銀幕大帝α

切り株愛好連盟加入ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で8周年。2600作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官 REIJI

2014年10月22日 21時56分53秒 | 邦画コメディ
2014年
日本
130分
アクション/コメディ/任侠・ヤクザ
劇場公開(2014/02/15)



監督:
三池崇史
『藁の楯 わらのたて』
原作:
高橋のぼる『土竜の唄』
脚本:
宮藤官九郎
主題歌:
関ジャニ∞『キング オブ 男!』
出演:
生田斗真菊川玲二
仲里依紗若木純奈
山田孝之月原旬
上地雄輔黒河剣太
斉木しげる舘晶
伊吹吾郎築間重樹
渡辺哲備禅幸一郎
的場浩司蛇嶋悟
佐藤寛子女ディーラー
南明奈トラガール
彩也子明美
尾崎ナナかずみちゃん
吹越満酒見路夫
遠藤憲一赤桐一美
皆川猿時福澄独歩
岩城滉一轟周宝
大杉漣阿湖正義
岡村隆史猫沢一誠
堤真一日浦匡也



<ストーリー>
ある日突然クビを言い渡された交番勤務の巡査・菊川玲二は、潜入捜査官(モグラ)となり、武闘派暴力団・数寄矢会の会長・轟周宝を挙げることを命じられる。

てめぇら、まとめて
バッチ来――――い!


-感想-

そりゃクドカンでもたまには失敗する事もあるさ。
どれもこれも面白かったら今頃脚本界の天下を取っているだろうよ。

キャスティングは相変わらず三池監督らしいジャストな合わせ方で感心。
ドーン!!と来るバトルシーンもいかにも三池さんだからこその熱い描き方で燃える。

けどなぁ。
肝心の話にそう大して魅力が無いんだよなぁ。
前半は(たまに途中にも)エロシーン連発。
後半はバイオレンス一色。
そこにちょこちょこコメディ要素が入ってくるんだけど、これがまぁクドカンにしては笑えない。
寧ろ変な苦笑いだけが起きる。
この笑いはちょっと私には向いてなかった。

生田斗真主役でひたすら体張って頑張っている感じはあったけど、結局の所、美味しい所を全部持って行ったのは堤真一。
ヘタレ童貞・菊川玲二の中途半端なキャラに対して、極道としての男気を終始見せ付ける日浦匡也の方がキャラとしては遥かに印象に残るし、加えて生き様が一々カッコ良い。
サイボーグフットを装着して「ふっかーーーっつ!!」華麗に高場から舞い降りて着地、そしてライトを浴びせて蝶の模様を背中に浮かばせる一連の流れが最高過ぎて鳥肌が立つ。
杯をバリバリ食ってバカ吼えする菊川玲二なんかより断然漢の中の漢ですよ。

コメディがやたらと滑りまくりだったので、正統派な極道映画にしてた方が全体的にも盛り上がって本作よりも数段高い評価に繋がる内容になっていたかもしれないな。
程度の低い無駄な笑いが品質を落としている気がした。
前述したようにキャスティングが本当に良いだけに勿体無い。
原作は一切読んだ事無いんだけど、こういう低級なノリなんだろうか。
映画を観て原作(小説・漫画)を読んでみたいという事は今まで何度もあったが、今回は全くそんな気持ちにならなかった。
三池さんには悪いが、本作は完全に失敗作ですわ。

さて、ヒロインは菊川玲二の恋人であり婦人警官でもある若木純奈。

演じるのは仲里依紗。
個人的にはそんなにタイプの女優さんではないんですが、玲二が童貞卒業となる初Hシーンでの、仲里依紗の喘ぎ顔(声)は妙にエロかった。



不覚にも私の息子が反応してしまった。。。

評価:★★★
14/10/22DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2014-09-03
メーカー:フジテレビ

オフィシャル・サイト
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (23)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 隣人 -The Neighbors- | トップ | 灼熱の魂 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
同じく中途半端だと思う。 (ミス・マープル)
2014-10-23 14:05:16
コメディにしても極道映画にしても、どうも中途半端。
ところで尾崎ナナちゃんってどこに出ていましたっけ?(全然関係ないけど見落としました~)
せっかくのキャスティングなのに残念な内容でしたね。
>ミス・マープルさんへ (ヒロ之)
2014-10-23 21:22:59
こんばんは!
コメントありがとうございます。
原作を読んでいないので、世界観そのものが分からないのですが、今回は三池監督らしくない作品かなと思いました。
彼の持ち味であるエログロバイオレンスも弱めに感じましたし。
尾崎ナナちゃんは風俗店のコスプレ警官役をやっていましたよ~。
「モッコリーナ」の風俗嬢です^^
Unknown (ふじき78)
2014-10-23 22:29:16
同じ土竜でも、「エル・トポ」とは大違いじゃあ。
>ふじき78さんへ (ヒロ之)
2014-10-26 08:10:13
おはようございます!
「エル・トポ」て観た事ないんですけど、世界中に多くのファンを持つカルト作なんですね。
実験的映画のようですが、機会があれば観てみようと思います。
Unknown (カズ)
2014-10-26 19:48:39
本格的な極道映画にしたほうが確かにいい題材ですよね
すべてが中途半端ですよね
三池監督メジャーになってきてバイオレンスのキレがイマイチになったような・・・・・・
>カズさんへ (ヒロ之)
2014-10-28 01:41:03
こんばんは!
コメントありがとうございます。
原作を読んだ事がないので、なんとも言えないのですが、ここまでコメディ色の強い作品だとは思ってもいませんでした。
別に原作通りじゃなく、普通に極道映画として作った方が面白くなったかもしれません。
三池さんらしくない作品ではありましたね。
クドカンの (sakurai)
2014-10-29 09:59:30
映画って、結構つまんないのが多いですよね。
独善的ってか。その流れから言ったら、順当なのかも。
私ももっと正統派のやくざ映画にした方がよっぽどいいと思いましたよ。
>sakuraiさんへ (ヒロ之)
2014-10-31 22:02:34
こんばんは!
コメントありがとうございます。
『謝罪の王様』は凄くツボに入ったんですけどねぇ。
原作があると、それに近い形で笑いを作り上げていくんでしょうけども、なんかこの作品の笑いは面白くなかったです。
三池さんはこういうギャグ漫画みたいな映画よりも、真面目な作品を作った方が上手いと思います。
おはようございます。 (大阪ひろき)
2016-01-10 10:53:25
ヒロ之さん、おはようございます。
いつもお世話になります。
よろしくお願い致します。

本作は、最近、地上波のテレビ放送で、見ました。
とにかく、ランニングタイムが長過ぎますね。
もう少し、不要な部分はカットして、テレビ版サイズに、コンパクトに、まとめてくれた方が、見易かったと思います。

>生田斗真主役でひたすら体張って頑張っている感じはあったけど、結局の所、美味しい所を全部持って行ったのは堤真一。

生田さんの体を張った熱演はお見事でししたけれど、作品自体は微妙な出来で、コメディーとバイオレンスの混ざり具合がイマイチでした。
堤真一さんは、良い味を出していて、美味しい所をかっさらって行きましたね。

>コメディがやたらと滑りまくりだったので、正統派な極道映画にしてた方が全体的にも盛り上がって本作よりも数段高い評価に繋がる内容になっていたかもしれないな。

ヒロ之さんと同感で、潜入捜査ものって、やっぱり、コメディー要素が入って来ると、「緊迫感」や「ハラハラドキドキ感」が薄らいでしまうので、シリアスなバイオレンス映画に仕上げた方が、全体的に盛り上がっていたかもしれませんね。

それから、ヒロ之さんが写真で取り上げられている仲さんですが、僕も、特別ファンではないですけれど、本作の役柄は、とても可愛かったと思います。
でも、実写版「時をかける少女」の頃の仲さんが、一番可愛かったですね。
それでは、ヒロ之さん、素敵な日曜日、そして、素敵な成人の日をお過ごし下さいね。
失礼致します。


>大阪ひろきさんへ (ヒロ之)
2016-01-10 13:25:39
こんにちは!
コメントありがとうございます。

TVで放映されていたみたいですね。
全然知りませんでした。

潜入捜査ものは好きなんですけど、どうにもクドカンの生み出した笑いが今回は自分的には受け付けなかったんですよねぇ。
ゲラゲラ笑えた方もおられるかとは思いますが、私の中ではかなり滑ってました。

生田くんが主演ですけど、真の主役は堤さんだと思います。
後半の活躍とか本当にカッコ良かったですから。

クドカンが脚本なので、どうしてもこういう作風になってしまったのかもしれませんし、原作は読んだことがないのですが、こういうコメディ主体の内容なのかもしれませんね。
三池さんは原作を忠実に実写として再現しただけなのかもとは思いますが、個人的には脚色して後半のようなバイオレンス感を前半でも、もっと出して欲しかったです。
ちょっと笑いに拘り過ぎて作品としては品が低くなってしまったように感じました。

「時かけ」の仲さんは良かったですね!
美女図鑑に入れるって程ではないですけど、可愛らしい女優さんだとは思います。
Hシーンはがんばってましたね。

そういえば世の中は3連休なんですね。
私は明日は仕事があるので、今日だけ休みって感じで連休だという認識はないのですが、大阪ひろきさんは素敵な休日、祭日をお過ごしくださいね^^

あわせて読む

23 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
映画『土竜の唄 潜入捜査官REIJI』観たよ (よくばりアンテナ)
本日2本目の映画です。 娘と観てきました。 原作コミックは未読。 面白かったわ~~(*´∀`*) 予告編をごらんになった方は、 おわかりかと思いますが、 三池崇史監督と宮藤官九郎脚本でハチャメチャにやってくれてます。 ここまでやるの!!!っていうぐら...
土竜の唄 潜入捜査官 REIJI (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。高橋のぼる原作、三池崇史監督、宮藤官九郎脚本。生田斗真、仲里依紗、山田孝之、上地雄輔、岡村隆史、堤真一、吹越満、遠藤憲一、皆川猿時、大杉漣、岩城滉一。交番 ...
『土竜の唄 -潜入捜査官 REIJI-』 2014年2月2日 ニッショーホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『土竜の唄 -潜入捜査官 REIJI-』 を試写会で鑑賞しました。 今日はツィンテールの日らしいです。(映画とは無関係でした) 三池監督作品は、今回外れの番ですね。 次回に期待です 【ストーリー】  正義感は強いものの警察署きっての問題児の巡査・菊川玲二(...
『土竜の唄 潜入捜査官 REIJI』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「土竜の唄 潜入捜査官REIJI」□監督 三池崇史□脚本 宮藤官九郎□キャスト 生田斗真、堤 真一、仲 里依紗、山田孝之、岡村隆史、上地雄輔、       的場浩司、吹越 満、遠藤憲一、皆川猿時、大杉 漣、岩城滉一■鑑賞日 2月1...
『土竜の唄 潜入捜査官 REIJI』 (こねたみっくす)
三池作品ならではの気だるさ、クドカン作品ならではの豪華な薄っぺらさ、まとめてバッチ来~い! これぞ三池崇史監督作品。これぞ脚本家・宮藤官九郎作品。豪華なキャストを揃え ...
『土竜の唄 潜入捜査官REIJI』 (時間の無駄と言わないで)
長い。 ここまで時間を長く感じた映画も久し振り。 冒頭はインパクト抜群だけど、CM流し過ぎで食傷気味。 序盤はダルいけどちょいちょい小ネタが挟まれるから、それが面白い面 ...
劇場鑑賞「土竜の唄 潜入捜査官 REIJI」 (日々“是”精進! ver.F)
根性決めれば、怖くない… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201402190001/ 【送料無料】映画「土竜の唄」オリジナルサウンドトラック/遠藤浩二[CD]【返品種別A】価格:2,625円(税込、送料込) 【送料無料】キング ...
土竜の唄 (映画的・絵画的・音楽的)
 『土竜の唄 潜入捜査官Reiji』を渋谷シネクイントで見ました。 (1)本作は、脚本・宮藤官九郎+監督・三池崇史で漫画を映画化したものながら(注1)、映画評論家の評価はあまり高くなく、それなら自分で確かめてみようと映画館に行ってきました。  確かに、本作は、....
土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官 REIJI  (Break Time)
今朝は、朝から晴れ間も出て・・・
土竜の唄 潜入捜査官 REIJI (映画好きパパの鑑賞日記)
 潜入映画シリーズ3本目。三池崇史×宮藤官九郎という油のコッテリした料理は、序盤はおいしくいただけたけど、後半はちょっともてあまし気味に。クライマックス直前で、もう少し編集をうまくやっていれば面白かったのに。  作品情報 2014年日本映画 監督:三池...
土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官 REIJI ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
高橋のぼるの人気コミックを、三池崇史監督、宮藤官九郎脚本のタッグで実写映画化したアクションコメディー。交番勤務の巡査が暴力団組織を壊滅させるべく潜入捜査を命じられ、さまざまなピンチを乗り越え任務を果たそうとする姿を描く。主演は、三池組初となる生田斗真。...
土竜の唄 潜入捜査官 REIJI (だらだら無気力ブログ!)
クスクス笑えて面白かったけど、一週間もしないうちに内容忘れてしまいそう。
土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官 REIJI/生田斗真 (カノンな日々)
高橋のぼるさんの人気コミックを脚本・宮藤官九郎さん、監督・三池崇史さんのコンビで生田斗真さんの主演で映画化したアクション・コメディ・ムービーです。劇場予告編の印象では ...
土竜の唄 潜入捜査官 REIJI (花ごよみ)
監督は三池崇史 脚本、宮藤官九郎 主演は生田斗真。 高橋のぼる作のコミック 「土竜(モグラ)の唄」を映画化。 警察学校では最低の成績の巡査・菊川玲二。 潜入捜査官「モグラ」になるようミッションを受け、 幹部逮捕のため暴力団内部に潜り込みます。 生田斗真が潜...
【 土竜の唄 潜入捜査官 REIJI 】2番はなっいっよ~! (映画@見取り八段)
土竜の唄 潜入捜査官 REIJI     監督: 三池崇史    出演: 生田斗真、仲里依紗、山田孝之、堤真一、遠藤憲一、岡村隆史、上地雄輔、吹越満、皆川猿時、大杉漣、岩城滉一 公開: 2014年2月15日 2014年2月19日。劇場観賞 原作は高橋のぼる氏の同名コミック。未...
「土竜の唄 潜入捜査官 REIJI」 根性決め~れば~ (はらやんの映画徒然草)
冒頭からインパクトあるシーンでスタートしましたね(予告でも映っていたシーン)。
『土竜の唄』をUCT4で観て、出落ち映画だけどそこそこ楽しい。でもそこそこ。ふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★あ、ワンちゃんも可愛い】   原作非通読。チラ見程度に読んでる感じ。 数々の登場人物がすんごいヤクザ風コスプレでブイブイ言わす映画。 一番ノリがい ...
土竜の唄 潜入捜査官 REIJI (はるみのひとり言)
試写会で観ました。交番勤務の巡査 菊川玲二が、合成麻薬MDMAの密売ルートを探るため犯罪組織に潜入する「モグラ」となり、ターゲットである暴力団組織・数寄矢会に潜入、任務を果たせるかみたいなお話です。もういきなり裸でボンネットに度胆を抜かれました。よく斗真君....
土竜の唄 潜入捜査官 REIJI (ダイターンクラッシュ!!)
2014年3月1日(土) 18:20~ 109シネマズ川崎4 料金:1000円(ファーストデイ) パンフレット:未確認 生田一皮むける 『土竜の唄 潜入捜査官 REIJI』公式サイト すかしたイメージのある生田だが、アホな役を熱演。好感度の高い演技だ。 実は、コメディは初め...
土竜の唄 潜入捜査官REIJI (迷宮映画館)
堤真一 オートメイル化!
「土竜の唄 潜入捜査官 REIJI」 (prisoner's BLOG)
主人公の童貞にやたらこだわるのがクドカンの脚色の「らしい」ところか。この後もえんえんと連載が続く原作をその線で一応まとめている。 パロディ的な作りではあるけれど一応ヤクザものなわけで、堤真一に代表される恰好よさとか麻薬には絶対手を出さないといったワルな...
「土竜の唄  潜入捜査官REIJI」 (2014年 日本映画) (本と映画と雑談室)
土竜の唄 潜入捜査官REIJI DVDスタンダード・エディションクリエーター情報なし東宝 出演 菊川玲二 (生田斗真)潜入捜査官、通称「モグラ」 若木純奈(仲里依紗)玲二が惚れている婦人警官 阿湖義組日浦匡也 (堤真一)阿湖義組若頭。通称「クレイジー・パピヨン」...
土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官 REIJI (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2014/02/15公開 日本 130分監督:三池崇史出演:生田斗真、仲里依紗、山田孝之、上地雄輔、斉木しげる、伊吹吾郎、渡辺哲、的場浩司、吹越満、遠藤憲一、皆川猿時、岩城滉一、大杉漣、......