銀幕大帝α

切り株愛好連盟加入ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で7周年。2400作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

GODZILLA ゴジラ(2014)

2015年02月14日 16時36分20秒 | 洋画アクション
GODZILLA
2014年
アメリカ
123分
アクション/アドベンチャー/SF
劇場公開(2014/07/25)



監督:
ギャレス・エドワーズ
『モンスターズ/地球外生命体』
出演:
アーロン・テイラー=ジョンソンフォード・ブロディ
渡辺謙芹沢猪四郎博士
エリザベス・オルセンエル・ブロディ
ジュリエット・ビノシュサンドラ・ブロディ
サリー・ホーキンスヴィヴィアン・グレアム
CJ・アダムズフォード(少年時代)
カーソン・ボルデサム・ブロディ
デヴィッド・ストラザーンウィリアム・ステンツ司令長官
ブライアン・クランストンジョー・ブロディ



<ストーリー>
日本が世界に誇る“キング・オブ・モンスター”ゴジラをハリウッドが再リメイクしたアクション大作。

世界が終わる、
ゴジラが目覚める。


-感想-

秘宝ベストの未視聴作品を借りてみよう!2本目。
1本目はこちらへ『ドラッグ・ウォー 毒戦』

秘宝2014ベスト2位。

ギャレス・エドワーズ監督の「出る出る詐欺」は今に始まった事ではない。
中々見せないのがこの監督のスタイル。

でも流石にメイン怪獣よりも、オリジナル怪獣を先に登場させて中盤までもったいぶって見せてくんないのには、新生ゴジラを一番に目撃したい者にとっては腹が立つものもあるかもしれない。

焦らして焦らされて、苛々し始めた頃にドーンとドヤッ!て感じで怪獣が披露される訳だが、特別コジラファンでもない私でさえも「おおっ!」って脳が興奮して体が自然と前のめりになったかと思えば、「おっ…おっ??…」て結局一部分の描写のみで、全体像まだかいっと興奮が一瞬で冷めたりと色々忙しい形での鑑賞になっちゃいましたけど、焦らしプレイを好むのも手伝ってかラストでのはっきりと全身ゴジラがようやく映し出されるシーンは、ちと(観たいものがやっと観れた事に対して)感動してしまった。

メイン怪獣の姿を最後にしかきちんと見せない監督の徹底振りには頭が下がりますわい。
安売りしていないだけあって、エメリッヒ版イグアナゴジラに比べたら遥かに日本人受けもするだろうし、オリジナルに敬意を払った事が十分伺える立派なゴジラに仕上がっており、その点では合格。

だがしかし、怪獣VS怪獣全部が「夜」てのは納得がいかない。
これは『パシフィック・リム』にも言えた事なのだが、画面が暗過ぎて何をしているのかさっぱり分からん。
怪獣battleとして見せ場にしたいのなら日中にするべき。
何故わざわざ観辛くなる「夜」を選ぶのか理解に苦しむ。
造詣や演出に自信がある監督なら絶対に日中戦で勝負してくるはず。
ギャレス・エドワーズ監督やギレルモ・デル・トロ監督にはそれ位の腕はあると思うんだけどなぁ。
ただこの「夜」に関しては不満ばかりでなく、ゴジラが尾っぽから青白く光り出し、口から光線を吐き出すシーンは「夜」だからこその美しさがあった事は確か。
初光線は「夜」でOKだが、他は「昼」で観たかったというのが本音ですかね。

後は・・・そうだなぁ、話が堅いかな。
こういう映画は迫力を大事にして、ストーリーは小難しくないものの方が良い。
怪獣映画で観客が求めるものは怪獣の暴れっぷりであって、物語には殆どの人が期待してない、興味を示していないはずだと思うのよね。
今作は9・11や3・11の要素を放り込み過ぎて、作品全体を占める割合が物語70%怪獣30%。
そりゃちょっと盛り上がりに欠けるわなぁと、もっと怪獣見せろ、と思うのも仕方ないかも。
そう考えると、造詣は兎も角、エンタメ色が濃かったエメリッヒ版ゴジラの方が楽しかった様に思えた。
「以前はすみませんでした。これがアメリカから日本に向けての本気の回答です!」と少し真面目に作り過ぎた結果がこれかしらね^^;
続編ではこの辺を改善して貰えたら嬉しいかな。
極力シンプルなストーリーを希望。

個人的に大きく好きな部分もあって、それぞれの怪獣を直接見せず、何かを間に挟んで(窓とかゴーグルとか)間接的に被写体を捉える所はギャレス・エドワーズ監督お得意のモキュメンタリー風演出で、より映像にリアル感を出す意味では凄く好みでした。
この手法は続編にも引き継いで欲しいかも。

2時間内で話を収めてくれたのも長尺が苦手な私としては有難かった。

今回はハリウッドスタッフが新たに作り上げたゴジラの顔見せ作品だと思う事にして、内容や展開をパワーアップさせてくれるであろう続編に期待です。
繰り返しになるけど、怪獣battleは昼日中でお願い!

どうでもいいかもだが、日本にあんな馬鹿でかいゴキブリは(販売はしていても)生息してないだろ。

今作の子役図鑑

ハワイで津波に追っ掛けられるゾーイちゃん。
こんな幼い歳で顔が整い過ぎ。
逆に将来が(劣化しないかと)不安になるんだが。

今作の美女図鑑

エル・ブロディ役のオルセン姉妹の妹エリザベス・オルセンさん。
主人公の妻という重要な役者なのに、吹き替えが酷い!棒読み!
誰やねん、と思ってたら若手女優・波瑠さんだそうで。
吹き替えに女優使うのやめぃ!て声、担当者は聞いてないんやろかね。
他にも数人、変な吹き替えがあったのだが、つくづくこういう声優素人に意味不明なオファーをする担当者は馬鹿だと思う。
東宝の上田太地、てめぇのことだよ。

評価:★★★☆
15/02/14DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2015-02-04
メーカー:東宝

オフィシャル・サイト(日本語)

関連作:
『ゴジラ(1954)』(オリジナル)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (24)   トラックバック (61)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドラッグ・ウォー 毒戦 | トップ | 愛の棘 »
最近の画像もっと見る

24 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんはー (momorex)
2015-02-14 20:56:26
格好良かったですよねー、米軍特殊落下飛行部隊!
アメリカが舞台だと、怪獣たちの周りでやきもきする人達も変わりますねー。
核を使っても倒せないゴジラさん。彼らの喧嘩が始まったら、もう遠巻きに見守るしか無いですよね。今回は喧嘩の後、少し疲れて寝ていたようですが、目が覚めるとさっさと海に帰っていくところも、なんともゴジラさんらしいツンデレ感が満載で楽しかったです。
続編はぜひとも、太陽の下で喧嘩して欲しいですね^^
>momorexさんへ (ヒロ之)
2015-02-14 23:02:55
こんばんは!
コメント&TBありがとうございます。

あの落下飛行部隊の落ちていくシーン、良いですよね~。
韓国人はあれに不快感を抱いているそうですが(笑)
怪獣同士が戦い始めたらなーんも出来ないのも分かります。
成り行きを見守るしかないですものねぇ。
仮にゴジラが負けてたらどうしてたんでしょうか。
ドスンドスンと疲れた様子で海に入っていくゴジラの姿がまたなんとも言い難い渋さがありました。
こういうのをもっと撮って欲しかったです。
やっぱり巨大ものは、明るい場所こそ画が映えるのではと思います。
こんにちは! (タケヤ)
2015-02-15 07:28:03
(今思うと)夜の戦いばかりにしたのは
あえて日本に敬意を払っての事かも
しれませんね。

でもですね、ヒロ之さんの言うように
「昼間の戦い」が絶対いい!
昔と違って今は映像の進化は著しく素晴しい
ですもんね。

まあでも考え方かもしれませんけど
わび・さびの部分では昼間ばっかりドーーーン
ではそれはそれで酷評するかも。。。

映画監督も大変ですね(笑)

販売ゴキブリネタ、すぐにどこの事を
言ってるか分かりましたよ(笑)
思わず朝から(ププ)でした。
こんにちは (maki)
2015-02-15 10:48:56
確かに昼間の戦いのほうが見やすくていいとは思うのですが、きっとフォルムとかかっこよさ的にすると、夜時間帯になっちゃうのでしょうね
本作でのゴジラはちょっとお太りになられましたけど、
あの咆哮や象足部分において、実に日本的なゴジラだった
物語に深みはなく、ただただ人間はなにかしようと蠢いているだけの無力の存在だったのもよかったです
次はモスラとかもでるのかなー?
(いまだになぜ正義の使者が蛾なのか理解不能ですが…)
こんばんは。 (大阪ひろき)
2015-02-15 19:41:14
ヒロ之さん、こんばんは。
本作は、劇場公開時に、映画館で観ました。

>、焦らしプレイを好むのも手伝ってかラストでのはっきりと全身ゴジラがようやく映し出されるシーンは、ちと(観たいものがやっと観れた事に対して)感動してしまった。

あっさり出ちゃうよりも、出そうで出ない緊迫感を持続したままのストーリー展開は、リブート第一作目としては、良い効果をもたらしたと思います。
ヒロ之さんの仰るとおり、怪獣バトルは、夜は、観難いので、是非日中で、行ってほしいですよね。
ストーリーも、もう少しシンプルでも、良かった気がしますね。
ゴジラのヴィジュアルに関しては、ローランド・エメリッヒ版のイグアナのようなゴジラよりも、日本版のゴジラに近い印象でしたね。
ハリウッド大作にしては、ランニングタイムも、長過ぎず、短すぎずで、丁度良い時間で、観易かったと思います。
アーロン・テイラー=ジョンソンは、精悍な兵士役を好演されていましたが、「キック・アス」の情けないオタク青年の役を演じた同一人物だとは、とても思えませんでした。
正に、「カメレオン俳優」ですね。
パワーアップされるであろう続編にも、期待しています。
それから、日本版ゴジラの復活のニュースも、嬉しいですよね。
それから、ヒロ之さんが、今作の美女図鑑として、挙げられた、エリザベス・オルセン、「サイレント・ハウス」で、初めて、知りましたが、とてもお綺麗な女優さんですよね。
僕は、字幕版しか観ていないのですが、日本語吹き替えは、ダメでしたか。
波瑠さんは、女優さんとしては、ルックスも、可愛くて、好きな女優さんなのですが、声優さんとしては、素人ですからね。
それでは、失礼致します。
暗い・堅い (メビウス)
2015-02-15 20:04:44
ヒロ之さんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

日本のオリジナルとは違い、設定上100メートル超えの巨大怪獣になっていたようですので、本作でたびたび映し込んでいた画面に収まらないほどの巨体で全体像をなかなか披露しない焦らせっぷりは個人的には結構面白かったですね。一体どの場面で出てくるんだろうとかワクワクしながら観てもいましたので、ようやく顔も見せて第一声の雄叫びが出た時はやはりかなり興奮しました^^

でもそうですね。『夜』の決戦は確かに観難いと言う印象が否めませんでした。日本ゴジラの『vsシリーズ』でももちろん夜の戦いはありましたが、ビルの照明とか色々なものもあってか割と見易いんですよねぇ。日中戦は堅いストーリー性とも不釣り合いだったのかもしれませんね。
>タケヤさんへ (ヒロ之)
2015-02-15 22:37:04
こんばんは!
コメント&TBありがとうございます。

1シーンくらいは夜でも全然構わないのですが、全部が夜ってのは、なんだかなぁと残念な気持ちになります。
折角のきちんと作られた怪獣なのですから、昼での戦いをしっかり見せて欲しかったですねぇ。
1回目は結局良く分からなくて、2回見直しましたが、こういうのは最初のインパクトが大事であって、同じものを2回観ても興奮度が高まる訳ではないですからね。
面白かったからもう1度見直すという意味とでは全然違いますよ。

そんなゴキブリ、日本にはいないだろって思いました(笑)
>makiさんへ (ヒロ之)
2015-02-15 22:43:45
こんばんは!

初めて口から熱戦放射するシーンは夜で正解やと思います。
逆に昼間だとあの凄さは出なかったと思いますから。
だけども、VSは昼間でやって欲しかったですよ。
部屋を暗くして観ても見辛かったのですから、相当画面が暗かったと思います。
一番の見せ場なのですから、有耶無耶にするのはどうにも私は好きではないですねぇ。
しかしゴジラの姿は本家に近づいたもので、これはこれでよかったです。
次作はキングギドラかモスラか。
情報を把握していないのですが、何やら期待は持てそうな感じではあります。
こんばんは♪ (yukarin)
2015-02-15 22:44:40
エメリッヒ版にはがっかりしたものですが、こちらのほうが断然良かったですね。

吹替え...棒読みは悲しい。
せっかくいいシーンでもがっかり。
いい加減、下手な芸人や俳優を使うのをやめてほしいですね。作品の価値が下がります。
>大阪ひろきさんへ (ヒロ之)
2015-02-15 23:01:15
こんばんは!
コメントありがとうございます。

映画館で鑑賞されたと以前コメント頂いていたので、こちらへのコメントもお待ちしておりました^^

初っ端からメインのゴジラを出されても、後の楽しみが半減しますから、こういう世界中が注目する中で、焦らしに焦らして終盤でドーンと出すのは憎い演出ではありますよね。
お陰で興奮度は高まりました。
こういう大作、話題作は必然と2時間超えに成りがちなのですが、2時間できちんと上手くまとめて来たのには評価出来ます。
後、やっぱりゴジラの姿でしょうね。
本家ファンもこれなら納得の範囲内ではないでしょうか。
エメリッヒ版のゴジラにはゴジラじゃない!と思わされましたので(笑)
と、ここまで良いのですが、肝心のバトル戦が全て夜ってのはガッカリでした。
そこまで徹底しなくても、とは思いましたよ。

主人公はキックアスの面影がまるで無かったですね。
肉体を鍛えると全然雰囲気も変わってくるというのはハリウッド俳優の凄さでしょうね。
この作品に影響されたのか、日本でもゴジラが作られるみたいですね。
ハリウッド版の新作、本家の新作、どちらとも期待したいと思います。
オルセンさんの吹き替え、ひどかったです^^;
まぁでも、そんなに出演シーンが無かったので、大憤怒って程でもなかったですが、しかし耳には馴染めなかったのは確かです。
声優の経験がない俳優にオファーをする担当者に問題ありかと思います。
>メビウスさんへ (ヒロ之)
2015-02-15 23:17:07
こんばんは!
コメント&TBありがとうございます^^

同じ気持ちです。
中々全体像を見せないのは、とっておきのサプライズを待たされているようで、ワクワクさせられるものがありました。
この演出があったからこその、いざゴジラの全身どーん!には「おお!!」てな気持ちの高まりがありましたよ。
それと本家と同じ、咆哮シーンと熱線放射のシーン、あれはかなりテンション上がりました。
大して本家ゴジラは観ていないのですが、流石にその2つは知っていたので、同じ形で出てきた瞬間は堪らないものがありましたね~。

本家ゴジラも夜シーンが多いのですか。
実は先に書きましたように、余り観た事がないので、これを機に1作目とか観てみようと思います。
どのような違いがあるのか確認してみたくなりました。
>yukarinさんへ (ヒロ之)
2015-02-15 23:22:23
こんばんは!
エメリッヒ版イグアナゴジラは流石に・・・^^;て感じでしたが、こちらは本家に近いゴジラ(でもメタボ)になっていて良しでした。

なんで吹き替えに話題性だけを求めて俳優を起用するんでしょうかね。
そんなの誰も求めていないってのをいいかげん分かれよ!て思います。
吹き替えで観る者としては、そういうどうでもいい話題性は必要ないです。
こういう事をするか本職の声優さんの仕事が減るんですよ。
受ける方もオファーする方も、私から言わせればバカです。
出遅れ海苔♪ (Puff)
2015-02-16 01:36:27
ギャレス・エドワーズ監督の前作は未見で今回が初めてなのですが、
なるほど、この監督さんはチラリズム…チラッチラッッ
と攻めていく作風なのですね。笑)
確かに、じらされた後にドハーン!と出て来ると、ある種の感動がありますよね~

そうそう、私も観ながら「パシフィック・リム」を思い出していました。
観ながら、ま、あれよりはまだマシか、なんて慰めていたり。ハハ・・
やはり日中、暗くてももう少し日の暮れとか薄っすら日が射していると良いのにね。

2時間の長さは丁度良かったでした。
話題作のエンタテイメント映画は、2時間半とか3時間近くなる時がありますよね。
あまりに長い戸疲れちゃうしだれちゃいますものねぇ
それにしても、今回のゴジラは、少々お肥り気味でしたね、特に首の辺りが。笑)
こちらにもこんばんは! (スパイクロッド)
2015-02-16 23:19:58
焦らしプレイが長すぎたせいで、
いよいよゴジラ登場!っとなったときには、
もう眠たくて眠たくて仕方がありませんでした(笑)
なので、実は肝心なところをあまりよく覚えておりません!
DVDも出たことだしもっかい観ようかな?
>Puffちんへ (ヒロ之)
2015-02-17 21:41:34
こんばんは~
コメントありがとうございます!

デヴュー作の時からそうでしたからねぇ。
中々見せないってのは端から予感はしてましたが、いやはやここまで徹底して見せてこないとは思ってもいませんでした
でもそのお蔭で、全身がようやく見れた時は初っ端に見せられるよりかは興奮値高めでありましたよ~。

街全体が停電している為に、本当に真っ暗。
これは戦いをしっかり見たい人間としては厳しいものがあります。
軍がサーチライトを浴びせるとか、もう少し画面を明るくして欲しかったですね。

2時間で纏めてきたのは高く評価したいですね。
長くダラダラ見せられてもどうかなぁと思うジャンルでもあるので、この尺がベストだろうと思います。
ちょっと本家ゴジラよりかはメタボな感じでしたね
>スパイクロッドさんへ (ヒロ之)
2015-02-17 22:51:51
こんばんは!
こちらにもありがとうございます。

ちょっとゴジラを見せるまでが長過ぎる、ってのは確かにありました。
この焦らしに評価が分かれても仕方ないと思います。
私は暗さに難色を示してしまいました。
結構私と同じような事を書いてらっしゃるブログさんもおられましたし、作品自体が評価の良し悪し真っ二つに分かれちゃってますね。
本家ゴジラの1作目を私は借りてきたので、明日にでも観る予定です。
Unknown (ふじき78)
2015-02-18 00:49:06
ハリウッド版の後に、金子版ゴジラを見たら、ラストぐだぐだになったりするんだけど、金子版の方が好きだという事が分かった。
>ふじき78さんへ (ヒロ之)
2015-02-18 22:41:17
こんばんは!
本家ゴジラ1作目を観ました。
映像技術は確かに今のと比べると劣りますが、ゴジラの存在を印象付ける意味では遥かに本家1作目が勝っていると実感した次第であります。
機会があれば他の作品も見てみようかなと思ってます。
前置きが長い (ミス・マープル)
2015-02-21 10:56:03
本家ゴジラは遠い昔に見たきりなのでやはり借りてみようかな。
この映画はおっしゃる通り暗い。
よく見えない。
そして口からガオーはきめ技だから、危なくなって出すというのは、
「ウルトラマン」のスペシウム光線?と同じかしら。
真面目に作ってありましたが、人間ドラマが邪魔だったかなと。
Unknown (ねこっちゃ)
2015-02-22 01:14:52
去年の暫定ベストでした。2回見に行きましたw
完璧な映画ではなかったですが、満足しました!
ゴジラ以外の怪獣映画(というかガメラ)なキャラ付けも良かったと思います。
そろそろブルーレイボックスが届くので早く見なおしたいです!
>ミス・マープルさんへ (ヒロ之)
2015-02-22 19:45:39
こんばんは!
コメントありがとうございます。

観たいものが観れないってのは苛っときます。
レンタルなので自分が満足いくまで繰り返し観ましたが、劇場だと満足できないまま家路に着いたのかも、そんな事を思いました。
本家1作目では熱線放射は攻撃で結構使ってました。
こちらのは観客に「おぉ!」と思わせる意味で、あそこまで焦らしたのかもしれません。
今頃初見した私が言うのもなんですが、本家1作目は色々と味わい深いものがあって面白かったです。
>ねこっちゃさんへ (ヒロ之)
2015-02-22 20:55:14
こんばんは!
こちらにもありがとうございます。

2回見に行かれました!
映画館だと迫力もかなりあったでしょうねぇ。
おぉ!ブルーレイボックス購入されたんですね。
御自宅でもう一度、興奮と感動を味わって下さい^^
Unknown (シグルド)
2015-09-30 16:20:54
結構前の鑑賞だったので粗方記憶が薄れてますがw
そう・・・・ゴジラさんファッティ(おデブ)でしたねww
前回の骨皮ゴジラよりよほど「らしい」お姿ではありましたがw
あと火吹く直前の喉袋がフルフル震えるのが何とも(*´Д`)
>シグルドさんへ (ヒロ之)
2015-10-01 19:58:51
こんばんは!
こちらにもありがとございます。
先週でしたっけ?地上波でこれ流れてましたよね。
横幅が大きいゴジラでしたが、イグアナゴジラよりも全然マシでした。
本家ゴジラに対する「愛」を感じましたよ。
今回、チラ見せ、暗がりの中での戦いが多かったので、続編ではその辺改善して欲しいものです。

あわせて読む

61 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
劇場鑑賞「GODZILLA ゴジラ」 (日々“是”精進! ver.F)
神の名を持つ存在… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201407250001/ 映画 海外 GODZILLAゴジラ エアポート ポスター(FP-3343)【代引手数料無料!送料全国一律】【...価格:1,166円(税込、送料別) 【楽天ブック...
GODZILLA ゴジラ(2014) (佐藤秀の徒然幻視録)
これは詐欺、もうハリウッドはゴジラ作らんでいい 公式サイト。原題:Godzilla。ギャレス・エドワーズ監督。アーロン・テイラー=ジョンソン、渡辺謙、エリザベス・オルセン、ジュリ ...
『GODZILLA ゴジラ』 渡辺謙しか口にできないこと (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  「ゴジラはアンチヒーローなんだ。善玉じゃないけれど、悪の化身でもない。」  ゴジラとは何か?  ゴジラ映画を撮る際に作り手が最初に悩むであろうこの質問に、『GODZILLA ゴジラ』のギャレス・エドワーズ監督は上のように答えている。 ...
GODZILLA ゴジラ  監督/ギャレス・エドワーズ (西京極 紫の館)
【出演】  アーロン・テイラー=ジョンソン  渡辺 謙  エリザベス・オルセン  ブライアン・クランストン 【ストーリー】 1999年、日本。原子力発電所で働くジョーは、突如として発生した異様な振動に危険を感じて運転停止を決意。だが、振動は激しさを増して発電所は....
映画「GODZILLA ゴジラ(2D・字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『GODZILLA ゴジラ(2D・字幕版)』 (公式)を本日、公開初日に劇場鑑賞。採点は、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら75点にします。 ざっくりストーリー 1999年、科学者・芹沢博士(渡辺謙)らはフィリピンの鉱山で謎...
『GODZILLA ゴジラ』(2014) - Godzilla - (momoな毎日)
チャー、チャチャチャチャッ・・・・・ゥガオォォーーー そんなに詳しいわけではないのですが、このツンデレ感、自分の目的を達成した後はさっさと海に帰っていく感じは元祖「ゴジラ」に近いのではないでしょうか!? ■ GODZILLA ゴジラ - Rush - ■ 2014年/...
GODZILLA ゴジラ(2014) IMAX-3D/アーロン・テイラー=ジョンソン (カノンな日々)
日本が世界に誇る怪獣映画『ゴジラ』のハリウッドによる再リメイク作品です。ローランド・エメリッヒ監督が手がけた1998年の『GODZILLA』があまりに酷い出来で失望させらましたが、今 ...
GODZILLA (映画と本の『たんぽぽ館』)
今だからできる味付けのリメイク * * * * * * * * * * 1954年に第一作で誕生したゴジラ。 60年を経てハリウッドでリメイク。 近頃このようなCGたっぷりのSFアクション作品が苦手になってきている私ですが、 こればかりはやはり期待して見てしまい....
『GODZILLA』(2014) (【徒然なるままに・・・】)
日米合作で「ゴジラ」の3D映画の企画が持ち上がってると聞いたのはいつ頃だっただろうか。『ゴジラ対ヘドラ』をベースにした一種のリメイク・ストーリーということもあって期待度は低く、そもそも実現性も高くないだろうと静観を決め込んでいたが、その企画が廻りまわっ...
GODZILLA ゴジラ (2014) 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
日本の怪獣王ゴジラをハリウッドが2度目の リメイクを果たした'14版『GODZILLA』が 公開されましたので観に行ってきました。 3D字幕版を観たかったのでそちらを上映して いる劇場まで遠征することに、向かったのはTOHO シネマズ日劇、上映していたのはスクリーン1で 久々...
『ゴジラ/GODZILLA』 2014年7月10日 東京国際フォーラムAホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ゴジラ/GODZILLA』 をジャパンプレミアで観賞しました。 東京国際フォーラムの試写会は気持ちが高ぶるのもあるけど 落ち着かない...途中退出者や途中携帯見たりするのがいるから。 人数が多いからそういうのが居る可能性が高くなるよね 本日の登壇は、渡辺謙、波留、...
GODZILLA ゴジラ ★★★★★ (パピとママ映画のblog)
怪獣映画の傑作として映画史に名を残す『ゴジラ』を、ハリウッドが再リメイクした超大作。突如として出現した怪獣ゴジラが引き起こすパニックと、ゴジラの討伐に挑む人類の姿を壮大なスケールで活写する。メガホンを取るのは、『モンスターズ/地球外生命体』のギャレス・....
映画:ゴジラ Godzilla ホノルル、ラスベガス他を破壊し尽くす原子力パワー... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
日本から輸出企画の最新版。 ちなみにITC(NYの渋い映画専門館)では、オリジナル版1954 を上映中だった。 言うまでもない、原子力生まれの怪獣ゴジラ。 そして過去にないデカいサイズ。ハンパない。 海に背ビレだけが出し、周りの駆逐艦をビビらせながら進むサマが....
GODZILLA ゴジラ (花ごよみ)
  日本が作り出した怪獣『ゴジラ』を、 ハリウッドで映画化。 監督はギャレス・エドワーズ。 出演はアーロン・テイラー=ジョンソン、 ブライアン・クランストン、 渡辺謙も参加。 渡辺謙はゴジラ』の魂を知る 科学者を演じます。 今から15年前、 日本の原子力発電...
『GODZILLA』 (時間の無駄と言わないで)
話が最高に盛り上がったところで、焦らしに焦らしてゴジラの全身初登場からの咆哮。 この流れは余りに最高過ぎて目頭が熱くなった。 そこまでだけでもチケット代の元は取れた気が ...
『GODZILLA ゴジラ』 (こねたみっくす)
GODZILLAではない、ゴジラが帰ってきた! さすが『ゴジラ』シリーズを全て見たというギャレス・エドワーズ監督。ヲタク魂がカメラワークにも、怪獣の見せ方にも凝縮されている! 怪 ...
GODZILLA ゴジラ (だらだら無気力ブログ!)
見応えあって面白かった。
『GODZILLA ゴジラ』 (2014) (相木悟の映画評)
神々しき新生ゴジラの咆哮を見届けよ! まさに夏休みの娯楽!色々と口を挟みたいこともあるが、ひとまず最強に面白い怪獣映画であった。 日本が世界に誇るスーパースター、ゴジラ。誕生から60年、シリーズ28作という長い歴史を紡ぎ、核兵器、戦争、自然災害、はた....
GODZILLA ゴジラ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(11)(14) 字幕版は前半の数箇所で、変な日本語に思いっきり白けた^^;
GODZILLA ゴジラ (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】 ゴジラVSムートーの戦いに時々人間が絡
GODZILLA ゴジラ (映画好きパパの鑑賞日記)
 待望のゴジラリメイク。ガメラとか日本の特撮をリスペクトしているのも良かったけど、やはり、ハリウッド製とみると、もう一声掛けたくなるのが人情でしょうか。  作品情報 2014年アメリカ映画 監督:ギャレス・エドワーズ 出演:アーロン・テイラー=ジョンソン、...
GODZILLA ゴジラ (あーうぃ だにぇっと)
GODZILLA ゴジラ@東京国際フォーラム
GODZILLA ゴジラ (Godzilla) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ギャレス・エドワーズ 主演 アーロン・テイラー=ジョンソン 2014年 アメリカ/日本映画 123分 アクション 採点★★★★ ゴジラが原爆や空襲の恐怖を具象化した存在だってことは、今更言うまででもないことですよねぇ。そう考えると、人がどう足掻こうと太刀...
GODZILLA (映画的・絵画的・音楽的)
 『GODZILLA ゴジラ』をTOHOシネマズ渋谷で見ました(3D日本語吹替版)。 (1)怪獣映画ファンでもないのでパスしようと思っていたものの、余りにPRが凄いものですから(注1)、それならと映画館に出かけてみた次第です。  本作のはじめの方では、1999年、研究機関モナ....
ゴジラ(3D 日本語吹替え版 2014 US版) (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ギャレズ・エドワーズ 出演:アーロン・テイラー=ジョンソン、渡辺謙、エリザベス・オルセン、ジュリエット・ビノシュ、デヴィッド・ストラザーン 【解説】 怪獣映画の傑作として映画史に名を残す『ゴジラ』を、ハリウッドが再リメイクした超大作。突如として出....
「Godzilla ゴジラ」、ゴジラと怪獣の対決です。 (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆☆ 1954年に東宝が製作・公開した日本の特撮怪獣映画の金字塔「ゴジラ」を、ハリウッドで新たにリメイク。 さすがアメリカ、その特撮シーンは、見るべきもの満載。やはり「パシフィックリム」といい、3Dシーンの迫力は、最近のCGにならされていても...
GODZILLA (とつぜんブログ)
監督 ギャレス・エドワーズ 出演 アーロン・テイラー=ジョンソン、渡辺謙、ブライアン・クランストン 客を満足させる映画を創るのはたいへん難しい。映画の客はわがままで勝手だ。小生も、そんな映画の客である。 1998年のローランド・エメリッヒの「ゴジラ」も公開....
『GODZILLA』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「GODZILLA」 □監督 ギャレス・エドワーズ□脚本 マックス・ボレンスタイン□キャスト アーロン・テイラー=ジョンソン、渡辺 謙、エリザベス・オルセン、       ジュリエット・ビノシュ、サリー・ホーキンス、デビッド...
「GODZILLA ゴジラ」(1回目) (或る日の出来事)
あまりのカッコよさに泣いた!
「GODZILLA ゴジラ」 (セレンディピティ ダイアリー)
この週末に公開された怪獣映画、「GODZILLA ゴジラ」(Godzilla)を
「GODZILLA」ハリウッドリメイクでも東宝映画 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
往年のゴジラの血が脈々と受け継がれている、ハリウッド版でもしっかり東宝映画なのが嬉しい見事な作品。 3Dとしては、トランスフォーマーが凄かったこともあって、川崎IMAXで観てもさほど3Dを感じなかったけど、そんなことどうでもいいの。 3Dが凄くても私は...
GODZILLA ゴジラ[2014] (いやいやえん)
映画館鑑賞。 原爆と核実験の象徴から、善悪を超越した存在として描かれている、ゴジラ。ただの大怪獣でもない。 前情報がでてから、ゴジラのビジュアルと設定がとかく気にかかっていました。前作・ハリウッド版の「GODZILLA」は、単なる怪獣映画と化してしまってい...
GODZILLA ゴジラ (Akira's VOICE)
ガメラ好きとして満足です!(え?  
GODZILLA ゴジラ (ぶっちゃけ…独り言?)
4.5点(10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) まぁ、説明不要、怪獣映画の最高峰・・の2度目のハリウッド版で御座います。 ぶっちゃけ・・いや、ぶっちゃけなくても、前の『GODZILLA』が酷い・・いやまぁ、残念な出来だったので、今回はどーかなぁ~と...
GODZILLA ゴジラ ジャパンプレミア (風に吹かれて)
ゴジラの咆哮で拍手が 公式サイト http://www.godzilla-movie.jp7月25日公開 監督: ギャレス・エドワーズ  「モンスターズ/地球外生命体」 1999年、フィリピンの採鉱場
GODZILLA ゴジラ (心のままに映画の風景)
1999年、フィリピン。 採掘現場の調査にやって来た芹沢博士(渡辺謙)とグレアム博士(サリー・ホーキンス)は、謎の巨大生物の痕跡を発見。 同じ頃、日本の原子力発電所が謎の大振動に見舞われ、科学者のジョー(ブライアン・クランストン)は、放射能事故で妻サン...
『GODZILLA ゴジラ(2014・アメリカ)』('14初鑑賞56・劇場)  (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 7月26日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 15:35の回を鑑賞。 8月14日(木) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン4にて 15:50の回を鑑賞。 共に字幕版。
GODZILLA ゴジラ (キノ2)
★ネタバレ注意★  今年はゴジラ生誕60周年にあたるそうです。  そして本作は、日米あわせたゴジラ映画のちょうど30作目なんだそうです。  これはもはやお祭りなのであります。  とは言え、わたし自身のことを言えば、ゴジラ映画を観るのはこれでようやく3...
GODZILLA ゴジラ (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ギャレス・エドワーズ 【出演】 アーロン・テイラー=ジョンソン/渡辺謙/エリザベス・オルセン/ブライアン・クランストン/ジュリエット・ビノシュ/サリー・ホーキンス/デヴィッド・ストラザーン 【公開日】2014年 7月25日 【製作】アメリカ 【ストーリ...
「GODZILLA」人類破壊兵器の脅威の前に現れた人類が作り上げたゴジラという怪獣 (オールマイティにコメンテート)
「GODZILLA」は日本版ゴジラをハリウッド版として制作された作品で、放射能を持つゴジラと放射能を餌とする怪獣が人類を巻き込んで戦いストーリーである。人類はこういう怪獣に対し ...
GODZILLA 2014 (映画の話でコーヒーブレイク)
「GODZILLA」最新作を3Dで見てきました。 先週金曜日から公開。NHKではゴジラ特集を組み、渡辺謙さんがプロモーション活動で各局に登場、 夏休み中だしこりゃきっと混んでるんだろうっと、用事を済ませて1時間前にネット予約をしたところ… あれっ、かなり空いている。ま...
GODZILLA ゴジラ (2014) 123分 (極私的映画論+α)
   やはり「GOD」ZILLAでした(笑)
『GODZILLA (2014)』(3D)ネタバレ注意 (まっきいのつれづれあれこれ)
あの水爆実験は、実は彼を倒すためだった… 日本では彼を「GODZILLA」と呼ぶ
GODZILLA ゴジラ(2014) (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【GODZILLA】 2014/07/25公開 アメリカ 123分監督:ギャレス・エドワーズ出演:アーロン・テイラー=ジョンソン、渡辺謙、エリザベス・オルセン、ジュリエット・ビノシュ、サリー・ホーキンス、CJ・アダムズ、カーソン・ボルデ、デヴィッド・ストラザーン、ブライアン・...
GODZILLA ゴジラ (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第353回「原点回帰・・・という意味では良かったけど。」 更新が滞ってしまっています。たまに訪れる「倦怠期」とでもいいましょうか。これといって観たい映画がなかったのもあるのですが、ブログに対する意欲が減退していました。で、久しぶりに観た映画だったので、....
GODZILLA ゴジラ (ダイターンクラッシュ!!)
2014年7月25日(金) 20:10~ TOHOシネマズ日本橋5 料金:1400円(ムビチケ) パンフレット:未確認 地球の守護神。お前はガメラか。そしてガメラのほうが面白い。 『GODZILLA ゴジラ』公式サイト ゴジラが単独で暴れて、やっとこ人間が退治するのかと思いきや、...
映画『GODZILLA ゴジラ』 (健康への長い道)
 「今度は日本のゴジラに近い」というハリウッド版ゴジラを新宿ピカデリーで。 Story 1999年フィリピン。石炭採掘現場で謎の陥没事故が起こる。事故現場に急行した芹沢猪四郎博士(渡辺謙)は、化石となった巨大生物の骨とそこに寄生していたかのような物体を発見する...
『GODZILLA ゴジラ』(2014) ~看板に偽りあり?~ (偏愛映画自由帳)
2014年/アメリカ/123分 監督:ギャレス・エドワーズ 出演:アーロン・テイラー=ジョンソン    渡辺謙    ブライアン・クランストン    エリザベス・オルセン ■概要 原題は『Godzilla』。日本が誇る怪獣映画をハリウッドがリブートした、2014年のSF...
『GODZILLA ゴジラ』をトーホーシネマス六本木6で観てあれあれピンと来ないよふじき★★(ネタバレあり) (ふじき78の死屍累々映画日記)
こんなんネタバレなしではよう語れん。 という事でこの後、バリバリネタバレします。 五つ星評価で【★★特撮は良い。話は適当】   だが、この特撮は割と見る所があるのに話 ...
『GODZILLA ゴジラ』もう一言(ネタバレ) (ふじき78の死屍累々映画日記)
書き忘れです。 ・今回のゴジラの脚はサリーちゃん足だ。 ・そう言えば前回のゴジラは脚長だった。  脚長だと逃げ脚も速いからダメなのか。 ・じゃあ、次はもっと足がない蛇み ...
「GODZILLA ゴジラ」 (2014) (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2014年・米/レジェンダリー・ピクチャーズ=ワーナー 配給:東宝 原題:Godzilla 監督:ギャレス・エドワーズ原案:デビッド・キャラハム脚本:マックス・ボレンスタイン撮影:シーマス・マッガーベ
GODZILLA ゴジラ  (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆ 製作:2014年 米国 上映時間:123分 監督:ギャレス・エドワーズ  ハリウッドでゴジラ映画を創ったのは初めてではない。1998年にローランド・エメリッヒ監督によって製作されているのだが、その造形が大トカゲのようで、日本のゴジラファンからは「
GODZILLA/ゴジラ 3D (そーれりぽーと)
『ゴジラ』60周年にハリウッドによる二度目の映画化。 今度はマトモなのを作ってくれたの?『GODZILLA ゴジラ』をIMAX3Dで観てきました。 ★★★★★ ★5つ振り切る勢いの、大・満・足! いかにもオリジナルを理解した人が作った、オリジナルの精神をバンバン感じるモ...
GODZILLA ゴジラ・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
王の帰還。 日本映画が生んだ銀幕のスーパースター、怪獣王ゴジラの10年ぶりの復活にして二度目のハリウッド映画化。 突如として出現したゴジラと謎の怪獣ムトーの戦い、人知を超えた巨大生物の脅威に直面し、彼らを倒そうとする人類の葛藤が描かれる。 監督は低予算...
GODZILLA (マープルのつぶやき)
JUGEMテーマ:洋画 「GODZILLA ゴジラ」 原題:GODZILLA 監督:ギャレス・エドワーズ 2014年 アメリカ映画 123分 キャスト:アーロン・テイラー=ジョンソン      渡辺謙      エリザベス・オルセン アメリカ軍大尉フォードは、日本に住む父...
「GODZILLA」 (Con Gas, Sin Hielo)
ゴジラVS武藤軍。 ローランドエメリッヒ監督版は黒歴史になったのか、そもそもなかったことになるのか分からないが、ハリウッド版の新しいGODZILLAが世界的に好調な興行成績を引っ提げて堂々の日本上陸を果たした。 バットマンもスパイダーマンも、前シリーズの関係者....
GODZILLA (はるみのひとり言)
試写会にお誘いいただいてたんですが、行けなくて・・・。知人はレッドカーペットイベントに参加出来たらしく、謙さんのインタビューを見たそうです。ゴジラの口に見立てたフェスティバルホールの階段の写真を送ってくれました。ゴジラってほぼ馴染みがないんですが・・・...
『GODZILLA ゴジラ』ゴジラ2014 (@KOBAのムービー!ムービー! )
『GODZILLA ゴジラ』GODZILLA(2014年アメリカ) 監督        ギャレス・エドワーズ 脚本        マックス・ボレンスタイン 原案        デヴィッド・キャラハム 出演        アーロン・テイラー=ジョンソン         ...
GODZILLA ゴジラ[2014] (Sato's Collection)
見ました。 日本の原子力発電所で働くジョーは事故により妻サンドラを失ってしまう。ジョーは事故を単なる地震が原因ではないと一人真相を調べるが警察に捕まってしまう。軍隊で働くジョーの息子フォードは疎遠であった父を迎えるため日本に向かう。しかし、再び拘束され...
『GODZILLA ゴジラ』 (La.La.La)
JUGEMテーマ:映画 制作年:2014年  上映メディア:劇場公開  制作国:アメリカ  上映時間:123分  原題:GODZILLA  配給:東宝  監督:ギャレス・エドワーズ  主演:アーロン・テイラー=ジョンソン      渡辺謙      エリザ...
GODZILLA ゴジラ (愛猫レオンとシネマな毎日)
日本生まれの怪獣王ゴジラが、ハリウッドで巨大に生まれ変わって、日本に凱旋帰国。 正直に言わせてもらうと、ワタシ的には、まあまあかなぁ~ 日本人が慣れ親しんでいるゴジラ映画とは、チト違ってました。 コレは、ハリウッド版ゴジラなんだと、改めて思う。 ただ、...