銀幕大帝α

切り株愛好連盟加入ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で8周年。2800作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

Zネーション<サード・シーズン> Vol.1

2017年05月20日 20時59分25秒 | 洋画ホラー
Z NATION
2016年
アメリカ
87分
アクション/ホラー/ドラマ
TV



企画:
カール・シェイファー
クレイグ・イングラー

出演:
ケリータ・スミスロバータ・ウォレン
DJクオールズサイモン(市民Z)
キース・アランマーフィ
アナスタシア・バラノヴァアディ・カーヴァー
ラッセル・ホジキンソンドック
ナット・ザング10K
エミリオ・リベラエスコルピオン
ナタリー・ジョンジャローエンラープレッド
ホールデン・ゴイエット5K
ジョセフ・ギャットザ・マン
シドニー・ヴィエングルアンスン・メイ
ラモナ・ヤンカヤ

<ストーリー>
ウォレン、マーフィたちはある野生児と出会い、謎の研究所へ向かう。研究所では、生存者たちがザ・マンが戻って来るのを待っていた。第1話と第2話を収録。

-感想-

【ネタバレしています】
おっなんやなんや!オープニングクレジット一新したんか?!

えらいカッコ良くなってるやんか。

て気分上げさせといて2話目からは前のに戻ってるやん。
なんやねん1話目だけかいっ。
結構好い感じやったからアレンジして続ければ良かったのに。

セカンドシーズンの最終話って潜水艦云々、10K行方不明の形で終わったはずだけど、どうやらサードシーズンの初っ端の話はドックが言うには「フラッシュバック」的な内容になっているみたい。

マーフィの娘ルーシーがおりますし。

新キャラが続々と登場します。

ハゲ頭がトレードマークのザ・マン。
悪党です。
ザ・マンの狙いは各地に居る博士を生きたまま集める事。
最後の標的となったのがドクターテラー。

左のおっさんね。
このテラー博士は菌の研究をしてましたが、実験中に事故を起こして研究所が菌に毒された他にも妻も菌の影響でこんな姿に。

まるで「マタンゴ」人間。
テラー博士を匿っている施設に居る少女の名はレッド。

血の繋がりは全くないけれど、弟として可愛がっている男の子は「カラス」に育てられた野生児。
カラスって(笑)。
狼とかは聞いた事があるけれど、カラスがどう人間を育てるねん。
なもんでこの男の子「カァ!」てしょっちゅう泣き声出しております。
正式な名前ってあったけか?とりあえず男の子は10Kのスタイルに憧れたらしく、彼の容姿を真似てしまったのでドックが「5K」と名付けます。

さて、ザ・マンはさっさとテラーを出せ!と住人を脅してきます。
ウォレンは彼の言葉に屈してはいけない、戦うべきだと銃の扱いを全員に指導。

痺れを切らしたザ・マンはもう待てん!とゾンビ放出。

頭を狙えと銃の指導をしっかり守った住人はゾンビを一掃。
それならばこいつでどうだ!と次にザ・マンが放ったのがクラーケン。

防弾ヘルメット着用ゾンビです。
流石にこれには住人達も四苦八苦。
結局戦いに慣れているウォレン達がクラーケンを全部倒しますが、住人は全滅。

しかも、テラーはザ・マンに連れ去られてしまうのでありました。
集められた博士たちは金持ちの誰かの治療をさせられるのかな?
その辺りは3話以降で判明していくかと。
ゾンビの群れに突っ込んでいったレッドの生死も分からず仕舞い。

5Kは死んだ事になっているけれど、本当に死んでるのかこいつ??

評価:★★★☆
17/05/20DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へにほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2017-05-17
メーカー:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント

オフィシャル・サイト(日本語)
オフィシャル・サイト
Syfy
(英語)

関連作:
『Zネーション(シーズン1)(2014)』
『Zネーション(シーズン2)(2015)』
『Zネーション(シーズン3)(2016)』
…「Zネーション<サード・シーズン> Vol.1」
「Zネーション<サード・シーズン> Vol.2」
…「Zネーション<サード・シーズン> Vol.3」
…「Zネーション<サード・シーズン> Vol.4」
…「Zネーション<サード・シーズン> Vol.5」
…「Zネーション<サード・シーズン> Vol.6」
…「Zネーション<サード・シーズン> Vol.7」
…「Zネーション<サード・シーズン> Vol.8」
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハザード・マテリアル | トップ | 沈黙のアフガン »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL