銀幕大帝α

切り株愛好連盟加入ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で8周年。2700作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

さや侍

2011年11月06日 21時32分13秒 | 邦画コメディ
11年/日本/103分/時代劇コメディ/劇場公開
監督:松本人志
企画:松本人志
脚本:松本人志
脚本協力:板尾創路

出演:野見隆明、熊田聖亜、板尾創路、柄本時生、りょう、ROLLY、伊武雅刀、國村隼

<ストーリー>
ある理由から刀を捨て、さやだけを携えた侍・野見勘十郎は、無断で脱藩し娘のたえと流浪の旅を続けていた。ついに追っ手に捕えられた勘十郎は、殿様から「三十日の業」を課せられる。
<感想>
おお!
ちゃんと映画らしくなっているじゃない。

前2作はコントの延長線上にあるような作品やったけど、3作目は松ちゃんが撮ったとは思えない、笑って感動出来る1本の映画としてきちんと成り立っている。

それでもオープニングシーンはシュールだ。
斬られても、頭撃たれても、首へし折られても、ぴんぴんとしている野見さん。
意味わかんねぇ(笑)。


三十日の業も最初の二つ、三つは笑いましたが、ちょっとクドイ。
30日分全部見せられるのかと思いましたよ。
後半の大掛かりなセットも、即日で作れるとは思えないんだが。

ちょいちょいツッコミ、苦笑いはあったけれど、野見さんが取った武士としての行動には不覚にも感動しちゃったなぁ。
というのも、ど素人の野見さんが介錯人の手を一旦断る際の表情が一端の役者の顔をしていたんだよね。
最後の最後であんな立派な役者染みた顔を引き出せた松ちゃんの演出力は見事です。
無意識かもしれないがそれに答えた野見さんも素晴らしい。
不細工芸人なのに、格好良いって思っちゃったもん。
武士の顔、男の顔、父親の顔になっていましたよ。

娘のたえを演じた子役の熊田聖亜ちゃんが、これまた大人顔負けの良い演技をしてました。
可愛かったし^^

私個人としては、三十日の業のネタの中では火をつけた輪の中を飛び越えるのが好き。
本番では雨降っているってなオチには腹抱えて大爆笑でした。

前2作は受け入れなかったって人でも本作は割と観れるんじゃないでしょうか。
松本監督よがりにならず、きっちり一般向けとして作られていますから。

ヨーロッパ映画祭での上映も大盛況だったみたいですね。
日本人よりかは海外の人にウケが良いかもって、松ちゃん本人も言っていましたが、今作は大丈夫でしょう。
十分、オッティモ!!な作品になっていましたよ。

オフィシャル・サイト

評価:★★★☆
11/11/05DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
レンタル開始日:2011-11-05
メーカー:アール・アンド・シー
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マンドレイク 人喰い植物の... | トップ | ミスター・ノーバディ »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2011-11-07 01:43:53
脚本に板尾さんが入っているはずなんですが、それで多少は変わったのかもしれませんね。
もちろんコレでもボロクソ言う人はたた見かけましたけど、私はコレなら普通に映画として楽しめたんでOKです^^
熊田聖亜ちゃん (cyaz)
2011-11-07 08:19:55
ヒロ之さん、こんにちは^^
TB、ありがとうございましたm(__)m

この娘役の熊田聖亜ちゃん、
本当に上手な子役さんですね~
今、TVドラマの「ランナウェイ」にも
出演していますがその片鱗はしっかり見えます!
>KLYさんへ (ヒロ之)
2011-11-08 00:35:00
脚本協力の1人で板尾さん入ってましたね。
その辺、多少の面白さが出ていたのかもしれません。
私も松ちゃんの映画としては十分OKな方に入ります。
前2作と比べても格段に作品の出来は良くなっていると思いましたね。
>cyazさんへ (ヒロ之)
2011-11-08 00:39:58
こんばんは~。
コメント有難う御座います。

聖亜ちゃんの演技は上手いな~と感心しました。
「ランナウェイ」は先日チラッと偶然観ました。
出ている事を知らなかったので、「あ、聖亜ちゃんだ!」と思い見てましたが、しっかりと演技している所には将来性を感じましたね。
こんにちは♪ (yukarin)
2011-11-08 14:26:13
今までの作品が個性的だったからどうかなと思ってましたが今回は普通に観られる作品になってましたね。
ネタもだんだんクドく感じてきたけれど最後は感動するいい作品になってました。
野見さん良い味出してました!
>yukarinさんへ (ヒロ之)
2011-11-10 01:30:38
こんばんは^^

今作もどうかなってかなり不安でしたけれど、意外や意外、きちんと観れる映画になっていましたね。

父子愛をきっちり描いていた辺りも好感でした。
ホント、野見さん素人なのに、最後の表情は凄く格好良かったです。
Unknown (にいな)
2011-11-10 12:33:56
野見さんというと・・・

働くオッサン劇場

のイメージしか・・・
>にいなぁんへ (ヒロ之)
2011-11-11 21:21:10
働くおっさん劇場、オイラ観てないんだよね~。

野見さんって普通に一般の人なんでしょ?
そんな方を主役に起用しちゃうのがなんとも松ちゃんらしい

あわせて読む

20 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
さや侍 (LOVE Cinemas 調布)
『大日本人』、『しんぼる』に続くダウンタウン・松本人志監督の第3弾。前2作とはがらっと変わり今回は時代劇に挑戦だ。脱藩の罪で捕まった主人公が、母を亡くした事で笑顔を失った藩主の息子を笑わせるための“三十日の業”を通じて娘との絆を取り戻していく様子を笑...
さや侍 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
妻の死にショックを受けた侍が、役職も家も藩も捨て刀まで捨てて逃げていく。ただ一人の娘を連れて国を超えてただひたすら逃げていく。最初のうちは若君を笑わせようとする野見隆明が面白いのだが、監督が示してくれる結末は厳しい現実だった。子役の熊田聖亜がすばらしい...
さや侍 (映画的・絵画的・音楽的)
 『さや侍』を新宿ピカデリーで見てきました。 (1)これまで松本人志の監督作品は肌が合わないのではと思って敬遠してきたものの、今回の作品は、従来のものとはだいぶ趣が違っているとのことなので、それならと映画館に出かけてきました。  実際見てみると、わけのわか...
さや侍 (あーうぃ だにぇっと)
5月23日(月)@ニッショーホール。 松本監督の前2作は観ていない。 映画館にまで足を運ぶ気がしなかった。 試写会当てたかったが、これがまた当たらないのだ。 今回の「さや侍」も結局当たらなかった。 しかたなく(笑)50円ムービーの掲示板で買い付けた。 ...
劇場鑑賞「さや侍」 (日々“是”精進! ver.A)
さや侍は、何を持って戦うのか・・・ 坂戸市の島田橋が使われてましたよ~ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201106140004/ マンスリーよしもとPLUS (プラス) 2011年 07月号 [雑誌] posted with ama...
さや侍 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
さや侍 [DVD]松本人志監督作品第3弾は、野見隆明という“素人”を独特の演出で使ったことが異化効果になっている。過去作品に比べ格段に分かりやすい。ある事情で、刀を捨てた侍・ ...
『さや侍』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「さや侍」□監督・脚本 松本人志 □脚本協力 高須光聖、長谷川朝二、江間浩司、倉本美津留□キャスト 野見隆明、熊田聖亜、板尾創路、柄本時生、伊武雅刀、國村 隼、りょう■鑑賞日 6月18日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度...
さや侍/野見隆明、熊田聖亜、板尾創路 (カノンな日々)
ダウンタウンの松本人志監督の長編第3作目です。クレジットを見ると今回本人は出演されなくて監督業専念してるようですね。今作に関するインタビューでは有名人監督ゆえの悩みを告 ...
さや侍 (Akira's VOICE)
ラストが良い! それだけで満足。  
さや侍 (佐藤秀の徒然幻視録)
まるで松本人志版ゴッホの自画像 公式サイト。松本人志監督、 野見隆明、熊田聖亜、板尾創路、柄本時生、りょう、ROLLY、腹筋善之介、伊武雅刀、國村隼。監督のお笑い芸人松本人志 ...
さや待 (ケントのたそがれ劇場)
★★★  松本人志監督の三作目の映画は、なんとちょいと変った時代劇であった。子連れ狼ならぬ子連れ指命手配者の野見勘十郎は、刀を捨ててさやだけを腰に差し、娘を連れて脱藩しての逃亡生活を送っていた。旅の途中でおかしな賞金稼ぎ三人に襲われるが、傷を負いながら...
映画『さや侍』 (闘争と逃走の道程)
 松本人志第三回監督作品。主演俳優がド素人という異色さが注目された作品ですが、案に相違して、中身はしごくまっとうな、映画らしい映画でした。ラストには少し驚きがありますが、そこはネタバレしない方向...
さや侍 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
「大日本人」「しんぼる」に続く松本人志監督の長編3作目。侍でありながら鞘しか持たない父と、その不甲斐なさに反発する娘の姿を描く。出演は、TV『働くおっさん劇場』で強烈なイ ...
[映画『さや侍』を観るもつまらなかったので<TSUTAYA>へ] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆仕事を定時で終えて、「映画を見るので帰宅が遅くなる」と母親に連絡したら、「(小5の)姪っ子が友人4人を連れて家で遊んでいる」とのこと・・・、  私はよっぽど、映画なんてやめて、コンビニでシュークリームでも買って帰って、少女たちの人気者になろうと思った...
『さや侍』('11初鑑賞82・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆★-- (10段階評価で 5) 6月11日(土) 神戸国際松竹 スクリーン2にて 18:35の回を鑑賞。
さや侍 (だらだら無気力ブログ)
人気お笑い芸人・松本人志が、「大日本人」「しんぼる」に続いて手掛けた 映画監督作第3弾。自身初の時代劇に挑戦し、ある理由からさやしか持たない 侍が、脱藩の罪で捕まり、幼い娘と共に無罪放免を懸けた“三十日の業”に 立ち向かう中で、次第に親子の絆が育まれて...
さや侍 (新・映画鑑賞★日記・・・)
2011/06/11公開 日本 103分監督:松本人志出演:野見隆明、熊田聖亜、板尾創路、柄本時生、りょう、ROLLY、腹筋善之介、伊武雅刀、國村隼 ある出来事により、侍として戦うことをやめ、刀を捨てた野見勘十郎。そんな父に対し、娘は反発していた。2人は、あてもなく旅を....
『さや侍』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 さや侍 』 (2011)  監  督 :松本人志キャスト :野見隆明、熊田聖亜、板尾創路、柄本時生、りょう、ROLLY、腹筋善之助、清水柊馬、竹原和生、伊武雅刀 独特の感性で作品を送り出してきた...
さや侍 (うろうろ日記)
試写会で観ました。松っちゃんの映画って一回も観たことがなかったのですが、評判は、
「さや侍」 松本人志に泣かされた (はらやんの映画徒然草)
「大日本人」「しんぼる」と奇作を発表している松本人志監督。 新作は時代劇、それも