銀幕大帝α

切り株愛好連盟加入ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で7周年。2400作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

ロボジー

2012年08月05日 23時11分29秒 | 邦画コメディ
11年/日本/111分/コメディ/劇場公開(2012/01/14)
-監督-
矢口史靖
『ハッピーフライト』
-製作-
亀山千広
-脚本-
矢口史靖

-出演-
*五十嵐信次郎『デッドボール』・・・鈴木重光
*吉高由里子『カイジ2~人生奪回ゲーム~』・・・佐々木葉子
*濱田岳『ゴールデンスランバー』・・・小林弘樹
*川合正悟・・・太田浩二
*川島潤哉『曲がれ!スプーン』・・・長井信也
*田畑智子『ハッピーフライト』・・・伊丹弥生
*和久井映見『日本沈没』・・・斉藤春江
*小野武彦『踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!』・・・木村宗佑
<ストーリー>
家電メーカーの窓際社員3人組が、社長命令で開発させられていた二足歩行ロボット・ニュー潮風。ところが、発表直前にロボットは大破してしまい…。

変形しない。
戦わない。
働きもしない。
そんなロボットに
日本中が恋をした――。


<感想>

コメディ映画として期待し過ぎたなぁ。
大爆笑とまではいかなかった。
もっと突き抜けた笑いが欲しかったかも。

ミッキー・カーティスの好演が一番光ってた。
一見単なる頑固者爺かと思いきや、陰では孫たちに振り向いてもらおうとあれこれ考えている。
この表と裏の心の妙なるものを丁寧に演じていて凄く良かった。

ラストでの機転を利かせた末での大団円も絶妙。
それまでやりたい放題だった鈴木さんだが、最後の最後で良い仕事したやん、と。
これは老いた男のつまらない人生に新たな楽しさを体験させてくれた木村電器へのささやかなお礼なのかもしれないな。

丁寧に作られた良品ではあるが、いかんせん笑い箇所が少ないのがちと残念。
そういえば爺がロボットになる話でふと思い出したのが、昔漫画であった「CYBORGじいちゃんG」。
すっげぇ面白かったんだが、あれこそ実写化したら一部映画ファンに受けそうな気がするんだがねぇ。
マニアック過ぎるか(笑)。

今作の吉高ちゃん

ロボット博でニュー潮風に助けられた際の吉高ちゃんだが、パンツ見せて欲しかった。


ロボットヲタクというちょっと変態入った女子を楽しそうに演じてました。
目の下にクマ、ほぼスッピンという若干気色悪い顔色をした吉高ちゃんも観れます。
どんな役でも成りきって見せる所が素晴らしい。

オフィシャル・サイト

評価:★★★☆
12/08/04DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
レンタル開始日:2012-08-03
メーカー:フジテレビ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (16)   トラックバック (43)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イントルーダーズ | トップ | ヘルレイザー:レベレーション »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
目のクマの吉高 (KGR)
2012-08-06 09:42:14
ちょっとだけだったから良かったのかもしれませんが、
目の下にクマを作って田畑智子に迫る吉高由里子、
ドンピシャでした。
やはりおじいちゃんだから・・ (メビウス)
2012-08-06 21:27:42
ヒロ之さんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

矢口監督の前シリーズが底抜けに笑える作品ばかりだっただけに、今回はイマイチだった・・という意見も確かに多い作品でしたねコレ。自分も一応笑えたのですが、ゆるい笑いが多かったので、失笑も少なくなかったかも?^^;やっぱり主演がおじいちゃんでフレッシュじゃないのが仇になっちゃったんでしょうかね~?
こんなことなら同じおじいちゃんでもインパクトが段違いなGちゃんを実写化して欲しかったですねホントw今の日本のCG技術なら可能でしょうし、実写版ストロンガーGもカッコ良くなりそう・・。確かにマニアックですけど、映画化すれば絶対あの面白さは認められると思います。個人的にデスノートよりも好きですもん(笑
>KGRさんへ (ヒロ之)
2012-08-07 01:31:03
コメント有難うございます。

吉高ちゃん、そこまでするかのメイクでした。
可愛い子ぶっている女優には見習って欲しいものです。
こういうなんでも成りきる吉高ちゃんが大好きです。
>メビウスさんへ (ヒロ之)
2012-08-07 01:36:38
こんばんは!!
コメント&TB有難うございます!!

そうなんですよ。
『ハッピーフライト』とか凄く面白くて好きなので、これも期待値上げて観たのですが、ちょっと浅めのコメディで拍子抜けしちゃいました。
ゲラゲラ笑いたいという想いが強過ぎたようです^^;

Gちゃん、実写化して欲しいですねぇ。
三池監督辺りならかなり良い物が出来そうな予感はするのですが。
コミックがカルト寄りなだけに、ちょっと映画化するのは難しいかもしれませんが、それを差し引いても、内容は面白くなる感じはするだけに、ホント誰か作ってくれないかなぁと『ロボジー』みたら凄く思いました。
こんにちは♪ (yukarin)
2012-08-08 12:59:22
吉高さん可愛かったですね♪
爆笑とまではいかなくても楽しい作品でした。
「CYBORGじいちゃんG」はわからないなー。
>yukarinさんへ (ヒロ之)
2012-08-09 22:30:24
こんばんは!
可愛かったです吉高ちゃん。
彼女の演技は安心出来るので大好きです。
もうちょっと弾けた笑いが欲しかったですが、まぁこんなものかなって思える位楽しい作品でした。
「サイボーグGちゃん」知っている人はかなりのマニアックさんだと思いますよ~^^
こんにちは (おくやぷ)
2012-08-09 23:55:09
TBありがとうございました

わたしもサイボーグGちゃんを思い出しました
>おくやぶさんへ (ヒロ之)
2012-08-11 01:36:26
コメント有難うございます!!

結構「サイボーグGちゃん」の認知度高いんですね!
やっぱりこの映画を観るとあの漫画を知っている人は必然的に思い出しますよねぇ(笑)。
すいません (sakurai)
2012-08-14 20:06:00
ほとんどブログ、放置状態でした。
やっぱ4年に一回のオリンピックですよねえ。
と言うことで、「ロボジー」!
私は大好きです。大笑いはなかったかもしれませんが、細かいプロット、微に入り細に入りのいつもながらのこだわりは脚本はさすがだなああと。
まあ、女性陣へのサービスショットがなかったのが残念・・・・でしたかねえ。
>sakuraiさんへ (ヒロ之)
2012-08-17 01:08:43
こんばんは!
コメント有難うございます。
私もオリピク三昧でしたよ~。
合間にDVD観てましたけれども、更新はちょっと疎かではありました。

この映画、出来は良いとは思うのですが、ちょっと優等生過ぎたかなとは思いました。
もっとコメディコメディしていても良かったかも。
大きく笑えなかった点が残念でしたが、吉高ちゃんがいっぱい見れたんでまぁ良いです^^
こんにちは♪ (そよ)
2012-08-19 17:40:49
私もけっこう期待してました
矢口監督はいつも楽しい作品を作るので^^

クスっと笑いは何箇所かありましたが大笑いは出なかった~ 
まーそれでも好きです 矢口監督

ミッキー・カーテチス  五十嵐信次郎さん
演技上手いですよね~
すんごい我が強くて演技指導とか大変そうだけど
でもよく分かってるよな~ と思います
>そよさんへ (ヒロ之)
2012-08-19 20:39:58
こんばんは!

期待以上ではなかったですけど、それなりに楽しい作品でした。
笑と真面目のバランス加減を丁寧にし過ぎちゃった感はありました。
もうちょっと弾けても良かったかもとは思いましたね~。

ミッキー・カーティスの演技は良かったです。
頑固爺を上手く表情なんかで演じてました。
吉高ちゃんは安定の可愛さ
TB &コメントありがとうございました (morkohsonimap )
2012-08-29 01:28:45
ロボット製作の村田製作所がコラボレーションというか、タイアップしてる映画でした

チャンとコスプレ会話の伏線をキチンと回収してましたねぇ

ロケは下関だったようですね
楽しいオチでした
>morkohsonimapさんへ (ヒロ之)
2012-08-29 23:38:42
こんばんは!
コメント有難うございます。

ちっさな事ですけど、コスプレとかの気になった部分をきちんと展開に結び付けている辺りは上手い脚本だなぁと思いました。

そう考えると、丁寧に練って作り上げた作品ではありますよね。
こんにちは (maki)
2012-09-02 10:31:38
なかなか丁寧に作らており、確かにギャハハと笑えるタイプの作品ではなかったですが、なかなか面白かったです
じいちゃんがロボットの中に入るって発想だけで
笑えるだろうなって想像つきますもんね
バカバカしいけど伏線回収もラストも粋でお見事でした
>makiさんへ (ヒロ之)
2012-09-02 22:11:26
こんばんは。
期待いした程の笑はなかったですけど、好感が持てる作品ではありましたね。
確かにロボットの中身が普通の爺ちゃんってだけで面白いですけども^^
楽しかったです。

あわせて読む

43 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ロボジー (映画的・絵画的・音楽的)
 『ロボジー』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)この映画は、予告編を見ただけでなんとなく全体がわかってしまう感じがして、パスしようかなと考えていたところ、実際に見てみるとなかなか面白く出来上がっていたので、拾い物でした。  それには、主演のミッキー・カ...
ロボジー (あーうぃ だにぇっと)
ロボジー@有楽町朝日ホール
『ロボジー』 2012年1月10日 朝日ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ロボジー』 を試写会で鑑賞です。 東宝の正月映画はクオリティ高いですね~ 【ストーリー】  弱小家電メーカー、木村電器に勤務する小林、太田、長井の3人は間近に迫るロボット博での企業広告を目的に、二足歩行のロボット開発に奔走して...
「ロボジー」ROBO-G (東宝=フジテレビ=電通=アルタミラピクチャーズ) (事務職員へのこの1冊)
YouTube: 映画「ロボジー」主題歌 MR. ROBOTO by 五十嵐信次
『ロボジー』  (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ロボジー」□監督・脚本 矢口史靖 □キャスト 五十嵐信次郎、吉高由里子、濱田 岳、川合正悟、川島潤哉       田畑智子、和久井映見、小野武彦鑑賞日 1月14日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★★(...
映画「ロボジー」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2012/1/14、109シネマズ木場。 五十嵐信次郎(ミッキー・カーチス)、吉高由里子、浜田岳、川合正悟(チャンカワイ) * 木村電器の小林(浜田岳)、太田(チャンカワイ)、長井(川島潤哉)は 木村社長(小野武彦)から二足歩行ロボット「ニュー潮風」の製....
「ロボジー」  、文句なし。大絶賛 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
まさか、ロボットの中におじいさんが入っているとは思わない。そのまさかを逆手に取った傑作だ。これぞ日本のロボット技術。大ヒット間違いなし。世界に配給できる出来栄え。抜群におもしろい。前半に配置した伏せんをしっかり回収する脚本がすばらしい。
ロボジー ぎゃはははは~っそないくるか~! (労組書記長社労士のブログ)
【=2 -0-】 妻に「観に行く?」って聞いたら、「どうせ、すぐにテレビでするでしょ」って断られてしまったが、どうも気になる映画だ、どうせならスクリーンで観ておきたい。 波乗り帰りのTOHOシネマズの日、「マイウェイ 12,000キロの真実」を先に観ておこうと思ってた....
ロボジー (我が頭に巣くう映画達)
8点 2012年の日本映画で、 監督は「スウィングガールズ」、「ハッピーフライト」の矢口史靖さん、 主演は五十嵐信次郎ことミッキー・カーチスさんです。 家電メーカーで働く3人のエンジニアは、 ロ...
『ロボジー』 ('12初鑑賞10・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 1月14日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 13:05の回を鑑賞。
ロボジー (to Heart)
製作年度 2011年 上映時間 111分 脚本 矢口史靖 監督 矢口史靖 音楽 ミッキー吉野 出演 五十嵐信次郎/濱田岳/吉高由里子/川合正悟/川島潤/田畑智子/和久井映見小野武彦/森下能幸/田中要次/田辺誠一 「ウォーターボーイズ」「ハッピーフライト」の矢口史靖監督が贈る痛...
ロボジー (うろうろ日記)
試写会で観ました。【予告orパンフの印象】ロボットになったお爺ちゃんが吉高ちゃん
ロボジー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(F) 物語の流れを変えたあのキッカケが弱過ぎたかな。
「ロボジー」 またまた意外な組み合わせ (はらやんの映画徒然草)
「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」の矢口史靖監督の最新作です。 今まで
ロボジー・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ロボット爺ちゃん、がんばる。 「ひみつの花園」「スイングガールズ」などの作品で知られる矢口史靖監督の最新作は、畑違いのロボット開発を命じられた技術者が、破れかぶれで着ぐるみロボットの中に老人を...
ロボジー (勝手に映画評)
『ウォーターボーイズ』で男子シンクロを、『スウィングガールズ』でビッグバンドジャズを、そして『ハッピーフライト』で航空業界を描いた矢口史靖監督の最新作品。今回は、ロボット業界にメスを入れています(笑)。 何と言っても、主演の『新人』五十嵐信次郎が話題です...
「ロボジー」ドモアリガットMr.ロボット (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
私が今月の1本にあげた作品。 こういう映画大好き!! ロボットにじいちゃん入れちゃうんだよぉう☆これは観ないと!
映画『ロボジー』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-6.ロボジー■配給:東宝■製作年・国:2012年、日本■上映時間:111分■観賞日:1月14日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)■入場料:1,000円□監督・脚本:矢口史靖□照明:長田達也□編集:宮島竜治□ロボット・デザイン:清水剛□音楽:ミッキー...
ロボジー  監督/ 矢口 史靖 (西京極 紫の館)
【出演】  五十嵐 信次郎  吉高 由里子  濱田 岳  川合 正悟  川島 潤哉 【ストーリー】 家電メーカー木村電器の窓際社員・小林、太田、長井の3人組は、ワンマン社長から流行の二足歩行ロボットの開発を命じられていた。近く行われるロボット博での企業広告が目的....
ロボジー (そーれりぽーと)
矢口史靖監督最新作、今度はロボットがテーマ。 『ロボジー』を観てきました。 ★★★★ ロボットにおじいちゃんの魂が乗り移る系のファンタジーを撮ったのかと勘違いして観に行ったら、ロボットにおじいちゃんを入れて八百長発表をする事で後に引けなくなる話。 しかも...
映画「ロボジー」 (FREE TIME)
映画「ロボジー」を鑑賞しました。
ロボジー(2012-005) (単館系)
ロボジー MOXIXさいたま 12番スクリーン ハッピーフライトは見ているんですがあれはあれで楽しいけど二度と 見たくない。 その監督の最新作。 ロボ爺 木村電器のロボット開発スタッフは3名(小林...
ロボジー (だらだら無気力ブログ!)
吉高由里子が素晴らしい。
『ロボジー』 (beatitude)
家電メーカー木村電器の窓際社員、小林(濱田岳)、太田(川合正悟)、長井(川島潤哉)の3人は、いつもワンマンな木村社長(小野武彦)から流行の二足歩行ロボット開発を命じられる。近く開催されるロボット博での企業広告が目的だった。しかし、ロボット博まであと1週間...
ロボジー (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  弱少家電メーカーの開発担当者3人は、社長の思い付きでロボットを創らされたが、どうも上手く動かない。ロボット博まであと一週間に迫った日に、ひょんなことから窓からロボットが落ちて壊れてしまう。 もう修理している時間がない。追い詰められた三人は、...
ロボジー (新・映画鑑賞★日記・・・)
2012/01/14公開 日本 111分監督:矢口史靖出演:五十嵐信次郎、吉高由里子、濱田岳、川合正悟、川島潤哉、田畑智子、和久井映見、小野武彦 変形しない。戦わない。働きもしない。そんなロボットに日本中が恋をした--。 弱小家電メーカー、木村電器に勤務する小林、...
ロボジー (とりあえず、コメントです)
『ウォーターボーイズ』の矢口史靖監督の最新コメディです。 ロボットとおじいさんが並んでいる写真を見た時から楽しそうだなと思っていました。 矢口監督らしい笑いと展開に、クスクスしながら最後まで楽しめる作品でした。
『ロボジー』 (2012) / 日本 (Nice One!! @goo)
監督: 矢口史靖 出演: 五十嵐信次郎 、吉高由里子 、濱田岳 、川合正悟 、川島潤哉 公式サイトはこちら。  フリーパスポート8本目。 大好きな濱田くんご出演ということで当然鑑賞。 公開日に行って来ました。 満席! 予告で相当流れているので詳しくは書...
■『ロボジー』■ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2012年:日本映画、矢口史靖監督、五十嵐信次郎(ミッキー・カーチス)、吉高由里子、濱田岳、川合正悟、川島潤哉出演。 ≪大阪試写会にて観賞≫
「ロボジー」主演・五十嵐信次郎って誰? (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ロボジー] ブログ村キーワード  「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」「ハッピーフライト」の矢口史靖 監督、待望の最新作!「ロボジー」(東宝)。今回のテーマは『ジジイとロボット』!『変形しない。戦わない。働きもしない。そんなロボットに日本中が恋をし...
ロボジー【映画】 サイボーグGちゃんに非ず (as soon as)
ドモアリガット みすたーろばっと ドモ ドモ サイボーグGちゃんはサイボーグなので吹きすさぶ風がよく似合いますが ロボジーはワンカップがよく似合う じゃあマウスで描いてみます ウロ覚え選手権...
ロボジー (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第253回「どんなに荒唐無稽な話でも、結末次第で名作に」 2011年末から2012年初めにかけて、すっかり映画鑑賞から遠ざかってしまいました。いくつか話題作はありましたが、どうしても観たいと思える作品ではありませんでした。今日の作品「ロボジー」も絶対に...
[映画『ロボジー』を観た(短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆忙しくて時間がなく、20分で書く・・・。 後から書き足しをすると思う、あしからず。   ◇ 私はどうも、この作品の監督・矢口史靖の、なんちゅうか「優しさ」とか「手作り感」のある作風に苦手意識を持っており(例えば、出演の濱田岳の顔に代表される善良性)、...
ロボジー (迷宮映画館)
監督がニマニマしながら作っている姿が目に浮かぶ・・・・
ロボジー (タケヤと愉快な仲間達)
【あらすじ】 家電メーカー木村電器の窓際社員、小林(濱田岳)、  太田(川合正悟)、長井(川島潤哉)の3人は、いつも ワンマンな木村社長(小野武彦)から流行の二足歩行 ロボット開発を命じられる。 近く開催されるロボット博での企業広告が目的だった。 しかし、....
「ロボジ―」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
期待の星、矢口史靖監督にしては、いまひとつかな。 どうして?ロボットの開発を命じられた電器メーカーの冴えない社員たちが、ロボットの外装の中に内緒で老人を入れて動かしたことから起きる騒動を描くコメディ。相変わらず、着眼がおもしろいじゃない。 そうかもしれ...
ロボジー (538ねん。)
「テルマエ・ロマエ」と二本立てで見てきた映画 今月初めにDVDが発売されていたのですが、三茶で月末から 上映されるので、見る映画もDVDが見当たらない時でも 我慢してきたのですが 我慢してきた甲斐がありました 思っていたのとは違ってたけどこの映画はかなりの拾い物....
ロボジー (いやいやえん)
家電メーカーで働く3人のエンジニアは、ロボット博に向けて二足歩行ロボットを開発、しかし開発中のロボットが大破してしまう。困った3人はお爺さんにロボットの着ぐるみを着てもらい、何とかロボットを発表することにするが、そのイベント中にロボットが女子大生を助...
映画『ロボジー』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-6.ロボジー■配給:東宝■製作年・国:2012年、日本■上映時間:111分■観賞日:1月14日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)■入場料:1,000円□監督・脚本:矢口史靖□照明:長田達也□編集:宮島竜治□ロボット・デザイン:清水剛□音楽:ミッキー...
『ロボジー』をミント神戸7で観て、ふむふむ吉高だなふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
観た筈の映画を総ざらいして追いつくぞな1本。 五つ星評価で【★★★吉高に田畑、こういう小品もえんでね】 感動のあまり、これで号泣したりとかはしないけど、 これぐらいの ...
ロボジー (Akira's VOICE)
ロボットは夢である!
ロボジー (Day by Day)
公開2011年日本監督矢口史靖出演五十嵐信次郎 吉高由里子 濱田岳 川合正悟 川島潤哉 田畑智子 和久井映見 小野武彦 田中要次 森下能幸 竹中直人 田辺誠一評価 Blu-ray・DVD情報ロボジー スタン...
【映画】ロボジー…北九州は映画ロケが多い的な話 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
ゴールデンウィークも本日で終了。 そんなゴールデンウィーク後半の過ごし方・その2 2013年5月4日(日曜日・みどりの日)は、朝から友達と福岡のコンサートに行くという娘を小倉駅まで送った後に昼寝。夕方から帰省する(本当は小倉で飲んで、早朝の新幹線に乗る)とい...