銀幕大帝α

切り株愛好連盟加入ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で8周年。2500作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

ブラック・スワン

2011年09月08日 23時41分40秒 | 洋画サスペンス
BLACK SWAN/10年/米/108分/サスペンス・ドラマ/R15+/劇場公開
監督:ダーレン・アロノフスキー
出演:ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー

<ストーリー>
N.Y.のバレエカンパニーに所属するニナは、新作「白鳥の湖」で念願だったプリマを演じるチャンスを手に入れるが…。
<感想>
ひゃ~。
まさかナタリーがこれ程までに狂気に満ちた演技を解き放つとは。

今作でのナタリーの演技には穴が無い。
踊りにも無駄が無い。
完璧と言ってもいいだろう。

母からは大きな期待を背負わされ、芝居監督からは完璧さを求められる。
優等生故の不安。
それをかき消すかのように知らず知らずの間に自傷行為へと走って行く。
何時しか現実と非現実の区別がつかなくなり、漆黒の闇へとさ迷い始める。

鏡というアイテムを用いて幾度となく表現されている追い詰められたニナの心理状態の乱れ。
不気味だ。
不気味だが上手い。
ニナの現状におけるアンバランスな精神具合がジンジンと伝わってくる。

ナタリーの演技で一際目を見張るのが、終盤での初日舞台。
黒鳥を踊る事に未だ自信を持てないニナが、楽屋である行為をした事により、さ迷っていた闇の出口を見付け、絶頂のバレリーナと化すのだが、赤く充血した狂気の眼、フーフーと鼻息を荒くしながら周りを気にせずズンズンと歩む姿に見事な演技力を抱かされた。
こんな恐ろしいと思わせる演技が出来るんだ、と。

舞台の中心に独り立ち、腕に黒鳥の羽がバサッと生え、優雅に踊り切る様の美しさと言ったら言葉では言い表せられないものがある。

「完璧だった」
拍手の渦に飲み込まれながらニナの口から出てきた台詞に私は心震わせ、歓声の中流れ出るエンドロールをじっと見つめながら、ナタリーに絶賛の拍手を送り続けた。

本作により役者としての芝居の幅を広げたナタリー・ポートマン。
今後、彼女が挑む新たな役に期待も膨らむ。
本役を頂点とせず更なる高みを突き進んで欲しい。

最後にもう一つ。
ニナの不安の根源の一つでもあるルロイを演じたヴァンサン・カッセルは只のエロおやじ。
だが、それが良い。
彼だからこその極めたムッツリな変態エロさが、心地よく股間を刺激する。

受賞履歴:
2010年 第68回 ゴールデン・グローブ賞主演女優賞<ドラマ部門> ナタリー・ポートマン
2010年 第83回 アカデミー賞主演女優賞 ナタリー・ポートマン

オフィシャル・サイト(日本語)
オフィシャル・サイト(英語)

評価:★★★★
11/09/07ブルーレイ鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2011-09-07
メーカー:20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (18)   トラックバック (78)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アウェイク | トップ | アラン-阿娘- »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ムッツリエロ (Puff)
2011-09-09 00:47:47
こちらにも~☆

良かったですよねぇぇ!
ナタリーの演技も演出もホント素晴らしかったです。
私もヒロしゃんと同じような評価を付けましたですヨ。

そうそう、ヴァンサン・カッセル!
ムッツリエロもドンピシャでしたよね。笑
二人のベッドシーンは無くても、接近しているだけで何やらエロさが漂って来ました。
くれいじー♪ (ちゃぴちゃぴ)
2011-09-10 00:05:27
ナタリーに釘付けになりますよね。
素晴らしかった。

バレリーナってどこかロリエロな雰囲気ありません?わたしって、おっさんか…
ニナのおかんは、「キャリー」の母を彷彿しますね。子供には、てんで期待もかけてないし、自分の夢も託していないし「金の援助は出来ないが、好きにやれば-」な母親なんで、娘の負担にはなってないと思うんだけど…。
ヴァンサン・カッセルも、エロ親父っぷりが似合ってた!
廉価版BDが出たら(FOXだもん)買っても…なんて思っちゃう作品でした。
心配 (ふじき78)
2011-09-10 00:18:15
ナタリーが『レオン』の時、

「君は白マチルダは演じられるが、黒マチルダは演じられない」と言われて、Hな事をしなかったのかなあ、とかそんな事に関心があります。
Unknown (KLY)
2011-09-10 02:52:41
ナタリーの本来持っていた清純な白、そして映画さながらに黒の部分を引き出した監督の手腕、そしてそれに見事に応えたナタリー本人、それぞれ全てお見事でした。
観たらオスカーが彼女で納得です。今年は彼女しかいなかったですよ。
>Puffちんへ (ヒロ之)
2011-09-10 14:51:38
これは本当に良かったです。

ナタリーの熱演が全てだと言っても過言じゃないでしょうね。
それ位、彼女の演技には圧倒されちゃいました。
見事です

ヴァンサンもまた役に成り切っているというか、なんとも言えないいやらしさが絶妙でした。
彼だからこそ出来るむっつりスケベ演技でございました
>ちゃぴちゃぴさんへ (ヒロ之)
2011-09-10 15:04:42
映画というよりナタリーの演技に観入ったって感じですね。
素晴らしかったです。

ふふ。
確かにバレリーナにはロリエロな印象を受けますね。
衣装がそんな感じだからでしょうかね。

ニナの母親・・・何なんでしょうね。
娘を気にしているようで、実は束縛しているような。
自分の気が済むままにニナを動かしているようにも思えます。
それがニナにとっては苦痛だったのでしょうか。
夜遊びや自慰行為とか、いけない行動に走っちゃっていましたものねぇ。

ヴァンサンのエロっぷりといったら。
素じゃねぇの?って思える程、役に染まっていました。
>ふじき78さんへ (ヒロ之)
2011-09-10 15:06:10
うわ~「レオン」の時のナタリーってまだおコチャマじゃないですか~(笑)。

やべっ変な想像しちゃった。
>KLYさんへ (ヒロ之)
2011-09-10 15:09:56
ナタリーはこの映画で新たな新境地を切り開いたと言っても過言ではないでしょうね。
狂気に支配されるバレリーナという難しい役を見事に演じ切ってみせたナタリーには心から賞賛を送りたいですね。
圧倒されちゃいましたよ。
Unknown (yukarin)
2011-09-10 23:08:50
その通り、ナタリーの演技は完璧でしたよね。
特にラストはもうトリハダものでしたよ。
芝居の幅を広げたナタリーの今後がまた楽しみですね。
>yukarinさんへ (ヒロ之)
2011-09-10 23:18:54
想像以上のナタリーの熱演には圧倒されっ放しでした。
ラストは本当に鳥肌が立ちますよね~。
素晴らしい演技とはこういうものを言うのだと、心底感激した程です。
絶賛も納得 (メビウス)
2011-09-21 22:08:12
ヒロ之さんこんばんわ。ご無沙汰しております。

アカデミー賞を賑わせた作品をまだ本作しか観ていませんけども、今更ながら公開当時にスクリーンで観たかったなぁと悔やんでしまいましたねぇ・・。
主演女優賞ほか数々の賞を受賞しただけはあり、主演のナタリーはバレエ・演技共に素人目でも圧倒される凄味を放っていたように思えますし、内面に苦悩を抱えてたニナがラストシーンの舞台で全てを出し尽くすように白鳥と黒鳥を完璧に演じ分ける場面も凄いっ。
自分って白鳥の湖はホント無知なのですが、極限まで突き詰めたものというのはバレエであれなんであれ、例え詳しく無くとも見る者に純粋な感動と驚嘆を呼ぶものだというのを改めて知った気がします。
>メビウスさんへ (ヒロ之)
2011-09-22 00:24:08
こんばんは~。
いつもコメントありがとうございます★

これはDVDで観る作品ではないですね。
映画館で観てこそ、感動も一入なのかもしれません。

兎に角、ナタリーの迫真の演技には圧倒されっ放しでした。
この映画で女優としての新たな一面を作り出すことに成功したと言えるでしょう。

ラストのバレエシーンは息をのむほどの美しさと感動が敷き詰められていました。

素晴らしい!!

この一言に尽きますね。
完璧を求めるのは どんなに有能であっても 不可能だと思います。 (zebra)
2011-10-13 06:50:27
レンタルDVDで新作に ありましたので みてみました。

 たしかに 役のポジションは ライバルを蹴落とし 何時間もの練習で技術をみがきます ねたみ 嫌がらせは つきものですけど 

 ナタリー演じる ソリストは カッセル演じる舞台団長から「白鳥だけなら キミを採用だが 白鳥と相反する黒鳥は イマイチだ」と厳しい感想に加え 母の過剰な期待に答えようとライバルに負けまいとあまりに役に没頭し過ぎ 精神状態が不安定でしたね。
それが いかに こわいことか 知りました。
 
 昔 70年代 作家の三島由紀夫や川端康成は 作品を極めようと日々 構想を練っていましたが あまりに "日本の美"が なんなのか "完璧さ" を考えすぎたために 割腹自殺や ガス自殺しました。 詰めすぎると一般の精神感覚がなくなってしまうんですよ。

 この ブラックスワンにしても それと同様 精神がまともじゃなくなっていくんですよね。
平々凡々でよかったと 自分に感謝するボクは つまらないでしょうか?
>zebraさんへ (ヒロ之)
2011-10-15 00:50:14
こんばんは。
コメント有難う御座います。

ナタリー演じる女性が、どんどん精神が崩れゆく様を、ナタリー自身が見事なまでの演技力で見せ、また監督による映像の表現で、上手く不安定さを生み出していたように思えます。

仰る通り、人間、何かに没頭し詰め過ぎると精神が不安定になっちゃうんでしょうね。

天才は天才なりに苦労しているという事でしょうね。

私も平々凡々ですけど、それはそれで楽しく生きているんだから、良いんじゃないかな、と思いますよ。
あけましておめでとうございます。 (アイマック)
2012-01-09 22:08:56
ご無沙汰してましたー。
今年もよろしくお願いしますね。

久々興奮した映画でした。
ナタリーの演技に圧倒されました。ほんと恐いほど完璧でしたよね。
ほかの俳優さんもよかったねー。
>アイマックさんへ (ヒロ之)
2012-01-10 22:58:56
明けましておめでとうございます。
御無沙汰でしたね~。
御復活されて何よりです^^
こちらこそ宜しくお願い致します。

ナタリーの演技に釘付けでしたね。
彼女の一つ一つの動作・表情から狂気が凄く伝わってきました。
ある意味怖い映画でしたね。
Unknown (光太)
2012-03-28 12:13:27
ドンドン追い詰められていく
ナタリー・ポートマンの演技が
素晴らしかったです。
>光太さんへ (ヒロ之)
2012-03-29 00:57:54
こんばんは^^

兎に角ナタリーの演技が全てでしたね。
こんなにも狂気じみた演技が出来るようになったのですから、もう立派な演技派女優ですよ。

あわせて読む

78 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブラック・スワン (LOVE Cinemas 調布)
『レスラー』のダーレン・アロノフスキー監督と最近では『抱きたいカンケイ』が日本公開中のナタリー・ポートマンのコンビが送る真理スリラー。本作でナタリーはアカデミー賞主演女優賞を獲得し、監督も監督賞にノミネートされている。「白鳥の湖」の主役に抜擢された主人...
ブラックスワン (538ねん。)
昼だけですが新宿武蔵野館でまだ公開されていたので 見に行ってきました。 土曜日の昼、夏休みの映画がたくさん公開されてるので お客さんの入りはあんまよくないのに いまだ公開してるって言うのはやっぱ ナタリー・ポトマンのアカデミー女優賞の効果でしょうか いや、....
ブラック・スワン (本と映画、ときどき日常)
監督 ダーレン・アロノフスキー 出演 ナタリー・ポートマン     ヴァンサン・カッセル     ミラ・キュニス もう全編に渡ってサスペンスがみなぎっています。 それに主演のナタリー・ポートマンがすごいイイ! これだけのバレエをするには大変な練習をしたん...
ブラック・スワン (うろうろ日記)
試写会で見ました。すっごく期待してました。バレエの新プリマとして初舞台を踏むナタ
ブラック・スワン (佐藤秀の徒然幻視録)
と言うよりブラック・タイガー 公式サイト。ダーレン・アロノフスキー監督、ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダ ...
ブラック・スワン (あーうぃ だにぇっと)
(C) 2010 Twentieth Century Fox. 英題: BLACK SWAN 製作年: 2010年 製作国: アメリカ 日本公開: 2011年5月13日 (TOHOシネマズ 日劇 ほか) 上映時間: 1時間48分 配給: 20世紀フォックス映画
ブラック・スワン・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「ブラック・スワン」は、いろいろな意味で、ダーレン・アロノフスキーの前作「レスラー」の対になる様な作品である。 あの映画では主演のミッキー・ロークの人生を、主人公であるレスラーに被らせる事で、物...
映画レビュー「ブラック・スワン」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
ブラック・スワン (ナタリー・ポートマン 主演) [DVD]◆プチレビュー◆バレリーナの狂気を描く心理劇はまるでサイコ・ホラー。ナタリー・ポートマンの入魂の演技が最高だ。 【85点 ...
2011年5月14日 『ブラック・スワン』 TOHOシネマズ錦糸町 (気ままな映画生活)
本日は、珍しく妻と 『ブラック・スワン』 を鑑賞してきました。 ナタリーの演技は本物、ニナの人生そのものでした。 【ストーリー】  ニューヨーク・シティ・バレエ団に所属するバレリーナ、ニナ(ナタリー・ポートマン)は、踊りは完ぺきで優等生のような女性。芸...
『ブラック・スワン』 バレエと映画が両立しない理由 (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  『白鳥の湖』の最大の魅力は、一人のバレリーナが無垢なオデット(白鳥)と悪魔の娘オディール(黒鳥)を踊り分けることだろう。  オデットの悲しく儚げな表情や、指先までたおやかで繊...
『ブラック・スワン』をTOHOシネマズ日劇1で観て熱狂しない男ふじき☆☆☆☆(ネタバレなので映画観てから) (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【☆☆☆☆よく出来てるけど熱狂はしない】 ネット、ツイッター、初日興収1億突破、 なんて話題からハードルが上がってしまったのか、 ムチャクチャ打ちのめされ ...
ブラック・スワン (to Heart)
純白の野心は、 やがて漆黒の狂気に変わる… 原題 BLACK SWAN 製作年度 2010年 上映時間 108分 脚本 マーク・ヘイマン/アンドレス・ハインツ/ジョン・マクラフリン 監督 ダーレン・アロノフスキー 音楽 クリント・マンセル 出演 ナタリー・ポートマン/ヴァンサン・カ...
ブラック・スワン (映画的・絵画的・音楽的)
 『ブラック・スワン』をTOHOシネマズ六本木ヒルズで見ました。 (1)本作品で披露される、ナタリー・ポートマンの渾身の演技を見るだけでも、映画館に行く価値があると思いました。  ただ、映し出される映像が随分と錯綜した印象を観客に与えるものの、始めてプリマドン...
映画:ブラック・スワン Black Swan  今年有数の1作 (ただしホラー映画として) (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
ナタリー・ポートマンがオスカーを獲得した今作が、やっと日本登場。 まず、やはり彼女の素晴らしさを褒めないわけにはいかない。 主役に抜擢されたものの、精神的に追いつめられていくサマがキリキリ迫ってくる。 だいたい、バレエはやや自虐的な芸術だと認識している...
映画「ブラック・スワン」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『ブラック・スワン』(公式)を、初日のレイトショーで鑑賞。平日で、しかも終演23時過ぎの割りに観客は約20名は多いと思う。 採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら85点。 ざっくりストーリー ニナ(ナタリー・ポートマン)は...
ブラック・スワン  監督/ダーレン・アロノフスキー (西京極 紫の館)
【出演】  ナタリー・ポートマン  ヴァンサン・カッセル  ミラ・クニス  ウィノナ・ライダー 【ストーリー】 ニューヨーク・シティ・バレエ団のバレリーナ・ニナは、純真で繊細な“白鳥”と、妖艶に王子を誘惑する“黒鳥”の二役を踊る「白鳥の湖」のプリマドンナに...
劇場鑑賞「ブラック・スワン」 (日々“是”精進! ver.A)
ナタリー・ポートマンの演技に、圧倒された 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201105110002/ ブラック・スワン オリジナル・サウンドトラック posted with amazlet at 11.05.05 サントラ SMJ (2011-...
ブラック・スワン / Black swan  (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね←please click まさにこのバレリーナ、ナタリー・ポートマンが演じるためにあるような、 他の女優じゃちょっと考えられないくらい見事にハマり役アカデミー賞主演女優賞受賞も納得。 昨日書いた「レクイエム・フォー・ドリーム」「...
『ブラック・スワン』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ブラック・スワン」□監督 ダーレン・アロノフスキー□脚本 マーク・ヘイマン、アンドレス・ハインツ、ジョン・マクローリン□キャスト ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ラ...
ブラック・スワン/ナタリー・ポートマン (カノンな日々)
最初の頃に劇場でながれていた予告編は『ガラスの仮面』のバレエ版のようなヒューマン・サスペンス・ドラマ風の印象だったんですけど、ここ一ヶ月くらいの映像は何だかホラータッ ...
ブラック・スワン (いやいやえん)
ナタリー・ポートマンは凄かった。苛烈なバレエの世界で生き抜くニナの狂気や重圧、嫉妬、妄想や抑圧された心理を巧みに表現していたと思う。 念願のプリマの座を手にしたのはつかのま、「白鳥の湖」は白鳥と黒鳥という相反する二面性を表現しなければならず、黒鳥を...
カ・ン・ペ・キ~『ブラック・スワン』 (真紅のthinkingdays)
 BLACK SWAN  NYのバレエ団に所属するニナ(ナタリー・ポートマン)は、新作舞台「白鳥の湖」 のプリマに抜擢される。幸福の絶頂も束の間、彼女の精神は次第にバランスを失 ってゆく。  ...
ブラック・スワン (Akira's VOICE)
飛びます,舞います!  
ブラック・スワン (風に吹かれて)
黒鳥を完璧に踊らなければ公式サイト http://movies2.foxjapan.com/blackswan監督:ダーレン・アロノフスキー  「レスラー」ニューヨークのバレエ団に所属するニナ(ナタリ
ブラック・スワン (as soon as)
純白の野心は やがて漆黒の狂気にかわる・・・ 一番好きなシーンはエンディングからエンドロール 白く輝く舞台に喝采がふりそそぎ、 やがて白から黒く染まる グレー域で過ごすものにとっ...
ブラック・スワン (心のままに映画の風景)
ニューヨークのバレエ・カンパニーに所属するニナ・セイヤーズ(ナタリー・ポートマン)は、日々、厳しいレッスンに励んでいた。 監督のトーマス・ルロイ(ヴァンサン・カッセル)は、花形プリマのベス(ウ...
◆『ブラック・スワン』◇ ※ネタバレ少々 (~青いそよ風が吹く街角~)
2010年:アメリカ映画、ダーレン・アロノフスキー監督、ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー出演。
ダーレン・アロノフスキー監督 「ブラック・スワン」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
どうしようかなぁ~? 観たいとは思ってたけど… 公開から日にちが経っちゃうと、なんとなくDVDがレンタルするようになってからでも良いか?って でもやっぱ、いろいろ評判も良いし、当ブログへコメント下さった方々も「お薦め!」って言ってたので、やっと観てきま...
ブラック・スワン (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
一人二役で演じるバレエ作品に感情的な要素を強調したので、主人公のニナの精神が崩壊していく。ライバルとの競争、母の溺愛、コーチの過激な演出がニナの心の重圧になる。ニナは途中から精神的疾患にかかっていると考えられ、それを演じたナタリー・ポートマンの執念がす...
映画「ブラック・スワン」 (FREE TIME)
映画「ブラック・スワン」を鑑賞。
ブラック・スワン (キノ2)
★ネタバレ注意★  ダーレン・アロノフスキー監督、ナタリー・ポートマン主演。  2010年のアカデミー賞では、作品賞、主演女優賞、監督賞、撮影賞、編集賞にノミネートされ、ポートマンが主演女優賞を受賞したのは記憶に新しいところ。  ニューヨークのバレエ...
「ブラック・スワン」 自己抑制と開放 (はらやんの映画徒然草)
ダーレン・アロノフスキー監督自身が言っているように、本作は「レスラー」と対をなす
『ブラック・スワン』('11初鑑賞68・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 5月14日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 13:10の回を鑑賞。
ブラック・スワン (Memoirs_of_dai)
人間の白と黒 【Story】 NYシティバレエ団に所属するバレリーナのニナ(ナタリー・ポートマン)は、踊りは完ぺきで優等生のような女性。芸術監督のトーマス(ヴァンサン・カッセル)は、花形のベス(ウ...
ブラック・スワン / Black Swan (勝手に映画評)
2011年の第83回アカデミー賞でナタリー・ポートマンが主演女優賞を授賞。合わせてナタリー・ポートマンは、この作品で出会ったフランス人振付師との婚約・妊娠を発表しています。 繊細で、傷付き易い若きプリマ=ニナをナタリー・ポートマンが、非常に上手く演じています...
『ブラック・スワン』 (こねたみっくす)
白鳥と黒鳥。完璧なまでに計算された白と黒を意識させる世界。 第83回アカデミー賞は主演女優賞だけでなく、作品賞も監督賞もこの映画が取るべきだったのではないか!と思わせる、 ...
『ブラック・スワン』(アカデミー特集第三夜) (ラムの大通り)
(英題:Black Swan) ----これは大興奮で帰ってきた映画だよね。 「うん。クライマックスなんて、もうただただ唖然。 ぼくなんて、こういう瞬間を味わいたいがために 映画を観ているようなものだから、 立ちあがってブラボーなんて ガラにもないことをやりたかったくら...
背中が全てを物語る。『ブラック・スワン』 (水曜日のシネマ日記)
念願だった主役の座を手にした臆病なバレリーナの物語です。
「ブラック・スワン」私の中の黒鳥 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
これはすごい! 圧倒的な演技力と見事なバレエ。 純粋で気品のある白鳥の奥深くに秘められていた、傲慢で凶暴で猥雑なダークサイドが羽を広げる瞬間を、見事に演じたナタリー・ポートマンに絶大な拍手を!
ブラック・スワン (こんな映画見ました~)
『ブラック・スワン』---BLACK SWAN---2010年(アメリカ)監督:ダーレン・アロノフスキー 出演:ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー 、ウィノナ・ライダー ニューヨークのバレエ・カンパニーに所属するニナ(ナタリ...
[映画『ブラック・スワン』を観た(短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆遅ればせながら観て来ました。  評価の高かった『レスラー』の監督の、これまた評判のいい最新作だ。  『レスラー』では、一人のプロレスラーのかつての栄光と、その後の悲哀を見事に描ききっていた。  今回は、クラシックバレエの世界を舞台に、「白鳥の湖」のプ...
『ブラック・スワン』 (2010) / アメリカ (Nice One!! @goo)
原題: BLACK SWAN 監督: ダーレン・アロノフスキー 出演: ナタリー・ポートマン 、ヴァンサン・カッセル 、ミラ・クニス 、バーバラ・ハーシー 、ウィノナ・ライダー 公式サイトはこちら。 公開日に行きたかったんですけどねえ・・・。 風邪引いちゃいま...
ブラック・スワン (新・映画鑑賞★日記・・・)
【BLACK SWAN】 2011/05/11公開 アメリカ R15+ 108分監督:ダーレン・アロノフスキー出演:ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー 純白の野心は、やがて漆黒の狂気に変わる… ニューヨーク・....
ブラック・スワン BLACK SWAN (まてぃの徒然映画+雑記)
ナタリー・ポートマンのアカデミー主演女優賞受賞作。 バレリーナのニナ(ナタリー・ポートマン)は、所属バレエ団の次期プリマに選ばれる。演目は「白鳥の湖」。だが、プリマは気品ある白鳥とともに官能的で邪悪な黒鳥も踊らなければならない。振付師のトニからは「君...
ファントム・オブ・バレエ (宇宙のめいぐると)
「ブラック・スワン」
ブラック・スワン (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(10)(10) ワタシの持つ女優イメージのままのキャラだった!
ブラック・スワン (映画三昧、活字中毒)
■ 池袋HUMAXシネマズ4にて鑑賞ブラック・スワン/BLACK SWAN 2010年/アメリカ/108分 監督: ダーレン・アロノフスキー 出演: ナタリー・ポートマン/ヴァンサン・カッセル/ミラ・クニス/バーバラ・ハ...
ブラック・スワン (シネマDVD・映画情報館)
ブラック・スワン 監督:ダーレン・アロノフスキー 出演:ナタリー・ポートマン/ヴァンサン・カッセル/ミラ・クニス/バーバラ・ハーシー/ウィノナ・ライダー 内容:ニナはニューヨーク・シティ・バレエ団のバレリーナで、彼女の生活の全ては踊ることに捧げられてい...
ブラック・スワン (とりあえず、コメントです)
ナタリー・ポートマンが昨年の映画祭の主演女優賞を総なめしたスリラーです。 彼女のどんな演技が見られるのか、とても楽しみにしていました。 バレリーナそのもののような見事なダンスを披露しながら、 役に苦悩し狂気に落ちていく主人公を迫真の演技で体現していました...
ブラック・スワン (ダイターンクラッシュ!!)
2011年5月22日(日) 18:45~ TOHOシネマズ日劇1 料金:1250円(有楽町のチケットフナキで前売り券を購入) パンフレット:未確認 『ブラック・スワン』公式サイト 予告編を見ていれば誤解することはないと思うが、単純なサクセスストーリーでない。狂気の映画だ。...
ブラックスワン(2010)◆◇BLACK SWAN (銅版画制作の日々)
                        純白の野心は、やがて漆黒の狂気に変わる… MOVX京都にて鑑賞。話題作、ついに観ました。もうこれはナタリー・ポートマンの演技につきますね。 それにしてもスレンダーな身体、、、、。バレリーナって本...
「ブラック・スワン」誰も見たことのない、ナタリー。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ブラック・スワン] ブログ村キーワード  ナタリー・ポートマンが、“第83回アカデミー賞・主演女優賞”に輝いた話題作、「ブラック・スワン」(20世紀フォックス映画)。世界的に有名なバレエ「白鳥の湖」の中に登場する“黒鳥”を巡る心理スリラー物です。鬼気迫るナタ...
ブラック・スワン (だらだら無気力ブログ)
「レクイエム・フォー・ドリーム」「レスラー」のダーレン・アロノフスキー 監督が、野心と嫉妬渦巻くバレエの世界を舞台に描く異色の心理スリラー。 バレエに全てを捧げるヒロインが、新プリマの座を巡って自分とは対照的な 勝気な新人ダンサーと熾烈な競争を繰り広げ...
ブラック・スワン (食はすべての源なり。)
ブラック・スワン ★★★★★(★満点!) 優等生バレリーナのに主人公が、官能的な黒鳥を演じるプレッシャーから追い込まれていく心理スリラー。 ひっさしぶりに疲れた映画でした。重かった~。 【R15+】って、エグイのかと思ってたらエグイしエロいね・・・ 観てる...
ブラック・スワン (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「ブラック・スワン」監督:ダーレン・アロノフスキー(『ザ・ファイター』)出演:ナタリー・ポートマン(『ニューヨーク、アイラブユー』『マイ・ブラザー』)ヴァンサン・カッ ...
ブラック・スワン (映画の話でコーヒーブレイク)
昨日「ブラック・スワン」公開初日のチケットをオンラインで取り、楽しみにしていたら・・・ 朝のワイドショー「スッキリ」でオープニング約7分半をノーカットで放送。 思わず見ちゃったけど、折角これから~と楽しみにしているのに・・・どうなのこの宣伝方法? 映画を...
ブラック・スワン (迷宮映画館)
母と娘の葛藤、バレエよりもこっちがメインの愛憎物語だった。
「ブラック・スワン」5つ★です (ポコアポコヤ 映画倉庫)
ナタリーポートマン、美しい! かなり面白かったけれど、痛いシーンも結構あります。
【ブラック・スワン】 (日々のつぶやき)
監督:ダーレン・アロノフスキー 出演:ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、ウィノナ・ライダー   純白の野心は、やがて漆黒の狂気に変わる・・・ 「ニューヨーク・シティ・バレエ団のバレリーナのニナは母エリカと二人暮し。体調管理か
ブラック・スワン (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
大役に抜擢されたバレリーナが、そのプレッシャーから少しずつ心のバランスを崩壊させていく様を描く「レスラー」のダーレン・アロノフスキー監督作。主演は本作で第83回アカデミ ...
ブラック・スワン 怖かった~妄想も女性も・・・ (労組書記長社労士のブログ)
 昨日はある労組の結成50周年の式典に出席、やはりフォーマルな席だからと、自分はスーツの上着も着てネクタイも着用で行った。 来賓の中ではノージャケットやノージャケット・ノーネクタイの人もちらほらと居たが、しかしクールビズのままで来てしまった人は若干肩身が....
ブラック・スワン (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:ブラック・スワン 制作:2010年・アメリカ 監督:ダーレン・アロノフスキー 出演:ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー、バンジャマン・ミルピエ あらすじ:ニューヨーク・シティ...
ブラック・スワン (5125年映画の旅)
バレリーナのニナは、美しく正確な踊りで『白鳥の湖』の主役を射止める。しかし監督は彼女に、繊細な白鳥と同時に官能的な黒鳥も演じるよう要求してきた。難しい役柄に悩むニナ。 ...
ブラック・スワン (Diarydiary! )
《ブラック・スワン》 2010年 アメリカ映画 - 原題 - BLACK SWA
「ブラック・スワン」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
この映画に日本語題名をつけるとしたら? 「スワンの涙」。 オックスかい。 悲しいすがた、スワンの涙 キャー、失神しちゃう・・・って、いまどき誰も知らないちゅうの。 時の流れは残酷だねえ。ウィノラ・ライダーも知らないのかな。 ティム・バートンの「シザーハン...
ブラック・スワン (そーれりぽーと)
かなり前から流れている劇場予告編の中身がどんどんネタバレになっていて大丈夫かと心配しながらも、期待しまくってた『ブラック・スワン』を観てきました。 ★★★★★ いろんな意味でダーレン・アロノフスキー監督作のオイシイ所を凝縮したような映画。 精神的に追い...
ブラック・スワン (メルブロ)
ブラック・スワン(原題: BLACK SWAN) 361本目 2011-21 上映時間 1時間48分 監督 ダーレン・アロノフスキー 出演 ナタリー・ポートマン(ニナ・セイヤーズ) 、 ヴァンサン・カ ...
ブラック・スワン☆独り言 (黒猫のうたた寝)
チャップリンのバレエの次は古典バレエの白鳥の湖ナタリー・ポートマンが悩めるプリマのニナを演じます。典型的なよいこの優等生ニナ・・・純粋で、魔王におびえひっそりと生きる白鳥は、今のニナそのものなので見事に演じることができるけどセクシーで小悪魔的な黒鳥を表...
「ブラック・スワン」 (★ Shaberiba )
孤高の美を演じきったナタリーに拍手!!
【DVD】ブラック・スワン (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ダーレン・アロノフスキー 【出演】ナタリー・ポートマン/ヴァンサン・カッセル/ミラ・クニス/バーバラ・ハーシー/ウィノナ・ライダー 【公開日】2011/5.11 【製作】アメリカ 【ス...
「ブラック・スワン」(BLACK SWAN) (シネマ・ワンダーランド)
「レオン」「コールドマウンテン」「ブーリン家の姉妹」などの出演作品で知られる米女優、ナタリー・ポートマン主演の異色心理スリラー「ブラック・スワン」(2010年、米、108分、FOX映画配給、R15指定)。この映画は、野心と嫉妬が渦巻くバレエの世界を舞台...
映画『ブラック・スワン』~アカデミー賞受賞作品を観て (kintyre's Diary 新館)
11-37.ブラック・スワン■原題:Black Swan■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:110分■鑑賞日:5月22日、TOHOシネマズ・六本木ヒルズ(六本木)■料金:1,800円□監督:ダーレン・アロノフスキー□脚本:マーク・ヘイマン、アンドレ・ハインズ、ジ...
ブラック・スワン (小部屋日記)
Black Swan(2010/アメリカ)【Blu-ray】 監督:ダーレン・アロノフスキー キャスト:ナタリー・ポートマン、バンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー 純白の野心は、やがて漆黒の狂気に変わる・・・ あけましておめでとうございま...
ブラック・スワン (我が頭に巣くう映画達)
84点 2010年のアメリカ映画で、 監督は「レスラー」のダーレン・アロノフスキー、 主演はナタリー・ポートマンです。 2010年度のアカデミー賞で主演女優賞を受賞しています。 バレエ「白鳥の湖」の...
映画 ブラックスワン (本の宇宙(そら) [風と雲の郷 貴賓館])
 バレエをモチーフにしたホラー風味の強い話題の映画、「ブラックスワン」。2010年のアメリカ映画だ。主人公はニナという、ニューヨークのバレエ・カンパニーに所属する ...
『ブラック・スワン』普通のドラマ (@KOBAのムービー!ムービー! )
『ブラック・スワン』BLACK SWAN(2010年アメリカ) 監督          ダーレン・アロノフスキー 脚本          マーク・ヘイマン              アンドレス・ハインツ              ジョン・マクラフリン 原案  ....
【映画】ブラック・スワン…元ネタを知らなかったづら (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
近況報告…一週間ほど前の話から… 2012年5月13日(日曜日)この日はタイピング大会で久留米まで行くという娘を早朝から駅まで送った後、折角早起きしたのでプチ遠出をしようと嫁さんが言うので、一路小石原方面に向かいました(プチ遠出と言っても県内) 北九州から2時...
映画 ブラック・スワン (こみち)
JUGEMテーマ:洋画   映画観で観ようかどうか迷っていた「ブラックスワン」を観ました。   清純なスワンから怪しいスワンへと変貌していくニナ・セイヤーズ。   なんだか、「私騙されているよ」的なストーリですね。 &am...