銀幕大帝α

切り株愛好連盟加入ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で8周年。2400作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

トータル・リコール

2013年08月11日 23時11分16秒 | 洋画アクション
TOTAL RECALL
2012年
アメリカ
118分
SF/アクション
PG12
劇場公開(2012/08/10)



監督:レン・ワイズマン
製作総指揮:レン・ワイズマン
原作:フィリップ・K・ディック『追憶売ります』
出演:
コリン・ファレル
ケイト・ベッキンセイル
ジェシカ・ビール
ブライアン・クランストン
ジョン・チョー
ビル・ナイ


<ストーリー>
人工的な記憶を植え付けることが可能になった近未来を舞台に、記憶を塗り替えられ謎の陰謀に巻き込まれた男が、本来の記憶を取り戻すべく巨大な敵に立ち向かっていく姿を描く。

なりたい自分になれる記憶、
あなたは買いますか?


-感想-

これはこれでSF超大作って感じで悪くはないんだけど、自分的にはやっぱりオリジナルの方が好きです。
ヴァーホーベン監督らしい毒気とユーモアがあったオリジナルと比べると、こちらは優等生アクションってだけの作品なんだよなぁ。
映像が凄いってのは認めるけど、それプラス独創的な演出があればまた違った面白さになったと思うのだが、そういうのが殆ど無いから正直印象に残る程では無かった。

でもってリメイクとなると当然オリジナルと比べてしまうのは仕方が無い事で、おばちゃんの顔がパカパカパカッて割れるシーンとかどうなっているんだろうって観てたけど、なんか期待したよりも地味。
前に通ったおばさんがそうなるんかとその辺のフェイントは騙された感じで良かったんだけどね。
まぁその首輪が最後の仕掛けに繋がってはいるんだけど、やっぱし私はケイトとジェシカのキャトファイトあっての女同士の結末が見たかったなぁ。

ミュータントもおっぱい3つの娼婦しか出てこなかったし、主人公が妄想か現実かで悩むシーンも汗じゃなくて涙ってのも何だかなぁって思うのよね。
そういった意味でも本作ではオリジナルで味わった「うはっww」てな部分を完全に新しく作り変えちゃってるからオリジナル好きの自分としては若干萎えた。

機械の椅子に縛り付けられた主人公が仲間に助けられて窮地を脱するってのも面白さが無い。
シュワみたく強引に脱する位の無茶苦茶さがあっても良いものだが、まぁあれはシュワだから出来るみたいなのはあるよね。

ピアノのシーンもなんであんなにスラスラと弾けたのか。
ちょっと都合が良過ぎでしょ。

オリジナルにあった終盤でシュワの顔が膨らんで目玉ポーンってなりそうなシーンも省略されていてガッカリ。

大真面目な『トータル・リコール』か。
ハチャメチャ加減が痛快な『トータル・リコール』か。
私は後者だな。

評価:★★★
13/08/11DVD鑑賞(準新作)
記憶からバナーを呼び戻せ!
にほんブログ村
レンタル開始日:2013-01-09
メーカー:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

オフィシャル・サイト(日本語)
オフィシャル・サイト(英語)

関連作:『トータル・リコール(1990)』(オリジナル)※個人的評価:★★★☆
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (46)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジャンゴ 繋がれざる者 | トップ | レア・エクスポーツ ~囚わ... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (maki)
2013-08-12 08:27:30
私も後者です!
やはりシュワちゃん版のは色々とインパクト大で楽しすぎました、曲もいいんですよねえ(iTunesでDLしました)

これも悪くはないんだけど、設定がトータルリコールに似てるSFアクションってことで別作品でもよかったくらい
とくに薬剤注入さほどされていないので、あのシーンが必要だったのかどうか…
むしろ、ケイトとの追いかけっこのほうがメインシーンであったような。
おとなしめの優等生アクションというのは同意です
こんばんは♪ (yukarin)
2013-08-13 00:14:21
これを観たあとオリジナルを観ましたが、
どちらも好きですね。
それぞれ別ものとして楽しめました。
Unknown (タケヤ)
2013-08-13 17:48:43
僕は前作を忘れてしまいました。
シュワちゃんの顔が分かれていく
シーン以外はですね。。。

今作品はyukarinさんじゃないですが
別作品ってな感じで気に入っています♪

前作の思いいれが強いと新しい作品への
期待がついつい大きくなるかもしれませんね。
>makiさんへ (ヒロ之)
2013-08-13 21:06:55
こんばんは!

シュワ版はTVで放映されると必ず観てしまう程好きなので、そのシュワ版をどう変えているのかに注目していましたが、思ってたよりも印象には残らないものになっていて少し残念でした。

SF映画としては悪くはないのですが、やっぱりシュワ版と比べてしまうとインパクトの面では薄かったです。
>yukarinさんへ (ヒロ之)
2013-08-13 21:17:16
こちらにも有難うございます!
確かにこれはこれで別物として観るべき作品なのかもしれませんね。
SF映画の一本としては悪くないと思います。
>タケヤさんへ (ヒロ之)
2013-08-13 21:23:04
こんばんは!
コメント有難うございます^^

私はもうオリジナルは何十回も観ている位でして、それ程好きなシュワ版ではありましたので、どうしても比べながら観てしまい、あの印象に残ったシーンの殆どが違う形として生まれ変わっていましたが、そのどれもが印象の薄いものだったので「ありゃりゃ」と肩を落としてしまいました^^;

本作が丸っきりのオリジナル作品であったならばかなり楽しかったという評価をしていたでしょうけど、やはりあの「トータル・リコール」のリメイクと考えると、イマイチな感想が一番に浮かんでしまいましたねぇ。
Unknown (ふじき78)
2013-08-14 01:26:58
ふと、いま自分の脳裏に悪魔ささやきが。

いいニュースと悪いニュースがある。

いいニュースは、シュワちゃんのケレン味たっぷりの演技や演出はそのままにした新しい「トータル・リコール」のリメイクが決まったらしい。
悪いニュースはその映画の主役が香取慎吾ということだ。
>ふじき78さんへ (ヒロ之)
2013-08-14 21:37:44
こんばんは。
一体何処から香取慎吾が主役という発想が(笑)
仮にもしそれで作られても絶対駄作にしかならないでしょうねぇ。
つか (sakurai)
2013-08-19 10:10:42
妻を撮りたい!!!!って映画だったかと。
>sakuraiさんへ (ヒロ之)
2013-08-21 00:56:40
コメント有難うございます。

あははっ!
ほんとその通りだと思います。
こちらにも~☆ (Puff)
2013-08-21 18:30:55
うん、そだね、★三つだよね。
「トータル・リコール」のリメイクというより、
ま、普通のSFアクション映画として見た方が良いカモですね。

目玉ポーンも見たかったよね!
あれが終盤のクライマックスで見どころ、目玉だしね!笑
オリジナルの方がシンプルな中にも工夫が感じられて良かったね~

自分的には、コリンしゃん自身は好きだけど、この映画の主人公には合わなかったかな…
熱演だったけどちょっと空回りしているような…
観ている間はそこそこ楽しめたのだけど、観終わると残るものが無かったですね。
>Puffちんへ (ヒロ之)
2013-08-22 23:25:01
コメント有難うございます

作品としては悪くはないんですけど、「トータルリコール」のリメイクと考えて観てしまうと物足りない感じでした。

そうそう、目玉ポーンがどういう風に今回は描かれているんだろうって、妙にワクワクして観てたのですが、あれ?無いやん!って正直ガッカリしちゃいました
まぁあれはバーホーベンらしいユーモア描写なので、今回のシリアスなSFリメイクには相応しくなかったのかもしれませんが、それでも違う形で見せて欲しかったなぁという思いはありますねぇ。

うふふ、Puffちん、さり気に駄洒落ですね!
笑っちゃいました

確かにコリンは役的に合わなかったような気もします。
なんか地味な印象を受けました。
私もPuffちんと一緒で観ている間はそれなりに楽しめましたが、特に心に残る作品にはならなかったです。

あわせて読む

46 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
トータル・リコール (だらだら無気力ブログ!)
テンポよくて面白かったな。
トータル・リコール (ダイターンクラッシュ!!)
2012年8月11日(土) 19:20~ TOHOシネマズ川崎6 料金:0円(シネマイレージカード ポイント使用) 『トータル・リコール』公式サイト シュワルツェネッガー主演バーホーベン先生監督の傑作のリメイク。 日本公開前にビデオを入手したほど大好きなオリジナルは、 1...
『トータル・リコール』 (beatitude)
“記憶”が簡単に売買される近未来。世界は大きな戦争の果てに、正常な環境を失い、人々はわずかな土地で裕福なブリテン連邦と貧しいコロニーという二つの地域に分かれて暮らしていた。彼らは退屈な日常の中で、刺激を求めてリコール社の人工記憶を買い...
トータル・リコール (心のままに映画の風景)
大きな戦争によって荒廃した近未来。 人々はわずかな土地で裕福なブリテン連邦と貧しいコロニーという二つの地域に分かれて暮らしていた。 毎夜、悪夢にうなされるダグラス(コリン・ファレル)は、希望...
レン・ワイズマン監督『トータル・リコール (2012)』(Total Recall) (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。1990年に製作されたポール・バーホーベン監督、アーノルド・シュワルツェネッガー主演で製作された『トー タル・リコール』の正統派リメイク。出演はコリン・ファレル、ケイト・
トータル・リコール・・・・・評価額1500円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
本当の自分は何者か? ポール・ヴァーホーヴェン監督、アーノルド・シュワルツェネッガー主演で、1990年に大ヒットしたSFアクション「トータル・リコール」のリメイク。 元々はフィリップ・K・ディックの...
劇場鑑賞「トータル・リコール」 (日々“是”精進! ver.F)
陰謀を、阻止せよ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201208100001/ メール便限定配送料無料!メール便による紛失、傷、汚れは商品を無料交換しますのでご安...
『トータル・リコール』(2012) (【徒然なるままに・・・】)
フィリップ・K・ディックの短編小説『追憶売ります』二度目の映画化!――ではなく、ポール・バーホーヴェン監督、アーノルド・シュワルツェネッガー主演の映画『トータル・リコール』のリメイク版です。 シュワちゃんが演じたダグラス・クエイドはコリン・ファレル、...
映画「トータル・リコール」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2012/8/11、ユナイテッドシネマ豊洲。 当日は東京湾大華火祭のため、午後から駐車場、および周辺道路の 規制があるということだった。 最も大きい10番スクリーンでの上映。 ついこの間は「ダークナイト・ライジング」をやっていたはずだが、 そちらは2番目に....
「トータル・リコール」 (或る日の出来事)
未来文明の造形を生かした、カーチェイス、エレベーターチェイス等々、工夫があって、おもしろかった。
「トータル・リコール」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:Total Recall)映画の設定自体が噴飯物である。21世紀末の地球は戦争によってほとんど人が住めない状態になっており、わずかに上層階級中心のブリテン連邦と下層階級民ばかりの豪州のコロニーの2か所のみが居住地域として機能している。地球の真ん中を貫通....
『トータル・リコール(2D字幕版)』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「トータル・リコール」□監督 レン・ワイズマン □脚本 カート・ウィマー□原作 フィリップ・K・ディック □キャスト コリン・ファレル、ケイト・ベッキンセール、ジェシカ・ビール、       ブライアン・クランストン、ボキー...
トータル・リコール (いやいやえん)
シュワちゃん主演の「トータル・リコール」のリメイク。コリン・ファレル主演。 シュワちゃん版は私大好きな作品のひとつです。小さい頃に見たものだから、色々強烈に写ったんだよね。で、これ。火星はないしで色々変わってます、もはや別の映画。 SFとしての世界観...
トータル・リコール (2012)/コリン・ファレル (カノンな日々)
1990年にポール・バーホーベン監督によるアーノルド・シュワルツェネッガーの主演で大ヒットした『トータル・リコール』を『ダイ・ハード4.0』のレン・ワイズマン監督がコリン・ファ ...
トータル・リコール (to Heart)
なりたい自分になれる記憶、 あなたは買いますか? 原題 TOTAL RECALL 製作年度 2012年 上映時間 118分 原作 フィリップ・K・ディック 脚本 カート・ウィマー /マーク・ボンバック 監督 レン・ワイズマン 音楽 ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ 出演 コリン・ファレ....
トータル・リコール(2012) (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4,5点】(10)(10) 息つく暇も与えない怒涛のアクションに瞳孔が開きっぱなし!
トータル・リコール (Akira's VOICE)
鬼嫁がサイコーすぎる。  
映画:「トータル・リコール」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成24年8月13日(月)。 映画:「トータル・リコール」。 監 督: レン・ワイズマン 原 作: フィリップ・K・ディック     「トータル・リコール(旧題:追憶売ります)」 キャスト: コリン・ファレル / ケイト・ベッキンセイル ジェシカ・ビール /...
トータル・リコール (風に吹かれて)
あなたの記憶は本物?CGの進歩はすごい公式サイト http://www.totalrecall.jp1990年の同名映画(ポール・バーホーベン監督;アーノルド・シュワルツェネッガー主演)のリメイク原作
『トータル・リコール』(コリン・ファレル版) (ラムの大通り)
(原題:Total Recall) ----これって、あのシュワちゃん主演のSFのリメイクだよね。 観る前まで、あまり期待していなかったようだけど…。 「うん。 予告編を見ても、前作と似たようなシーンがたくさんあるし、 おまけにナレーションの雰囲気までそっくり(な気がする)...
トータル・リコール (本と映画、ときどき日常)
監督 レン・ワンズマン 出演 コリン・ファレル     ケイト・ベッキンセール     ジェシカ・ビール アーノルド・シュワルツネッガー主演の同名映画のリメイク版。 化学戦争の末に人類が移住したコロニー。 そんな未来。 妄想体験しようとしたら警察の襲撃....
「トータル・リコール(2012)」 SF設定の使い方が絶妙 (はらやんの映画徒然草)
アーノルド・シュワルツェネッガー主演、ポール・ヴァーホーベン監督のオリジナルの「
トータル・リコール (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「トータル・リコール」監督:レン・ワイズマン(『ダイ・ハード4.0』)出演:コリン・ファレル(『Dr.パルナサスの鏡』『マイアミ・バイス』)ケイト・ベッキンセイル(『アンダー ...
トータル・リコール / Total Recall (勝手に映画評)
1990年にアーノルド・シュワルツェネッガー主演で映画化された『トータル・リコール』のリメイク。1990年の作品では火星が舞台だったが、今作では地球が舞台になっています。 なるほど、そう来ましたか。地球が舞台に変わって、抑圧された人々の事をどう描くのかと思った...
トータル・リコール    評価★★★ (パピとママ映画のblog)
SF作家フィリップ・K・ディックの短編小説「トータル・リコール(旧題:追憶売ります)」を映画化した『トータル・リコール』。1990年に製作されたポール・バーホーベン監督版は、当時人気絶頂だったアーノルド・シュワルツェネッガーが主演し、大ヒットを記録した。そん....
トータル・リコール(2012) (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【TOTAL RECALL】 2012/08/10公開 アメリカ 118分監督:レン・ワイズマン出演:コリン・ファレル、ケイト・ベッキンセイル、ジェシカ・ビール、ブライアン・クランストン、ジョン・チョー、ビル・ナイ なりたい自分になれる記憶、あなたは買いますか? 容易に記憶を金...
トータル・リコール (そーれりぽーと)
ポール・バーホーベン監督作のリメイクって事で、いろんな意味で期待していなかった『トータル・リコール』を観てきました。 ★★★ シュワちゃん版『トータル・リコール』の地球→火星のシチュエーションが地球上での出来事になったくらいで、ほぼ同じプロットをなぞっ...
『トータル・リコール』をユナイテッド・シネマ豊洲11で観て、リメイクも難しいねふじき★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★SFとして緻密であるべきかSFとして奔放であるべきか】    ツイッターで評価が分かれた作品。 なるほど、評価が分かれるのも分からなくはない。 シュワ ...
トータル・リコール SF映画としては上出来 (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~)
【=34 -4-】 火星に着陸した探査機「キュリオシティー」の映像をワクワクしながら見ている今日この頃、ずいぶん昔に火星に移住するという壮大なイメージでありながらしょぼかったシュワルツェネッガーのトータルリコールがリメイクされたというので、隙間時間を利用して...
「トータル・リコール」 Total Recall (2012 SONY) (事務職員へのこの1冊)
ケレン味たっぷりポール・バーホーベン監督&普通の人の役は無理ですアーノルド・シュ
★トータル・リコール(2012)★ (Cinema Collection 2)
TOTAL RECALL なりたい自分になれる記憶、 あなたは買いますか? 映時間 118分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント) 初公開年月 2012/08/10 【解説】 ポール・ヴァーホーヴェン監督、アーノルド・シュワルツェネッガー...
トータル・リコール(2012) (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第275回「原作は同じだが、テイストは違った作品に・・・」 SF作家の大御所「フィリップ・K・ディック」の短編「追憶売ります」をポール・バーホーベン監督により、主演アーノルド・シュワルツェネッガーで映像化された「トータル・リコール」が公開されたのは19...
トータル・リコール (タケヤと愉快な仲間達)
【あらすじ】  近未来、“記憶”は簡単に売買されるようになっていた。大きな戦争を経て正常な環境を失った世界で、人々はわずかな土地を、裕福なブリテン連邦と貧しいコロニーという2つの地域に分けて暮らしている。退屈な日常に飽き、刺激を欲した人々は、人工記憶セン...
「トータル・リコール」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「TOTAL RECALL」2012 USA/カナダ ダグラス・クエイド(ハウザー)に「ロンドン・ブルバード -LAST BODYGUARD-/2010」のコリン・ファレル。 妻ローリーに「パール・ハーバー/2001」「アビエーター/2004」のケイト・ベッキンセール。 ハウザーの恋人メリーナに「...
トータル・リコール (うろうろ日記)
映画館で見ました。 【予告orチラシの印象】シュワちゃんのリメイクでしょ?顔変わ
トータル・リコール (Memoirs_of_dai)
ミスリードはいいから顔を割って!! 【Story】 容易に記憶を金で手に入れることができるようになった近未来、人類は世界規模の戦争後にブリテン連邦とコロニーの二つの地域で生活していた。ある日、工...
トータル・リコール (ケントのたそがれ劇場)
★★★  1990年にアーノルド・シュワルツェネッガー主演で製作されたSF大作のリメイク版である。このオリジナルを観たのは、もう22年も昔の事なので、その内容については余り詳細には覚えていない。覚えているのは、当時まだ絶頂を極めていた赤絨毯の大劇場『新宿プ
『トータル・リコール(2012)』('12初鑑賞81・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 8月11日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 13:20の回を鑑賞。
トータル・リコール (こんな映画見ました~)
『トータル・リコール』---TOTAL RECALL---2012年(アメリカ)監督: レン・ワイズマン出演: コリン・ファレル、ケイト・ベッキンセイル 、ジェシカ・ビール ポール・ヴァーホーヴェン監督、アーノルド・シュワルツェネッガー主演で1990年に映画化され大ヒッ....
DVDまとめてレビュー 「おとなのけんか」「ゴーン・ベイビー・ゴーン」「トータル・リコール」 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
グルメ記事にあまり反応してもらえないので、このあたりでDVDレビューを。
[映画『トータル・リコール(2012)』を観た(短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆最初は、リメイクなのに、オリジナル映画への言及が全くない予告や宣伝に、「なんだかなぁ。俺の愛する<顔の割れるおばさん>が蔑ろにされるのかよぉ」の思いがあったのだが、 いざ見てみると、かなり、オリジナルへの愛が詰まった作品作りをしていて、なおかつ、新し...
トータル・リコール (迷宮映画館)
え、ベッキンセールの映画だったのねえ~。
トータル・リコール (Diarydiary! )
《トータル・リコール》 2012年 アメリカ映画 - 原題 - TOTAL RE
映画『トータル・リコール』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-69.トータル・リコール■原題:Total Recall■製作年・国:2012年、アメリカ■上映時間:118分■字幕:林完治■観賞日:8月25日、新宿ピカデリー(新宿) TOTAL RECALL TRAILER 1990年版 □監督:レン・ワイズマン□原作:フィリップ・K・ディック◆コリン...
【映画】トータル・リコール…の記事&2014年あけましておめでとうございます! (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
皆様、新年あけましておめでとうございます 当ブログ、今年(もなんとか)始動できました 本年も宜しくお願いいたします さて、まずは近況から… 2013年12月31日(火曜日・大晦日)は、帰省した友人がお土産(東京バナナの花柄のヤツ)も持って遊びに来てくれました。で...
『トータル・リコール 2012』 (La.La.La)
JUGEMテーマ:映画 制作年:2012年  上映メディア:劇場公開  制作国:アメリカ  上映時間:118分  原題:TOTAL RECALL  配給:ソニー・ピクチャーズ  監督:レン・ワイズマン  主演:コリン・ファレル      ジェシカ・ビール      ケイ...