銀幕大帝α

切り株愛好連盟加入ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で7周年。2400作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

世界侵略:ロサンゼルス決戦

2011年12月24日 | 洋画アクション
BATTLE: LOS ANGELES/11年/米/116分/SFエイリアン戦争アクション/PG12/劇場公開
監督:ジョナサン・リーベスマン
出演:アーロン・エッカート、ミシェル・ロドリゲス、ラモン・ロドリゲス、ブリジット・モイナハン、Ne-Yo、マイケル・ペーニャ

<ストーリー>
エイリアンの攻撃によって世界中の都市が陥落していく中、ロサンゼルスで逃げ遅れた民間人を救うべく、ナンツ軍曹率いる海兵隊の小隊が壊滅寸前の街に侵入するが…。
<感想>
漢の死に様は美しい。。。

退却、クソ食らえ!

それを言いたかっただけの映画かと思う。

要はアメリカ陸軍、すげぇんだぞ!と。
舐めんじゃねぇぞ、エイリアン!
アメ〜リカ♪アメ〜リカ♪アメリカ軍世界最強〜♪アメリカばんざ〜い♪

自国愛に包まれてますねぇ。

100分位は、原動力となる水を奪取する為に地球侵略をしに飛来してきた『ベクシル』みたいなパワードスーツを身に付けたエイリアン軍団と、一陸軍小隊の戦いを描いているので飽きはしないけれど、そんなに面白いと思える内容にはなっていなかったです。

なんかね、撃ち合いの場面にしろ、エイリアンを仕留める場面にしろ、描写がね妙に地味なの。
それなりにドカーン、ドカーンはしているけれどね、ドカーン、ドカーンしているだけなんだよね。
なんかこう、もっと「うぉ!すげぇ!!」って思える箇所が出てくるのかと期待していたけれど、あら、そんなもの?程度で心揺さぶられるものがちっとも無かった。

ラストの敵軍司令塔をミサイルで破壊する場面も、兵士たちは
「うぉっしゃぁああああ!!!!」
と歓喜の声上げていたけれど、私としては破壊していくまでの過程の演出にダイナミックさが感じられず、「おぃ!それで終わりかよ!てかミサイル一発で撃沈する巨大戦艦って(笑)」と苦笑。
でかいのは見かけ倒しかよ。
中身スカスカのハリボテ戦艦ですかっ!

駐屯地に戻ってきたら結構軍人残っているし。
お前ら今まで何してたんだよ、て話。

この辺がアメリカ万歳!が強過ぎて嫌になる。
エイリアン如きに壊滅させられるような米軍隊じゃない!ってのを強調し過ぎだろ。

いざ、米軍による反撃開始!!

で終わるシーンに、アメリカ人観客は大喜びか?
私、白けちゃったんスけど。
余りにもご都合主義な展開に。

戦争映画なんだから、もっと残酷な描写も欲しかった。
全体的に綺麗に作り過ぎなんだよ。

かなり話題に上がった作品だけど、大した事なかったなぁ。
まぁ非公認パクリ映画『バトル・オブ・ロサンゼルス』の安っぽさからすれば、かなり金掛った作品ではあるけれど。
比べるなって?
ハハ。
でもあれはあれで味わい深いものはあったよ。

私的には最近のエイリアン侵略ものだと『スカイライン-征服-』の方がまだエンタメ色が強くて好きかな。
ロドリゲス姐さんの戦う姿は相変わらず画になっていましたが。

オフィシャル・サイト(日本語)
オフィシャル・サイト(英語)

評価:★★★
11/12/24DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2011-12-21
メーカー:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (20)   トラックバック (49)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 悪霊の餌食 ブラッディ・アイラ... | トップ | 切り株画像(映画『ピラニア』よ... »
最近の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (TITAN)
2011-12-24 22:01:33
うーん、全く同感であります。
と言うか、スカイラインぽいのを期待していたので
「あら、軍人メインなのねん」って感じでした。

いつも洋画は字幕で観るのですが、
これは何となく吹替えで観てしまったので
主人公の二等軍曹が、ボーンズのブース捜査官に見えてしまって
(なんか顔も似てるし、声優さんが一緒なんで)
「一時、軍に戻った時にココで戦ってたのかぁ」
と思ってしまいました(^_^;)
私は結構楽しみましたが… (ちゃぴちゃぴ)
2011-12-24 22:19:43
でもね、実はスカイラインの方が好きです(笑)
たしかにすごーくご都合映画なんよね。
そこは、気になるとこでございましたが、久々のこの手の映画だったせいか、こんなもんやったやろ〜という意識だったんで、よかったのかも。
これは、エイリアン映画っていうより、アメリカ海兵隊の戦争映画なんだなぁっていうのはスゴく思いました。
地球侵略かくありき (ふじき78)
2011-12-25 00:16:36
こんちは。
私もそんな嫌いじゃないです。

「カウボーイ&エイリアン」もそうでしたが、最近の宇宙人は地球人が攻撃しやすいようにわざとウィーク・ポイントを教えてくれてるとしか思えません。侵略前にエンタメを勉強しすぎたんでしょうね。

文系イメージのアーロン・エッカートが軍人でアクションやったんで、ちょっとビックリしました。
宇宙人 (KGR)
2011-12-25 10:03:38
安易に仮想敵国が作れなくなった時代に「地球人に似た」生命体とくれば、もう宇宙人しかいないわけで、遠路はるばる地球までやってくるにしては防御力が弱い設定にしないと地球人があっさりやられて終わりですから。

それはそうと装甲車かなんかで敵に突っ込んで「ヤッホー」みたいに言っているところが引っかかりました。
Unknown (にいな)
2011-12-25 10:40:46
面白かったよ〜

1つステージをクリアーしたら次のステージ、そしてまたクリアーしたら次のステージ。

なんだかゲームやっている感覚みたい。
>TITANさんへ (ヒロ之)
2011-12-25 15:25:12
こんにちは!
コメント有難うございます。

私も「スカイライン」みたいなのを期待してました。
まぁ軍人メインでも良いのですが、もっと盛り上げに工夫が欲しかったかなぁ、と。

あ、私は今では完全に吹き替えなんで、これも当然吹き替えで観ました。
やっぱり同じ声優さんだったのですね。
なんか聴き覚えのある声だなぁってずっと思っていたのでこれでスッキリしました^^
>ちゃぴちゃぴさんへ (ヒロ之)
2011-12-25 15:28:00
ちゃぴさんの記事読ませて頂きましたが、かなり楽しまれた感が出ていました。

う〜ん、悪くは無いんですけど、どうにも自分の中では今一つ盛り上がらなかったです。

私的には「スカイライン」の方が好きですねぇ。
バカバカしい内容の方が好みなのかもしれません(笑)。
>ふじき78さんへ (ヒロ之)
2011-12-25 15:30:53
ふじきさんも楽しまれた方なんですね。

皆さん評価良いもんなぁ。

>わざとウィーク・ポイントを教えてくれてる

あ、それ同感。

アーロンの軍人姿も悪くはなかったですね。
セリフを借りるなら「ジョン・ウェインみたい」でした^^
>KGRさんへ (ヒロ之)
2011-12-25 15:35:31
いつもコメント有難うございます^^

>防御力が弱い設定にしないと地球人があっさりやられて終わり

確かにそれは言えますね。
そうでないと全く手の出しようがないですからね。
でも私は敢えて、全く太刀打ち出来ない様なエイリアンものが観たいです。
もう最後まで絶望だらけの最悪なエイリアン映画もあっても良いと思うんですけどね。
地球が侵略されてしまうような。
そう「猿の惑星」みたいな感じですかね。

アメリカ人って、窮地に陥ったとしても、何故か陽気ですよね(笑)。
常に楽しむ姿勢がいかにも自由の国の人間らしいです。
>にいなぁんへ (ヒロ之)
2011-12-25 15:37:18
姐さんの記事読ませて貰ったよ!

凄く興奮した記事書いていたので、なんか

「僕駄目でした」

って書けなくて・・・。

あ、ほんまや。
ゲームみたいやね。
ステージクリアーしていく感じがね!
何とかなるレベル (メビウス)
2011-12-25 19:42:10
ヒロ之さんこんばんわ♪TB有難うございました♪

自分はこの作品が今年初のSF作品でもあったので、既出の侵略作品と比較せずに済んだ部分もあってかすこぶる面白かったですねぇ♪

それと自分の異星人イメージとしましては、やはり人間よりもかなり高度な技術を持ってる分、一旦戦闘に入るとやたら一方的な展開だった作品も多いので、本作のように弱点を自力で模索し、対応すれば取り敢えず倒すのは不可能なレベルじゃない・・と思わせる感覚もよかったのかも?
リアルでも侵略してきたらこんな感じで何とか抵抗できるかも?とさえ思っちゃいました^^;
こんばんは♪ (yukarin)
2011-12-25 22:58:19
地球じゃなくて、アメリカの強さを見せた作品ですね^^;
うーん、私はこっちのほうがすきかな?
結局はハデなのが好きなだけですが^^;
>メビウスさんへ (ヒロ之)
2011-12-25 23:39:23
こんばんは!
いつもコメント有難うございます。

へぇ!今年初のSF作品だったんですか。
それだったら、かなり面白く感じられた事でしょうね^^
私も同じ形だったらそう感じたかもしれません。

成程ねぇ。
メビウスさんの考えも分かりますねぇ。
この作品では、一体捕まえて、何処が弱点なのか解剖して調べていましたからね。
実際にエイリアンが侵略してきたら、人間が起こす行動の一つになるかもしれませんよね。
そう考えると、現実離れしていないリアルな作品と言えるかもしれません。

皆さん、色々な想いでこの作品観ているんですねぇ。
一つの作品でこうして意見が様々になるのも面白い事だと思います^^
>yukarinさんへ (ヒロ之)
2011-12-25 23:51:41
こんばんは!
仰る通りですね。
いかにアメリカの海兵隊は凄いか!ってのを見せつけられたかのような作品でした。
その辺が私にとってはちょっとダメだったのかなぁって思っています。
エイリアンはありがち・・ (Puff)
2011-12-28 11:35:09
こんにちは〜☆

あははは!
確かに「アメリカ万歳!」「アメリカ軍最強!」な映画でしたね。
それに、アメリカのプロパガンダ映画みたいなのも感じましたよ。
激戦区の中に取り残された民間人を助けに行ったり、アラブ系の人を救出したり、
戦死した隊員のことを忘れなかったり、
と、米兵や海兵隊の素晴らしさ(?)をアピールする映画にも見えました!

し、しかし、そうは分かっていても、
米兵、海兵隊ラブな私には胸が熱くなったのでした。えへへへ

エイリアンを解剖するシーンはふと「フィースト2」を思い出しました〜
>Puffちんへ (ヒロ之)
2011-12-29 00:04:44
こんばんは〜

ちょっと「アメリカ万歳」色が強くて私は白けちゃった感じはありましたぁ。

でも海兵隊はアメリカ人にとってはヒーローなんでしょうね。

確かにカッコ良いと思える部分はありましたね

そうそう!『フィースト2』だ!!
私も、なんかこのシーン何処かで観たなぁってその時ふと思ったのですよ。
流石Puffちん
すっきりしました
こんにちは♪ (maki)
2012-01-08 10:36:11
私はこれかなり楽しめちゃいました
ハート・ロッカーと同じく局地的な描き方だったのが良かったのだと思います

また、ギリギリこちら側の武器が通用する範囲で「人間側の方がちょっと弱い」という設定だったのが、多分ヒロ之さんが「迫力不足だ」など感じられてた部分かと思いますが、全く武器が通じなかったらさっくり人類終わっちゃいますからね〜(笑)
残念ながら、この作品はそういう作品だったってだけで、インデペンデンス・デイだとか、ほとんど無力状態の映画はまだ他にもあるので、そのうち新しくエイリアン侵攻から人類絶滅の映画が出てくるかもしれませんよ
王道SFとしてはやはり、人間側からの反撃がないと♪「海兵隊」カッコイイって見方で良いのだと思いますですよ〜
>makiさんへ (ヒロ之)
2012-01-08 21:41:22
こんばんは〜^^

makiさんも楽しまれましたか。

多分、私の趣味に合わなかったんだろうなぁって思います。
侵略してきた宇宙人に対等で戦えるというあらすじも良いとは思うのですが、私的にはちょっと人間側、すなわちアメリカ軍海兵隊の凄さみたいなのが強調され過ぎていて、どうにも好きになれなかったんですよね。
これが普通の人間が主人公で、彼らが試行錯誤しながら、宇宙人を倒して行くという流れだったのなら「アメリカ万歳!」な感じがしなくて面白く見れたのかもしれません。

私的には立ち向かう映画よりも、逃げ惑いながらも何とかしようとする映画の方が好きなのかもしれませんね。
TBありがとうございます (ONE OF THE BROKEN)
2012-05-23 00:04:36
戦争映画としてはなかなか迫力のある画を見せてくれたかと思いますし、一概に否定する気はありません。
ただ、やっぱり海兵隊賛美な内容にはちょっと閉口してしまいますね〜
>ONE OF THE BROKENさんへ (ヒロ之)
2012-05-23 00:21:48
コメント有難うございます。

なんだかなぁって感じでした。
余りにも「海兵隊は世界一」みたいなのを前面に出し過ぎていて、初っ端から白けちゃいました。
期待し過ぎたものもあったのかもしれませんが、ちょっとお粗末な内容だなぁと思いました。

あわせて読む

49 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (晴れたらいいね〜)
これ、迷ったんだよねー。映画館でさ。時間が上手く調整できなかったから観なかった。今年はエイリアン侵略に関して、スカイライン、SUPER8、トランスフォーマーと観てたから、まぁ ...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (花ごよみ)
実際にあったらしいロサンゼルスの 不可解な出来事から69年後 彼らの地球侵略が始まった。 舞台はロサンゼルス、 宇宙からやってきたエイリアン。 そのエイリアンに果敢に、 立ち向かう10人の海兵隊員。 エイリアンと海兵隊の壮絶な市街戦が、 ロサンゼルスで展開...
2011年9月8日 『世界侵略:ロサンゼルス決戦』 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
今日は、『世界侵略:ロサンゼルス決戦』 を試写会で鑑賞です。 実はこの映画の試写会には幾つか当たったんですが 観れないと思って諦めていました。 震災中で中止になった試写会やこの間の豊洲のオーシャンスクリーンの 試写も当たってたのですが、日程合わず断念して...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (佐藤秀の徒然幻視録)
UFOの正体見たり日本軍 公式サイト。原題:BATTLE:LOS ANGELES。ジョナサン・リーベスマン監督、アーロン・エッカート、ブリジット・モイナハン、ミシェル・ロドリゲス、マイケル・ペー ...
世界侵略:ロサンゼルス決戦/アーロン・エッカート (カノンな日々)
当初は4月に公開されるはずだったのがこれも東日本大震災で延期になっていたんですよね。一時期は『スカイライン-征服-』の予告編と同時期に流れていたこともありましたが内容も似 ...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
世界侵略:ロサンゼルス決戦 [Blu-ray]海兵隊バンザイ!的な内容で、地球侵略を企むエイリアンをテロリストに見立てたプロパガンダ映画「世界侵略:ロサンゼルス決戦」。延々と続く戦 ...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★☆【4,5点】(10) 人間ドラマは弱いけど、市街戦のリアルさに圧倒される。
「世界侵略:ロサンゼルス決戦」 等身大の英雄たち (はらやんの映画徒然草)
どなたかもブログで書いてらっしゃいましたが、このところ未知の宇宙人に地球が侵略さ
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (うろうろ日記)
試写会で見ました。淳さん、相変わらず喋ってしまいます。(※前説)まー語るほどのス
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (LOVE Cinemas 調布)
今年流行のエイリアンによる地球侵略映画。ロサンゼルスを舞台に、エイリアンと海兵隊員が壮絶な死闘を繰り広げる。手持ちカメラによる緊迫感溢れる映像には思わず惹き込まれるだろう。主演は『ダークナイト』のアーロン・エッカート。共演に『アバター』のミシェル・ロ...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (538ねん。)
2,3日前に見た「スカイライン」と 同じロスがエイリアンに侵略される映画 というか、原題は「Battle:Los Angeles」 日本での公開は2011年9月の予定だとか アメリカ版のBRを購入しての鑑賞 邦題に「世界侵略」とあるように 映画的にはUSマリーンの一中隊がエイリ....
[映画『世界侵略:ロサンゼルス決戦』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆いや、面白かった〜^^  今も興奮冷めやらない。  異星人による地球侵略を、それに反攻する(各国の)軍隊(この作品では米軍・海兵隊)の一小隊の動向を追う中で描いている。  この作品も、私が褒め称える、『「世界全体の事件」をうまく一小隊の活躍に還元』で...
『世界侵略:ロサンゼルス決戦』を渋谷シネパレス2で観て、こいつはネタバレちゃうあれだろふじき☆☆☆(ネタバレ) (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【☆☆☆こういう単刀直入に単純明快なホラ話は楽しい】 宇宙人が攻めてきたが海兵隊は負けないぞ、 という「本気か、筋肉バカ」みたいな映画なんだけど、 海兵隊 ...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (だらだら無気力ブログ!)
見事にアメリカ万歳映画だった。
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (本と映画、ときどき日常)
監督 ジョナサン・リーベスマン 出演 アーロン・エッカート     ラモン・ロドリゲス     ミシェル・ロドリゲス 1ヶ月振りの映画館です。 やっぱりアクションは大スクリーンですね☆ 世界各地の上空に謎の飛行物体が…。 宇宙人が攻めてきたぞ〜! 民間...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (そーれりぽーと)
なんか今年はよー宇宙人が攻めてくる。 『世界侵略:ロサンゼルス決戦』を観てきました。 ★★★ アーロン・エッカートが急に激老けした?なんてところにばかり気をとられていたら、ミシェル・ロドリゲスが登場して超アガるw いやいや、中身についてですよね。 そんじ...
★世界侵略:ロサンゼルス決戦(2011)★ (Cinema Collection 2)
BATTLE: LOS ANGELES   それでも人類は戦うのか――。   上映時間 116分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント) 初公開年月 2011/09/17 ジャンル SF/アクション 映倫 PG12  【解説】  エイリアンによる容赦の...
映画『世界侵略:ロサンゼルス決戦』(お薦め度★★★) (erabu)
監督、ジョナサン=リーベスマン。脚本、クリストファー=バートリニー。2011年米
デュー・デート 〜出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断〜 (Due Date) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 トッド・フィリップス 主演 ロバート・ダウニー・Jr 2010年 アメリカ映画 95分 コメディ 採点★★ “合わない人”ってのは、言ってる事が自分の考え方と違うってだけじゃなく、行動のリズムやパターンすら合わず、それが直接的だったり間接的に害をもたら...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (Akira's VOICE)
不撓不屈で戦います!  
「世界侵略:ロサンゼルス決戦」 (prisoner's BLOG)
「ブラックホーク・ダウン」以来というか、あれ以上にえんえんと全編にわたって戦闘シーンが続く体感ムービー。 「ブラック…」では「敵」のソマリア人の描き方がゾンビみたいだと批判されたりしていたが、ここでの敵は宇宙人なのか生体メカなのか、とにかく人間ではない...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
ロサンゼルスを襲撃してきたエイリアンに立ち向かう海兵隊員たちの死闘を描くSFアクション。ドキュメンタリックな戦争映画の手法やUFOの実録映像を取り入れ、リアルな地上戦を展開 ...
映画「世界戦略:ロサンゼルス決戦」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2011/10/5、109シネマズ木場。 貸切。 もし我々夫婦が見てなかったら、無人の中で上映していたのだろうか。 絶対ヒットしそうにない古臭い感のある邦題。 原題は「Battle Los Angeles」だが、 アメリカ以外分では多くが「World Invasion: Battle Los Angeles....
『世界侵略:ロサンゼルス決戦』 (R.LiFE)
個人的に『 世界侵略:ロサンゼルス決戦 』の見所はヤフコメなんかにも書いてあったんだけど、アレかな。うん、アレだ。しかし、出だしのところでソレを書くとまずいかなぁーって思うので、あらすじを載せたあとに書くことにします。なので、この映画を見てないひとはネタ...
『世界侵略:ロサンゼルス決戦』・・・“退却NO!”これぞマリン・コ魂 (SOARのパストラーレ♪)
流星群と思われた落下物から“何か”が現れ突如人々を襲い始める中、民間人救出に向かった海兵隊一個小隊。特別な装備を持っているわけでもないこの部隊が、エイリアンに遭遇し民間人を守りながらの戦闘に巻き込まれていく様子を描く本作。 戦闘時にブレまくる映像は実際...
『世界侵略:ロサンゼルス決戦』 (こねたみっくす)
友の死を嘆くヒマがあれば、亡き友のために使命を果たす。それが海兵隊の誇り。 突然のエイリアン襲来により壊滅状態となったロサンゼルスで、民間人救助に当たる海兵隊の姿をモ ...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
もうアメリカの敵は宇宙に求めるしかないというわけで、世界中にエイリアンが隕石みたいな感じで襲ってくる。大気圏に入るまで全く感知されないハイテクを持っているのに、案外エイリアンが弱い。海兵隊賞賛映画になるのはわかっていたけど、迫力映像に圧倒された。映画館...
『世界侵略:ロサンゼルス決戦』 (ラムの大通り)
(原題:Battle:Los Angeless) ----これって3.11のとき、 公開が延期されたうちの一本だよね。 「うん。 同じ宇宙人侵略モノの『スカイライン/征服』は そのまま公開されたのに、なぜ?って思ったけど、 その破壊ぶりが徹底的。 しかも、リアル」。 ----SFというよ...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (キノ2)
★ネタバレ注意★  Retreat, Hell! うおーっ!!!(←燃えた)。  本来今年の4月に公開される予定だった本作、震災の影響で、一時は公開見送りとまで言われていたのでヤキモキしていたのですが、思ったより早く公開にこぎつけられてよかった☆ だって、久...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ジョナサン・リーベスマン 【出演】アーロン・エッカート/ミシェル・ロドリゲス/ラモン・ロドリゲス/ブリジット・モイナハン/Ne-Yo/マイケル・ペーニャ 【公開日】2011/9.17 【製作】...
『世界侵略:ロサンゼルス決戦』 ('11初鑑賞124・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆−− (10段階評価で 6) 9月17日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 12:45の回を鑑賞。
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【BATTLE: LOS ANGELES】 2011/09/17公開 アメリカ PG12 116分監督:ジョナサン・リーベスマン出演:アーロン・エッカート、ミシェル・ロドリゲス、ラモン・ロドリゲス、ブリジット・モイナハン、Ne-Yo、マイケル・ペーニャ それでも人類は戦うのか――。 ロサンゼル...
劇場鑑賞「世界侵略:ロサンゼルス決戦」 (日々“是”精進! ver.A)
ロサンゼルスを、死守せよ・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201109170006/ ブライアン・タイラー/オリジナル・サウンドトラック『世界侵略:ロサンゼルス決戦』 posted with amazlet at 11.09.12...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (ケントのたそがれ劇場)
★★★  『宇宙戦争』さながらに、いきなり地球を侵略してきたエイリアンたち。これを向かい撃つ米国の海兵隊。この映画はこの海兵隊員たちの視点で描かれたドキュメンタリータッチのSF映画である。  エイリアンは、ロボットタコのような妙な姿をしており、チラチラ登...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (風に吹かれて)
怒涛の戦闘シーンの連続公式サイト http://www.battlela.jp世界中の大都市に、謎の物体が飛来した。それは宇宙からの侵略者だった。猛攻撃を受けて次々と各都市が崩壊する中、ロサンゼルスも
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (ダイターンクラッシュ!!)
2011年9月17日(土) 19:25〜 丸の内ピカデリー1 料金:1250円(有楽町のチケットフナキで前売り購入) パンフレット:未確認 『世界侵略:ロサンゼルス決戦』公式サイト マイケル・ベイやローランド・エメリッヒの映画のようだ。 新味と言えば、 優男イメージが...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 / Battle Los Angeles (勝手に映画評)
突如世界各地に現れた、地球外生命体。突然の攻撃に、都市は壊滅していく。絶望的な状況の中、戦う海兵隊の姿を描いた映画。元々4.1に公開予定だったのですが、3.11東日本大震災の影響で公開が延期されました。 この作品を巡っては、SPEとVFX会社が、この映画の製...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「世界侵略:ロサンゼルス決戦」監督:ジョナサン・リーベスマン(『テキサス・チェーンソー ビギニング』)出演:アーロン・エッカート(『ダークナイト』『幸せのレシピ』)ブリ ...
『世界侵略:ロサンゼルス決戦 』 (総天然色・魔人スドォの匣)
『世界侵略:ロサンゼルス決戦』 【ストーリー】 海沿いにある世界各地の大都市付近に流星群が降り注いだ。 やがて海の中から何者かが現れ、人類に攻撃を開始する。 そのころロサンゼルスのサンタモニカ空港の前線基地に、若い少尉・マルチネス率いる小隊が到着。 除隊....
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (Diarydiary! )
《世界侵略:ロサンゼルス決戦》 2011年 アメリカ映画 − 原題 − WORL
世界侵略:ロサンゼルス決戦 Battle:Los Angeles (映画!That' s Entertainment)
●「世界侵略:ロサンゼルス決戦 Battle:Los Angeles」 2010 アメリカ Combia Pictures(Sony),116min. 監督:ジョナサン・リーベスマン 出演:アーロン・エッカート、ミシェル・ロドリゲス、ラモン・ロドリゲス、ブリジッド・モイナハン他 <評価:★★★★★★...
【世界侵略:ロサンゼルス決戦(2011)】 (明るいときに見えないものが暗闇では見える。)
3.11震災で公開が延期になっていた作品。ボクの中では『スーパー8』『スカイライン』とともに今年の三大異星人襲来映画の一つとして当確作。実は『カウボーイvsエイリアン』もあって四大だったことに先日気づいたのは内緒。 結果として全編かなりのヤッツケ映画感...
世界侵略ロサンゼルス決戦☆独り言 (黒猫のうたた寝)
主人公たちは海兵隊の兵士たち。地球の大都市の海岸沿いに堕ちてきた隕石群実はこれは宇宙からの侵略者たち。未確認生命体に破壊されるロスの市街地。取り残された民間人救出のために出動する部隊のメンバーは実戦経験のない将校と、実戦で若い部下を失った経験を持つ曹長...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (いやいやえん)
アーロン・エッカートさん(好き)主演です。エイリアンVS海兵隊という分かり易い図。それも空中戦とかではなく地上戦です。 エイリアン側との圧倒的な戦力差を無視して、ロサンゼルスに特化した描き方をしているのはなかなか良い設定だったと思います。それも、警察...
2011年ベスト10 第 5位 世界侵略:ロサンゼルス決戦 (こんな映画観たよ!-あらすじと感想-)
 本日は、2011年度ベスト10の続きを発表したいと思います。では、2011年度の第5位を紹介します。 【題名】 世界侵略: ロサンゼルス決戦 【鑑賞手段】 映画館 【おすすめ度】 超
【映画】世界侵略:ロサンゼルス決戦…ヤッツケてみた(3)けど、割とキッチリ書けてる気もする (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
おお三日連続で記事アップ出来てます そんな記事は、ほぼ当日にヤッツケで書いてアップしています ということで映画観賞記録(ヤッツケ度★☆☆☆☆) 「世界侵略:ロサンゼルス決戦」 (監督:ジョナサン・リーベスマン、出演:アーロン・エッカート、ミシェル・ロ...
世界侵略:ロサンゼルス決戦 (とりあえず、コメントです)
アーロン・エッカート主演のSFアクション大作です。 予告編を観て、ハードそうな戦いだなあとちょっと怖くなりつつも気になっていました。 圧倒的な武器で侵略されていく展開に、うわーっと思いながらスクリーンを見つめていました。
世界侵略 ロサンゼルス決戦 (RISING STEEL)
世界侵略:ロサンゼルス決戦 / BATTLE : LOS ANGELES 2011年 アメリカ映画 コロンビア製作  監督:ジョナサン・リーベスマン 製作:ニール・H・モリッツ  オリ・マーマー 脚本:クリス...
映画 世界侵略:ロサンゼルス決戦 (こみち)
JUGEMテーマ:洋画    地球に侵略してきた異星人と海兵隊の戦いを   ドキュメンタリー風に描いているところが面白い。       海兵隊の諦めない戦い方が、今の自分と重なって &...