銀幕大帝α

切り株愛好連盟加入ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で9周年。3000作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

クレイジー・ナイン

2017年06月09日 13時38分45秒 | 亜細亜コメディ
老笠/ROBBERY
2016年
香港
92分
コメディ/犯罪
劇場公開(2017/02/25)



監督:
ファイア・リー
脚本:
ファイア・リー
出演:
デレク・ツァン
J・アリー
ラム・シュー
スタンリー・フォン
フィリッップ・クン
アニタ・チュイ
エリック・クォック
アーロン・チョウ
エドワード・マー
ロー・ワイコン




<ストーリー>
深夜のコンビニを舞台に、サイコな潜入捜査官、キレやすい老人、セクシーなチアリーダー、黒社会の若きドンら9人の曲者たちが予測不能なトラブルを巻き起こす。

-感想-

うっわ、この笑いはちょっと・・・クセが強過ぎて俺向きじゃないわ。
子供が来店したから一時休戦。
帰ったら前の状況からやり直し。
シュールも度が過ぎると気分は萎えちゃうよ。

折角止めた時限爆弾を利用して店ごと爆破。
すると皆、幽霊だった。
てか既に店に来る前から死んでいた。
なんじゃそりゃ。
冒頭の飛び降り自殺から主人公はもう奇妙な世界に入り込んでいたって事なんやろうね。
誰も体に乗り移りたがらないから「あーじゃあ自分いいっすか?」
「どうぞどうぞ!」
ダチョウ倶楽部のコントかよ。

気持ちがさっぱり乗らない映画。
冷めた目で観続けている私がTVの前で寝転がっておりましたとさ。

エグい形で次々と店に来た訳有りの客が死んでいくのはいい。
首にハサミぶっ刺したまま、急に店長の顔から殺人鬼の顔になるラム・シューは流石の存在感。
だが、決して真面目に徹する事もなく、無駄に変なコメディを入れてきて雰囲気をぶち壊す演出がダメだ。
普通にミステリー風の密室劇で話を進めていたら、最後のオチには多少の驚きも生まれたのかもしれない。
バカバカしさ丸出しでやってしまった事が、オチに対しても白けさを抱かせちゃっている。
申し訳無いが(別に謝る事もないか)こういう悪ふざけの高い作品は好みじゃないです。


このおねえちゃんはエロかったなあ。
ルックスも良かったし、おっぱいデカい、うんパコりたい。

評価:★★
17/06/09DVD鑑賞(準新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2017-04-07
メーカー:マクザム

コメント
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ワイルド・シティ | トップ | 切り株画像(映画『EXO <... »
最近の画像もっと見る

亜細亜コメディ」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
クレイジー・ナイン (5385 (ごみばこ))
ヒューマントラストシネマ渋谷の企画興行<未体験ゾーンの映画たち2017>にて上映された1本ですが、 実は2016年の<大阪アジア映画祭>では「荒らし」の邦題で上映された作品でして ......
クレイジー・ナイン (だらだら無気力ブログ!)
ラム・シュー好きなら大満足できる一本。