銀幕大帝α

切り株愛好連盟加入ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で8周年。2600作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

ノルウェイの森

2011年07月01日 20時00分15秒 | 邦画ロマンス
NORWEGIAN WOOD/10年/日本/133分/青春ロマンス・ドラマ/PG12/劇場公開
監督:トラン・アン・ユン
原作:村上春樹
脚本:トラン・アン・ユン
主題歌:ザ・ビートルズ『ノルウェーの森』

出演:松山ケンイチ、菊地凛子、水原希子、高良健吾、霧島れいか、糸井重里、高橋幸宏、玉山鉄二

<ストーリー>
学生運動が盛んな昭和40年代を舞台に、対照的なふたりの女性の間で揺れる青年の姿を描く。
<感想>
セリフ回しが面白いというか綺麗なので、聴覚で楽しむ作品だと感じました。

濡れる、マスターベーション、セックスなど卑猥な単語が出てきますが、俳優たちがゆっくりと自然体に発するのでいやらしいという印象は受けませんね。
随所に濡れ場が用意されているけれど、これも男女が求めあう姿を美しく撮っているので、一種の芸術映像として引き込まれるものがありました。

幸せそうなのに何の説明もなく排気ガス自殺するキズキや、いきなりワタナベに「そうするべきだと思う」と、セックスを求めるレイコなど、ストーリー上良く分からない描写には疑問が起こりますけれど、死を介して人生を見つめ直す各々の男女たちの喜びや悲しみ、切なさなんかをセリフを主に、演技からしても上手く表現し得る事が出来ているので、物語に深みがなくても、それを補うかのような演技の妙、映像の美、セリフの優しさが光っている作品と言えるでしょうね。

モデルの水原希子に演技力を求めるのは酷かと思っていましたが、いやいや、ワタナベが魅了させられる小悪魔的な女性を可愛らしく演じていて好印象でした。

それと、『バベル』での気持ち悪いヌード(笑)が強烈だった菊地凛子ですが、精神が壊れていく女性という難役を表情力豊かに演じていて、これには上手さを感じると共に、愛おしさまで抱かされちゃったんだから、自分でも驚いちゃったなぁ。

オフィシャル・サイト

評価:★★★
11/07/01DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
レンタル開始日:2011-06-22
メーカー:アスミック
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
トラックバック (33)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2011年上半期レンタル作... | トップ | デッドクリフ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

この記事を見た人はこんな記事も見ています

33 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ノルウェイの森 (佐藤秀の徒然幻視録)
大あくびか大泣きか、それが問題だ 公式サイト。英題:Norwegian Wood。村上春樹原作、トラン・アン・ユン監督、松山ケンイチ、菊地凛子、高良健吾、玉山鉄二、水原希子、霧島れいか、 ...
ノルウェイの森/松山ケンイチ、菊地凛子 (カノンな日々)
村上春樹さんの『ノルウェイの森』が映画化されると知ったとき、いくらなんでもあの作品を映画化するのはさすがに難しいんじゃないかと思ったんですけど、最初に劇場予告編を目に ...
『ノルウェイの森』 (こねたみっくす)
僕はどこにいるんだろ? 深い森を彷徨うように深い心の奥底で彷徨っていたワタナベがこの言葉に辿り着いたとき、彼が感じた幸せとはいったいどんなものだったのでしょうか。 現代 ...
ノルウェイの森 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
ノルウェイの森 (松山ケンイチ 出演) [DVD]有名すぎる文学作品を映像化することのハードルの高さを改めて感じる映画だ。果たしてこの作品を村上春樹ファンがどう見るかが気になるが、 ...
「ノルウェイの森」愛の森を彷徨った末にみた愛の形にできなかったショックの悲しみ (オールマイティにコメンテート)
12月11日公開の映画「ノルウェイの森」(PG12指定)を鑑賞した。 この映画は村上春樹原作の「ノルウェイの森」を映画化した作品で、 高校時代に親友を失った青年が 東京で親 ...
ノルウェイの森 (とりあえず、コメントです)
村上春樹著のベストセラー小説を映画化した作品です。 実は、この有名な原作本を持っているにも関わらず、ずっと未読のままでいました。 映画で初めて知った「ノルウェイの森」の物語は、 じっくりと考えさせられるような恋愛の世界が描かれていました。
ノルウェイの森 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】 極端に少ない台詞と自然界の音に注目。
ノルウェイの森 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
将来のノーベル文学賞候補である作家の映画化は、非常にハードルが高い。映画化した製作陣にも、それを見て解釈する観客にも、両者にとってハードルが高い。しかし原作を読んでいなくても、青春の残酷さが痛いほど伝わってきた。映像が伝える力を持っている。成功作だと思...
ノルウェイの森 (映画的・絵画的・音楽的)
 大昔のことでぼんやりとしか覚えてはおりませんが、やはり原作を読んだからということで、『ノルウェイの森』を見に日比谷のTOHOシネマズ スカラ座・みゆき座に行ってきました。 (1)この映画の感想を述べるに当たっては、どうしても著名な原作に引きずられて、原作と比...
ノルウェイの森 (うろうろ日記)
試写会で見ました。親友が亡くなり、親友の彼女がスキになって相手もまんざらじゃない
ノルウェイの森 (あーうぃ だにぇっと)
11月27日(土)@東宝試写室。 入場時に、LPレコードのジャケットのようなプレスがもらえた。 終映後は監督のティーチイン。 イベントの質は良かった。(笑)
ノルウェイの森 (いい加減社長の日記)
いまいち、迷いはあったものの、マツケンは好きだし、村上春樹も気になって。 公開日の夕方に「ノルウェイの森 」を鑑賞(更新は遅くなったけど^^;)。
『ノルウェイの森』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ノルウェイの森」□監督・脚本 トラン・アン・ユン□原作 村上春樹□キャスト 松山ケンイチ、菊地凛子、水原希子、高良健吾、霧島れいか、初音映莉子、玉山鉄二■鑑賞日 1月4日(火)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★☆(5★...
ノルウェイの森 (Akira's VOICE)
愛は続く。どこまでも。  
支離滅裂な愛の形。『ノルウェイの森』 (水曜日のシネマ日記)
村上春樹のベストセラー小説「ノルウェイの森」を実写版映画化した作品です。
ノルウェイの森 (悠雅的生活)
わたしがいたことを覚えておいてほしいの。。。
ノルウェイの森 (シネマDVD・映画情報館)
解説 1987年に刊行され、それまでの国内小説の発行部数を塗り替えるベストセラーとなった村上春樹の「ノルウェイの森」。主人公ワタナベの喪失と再生を描いた究極の恋愛物語に人々が動かされ、時代が動かされた。画期的な赤と緑の装丁も話題となり、当時はその本を持...
ノルウェイの森 (Diarydiary! )
《ノルウェイの森》 2010年 日本映画 - 英題 - NORWEGIAN WO
ノルウェイの森 (LOVE Cinemas 調布)
1987年に発表され、社会現象にもなった村上春樹のベストセラー「ノルウェイの森」を映画化。監督は『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』のトライ・アン・ユンが務める。主人公ワタナベに松山ケンイチ、ワタナベと心を通わせる直子に菊地凛子、他にも水原希子、高良健吾...
ノルウェイの森 (迷宮映画館)
イメージはきれいに見事に写しだされていた。
喪失と再生~『ノルウェイの森』 (真紅のthinkingdays)
 1967年。親友のキズキ(高良健吾)を喪ったワタナベ(松山ケンイチ)は、上京し 大学生活を送っていた。ある日、ワタナベはキズキの恋人だった直子(菊地凛子) と再会する。  村上春樹による、世界...
ノルウェイの森 (そーれりぽーと)
前にも書いたように、ここ数年で読んだ本と言えばハリポタシリーズくらい。 学生時代はよく本を読んでおりましたが、村上春樹のものは全くの未読でして、当然『ノルウェイの森』も。 映画でサクッと中身を知れたらと思ったと書けば読書ファンにはしばかれそうですが、とり...
ノルウェイの森 そうだ、あの森はたしかに深く暗い (労組書記長社労士のブログ)
【=2 -0-】 村上 春樹 ノルウェイの森は、ベストセラーになった1987年の当時に、義妹が貸してくれたので読んだが、あまり面白いとは思わなかった。 今思えば、自分自身がまだ深い深い森の中でもがいていたせいだったのかも知れない。 そのことは、この映画を見て気が付....
「ノルウェイの森」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
村上春樹の原作ということで、そればかりが話題になるけど、明らかに監督のトラン・アン・ユンの映画だった。 映像はあくまで美しく、ドラマはあくまで背景としてあり、移りゆく時間だけが残されるような映画。 アジア的とも無国籍とも取れる彼独特の映像に乗れるか乗れ....
ノルウェイの森 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
村上春樹の最高傑作「ノルウェイの森」が1987年に発表され、20年以上の時を経て世紀を越えて人々の心を動かしてきた物語が映像化される。物語:高校時代の唯一の親友キズキを突然の ...
「ノルウェイの森」心の闇と癒す森 (ノルウェー暮らし・イン・London)
ああ・・・・・・松ケンが最初の人だったらよかったのにぃ・・・・・・
「ノルウェイの森」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
想像していたよりは、大丈夫でした。 3つ☆半
■映画『ノルウェイの森』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
正直、観ている時は「あんまり面白くない…」と思ったのです。 でも、家に帰っていろいろ思い返している内に、どんどん素晴らしい作品だと思えてきました。 愛する人を失った人間と、愛する人を支えられない人間が抱く、喪失感と絶望感を描いた映画『ノルウェイの森』...
ノルウェイの森 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『深く愛すること。 強く生きること。』  コチラの「ノルウェイの森」は、1987年に刊行された村上春樹の同名小説を映画化したPG12指定の12/11公開の青春映画なのですが、観て来ち ...
ノルウェイの森 (食はすべての源なり。)
ノルウェイの森 ★★★☆☆(★3つ) 意外な評価で★4つ。 これは相当期待してなかったところによる、意外点が入っているのですが。 原作を期待してはダメ。 ストーリー展開もぶつ切りだし、全然つながってないんだけど、映像と音楽がきれい。 ワンシーン、ワンシ...
No.229 ノルウェイの森 (気ままな映画生活)
【ストーリー】 「青いパパイヤの香り」「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」のトラン・アン・ユン監督が、村上春樹の世界的ベストセラー小説を映画化。37歳のワタナベトオルは、ド ...
観ました、「ノルウェイの森」 (オヨヨ千感ヤマト)
原作の大ファンなので、観ないわけにはいかないなあと。またDVDでの視聴だったので
【映画】ノルウェイの森…コレすげぇ嫌い。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
まずは近況報告から。 2013年1月4日(金曜日)は、仕事始めで、夜勤スタート。 仕事が嫌いとか、会社に行きたくないとか、そういう感覚とは割と遠いところにいる(つもりの)私ですが、やっぱり休みの方が好き。 2013年1月5日(土曜日)は、息子が関東に戻るというので...