、ラストもなんかねえ。
トンネルの攻防戦はクライマックスでしたね。それとカーブでの銃撃戦ですかね。
なんかラストは白クマさんが出てきて、ここから人類の再生かなとか思いましたが、どうも感情移入できず。
先生のマシンガンはびっくりしましたが。
ティルダさんには笑いました。
Unknown (ふじき78)
2014-06-11 23:14:58
ラストはコ・アソンちゃんが種族を越えて白熊ベビーを産むという暗喩ですよ、きっと。
色々ツッコミどころはあるけれど (りお)
2014-06-12 22:25:45
わたしとしては、エド・ハリスが格好良かったらそれでヨシです(笑)
プロテイン・ブロックの原料はさすがにねえ…
あれしかないと言われれば、食べるしかないのでしょうけど…
>ミス・マープルさんへ (ヒロ之)
2014-06-13 01:54:14
こんばんは!
ツッコミ所満載でしたが、何故か最後まで楽しく観れちゃった作品でした。
見所はやっぱりトンネル内での戦いでしょうね。
あそこ以外は余りパッとしないシーンが続きましたが、結局最後はどうなるんだろうという気持ちがあったが為か、特にダレる事はなかったです。
ラストは賛否両論ありそうですが、私はあれはあれで良いのかなぁと思いました。
あの先生、妊娠しているの銃をぶっ放すとは。
ある意味ビックリしましたよ。
>ふじき78さんへ (ヒロ之)
2014-06-13 02:23:18
こんばんは!
えぇ!
白熊さんとXXしちゃうんですか!?
一体どんな生き物が生まれてくるのか、想像しただけでも怖い^^;
>りおさんへ (ヒロ之)
2014-06-13 03:04:05
こんばんは!
コメントありがとうございます。

エド・ハリスのファンでらっしゃいますか!
彼はいつも渋い演技を見せてくれますよね!
プロティンの原材料にはうげぇってなりました。
まぁそれを知らなければ、どうってことないのでしょうけど、知ってれば食べたくないのは確かです^^;
こんばんは♪ (yukarin)
2014-06-13 23:12:31
結構ツッコミどころ満載の作品でしたねー。
トイレが気になる!!
でもやはり線路のメンテナンスが一番気になりますよねぇ。
>yukarinさんへ (ヒロ之)
2014-06-14 21:25:01
こんばんは!
あらゆる場面でツッコミが入る映画でした(笑)
トイレ事情がどうなっているのか、線路はある程度誰かがメンテナンスしないと危ないだろうとか、どうもそうどうでも良い部分が気になって仕方がなかったです。
きっと (sakurai)
2014-06-18 07:19:23
あれを食料に出来るくらいですから、排泄物もどっかで、食料に変えちゃってるんですよ、きっと。
殺戮ばっかだと、たぶん飽きちゃいますよ。
あれぐらいで、私的にはちょうどよかった。
なにはともあれ、ジェイミー君が、早々にリタイアしたのが、残念でした。もっと見てたかったのに。
>sakuraiさんへ (ヒロ之)
2014-06-19 20:54:44
こんばんは!
えぇ!?
排泄物も食べ物にしちゃっているんですか!
うわぁ、想像しただけでもうぇ~てなりますね。
sakuraiさんはあれ位で丁度良かったですか。
私的には、初めの覆面軍団みたく、車両を移動する度に敵がどんどん強くなる、みたいなお話が良かったです。
こんにちは (maki)
2014-07-23 08:14:06
プロテインブロックの虫さんが
どこで生育したのかが気になります
人々の尿や糞は肥料になりますが、
虫はどこで保護していたのでしょうか
>makiさんへ (ヒロ之)
2014-07-24 01:22:21
こんばんは!
あの虫の大群ですか。
あれだけの車両があったので、何処かで飼育し、増殖させていたのかもしれませんね。
餌はなんだろう。
いやもう、それより、あれを食わされていたってのが衝撃的過ぎます^^;
Unknown (タケヤ)
2014-08-13 21:09:27
(一車両毎にレベルが上がっていく殺戮集団
とか殺人鬼)・・・それジャンプの世界じゃないですか(笑)

僕はあの内容で結構楽しめたクチです。
ヒロ之さんにとっては少しおっとりしてたかも
しれないけど上流階級の列車ってあんなもん
なんじゃないですか?

ラストのウィルフォードとの哲学的なやりとり
僕はあれが良かったかな?

いきなり会って(うぉー)って戦ってもねえ。。。
シロクマ的な終わりもステキでした。
>タケヤさんへ (ヒロ之)
2014-08-15 03:19:06
こんばんは!
コメントありがとうございます。

いやぁ、自分的にはそのジャンプの世界(笑)の方が観たかったんですよ。
そののんびりとした感じが自分的にはちと退屈で^^;

いやでも決して面白くなかったていう訳ではないですよ。
ストーリーはとても良く出来ていたと思います。
ただ、もっと白熱する大乱闘を定期的に見せて欲しかったかなぁ、という感想ですかね。
TBありがとうございます (ONE OF THE BROKEN)
2014-12-25 10:06:57
プロットは非常に興味深かったのですが
まぁ冷静に考えるとあくまで”列車内”の出来事ですから
スケールの小ささは仕方ないところですね。

ポン・ジュノ監督独特の空気感はありましたので
次回作に期待したいと思います。
>ONE OF THE BROKENさんへ (ヒロ之)
2014-12-27 14:11:58
こんにちは。
コメントありがとうございます。
そうですね。
プロットそのものは斬新で面白いものがあると思います。
ただ、終始列車の中の話ですから、盛り上がりが乏しく感じるのも否めないです。
前半は結構良かったのに、後半は列車と共に失速したようにも思えました。
そこが惜しいです。

あわせて読む

35 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
スノーピアサー (マープルのつぶやき)
JUGEMテーマ:アクション映画全般 「スノーピアサー」 原題:Snowpiercer 監督:ポン・ジュノ 2013年 韓国=アメリカ=フランス映画  125分 PG12 キャスト:クリス・エバンス      ソン・ガンホ      ティルダ・スウィントン     ...
『スノーピアサー』を角川シネマ有楽町で観て、あー変でおもろかった満足ふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★すげえ変映画。でも満足】    人類は滅亡した。生き残っているのは電車の乗客だけ。 って思い切ったとんでも設定が、見ているとそれもありかなと思わさ ...
スノーピアサー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(AF) 本作のMVPはティルダ・スウィントンに決定です!(笑)
『スノーピアサー』 2014年1月29日 角川シネマ有楽町 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『スノーピアサー』 を試写会で鑑賞しました。 ポン・ジュノ監督の挨拶がありました でも、映画無関係な不要な森脇健児と安田大サーカスの団長がゲストでいらない話が長かった 【ストーリー】  地球温暖化を防ぐべく世界中で散布された薬品CW-7により、氷河期が引き起...
スノーピアサー~アイデア賞どまり (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。韓国=アメリカ=フランス、ジャン=マルク・ロシェット、ベンジャミン・ルグランド、ジャック・ロブ原作、原題:Snowpiercer、ポン・ジュノ監督。クリス・エヴァンス、ソ ...
スノーピアサー/クリス・エヴァンス (カノンな日々)
『母なる証明』のポン・ジュノ監督がフランス人漫画家のジャン・マルク・ロシェットによるグラフィックノベルを映画化したSFアクション・ムービーです。予告編が流れ出した当初は ...
スノーピアサー (そーれりぽーと)
ポン・ジュノが遂に韓国を飛び出して撮った映画ということで、“絶対に”観ておかなければならない大事件を予感させる『スノーピアサー』を観てきました。 ★★★★ これは大事件というよりも、大事故なのかもしれない。 韓流映画からは少し距離を置いているところです...
スノーピアサー 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
「グエムル」などでしられるポン・ジュノ監督 の新作SF映画「スノーピアサー」が公開されました ので観に行ってきました。韓国とアメリカとフランスの合作映画になり キャストも国際的、ボン監督の映画は「グエムル」 を以前観た以来の鑑賞になります。 スノーピアサー [...
ポン・ジュノ監督『スノーピアサー(Snowpiercer)』クリス・エヴァンス、ソン・ガンホ、コ・アソン、ティルダ・スウィントン、ジョン・... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、ラストに触れています。『ほえる犬は噛まない』『殺人の追憶』『グエムル』『母なる証明』(←スゴイ!全部傑作!)のポン・ジュノ監督がフランスのコミック「LE TRANSPERCENEIGE」を原
【スノーピアサー】列車カーストを壊せ (映画@見取り八段)
スノーピアサー~ SNOWPIERCER ~     監督: ポン・ジュノ    出演: クリス・エヴァンス、ソン・ガンホ、ティルダ・スウィントン、オクタヴィア・スペンサー、ジェイミー・ベル、ユエン・ブレムナー、コ・アソン、ジョン・ハート、エド・ハリス 公開: 2014...
劇場鑑賞「スノーピアサー」 (日々“是”精進! ver.F)
シロクマは生きてました… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201402070001/ ポン・ジュノ監督作 / ソン・ガンホ、コ・アソン CMDC-10153 映画OST / 『雪国列車』SNOWPIERC...価格:1,890円(税込、送料別) ★特価...
残された人々~『スノーピアサー』 (真紅のthinkingdays)
 Snowpiercer  2014年7月。温暖化を阻止すべく打ち上げられたCW-7ロケットの影響で、地球 は凍結状態となり、生物のほとんどは死滅する。17年後、残された人類を乗せた 列車 「スノーピアサー」 は、一年かけて地球を一周する軌道を走り続けていた。...
スノーピアサー/SNOWPIERCER (我想一個人映画美的女人blog)
フランスのコミック「LE TRANSPERCENEIGE」を原作に、 「殺人の追憶」「グエムル-漢江の怪物-」、「母なる証明」のポン・ジュノ監督が描いた 近未来SFアクションエンターテインメント 制作には、パク・チャヌク! とにかくもー!キャストが最高 最後尾...
スノーピアサー ★★★★ (パピとママ映画のblog)
『母なる証明』などのポン・ジュノ監督が、フランスのコミック「LE TRANSPERCENEIGE」を原作に放つSF作。新たな氷河期が到来した地球を列車でさまよう数少ない人類の生き残りが、支配層と被支配層に分かれて車内で壮絶な戦いを繰り広げていく。『アベンジャーズ』などの....
スノーピアサー (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
スノーピアサー 13:韓国=アメリカ=フランス ◆原題:SNOWPIERCER ◆監督:ポン・ジュノ「母なる証明」「グエムル 漢江(ハンガン)の怪物」 ◆主演:クリス・エヴァンス、ソン・ガンホ、ティルダ・スウィントン、ジェイミー・ベル、オクタヴィア・スペンサー、ユエン・ブレ...
『スノーピアサー』('14初鑑賞14・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 2月8日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター6にて 13:35の回を鑑賞。
スノーピアサー (映画三昧、活字中毒)
■ ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞スノーピアサー/???? 2013年/韓国、アメリカ、フランス/125分 監督: ポン・ジュノ 出演: クリス・エヴァンス/ソン・ガンホ/ティルダ・スウィントン/ジェイミー・ベル/オクタヴィア・スペンサー 公開: 2014年02月...
『スノーピアサー』 (時間の無駄と言わないで)
韓国映画だけど台詞は殆どが英語。 キャストもクリス・エヴァンス、ジェイミー・ベル、ジョン・ハート、ティルダ・スウィントン、エド・ハリスっつうハリウッドの凄まじい面子を ...
『スノーピアサー』 (こねたみっくす)
白い外界と暗い車内。本当の方舟はどちらなのか。 フランスのSFコミックを韓国のポン・ジュノ監督がアメリカやイギリスの名優を揃えて描くこの作品。 これまでの監督作品と比べる ...
スノーピアサー・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
究極の一本道。 「グエムル 漢江の怪物」や「母なる証明」で知られる韓国の鬼才、ポン・ジュノ監督初の英語劇。 とは言っても先に米国進出したパク・チヤヌクやキム・ジウンのケースとは異なり、本作はあくまでも韓国発の合作企画で資本の多くも韓国から出ている。 ...
スノーピアサー (映画と本の『たんぽぽ館』)
何やらキョーレツだけど、嫌いじゃない * * * * * * * * * * あれ、西島秀俊ではないのに、私達でいいの? いや、なんともエグいこの作品、ちょっといじってみたくなりました。 韓国、ポン・ジュノ監督による初の外国語作品だそうで・・・。 とに...
スノーピアサー (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【SNOWPIERCER】 2014/02/07公開 韓国/アメリカ/フランス PG12 125分監督:ポン・ジュノ出演:クリス・エヴァンス、ソン・ガンホ、ティルダ・スウィントン、ジェイミー・ベル、オクタヴィア・スペンサー、ユエン・ブレムナー、アリソン・ピル、コ・アソン、ジョン・ハー...
「スノーピアサー」 闇の獣 (はらやんの映画徒然草)
「グエムル 漢江の怪物」「母なる証明」のポン・ジュノの最新作です。 クリス・エヴ
人類は列車の中 (笑う社会人の生活)
13日のことですが、映画「スノーピアサー」を鑑賞しました。 氷河期が引き起こされてた 2031年の地球、残りわずかな人類は1台の列車に乗り込み、極寒の大地を行くあてもなく移動していた 後方車両の奴隷のような扱いを受ける貧困層は前方車両の優雅な暮らしを送る富裕層....
スノーピアサー (とりあえず、コメントです)
フランスのコミックをポン・ジュノ監督が映画化した近未来SFアクションです。 この監督でこの豪華キャストというのは面白そうだなあと気になっていました。 どんどん人が死んでいく展開に、希望よりも絶望を感じるなと最後まで思ってしまうような物語でした。
スノーピアサー (迷宮映画館)
なるほどねえ、こういうことねえ。あたしは好きです。
スノーピアサー  (心のままに映画の風景)
2014年、人類は温暖化を食い止めるため、人工冷却物質の散布を実施したが、予想外の結果を招き、地球は氷河期に突入してしまう。 17年後の2031年、永久機関のエンジンを積み、1年で地球を1周する列車“スノーピアサー”で生活する乗客たちだけが生き残っていた。 止...
スノーピアサー(2013)**SNOWPIERCER (銅版画制作の日々)
 前を進め。世界を変えろ。 とうとう3月に突入!2月の最終週、なんと3作品鑑賞。久しぶりに沢山観ました。そのひとつがこれ。監督がポン・ジュノ 彼の作品は1つしか観ていない。「母なる証明」だけですが、これが凄くインパクトのある作品でした。あ!それから製作...
スノーピアサー (はるみのひとり言)
DVDで観ました。 思って印象と全然違う。極寒の地で巻き起こる列車アクションものだと思ってたら、近未来の話だったのね。地球温暖化を防ぐため、世界中で薬品CW-7を散布したら逆に氷河期になってしまい、生き残った人々はウィルフォードさんが作った世界をひと...
スノーピアサー (いやいやえん)
ポン・ジュノ監督が「氷河期の地球を疾走する全人類唯一の生存空間の列車」という、え、ちょっとありえねーだろな設定で挑むSF大作。元はコミックらしいですねー。新鮮味のある映画だった。 個性的であくの強いキャラたちがたくさん登場しますが、そのどれもが区別が...
スノーピアサー (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ポン・ジュノ 出演:クリス・エヴァンス、ソン・ガンホ、ティルダ・スウィントン、ジェイミー・ベル、オクタヴィア・スペンサー、ユエン・ブレムナー、アリソン・ピル、ジョン・ハート、エド・ハリス、ルーク・パスクァリーノ、ケニー・ドーティ 【解説】 『母な....
スノーピアサー (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ポン・ジュノ 出演:クリス・エヴァンス、ソン・ガンホ、ティルダ・スウィントン、ジェイミー・ベル、オクタヴィア・スペンサー、ユエン・ブレムナー、アリソン・ピル、ジョン・ハート、エド・ハリス、ルーク・パスクァリーノ、ケニー・ドーティ 【解説】 『母な....
「スノーピアサー」Snowpiercer 설국열차 (2013 KADOKAWA) (事務職員へのこの1冊)
「殺人の追憶」「グエムル」などのポン・ジュノがいたるところから金をかき集めて製作。キャストがすごい。「キャプテン・アメリカ」のクリス・エバンス(ひげ面なのでよくわからない)ティルダ・スウィントン(入れ歯をしているのでよくわからない)ジョン・ハート(暗...
スノーピアサー (miaのmovie★DIARY)
スノーピアサー [DVD](2014/06/27)クリス・エヴァンス、ソン・ガンホ 他商品詳細を見る 【SNOWPIERCER】 制作国:アメリカ/フランス/韓国  制作年:2013年 2014年7月1日、人類は突如として絶滅の危機を迎えた。 地球温暖化を食い止めるために散布された冷却物質は...
スノーピアサー (2013) SNOWPIERCER 125分 (極私的映画論+α)
 ある種の密室劇(笑)