銀幕大帝α

切り株愛好連盟加入ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で9周年。3000作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

キャビン

2013年09月08日 14時18分48秒 | 洋画ホラー
THE CABIN IN THE WOODS
2011年
アメリカ
95分
ホラー/SF
R15+
劇場公開(2013/03/09)



監督:ドリュー・ゴダード
脚本:ドリュー・ゴダード
出演:
クリステン・コノリーデイナ
クリス・ヘムズワースカート
アンナ・ハッチソンジュールス
フラン・クランツマーティ
ジェシー・ウィリアムズホールデン
リチャード・ジェンキンスシッターソン
ブラッドリー・ウィットフォードハドリー
エイミー・アッカーリン
ブライアン・ホワイトトルーマン
ティム・デザーンモーデカイ

<ストーリー>
山奥の別荘を訪れた大学生5人。だが、謎の日記を見付けたことをきっかけに仲間が次々と死んでいき…。

あなたの想像力なんて、
たかが知れている


-感想-

タイトルロゴの出し方が秀逸(笑)
強音量で聞いてたから結構ビックリしたw

山小屋で日記を読んだら死霊が復活してきて襲ってきたってのはまんま『死霊のはらわた』、終盤でのカプセル移動は『CUBE』といった感じか。
ホラー映画のパロディ要素が豊富に投入されていてニンマリさせられる事も度々。

「誰も見てないわ」
とHに励み出すカップルをモニターを通して大勢の職員が固唾を飲んで見守っているシーンには笑いが込み上がってきてしまったよw
あんたも好きね~(((*≧艸≦)ププ

この職員達は何を目的にして「恐怖」を演出しているのか、幾ら考えても答えには辿り着かない。
諦め半分で観続けていたならばドンッと明かされる真実。

≪太古から眠る神々の為の生け贄≫

こんなの予想できないってば(笑)

そしてまさかのラストでの大物女優登場!!

もう全てに意表さ、意外性が有り過ぎて予測不能の面白さがありました。

ゾンビ一家の襲来から始まり、行きつく所は色んなジャンルのモンスター軍団大暴れ。
パズルボックスみたいなのを持ったピンヘッド様みたいなのも出てくるし、ユニコーン、半魚人まで登場。
彼らによって阿鼻叫喚な殺戮ショーと化す

施設内狂乱の地獄絵図は圧巻!!
モンスターファン、スプラッターファン狂喜の瞬間ここにあり。

一つの失敗(見落とし)によって成功は瞬く間に崩れ去り、大失敗どころか世界の終わりを引き起こしてしまうエンディングまで画面に釘付け。
ホラー映画の定石通りに進むのは中盤まで。
お約束を打ち破り、とんでもない事態に陥ってこそ驚きは倍増される。
本作こそ何の前知識持たずに見るべき。
こりゃまた最高でトンデモな怪作を作っちまいましたな(`・ω・´)bグッ!

評価:★★★☆
13/09/07DVD鑑賞(新作)
このバナーは予想を裏切る面白さ!
にほんブログ村
レンタル開始日:2013-09-03
メーカー:ハピネット

ここからは未成年は閲覧禁止だよ。
おっぱい観たけりゃ童貞捨てな!
























【美乳の花園】へようこそ

森で彼氏といちゃつき始めるジュールスさん。
ムラムラ度(3/5)
この後、背後から忍び寄るゾンビ一家に襲われて

淫乱女はホラー映画のパターン通りに殺されますw

オフィシャル・サイト(日本語)
オフィシャル・サイト(英語)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (22)   トラックバック (30)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゴーストライダー2 | トップ | アイアンマン3 »
最近の画像もっと見る

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
最高でした (momorex)
2013-09-08 15:36:07
驚きの後半が最高でした!もうちょっと個別に詳しく見せて欲しかったぐらいです。
でも、あれですよね。
生贄の血液が欲しいのであれば、あそこまで場面設定しなくてもいいんじゃ、、
とか、考えちゃだめなんですよね。
本当に楽しかったです。続編は、、、滅亡したから無いですよね。
>momorexさんへ (ヒロ之)
2013-09-08 15:52:25
こんにちは!
コメント有難うございます。
後半が特に面白かったですよね!
ほんと、どんなモンスターがいたのか、じっくりと見せて欲しかったです。
かなりの数のモンスターがいましたから、エンドロールにでも紹介してくれれば良かったのに(笑)
あはっ、確かにあそこまでの場面設定にする必要はないのかも。
でも職員も大袈裟にして楽しみたかったんでしょう。
続編はもうないでしょうねぇ、なんてたって神様怒っちゃいましたから(笑)
こんにちは (morkohsonimap )
2013-09-08 15:56:48
この映画はなんというか
予想外な面白さでした
特にクライマックスの阿鼻叫喚はもうサイコー
モンスターが一杯の中、「it 」のピエロが
カメラ目線で何度も映るのは
彼もモンスターでしたねぇ姿はピエロなんだけど

染髪金髪のアンナ・ハッチソン嬢というかもうオバサンに近いンだけども
TVドラマの「スパルタカス」ファイナルシーズンではレギュラーでかなりないい役を演じてくれて
スッポンポンのお姿も披露されてくれてましたけど
この映画ではパンティ履いたままで"ソー"ヘムズワースにまたがって殺されていたのが残念ちゃあ残念なのですが

旧の方記事があるのでコメントだけ残して行きます。
こんばんは (maki)
2013-09-08 20:00:32
わざわざシチュエーションに凝らなくても、とは誰もが思うところですよね
気になるのは「どんぐりころころ」と、小学生が除霊しちゃったところでしょうか、やるなあ、日本小学生。

怒涛の後半は、一体一体背景が知りたいくらい楽しかったですよね~^^
思っていたより突き抜けた感はなかったものの
怒涛の後半はテンションあがりました!
チーン ギャーが やっぱり楽しい★
Unknown (ふじき78)
2013-09-09 01:07:35
やっぱ、あの「チーン」ですよねえ。
うめえなあ。
>morkohsonimapさんへ (ヒロ之)
2013-09-09 15:06:12
こんにちは!
コメント有難うございます。

予想外な展開で目が離せませんでした。
後半のモンスター軍団大暴れは楽しかったですねぇ。
そういや『IT』のピエロもいました。
他にも有名キャラが沢山いてホラーファンはニンマリです。

アンナ・ハッチソンさんは『スパルタカス』でも全裸になってらっしゃいましたか。
体に自信がおアリなんでしょうね。
まぁ確かに胸の形は綺麗でした!
>makiさんへ (ヒロ之)
2013-09-09 15:10:13
こんにちは!
なんであの日本での除霊は「どんぐりころころ」だったんでしょうかね。
なんか違うような気もするのですが^^;

モンスター一体一体を紹介して欲しい位、後半の血みどろはテンション上がりました。
展開が読めなくてかなり面白い作品でした。
>ふじき78さんへ (ヒロ之)
2013-09-09 15:16:31
こんにちは!
ふじきさんも「ちーん」がお気に入りですか(笑)
あそこは何が起きるんだろうってなドキドキ感が生まれますよねぇ。
こんにちは♪ (yukarin)
2013-09-09 18:51:12
前半はベタな展開、後半の急展開にはびっくりでした。
あの地獄絵図は本当に圧巻でしたね~テンションあがりましたわ。
やっぱ (sakurai)
2013-09-10 14:33:25
ホラーは苦手なんで、二の足を踏んだんですが、これはやられましたね。
この意外性には、見事にやられました。
一度はリセットした方がいいこの世なのかもです。

洋画ホラー」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

30 トラックバック

『キャビン』(2012) - The Cabin in the Woods - (momoな毎日)
よくある『死霊のはらわた』系作品だと思いきや、ポスター↓が描写している通り、複数構造の壮大な物語だった マイティ・ソーが出ていることも意外だったが、ラストにあのシガニー・ウィーバーが登場。皆の...
キャビン (映画的・絵画的・音楽的)
 『キャビン』を新宿のシネマカリテで見ました。 (1)たまにはいつもと違った傾向のものを見ようと、評判のホラー映画を見てきました。  シチュエーションは、元気溢れる大学生(男3人と女2人)が山奥の別荘にやってくるというお馴染みのもの(注1)。  大学生達が別荘...
キャビン~貞子と国防総省の接点? (佐藤秀の徒然幻視録)
リング+バイオハザード 公式サイト。原題:The Cabin in the Woods。ドリュー・ゴダード 監督、クリステン・コノリー、クリス・ヘムズワース、アンナ・ハッチソン、フラン・クランツ、ジ ...
キャビン/クリステン・コノリー (カノンな日々)
結局、劇場予告編は一度も目にせずでしたけど、映画の紹介記事を読んでみたら「バカンスで大騒ぎする若者たちが恐怖に陥れられる定番の展開を覆すことに挑戦した」という記述があ ...
キャビン (だらだら無気力ブログ!)
予告編で面白みが半減。
キャビン (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★【2点】(10) どこまでも突っ走る暴走映画(笑)
キャビン・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
この世界の秘密を知りたいか? 「クローバーフィールド/HAKAISHA」の脚本家、ドリュー・ゴダードの監督デビュー作は、山奥のキャビン(山小屋)を訪れた5人の若者に降りかかる恐怖を描いた、超異色のホラ...
「キャビン」、ハチャメチャホラー映画です。 (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆☆     ゾンビ映画好き ☆☆☆☆ 最近は、ゾンビ映画も数々出て、飽きた人も多いが、まだまだファンもいるらしい。 こんな映画を推薦すると、また変な映画ばかり見てと、見下されそうだが、この映画、並のゾンビ映画ではない。 というのも二重三...
キャビン (いやいやえん)
いろんなホラー映画のオマージュがそこかしこに…と思っていたらば怒涛の後半。 ホラー映画の定番、若者グループが襲われる…といったベタだと思われるような設定をあえて踏んだ上で、それをことごとくぶち壊していくといった展開。 要は、神へ生贄を捧げるために組...
キャビン  監督/ドリュー・ゴダード (西京極 紫の館)
【出演】  クリステン・コノリー  クリス・ヘムズワース  アンナ・ハッチソン 【ストーリー】 大学生デイナは友人のジュールスに誘われ、ジュールスの彼氏のカート、カートの友人ホールデン、そしてマリファナが手放せないマーティの5人で、山奥の別荘へバカンスに出....
『映画』 キャビン 予想を超える展開に驚き (ポップコーンのある毎日)
キャビン 原題「The Cabin in the Woods」 2012年 アメリカ 監督 ドリュー・ゴダード 出演 クリステン・コノリー クリス・ヘムズワース フラン・クランツ 夏休みに山奥へとバカンスへ...
「キャビン イン ザ ウッド」コメディ映画祭?定番なのに斬新ホラー (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
定番なのに、こんなにも斬新! ロンドン映画サイトでも、これほどB級っぽい映画が何故★4つなのかと、不思議に思って日本公開を心待ちにしていた1本。 お約束満載なのに新鮮な驚きの数々・・・・ ゾンビホラーなのに、下町コメディ映画祭でも『映画秘宝』のコーナー...
『キャビン』 (こねたみっくす)
誰もこの結末を予想することは出来ない。なぜならホラー、モンスター、パニック、スプラッタ、カルト映画に対する映画愛がここまで大きいとは誰も思いもしないから。 これは見る ...
キャビン (そーれりぽーと)
「賭けてもいい、絶対に読めない」の劇場予告編がイラッとする『キャビン』を観てきました。 ★★★★ 「そんな事言って煽る映画程余計にがっかりさせられる」と言うのがお決まり。 この映画の場合は、そう言って煽り過ぎたせいと、予告編で物語のキーとなる部分を観せて...
キャビン (Memoirs_of_dai)
ホラー映画ファンに捧ぐ 【Story】 森の別荘へとやって来たデイナ(クリステン・コノリー)やカート(クリス・ヘムズワース)ら大学生の男女5人。彼らが身の毛もよだつような内容のつづられた古いノー...
『キャビン』をUCT12で観て、こんなの大好きに決まっているふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★評判の良さは伊達じゃない】 チーン、ズガガガガガ、ギャーが大好き。 冒頭、赤毛の女の子クリステン・コノリーが割とタイプな容貌で、 それでいて、 ...
壮大過ぎるホラー映画(笑)~『キャビン』 (真紅のthinkingdays)
 THE CABIN IN THE WOODS  週末を人里離れた山小屋で過ごすために出かけた、若者5人。「いかにも」 な 風情のそこには地下室があり、彼らは古い日記を見つける。そして、そんな彼ら の...
『キャビン』 (ラムの大通り)
(原題:The Cabin in the Woods) ----この映画、 スゴく興奮していなかった。 「そうだね。 気が早いようだけど、 今年のトップ10には必ず入る… そんな気がするな」 ----それはまたまた気が早い。 いつもそんなこと言って、 最後の方になると外れているじゃない。 「...
キャビン (ダイターンクラッシュ!!)
2013年3月10日(日) 18:55~ チネ11 料金:0円(ポイント利用) パンフレット:未確認 化け物大宴会。そして、いつもの大御所登場 『キャビン』公式サイト 冒頭、謎の多国籍企業登場。日本支社にいつも成績が負けているとのこと。 彼らは、民間人を怖い目に合わ...
CABIN キャビン (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【THE CABIN IN THE WOODS】 2013/03/09公開 アメリカ R15+ 95分監督:ドリュー・ゴダード出演:クリステン・コノリー、クリス・ヘムズワース、アンナ・ハッチソン、フラン・クランツ、ジェシー・ウィリアムズ、リチャード・ジェンキンス、ブラッドリー・ウィットフォード...
キャビン(2011)☆★THE CABIN IN THE WOODS (銅版画制作の日々)
 あなたの想像力なんて、たかが知れている 好き度:+8点=78点 MOVIX京都にて鑑賞。 まったく今までのホラーとは違うということで少々期待度アップで観て参りました。怖いというより予想不可能な展開とでも言いましょうか観るまではB級ホラーかと思いきやその...
キャビン / THE CABIN IN THE WOODS (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 公開前から面白いとの評判聞いてたこの映画。Rotten Tomatoesでの支持率はなんと91%の「フレッシュ(新鮮)」で かなり満足度の高い作品 楽しみにしてました~♪   ついに日本公開 先週、試写にて鑑賞...
キャビン ★★★ (パピとママ映画のblog)
若者たちが人里離れた山小屋で戦慄の恐怖に見舞われるという従来のホラー映画のお約束を踏まえた、巧妙かつ予測不能のストーリー展開が映画ファンから絶賛された異色のホラー・サスペンス。 「クローバーフィールド/HAKAISHA」やTV「LOST」の脚本で知られる新鋭ド...
キャビン (迷宮映画館)
こう来たかあ・・・!!!
【DVD】キャビン (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ドリュー・ゴッダード 【出演】クリステン・コノリー/クリス・ヘムズワース/アンナ・ハッチソン/フラン・クランツ/ジェシー・ウィリアムズ/リチャード・ジェンキンス/ブラッドリー・ウィットフォ...
キャビン (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第305回「奇をてらった設定と脚本を、どう受け止めるのか?」 今週はスピルバーグ監督の「リンカーン」が公開される週だったのですが、正直あまり興味のある人物ではないのと、堅苦しそうな内容にちょっと敬遠していました。そして私が選んだ作品は「キャビン」でした....
キャビン (マープルのつぶやき)
JUGEMテーマ:Horror「キャビン」原題:the cabin in the woods監督:ドリュー・ゴダード2012年 アメリカ映画 96分 R15+キャスト:クリステン・コノリー     クリス・ヘイムズワース     アンナ・ハッチソン     フラン・クランツ     ジェ...
『キャビン』 (BD総天然色・魔人スドォの匣)
『キャビン』 【ストーリー】 森の別荘へとやって来た大学生の男女5人。 彼らが身の毛もよだつような内容のつづられた古いノートを地下室で発見し、呪文を唱えてしまったことから、何者かが目を覚ましてしまう。 一方、彼らの知らないところではその一部始終が監視され...
キャビン (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ドリュー・ゴダード 出演:クリステン・コノリー、クリス・ヘムズワース、アンナ・ハッチソン、フラン・クランツ、ジェシー・ウィリアムズ、シガーニー・ウィーヴァー 【解説】 バカンスで大騒ぎする若者たちが恐怖に陥れられる定番の展開を、あえて覆すことに挑...
キャビン (The Cabin in the Woods) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ドリュー・ゴダード 主演 クリステン・コノリー 2012年 アメリカ映画 95分 ホラー 採点★★★ 「ホラー映画と言えば?」って問われれば、私の世代なんかはスラッシャーとゾンビ(走らない方)なのかなぁと。前の世代だとたぶんオカルトで、後の世代になると...