銀幕大帝α

切り株愛好連盟加入ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で9周年。2900作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

フロム・ザ・ダーク

2016年09月19日 15時09分59秒 | 洋画ホラー
FROM THE DARK
2014年
アイルランド
90分
ホラー
劇場公開(2015/05/20)



監督:
コナー・マクマーン
『道化死てるぜ!』
製作:
コナー・マクマーン
脚本:
コナー・マクマーン
出演:
ニアフ・アルガー
スティーヴン・クロムウェル
ジェリー・オブライエン
ゲド・マーリー




<ストーリー>
アイルランドの片田舎をドライブ中に車が故障したサラとマークは、ある一軒家に助けを求める。だが、住人の様子がおかしいと気付いた時、マークが謎の怪物に噛まれてしまう。

-感想-

人件費削除。
予算限りなく少なめ。
舞台は郊外に建てられた古い一軒家のみ。

暗闇に重点を置いたB級ホラーです。

序盤からチラチラと何かの影が映る所がすっごく怖い。
薄明かりの中、時には遠くで、時には直ぐ傍で何かがヒロインを標的にして動いている。

あ!あそこに映っている!!
と何度一時停止させてじっと観た事か。
一瞬だけなので余計に気になる上手い演出。

この何かは土の中から目覚めた怪物なんだけれど、正体は最後まで一切明かされなかった。
人型の怪物で暗闇でしか活動出来ないてのだけ分かったけれど、何故今まで土の中で眠っていたのかの怪物に対しての詳細はなし。

当然弱点は「光」系になるて事で、こういう状況になると強さと勇気を発揮するのがヒロイン。
男は急に役立たずになる、足を引っ張る、感染して怪物化し事態をややこしくさせる等の要素はこの手のジャンルでは定番であり、それらを乗り越えながらヒロインが孤独に奮闘していく。

初め、電気スタンドを使い危険を凌いでいたものの後に使い物にならなくなり、シーンが進行するに連れてどんどん「光」系アイテムがランクダウンしていく部分は恐怖さを助長させていてハラハラドキドキ度もうなぎ上り。
終盤になると直ぐに消えるマッチ頼りでしたからね。
殆ど周りを照らさない状態での機転を利かせたヒロイン一発逆転勝利には危機を脱した達成感を味わえ、優越な朝日を鑑賞者も浴びる事が出来るのですが、ちょっと腑に落ちないのが、ヒロインも怪物の攻撃を首に食らってましたよね?
傷を負った冒頭のおっさんと、ヒロインの彼氏は当たり前の様に怪物と化してたけど、何でヒロインはそういう形にならなかったんだろう。
あっもしかしてこの怪物ってのは吸血鬼なのかな。
噛まれると変身しちゃうって事か(それならば合点がいく)。
ただラストカットは意味深ではありましたが。

ヒロインは指も噛まれて傷を負い、変身しない為に自分でその指をノミ道具使用して切断してましたけれど、思い切りぶった切った割には苦しみ方がえらい普通でした。
滅茶苦茶痛いんじゃないの?ああいうのって(良くは知らんけど)。
もっと転げ回るくらいに悲鳴上げて苦痛の顔を浮かべてもおかしくはないと思うのだが、多分彼女は精神的にも肉体的にも激しい痛みに耐えられる芯の強い女性なんだろうなあ。

少しカメラワークが変にゆらゆらと動き過ぎて巧く場面を捉えていない様にも感じましたが、一夜限定の悪夢的なダークネスホラーを予想以上に楽しめました。

評価:★★★☆
16/09/19DVD鑑賞(旧作)
バナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2015-06-03
メーカー:ブロードメディア・スタジオ

情報
<カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2015>
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 尾崎支配人が泣いた夜 DOCUME... | トップ | カリテ・ファンタスティック... »
最近の画像もっと見る

洋画ホラー」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
フロム・ザ・ダーク (いやいやえん)
【概略】 アイルランドの片田舎をドライブ中に車が故障したサラとマークは、ある一軒家に助けを求める。だが、住人の様子がおかしいと気付いた時、マークが謎の怪物に噛まれてし......
『フロム・ザ・ダーク』 (La.La.La)
JUGEMテーマ:映画 制作年:2014年  上映メディア:劇場未公開  制作国:アイルランド  上映時間:90分  原題:FROM THE DARK  配給:ブロードメディア・スタジオ  監督:コナー......