銀幕大帝α

切り株愛好連盟加入ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で7周年。2400作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

LIFE!

2014年08月04日 | 洋画アドベンチャー/ファンタジー
THE SECRET LIFE OF WALTER MITTY
2013年
アメリカ
114分
ファンタジー/ドラマ/アドベンチャー
劇場公開(2014/03/19)



監督:
ベン・スティラー
製作:
ベン・スティラー
出演:
ベン・スティラーウォルター・ミティ
クリステン・ウィグシェリル・メルホフ
アダム・スコットテッド・ヘンドリックス
キャスリン・ハーンオデッサ・ミティ
シャーリー・マクレーンエドナ・ミティ
ショーン・ペンショーン・オコンネル
パットン・オズワルトトッド
アドリアン・マルティネスヘルナンド
オラフル・ダッリ・オラフソンヘリコプターのパイロット
マーカス・アントゥーリリッチ・メルホフ
カイ・レノックスフィル・メルホフ



<ストーリー>
廃刊が決定したライフ誌を手掛ける平凡で臆病なウォルターは、最終号を飾る写真のネガがないことに気付きカメラマンを探す旅に出る。

この映画には「!」がある。

−感想−

普段、映画を観る時は吹き替えだ!ていう人には【悲報】である。
字幕派だ!ていう人は想像してみたまえ。
ベン・スティラーの声がナイナイの岡村だったら・・・。

めっちゃ違和感!
下手糞にも程がある。
関西弁を喋るベン・スティラー。
酷い、酷いよこれ。
どういう意図があって主役の声に芸人(声優素人)を起用しようと思ったのか。
この案を提案した人はその旨を10文字以内で私に説明するべし!
聴いてて苛々するものだから、ベン・スティラーの声だけはオリジナルで聴いて後は吹き替えで観たくなった。
そういう機能を作ってくれ、世界のソニーさん。

で、映画の方だが、まぁぶっちゃけ人生「山あり谷あり冒険あり」があってこそ楽しいんだろうなぁと思わせてくれるだけの作り。
それ以上でもそれ以下でもない、普通のアドベンチャー作品。
ウォルターが行方不明の25番のネガを手に入れる為に伝説の写真家であるショーン・オコンネルの居場所を求めて、あちこちを自転車で走ったり、スケボーで移動したり、雪山を徒歩で歩いている姿を映しているのみなので大して面白味はない。

ただウォルターが妄想を爆発させて、色んな派手なアクションをしまくる空想世界のシーンは楽しかった。
ここだけはGOODだったが、他は特に・・・て感じかな。

結局の所、ウォルターの母ちゃんが息子想いの素敵なおばちゃまで、ネガを手に入れる事が出来たのも全てこの母ちゃんの御蔭だから、間違いなく彼女が本作のアッパレ賞。


ウォルターがネガ探しの旅に出る決意をした時に流れる曲。
The Arcade Fireの「Wake Up」
好きな曲なので、流れたときはおっ!てなったなぁ。

評価:★★★
14/08/03DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2014-08-02
メーカー:20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン

オフィシャル・サイト(日本語)

関連作:
『虹を掴む男(1947)』(オリジナル)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (16)   トラックバック (56)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アナと雪の女王 | トップ | 最強ゾンビ・ハンター »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
字幕版はよかった (ミス・マープル)
2014-08-04 16:20:09
最初は空想癖の男にちょっとひいてしまったのですが、次第にたくましさを身につけていく姿は何気に感動しました。
さいきんの吹き替えは芸人さんやアイドルがすることが多いようですね。やはりちゃんとした声優さんでないといけませんね。
Unknown (mia☆mia)
2014-08-04 17:43:53
こんにちわ。

地味目ながらほっこり感動できたのでこの作品は好きですが、吹替え版を想像したらゲッタリ@
関西弁吹替えはシュレックだけにしとってくれよって感じですね。(あれも最初は酷かった)
声が気になってお話に集中できなくなりますもんね。

使われてる音楽全般、ワタシも好みでした♪
こんばんは。 (大阪ひろき)
2014-08-04 19:47:35
ヒロ之さん、こんばんは。
「LIFE!」は、未見ですが、ベン・ステイラーの吹き替えを担当されているのが、ナイナイの岡村さんなのですか。
確かに、見た目と声が合っていないし、岡村さんの声の演技も、ぎこちなくて、違和感がありそうですね。
そう言えば、「ウォンテッド」の主役の俳優さんの吹き替えを担当されたDAIGOさんも、う〜んて感じでしたね〜(笑)。
「シュレック」シリーズは、浜ちゃんの関西弁の吹替えに馴れてしまったので、個人的には、セーフですが、でも、出来れば、声優を生業としている方に吹き替えを担当して頂きたいですね。
ベン・ステイラーの見た目と釣り合いそうな声の声優さんだと、ドニー・イェンの吹き替えでお馴染みの大塚芳忠 さんや「ダイ・ハード」と「ダイ・ハード2」に登場したテレビ局記者の俳優の声を演じた、江原正士さん辺りがピッタリ来るのではないでしょうか?
ドニー・イェン主演の「〜アイアンモンキー」での大塚芳忠さんの吹き替え、滑舌が良くて、力強くて、カッコ良かったですからね〜。
それでは、失礼致します。
>ミス・マープルさんへ (ヒロ之)
2014-08-04 22:59:52
こんばんは!
コメントありがとうございます。
自分的には凄く最後には感動させられるんだろうなぁという期待を込めて観てたのですが、それ程でもなかったです。
私の心が汚れ切っているからかしら。
芸人を使うな!と前から言っているのに、案の定これ。
もう、聴いてられませんでしたよ。
>mia☆miaさんへ (ヒロ之)
2014-08-04 23:02:24
こんばんは!
コメントありがとうございます。
吹き替え最低でした。
良い映画なのに、これだけでかなり作品の質を落としています。
吹き替え一つでこれ程までに観る気を失わせてくれるとは^^;
使用されている音楽は良かったですよね〜。
>大阪ひろきさんへ (ヒロ之)
2014-08-04 23:16:38
こんばんは!
コメントありがとうございます。
全然声が合ってなかったですよ。
もうほんと、呆れる位ですし。
しかも関西弁なんですよ。
「どないしてん!」とか「なんでやねん!」とか。
ベン・ステイラーがそんな風に喋ったらめっちゃ変ですよ。
なんで岡村を起用しようと思ったのは、直接関係者に聞きたい位です。
アフレコしていて、駄目だとは思わなかったんでしょうか。
あ〜そういえば「ウォンテッド」もそうでしたね。
あれも違和感ありました。
最近では「プロメテウス」の剛力が圧勝ですけど。
なんでか「シュレック」は普通に聴けたんですよね。
自分でも分からないのですが、アニメということもあるし、キャラクターにも合っていたんでしょうかね。
なんにせよ、実写映画の吹き替えだけは、きちんとした本職の声優さんに担当してほしいものです。
声だけでも、観る気が出たり失せたりしますからね〜。
こちらにも〜☆ (Puff)
2014-08-06 20:36:24
いやあ、ヒロしゃんから聞いてビックリしましたよ〜!
岡村さんの関西弁なんて…!
確かに男性ではお二人とも背が低めですけど、共通点はそれだけですよね!?
話題性で選んだのですかねぇ〜
関西弁では無く、まだ標準語だったら良かったのかな?
岡村さん自体ミスキャストでしょうか?

えへへ、自分的にはドラマ自体も結構じーんと来ちゃったのですが。笑)
スケボーで滑走するシーンはスタントマンで無く自分で滑ったのかしら。
掌を固定するところなど、何やらとてもカッコ良く見えたのでした。
>Puffちんへ (ヒロ之)
2014-08-09 00:18:03
こちらにもありがとうございますぅ

吹き替えが酷すぎて話に入り込めませんでした
背格好が似ているからという理由だけで岡村さんが選ばれたんでしょうかね?
それならば標準語で吹き替えして欲しかったです。
なんで、関西弁?と思いましたよ。
あ、でも標準語でも違和感あったかもしれません。
とりあえず、下手糞でした
棒読みに近いんですよねぇ。
これは完全にミスキャストですよ。

スケボーのシーンは自らしたみたいですよ。
あのヘリから海へ飛び込むのもベン自身がやったみたいです。
そういうのを知ると、彼が監督もやっているだけあって、この作品に対する熱い想いが伝わり、尚更ホロリとさせられるはずなのですが。。。
吹き替えひとつでこんなにも話しに入り込めないものなんですね

台風が近付いているようなので、御用心してくださいね〜
Unknown (ryoko)
2014-08-10 02:22:50
こんばんは。
私は字幕で観たので、吹き替え版のベン・スティラーが大阪弁をしゃべっているとは知りませんでした。
大阪出身の私ですが、「怪盗グル―」シリーズで鶴瓶が大阪弁で吹き替えをしていることにはずっと不満です。
TVの番組で、田舎のおっちゃんが東北弁、強面のその筋の方々が大阪弁になるのも不満です。プンプン。
>ryokoさんへ (ヒロ之)
2014-08-10 13:33:28
こんにちは!
コメントありがとうございます。
多くの方は字幕で見てらっしゃると思うのですが、私は視力が悪いので最近は吹き替えで映画を見るようになりました。
本作も当然吹き替えで見たのですが、ベンの声を最初聴いた時、直ぐに岡村だ!と分かりましたよ。
関西弁で喋られると、違和感在り過ぎて全然主人公に感情移入できませんでしたし、結局話にも入り込めませんでした。
吹き替えするなら標準語にして欲しいですよね。
こてこてのコメディ映画じゃないんだから。
あ、その田舎のおっちゃんが東北弁とか強面の人は関西弁になるってのは凄く分かります!
そういう決まりでもあるんでしょうかね^^;
こんばんは (maki)
2014-08-14 20:32:53
いまひとつでしたかあ
私は気持ちい作品のひとつでした
音楽も映像も凄く良くて、ストーリーにおもいきった捻りはないですけれども、日々を大切に生きれば、たまには一歩踏み出してみれば、生まれ変われる…気がするというメッセージ性がしみこむようでよかったです

関係ないですが、またgooブログさんと交渉してます;
ヒロ之さんのところにはかろうじて入ったのですが
トラックバックがgooブログさんにおくれないんですよぅ;

ちなみにコメントも、出来ません
URLがはいってたら。
もーいや!(笑)
>makiさんへ (ヒロ之)
2014-08-15 03:40:41
こんばんは!
いや、決して映画としては悪くないです。
人生の再出発を自然の中を通して上手く描いていると思いました。
ただ、吹き替えのせいですよ。
これが、すべての元凶です。
これのせいで、話に入り込めなかったんです。
下手糞な芸人なんか使わないで欲しい、たく。

ありゃま、またgooブログとの相性が悪くなったんですか。
しかもコメントも出来ないって。。。
どうなっているんでしょうか。
早期解決を願っています。
Unknown (とら)
2014-09-22 23:44:31
子供と見たため、そのど下手な吹き替えで最後まで見る羽目に。。。

もう、なんかのお笑いTV番組みているようでした。

内容は、同感で面白くなくはないですが、やはり盛り上がりに欠けて・・・。結局あんまり心に響くところも無く。

やはり、私は、こういうすがすがしい作品は駄目なのかも。おとなしく、エログロ世界の住人に戻ります(笑)
>とらさんへ (ヒロ之)
2014-09-23 01:11:06
こんばんは!
コメントありがとうございます。

ありゃりゃ、岡村さんの声で観てしまいましたか^^;
なんじゃこりゃな、吹き替えだったでしょ?
もう聞いてられませんでしたよ私。

結構評判の良い作品だったので楽しみにしていたのですが、期待した程私はそんなに面白くも無く感動もしなかったです。

とらさんと同じく、私もエログロの世界に長く居座っているせいか、どうにもこういう作品とは相性が悪いです。
こんにちは! (タケヤ)
2014-10-05 09:48:26
世界を旅して人間が成長していく
っていうコンセプトはすごくいいなあ
って思いましたね。

ただね、25番のネガを新体制の輩達が
採用するかなあって・・・

そこをもう少しひねっていれば
僕の中では素敵な作品だったんですけどね。
>タケヤさんへ (ヒロ之)
2014-10-05 14:56:09
こんにちは!
コメントありがとうございます。

25番のネガの中身が凄く気になるので、それを目的に最後まで見ましたが、確かに表紙にするほどのものかなぁとは思いました。
こう、もっと、私も「おぉ!」て思うようなものであれば良かったです。

あわせて読む

56 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ベン・スティラー監督・主演、クリステン・ウィグ、ショーン・ペン『LIFE!(The Secret Life of Walter Mitty)』"THAT IS THE PURPOSE... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
ジェームズ・サーバー『虹を掴む男』をベン・スティラーが監督・主演で映画化した『LIFE!(The Secret Life of Walter Mitty)』物語・雑誌「LIFE」の写真管理部で働くウォ
LIFE! (映画情報良いとこ撮り!)
LIFE! LIFEの写真管理部に勤務するウォルター・ミティ。 シャイな青年だった。 それは、好きな女性が居るのだが、口をきくことも出来ずにいた。 特技は妄想と、ちょっと他の人とは違うらしい。 そんな彼に試練が訪れる。 表紙用のネガが紛失してしまったよ...
試写会「LIFE!」 (日々“是”精進! ver.F)
人生って… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201402130002/ 【送料無料選択可!】「LIFE!」オリジナル・サウンドトラック[CD] / サントラ価格:2,520円(税込、送料別) [CD]VARIOUS ヴァリアス/SECRET LIFE OF WA...
映画「LIFE!(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『LIFE!(字幕版)』 (公式)を先日、劇場鑑賞。採点は、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら75点にします。 なお、本作は、ジェームズ・サーバーの短編小説『虹をつかむ男』(1939年発表)を原作とする映画『虹を掴む男』(ダニー・...
「LIFE !」 (或る日の出来事)
これは、すんばらしかったですね!
『LIFE!』 2014年2月17日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『LIFE!』 を試写会で鑑賞しました。 上映後に拍手があったが、そこまでの映画だったかな まさか仕込みじゃないよね 【ストーリー】  雑誌「LIFE」の写真管理部で働くウォルター・ミティ(ベン・スティラー)は、思いを寄せる女性と会話もできない臆病者。唯一の特技...
『LIFE!』 赤か青なら、赤を選ぼう! (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】   いったい、どうしろと云うのだ!?  映画が進行するにつれ、私は居心地の悪さを覚えはじめた。  『LIFE!』は1947年のダニー・ケイ主演作『虹を掴む男』のリメイクだが、2007年に70年の歴史に幕を下ろしたグラフ誌『LIFE』を絡めることで...
LIFE!〜ひとりインセプション 5の3乗 (佐藤秀の徒然幻視録)
デジタル化と夢想する時間の問題 公式サイト。原題:The Secret Life of Walter Mitty。ジェームズ・サーバー原作、ベン・スティラー監督・主演。クリステン・ウィグ、ショーン・ペン、シャ ...
人生の真髄〜『LIFE!』 (真紅のthinkingdays)
 THE SECRET LIFE OF WALTER MITTY  NYでLIFE誌の写真管理部に勤務するウォルター・ミティ(ベン・スティラー) は、空想癖のある地味な男。長年、LIFE誌の表紙写真を担当していた放浪 の写真家、ショーン・オコンネル(ショーン・ペン)から送られて...
『LIFE!』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「LIFE!」□監督 ベン・スティラー□脚本 スティーブ・コンラッド□原作 ジェームズ・サーバー□キャスト ベン・スティラー、クリステン・ウィグ、シャーリー・マクレーン、     アダム・スコット、キャスリン・ハーン、ショ...
LIFE! (うりぼうのシネ煉獄)
視聴環境:映画館、字幕  主演のベン・スティラーが監督も努めた作品で、ダニー・ケイの「虹を掴む男」リメイク作品だそうです。吹き替え版では主人公役にナインティナインの岡村隆史が声をあてているようなのでここは字幕を選択。  主人公のウォルター(ベン・スティ...
LIFE!/ベン・スティラー (カノンな日々)
平凡で空想癖のある主人公が未知なる土地への旅を経て変化していく姿をベン・スティラーが監督、主演を務めたヒューマン・ドラマです。ここ最近公開された映画の中では劇場予告編 ...
LIFE! (試写会) (風に吹かれて)
ネガを探して大冒険人生の真髄に迫る 公式サイト http://www.foxmovies.jp/life3月19日公開虹を掴む男(1947年)のリメイク 原作: 虹をつかむ男 (ジェイムズ・サーバー著
映画「LIFE!」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2014/3/24、109シネマズ木場。 スクリーン8。 前回F列で後ろ過ぎ感があり、通路直後のE列を選択。 高さ的にはちょうど。 シアター入口に「通常版、3Dではありません」とあったが、 この映画に3D版は元々ないのでは。 それとも注意書きはこの映画の事で....
「LIFE!」 (お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法 )
2013年・アメリカ/サミュエル・ゴールドウィン=ニューライン・シネマ 配給:20世紀フォックス映画 原題:The Secret Life of Walter Mitty 監督:ベン・スティラー 原作
LIFE! (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【THE SECRET LIFE OF WALTER MITTY】 2014/03/19公開 アメリカ 114分監督:ベン・スティラー出演:ベン・スティラー、クリステン・ウィグ、アダム・スコット、キャスリン・ハーン、シャーリー・マクレーン、ショーン・ペン この映画には「!」がある。 [Story]雑誌「LI...
「LIFE!」 ちょっとした新しいこと (はらやんの映画徒然草)
主人公ウォルター・ミティは雑誌「LIFE」の写真の管理をしています。 日々実直に
LIFE! (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「LIFE!」監督:ベン・スティラー出演:ベン・スティラー(『マダガスカル3』『ペントハウス』)クリステン・ウィグ(『怪盗グルーのミニオン危機一発』『宇宙人ポール』)シャーリ ...
LIFE! (miaのmovie★DIARY)
LIFE! オリジナル・サウンドトラック(2014/03/19)サントラ、デヴィッド・ボウイ feat.クリスティン・ウィグ 他商品詳細を見る 【THE SECRET LIFE OF WALTER MITTY】 制作国:アメリカ 制作年:2013年 雑誌「LIFE」の写真管理部で働くウォルター・ミティ(ベン・ステ...
LIFE!   ★★★★ (パピとママ映画のblog)
凡庸で空想癖のある主人公が未知なる土地への旅を経て変化していくさまを、ベン・スティラー監督・主演で描くヒューマンドラマ。夢を諦め、写真雑誌の写真管理部で働く地味な中年男性が、ひょんなことからニューヨークをたち世界中を巡る旅を繰り広げる様子をファンタジッ...
LIFE! (♪HAVE A NICE DAY♪)
あらすじ: 雑誌「LIFE」の写真管理部で働くウォルター・ミティ(ベン・スティラー)は、思いを寄せる女性と会話もできない臆病者。唯一の特技は妄想することだった。ある日、「LIFE」表紙に使用する写真のネガが見当たらない気付いたウォルターはカメラマンを捜す旅へ....
LIFE! (映画と本の『たんぽぽ館』)
なんてステキな心の開放感! * * * * * * * * * * 「LIFE」は1936年に創刊され、2007年まで形を変えながら出版されたグラフ誌。 その最後の時期を想定したストーリーです。 この写真管理部で働くウォルター・ミティ(ベン・スティラー)は、 臆病....
LIFE! (映画的・絵画的・音楽的)
 『LIFE!』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)予告編で見て面白そうだと思い、映画館に行ってきました(注1)。  本作の主人公は、世界的に有名な写真雑誌『Life』(注2)の写真管理部に勤務するウォルター・ミティ(ベン・スティラー)。  冒頭では、婚活サイトのよ....
LIFE! (こんな映画見ました〜)
『LIFE!』---THE SECRET LIFE OF WALTER MITTY---2013年(アメリカ) 監督:ベン・スティラー 出演:ベン・スティラー 、クリステン・ウィグ、アダム・スコット 、シャーリー・マクレーン、ショーン・ペン ジェームズ・サーバーの短編を基にしたダニ....
LIFE! (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(AF) 最初はどうかと思ったヒロインが徐々にチャーミングに見えてきた。
LIFE!/THE SECRET LIFE OF WALTER MITTY (我想一個人映画美的女人blog)
「人生はチョコレートの箱の中のよう。あけてみるまではわからない」 って名作「フォレスト・ガンプ」の一節だけど。 まさにそんな、人生の冒険の旅に出よう!と訴えてくる作品 待ってました 「トロピック・サンダー」から5年ぶりとなるベン(スティラー)監...
LIFE! (ダイターンクラッシュ!!)
2014年4月1日(火) 13:10〜 TOHOシネマズ日劇3 料金:1100円(ファーストデー) パンフレット:未確認 ジェイソン・ボーン。 『LIFE!』公式サイト 妄想ばかりしている映画なのかと思っていたが、実際に冒険を開始する。 冴えない容姿のベン・スティラーだが、映...
『LIFE!』をHTC渋谷1で観て、何でこれに惹かれないんだろうふじき★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★幻想と現実の隙間が少ない事を評価する人もいるが、私はそうは思わない】 毎日毎日同じ仕事をしているウォルター、ある日、仕事をやり遂げるために思いもかけ ...
LIFE!  監督/ベン・スティラー (西京極 紫の館)
【出演】  ベン・スティラー  クリステン・ウィグ  シャーリー・マクレーン   ショーン・ペン 【ストーリー】 雑誌「LIFE」の写真管理部で働くウォルター・ミティは、思いを寄せる女性と会話もできない臆病者。唯一の特技は妄想することだった。ある日、「LIFE」表....
『LIFE!』 (時間の無駄と言わないで)
いや〜良い映画だった。 一歩踏み出す勇気だよね。 自分も頑張らねばなぁと思うワケですよ。 今までベン・スティラーをナメてました。 「そこそこ面白いけど劇場に足を運ぶほど ...
『LIFE!』 (ラムの大通り)
(原題:The Secret Life Of Walter Mitty) ----昨日は、久しぶりに映画館ではしごしたんだよニャ。 お空から見ていたけど、スゴい行列だったよね。 「そう。 そのほとんどが『アナと雪の女王』。 おかげで1時間以上並んで、 ぼくが最初に観る予定だった『LIFE!』は チ...
LIFE! (そーれりぽーと)
平凡な日常から大自然へ飛び出す主人公の予告編が気になっていた『LIFE!』を観てきました。 ★★★★ ベンスティラー自身による監督作品としては、スペクタクルもので感動作って言うところが異色。 文字通り『LIFE』や『ナショジオ』のグラビアの向こう側の世界、非日常...
LIFE! (だらだら無気力ブログ!)
ラストと景色は良かった。
『LIFE!』 (こねたみっくす)
リアルを楽しむ。それが人生だ! 「人生は美しい」。この使い古されたフレーズを妄想癖のある凡庸な主人公を介して描く試みは面白いものの、どうも妄想過多な前半、世界を旅する ...
LIFE! (rambling rose)
雑誌『LIFE』の写真管理部で地味に働くウォルターは、平凡な日々の中、ついつい空想の世界に浸ってしまう。そんな時、最終号を飾るはずの写真のネガが行方不明になってしまい・・
「LIFE !」☆リアルの素晴らしさ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
これは素敵! 胸が熱くなり、わくわくして心弾み、さらに高揚感が増していく。 そして最後にこの映画と自分自身が愛おしくなる。 まさに『その一歩』を踏み出したくなる、生きている間に生まれ変われる映画☆
職を捨て、旅に出よう ベン・スティラー 『LIFE!』 (SGA屋物語紹介所)
とはいうもの、いまどき再就職も大変だよねえ… 俳優としても大活躍のベン・スティラ
LIFE! (はるみのひとり言)
一足早く試写会で観ました。雑誌「LIFE」誌の写真管理部に勤務しているウォルターさん。変わりばえのしない平凡な毎日の繰り返し。想いをよせる同僚のシェリルと接触しようとデートサイトに登録するも上手く行かず。そんなウォルターさんは、自分がスーパーマンになったか...
映画:LIFE! 原題:The Secret Life of Walter Mitty 「監督・主演」が裏目に出た感じ、と判断。 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
オープニングのクレジットで、「監督=ベン・スティラー」ときてまず面食らった… 主演と監督を兼ねた映画は通常、「出来・不出来」がくっきり分かれてしまうから! (ベン・スティラー自分で監督をするのは数回目にしても) さらに、元々困っていた事が。 彼が若い時...
映画:ゴジラ Godzilla ホノルル、ラスベガス他を破壊し尽くす原子力パワー... (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
日本から輸出企画の最新版。 ちなみにITC(NYの渋い映画専門館)では、オリジナル版1954 を上映中だった。 言うまでもない、原子力生まれの怪獣ゴジラ。 そして過去にないデカいサイズ。ハンパない。 海に背ビレだけが出し、周りの駆逐艦をビビらせながら進むサマが....
『LIFE!』('14初鑑賞28・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 3月21日(金・祝) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 14:05の回を鑑賞。
LIFE! (心のままに映画の風景)
雑誌「LIFE」の写真管理部で働くウォルター・ミティ(ベン・スティラー)は、思いを寄せる同僚のシェリル・メルホフ(クリステン・ウィグ)に話しかけることさえままならない臆病者で、唯一の特技は妄想することだった。 ある日、「LIFE」最終号を飾るはずだった写真...
LIFE!   The Secret Life of Walter Mitty (映画の話でコーヒーブレイク)
3月19日から公開の本作、久々に試写会に当選し六本木の試写室で見てきました。 ネットや携帯電話の普及に伴い、私たちの生活は驚くほど変わってしまいました。 そんな時代の流れの中で、新しく台頭する産業がある一方、衰退していく産業があって、 なんだかちょっと寂し....
LIFE! (secret boots)
評価点:72点/2013年/アメリカ/114分 監督:ベン・スティラー この映画よりももっと端的に示した故事成語がある。「案ずるより産むが易し」 雑誌「LIFE」のネガ管理担当のウォルター・ミティ(ベン・スティラー)はさえない日常を送る42歳の独身男性であ...
LIFE! (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆ 製作:2013年 米国 上映時間:114分 監督:ベン・スティラー  雑誌「LIFE」の写真管理部で働くウォルター・ミティは、同社で働くバツイチ女性に思いを寄せているのだが、なかなか会話もできないでいた。そんな中、「LIFE」が廃刊になることが決
LIFE! (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第340回「明日への活力を与えてくれる作品でした。」 多くの映画を観ていると、同時に多くの予告編を観ることになります。その予告編の中で時々とても良く出来た予告編に出会うことがある。その全てが映画本編も良く出来た映画とは限らない。予告編がとても良く出来て....
LIFE!/ライフ (いやいやえん)
主演は大好きなベン・スティラーで、それだけでも満足しちゃうんだけど、空想というか妄想というか、私の人生にもこうだったら良かったのになと思うところがたくさんあるので、実は楽しみにしていた本作。
空想が現実に勝るとき (笑う社会人の生活)
13日のことですが、映画「LIFE!」を鑑賞しました。 試写会にて見ました。 廃刊が決まった雑誌「LIFE」の最後の表紙に使用する写真のネガが見当たらないことに気付いた 写真管理部の地味で平凡な人生を送る冴えない男ウォルター・ミティはカメラマンのショーンを捜す旅へ...
映画 LIFE (こみち)
JUGEMテーマ:洋画     ウォルター・ミティの妄想が凄過ぎて   SFかと思ってしまうくらいです。   ウォルターがショーン・オコンネルを探す旅は   過酷だけどとても良い風景。 &nbsp...
映画 LIFE (こみち)
JUGEMテーマ:洋画     ウォルター・ミティの妄想が凄過ぎて   SFかと思ってしまうくらいです。   ウォルターがショーン・オコンネルを探す旅は   過酷だけどとても良い風景。 &nbsp...
LIFE! (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ベン・スティラー 出演:ベン・スティラー、クリステン・ウィグ、アダム・スコット、キャスリン・ハーン、シャーリー・マクレーン、ショーン・ペン、パットン・オズワルト 【解説】 凡庸で空想癖のある主人公が未知なる土地への旅を経て変化していくさまを、ベン....
LIFE! (愛猫レオンとシネマな毎日)
1947年の「虹を掴む男」を現代風にアレンジしたリメイク版になります。 原作では、主人公は恐妻家ですが、本作では独身で、片思いの女性がいる設定でした。 監督は、主人公ウォルター・ミティを演じたベン・スティラー。 ストーリーは、ごく平凡な男ウォルターが人...
LIFE!/ライフ (Akira's VOICE)
終盤がいまひとつ。
LIFE!(2013) THE SECRET LIFE OF WALTER MITTY 114分 (極私的映画論+α)
 リメイクって、やはりオリジナルがあってこそなんだろうなぁ
LIFE! (Sato's Collection)
見ました。 雑誌「LIFE」の写真管理部に通勤しているウォルター(ベン・スティラー)は、気に入った女性に声もかけられず、虚しい現実から逃避して突飛な空想に浸る白昼夢を日々を繰り返していた。ある日、ライフ社事業再編と、それによるLIFE誌の廃刊の知らせを聞き、最...
LIFE! (Sato's Collection)
見ました。 雑誌「LIFE」の写真管理部に通勤しているウォルター(ベン・スティラー)は、気に入った女性に声もかけられず、虚しい現実から逃避して突飛な空想に浸る白昼夢を日々を繰り返していた。ある日、ライフ社事業再編と、それによるLIFE誌の廃刊の知らせを聞き、最...