銀幕大帝α

切り株愛好連盟加入ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で7周年。2400作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

2012年06月19日 | 洋画ドラマ
EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE/11年/米/129分/ドラマ/劇場公開(2012/02/18)
−監督−
スティーヴン・ダルドリー
−原作−
ジョナサン・サフラン・フォア『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』

−出演−
*トム・ハンクス…トーマス・シェル
過去出演作:『天使と悪魔』
*サンドラ・ブロック…リンダ・シェル
過去出演作:『シャッフル』
*トーマス・ホーン…オスカー・シェル
*マックス・フォン・シドー…賃借人
過去出演作:『ロビン・フッド』
*ヴァイオラ・デイヴィス…アビー・ブラック
過去出演作:『ナイト&デイ』
*ジョン・グッドマン…スタン
過去出演作:『スピード・レーサー』
*ジェフリー・ライト…ウィリアム・ブラック
過去出演作:『ミッション:8ミニッツ』
*ゾー・コードウェル…オスカーの祖母
<ストーリー>
9.11により最愛の父を失ったオスカーは、父が遺した1本の鍵に最後のメッセージが込められていると信じ、鍵穴を探す旅に出る。

あの日父を失くした少年の、喪失と再生のものがたり

<感想>

間借人の老人と鍵穴探しに出掛ける辺りから急に良くなる作品。
老人がピンポンダッシュしながらお茶らけるシーンはクスッてなります。

泣きツボポイントは、終盤で明らかになる母親が実は裏で・・・って所。
ここはもう本当に涙腺ヤバかったです(TωT)
親の愛より勝るものはなし、ですよ。

最後には一人の人間として完全に立ち直ったオスカーの姿も心温まるものがありました。

中盤以降は物凄く良いんだけどなぁ。
好き嫌いの問題なんだろうけど、私はどうにも序盤で見せるオスカーの態度が気に食わなかった。
愛する父親を亡くした事で情緒不安定に陥るのは致し方ないとしても、目上の人に対する威圧的な言葉遣い、キチガイ染みた行動には苛々させられっ放しだった。
何もそこまでクソガキっぷりを見せつけてくれなくてもって。

それでも人の優しさに触れた事で、一つ大人の階段を昇り心を再生していったオスカーの姿に共感を得る事が多少なりとも出来た事は確かですけども。

けどやっぱもう一度観ても腹立つんだろうな。
どうせ私は子供の我がままと暴言に黙って優しく微笑みかけてあげる程の大きな器はないですよ。
それを間接的にそうっと悟らせてあげたのが間借人の老人だったのかもしれない。
付き合ってあげるけれど、何処かで一歩後ろに下がって立っている感じの年配者なりの厳しい助け舟って感じがとても印象深かったです。
マックス・フォン・シドー、ベテラン俳優だけの事はある素晴らしい演技でした。

オフィシャル・サイト(英語)
オフィシャル・サイト(日本語)

評価:★★★☆
12/06/19DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2012-06-16
メーカー:ワーナー・ホーム・ビデオ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (16)   トラックバック (69)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウォーキング・デッド2 Vol.3 | トップ | コクリコ坂から »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お願いですが (涼介)
2012-06-20 00:01:09
このサイト見てからTSUTAYAでレンタルしてるんでめちゃめちゃ重宝してるんですが、Tサイトのエンタメレビューに書いてくれると探しやすいんだけどなーって思います!
>涼介さんへ (ヒロ之)
2012-06-20 02:07:30
こんばんは^^
当ブログを参考にして下さっているなんて大変嬉しいお言葉です。
有難うございます。
Tサイトのエンタメレヴューですかぁ。
今はここに書く事が精一杯でそちらまで手が回りそうにないです。
申し訳ないです。
でも、何時かはそういった場所にもレヴューを書き残してみたいですねぇ。
折角の御提案に答えられない事に胸が痛みますが、どうぞこれからもブログの方に足を運んで頂けたら幸いです。
こんにちは♪ (yukarin)
2012-06-20 10:38:24
私も終盤の母親の行動には涙でした。
本当に親の愛より勝るものはなし...ですね!

マックス・フォン・シドーのベテランならでは演技が素晴らしかったですね。
>yukarinさんへ (ヒロ之)
2012-06-20 21:46:31
こんばんは^^

母の愛には涙流さずにはいられませんでしたね。
意表を突かれた感じの展開だったので尚更でしたよ。

マックス・フォン・シドーも含め出演者皆の演技がとても良かったです。
Unknown (にいな)
2012-06-20 22:02:09
私もあのオスカーの態度でムカムカしてしまって、(全くしつけがなってないガキだと思った)以降全く感情移入もできず覚めちゃったね。『早く上映が終わらないかな』って・・・

周りがシクシク泣いてる中で『え??泣くか?』って思ってた。
あかんわ〜私はこの作品ちっともでした。試写会でよかった。

唯一マックス・フォン・シドーだけが良かったな。
>にいなぁんへ (ヒロ之)
2012-06-21 00:12:16
姐さんも感じた?
だよねぇ。
なんじゃこいつって正直思ったし、凄くイライラさせられたからなんか無性に早送りしたくなったよ(我慢したけど)。

はは。
姐さん、冷めた感じで他の客を観ていたんですな。
オイラは、うんまぁ終盤は良かったですよ。
序盤は嫌いだけど(笑)。
Unknown (KLY)
2012-06-21 01:01:01
母親って強くて優しくて、本当にいいなぁって思える作品でした。忘れっこないんですよね。自分の心の傷の癒しを子どもに求められるのかもしれませんけれど。もっとも得てして親の心子知らずのままなことが多いのですが、この作品はちゃんとそこに気づかせてくれて良かったです。
>KLYさんへ (ヒロ之)
2012-06-21 23:08:31
コメント有難うございます。

その通りですね。
母親の存在は大きいですよ。
そしてとても子供の事を陰からでもきちんと見守ってくれている。
こんなにも嬉しい事はないですよね。
この母親としての気持ちにオスカーも心から感動しちゃったんでしょうね。
甘える姿がなんとも愛おしかったです。
親って有難いですよ、幾つになっても。。。
Unknown (ふじき78)
2012-06-23 00:18:23
子供はアスペルガー症候群でしたっけ? 『レインマン』のダスティン・ホフマンみたいな奴。なかなか普通にコミュニケーションが取れない、取れないのが当たり前の日常に更に掛かる負荷。大変だなあ、と思って観てました。
はっきりと (sakurai)
2012-06-23 11:21:26
アスペルガーとは言ってませんでしたが、それ気味であると言うことをにおわせる。
父親がそうであることを踏まえて、彼の力を引き出そうとしていたことが、彼と父親の絆だったなあとわからせる作りだったと思います。
商売柄、自閉症やアスペルガーの子たちを多く見てきましたが、この厳しい現実の世界を生きて行くのは、なかなか大変です。
親のあり方のいい見本みたいなもんも感じました。
こんばんは (maki)
2012-06-23 18:58:48
アスペルガーの兆候ありとはありましたが、どちらかといえば神経恐怖症気味の少年でしたね
特にむかむかすることってなかったですけど(最近の子供ってあんなもんですし)
逆に私はそこまで感動出来なくって^;
特にラストのラスト、父親の手紙にあざとさを感じて一気にさめてしまった感じがあります
お母さんの愛に包まれて、良かったね〜って思ってたところだったんですけどね…
対象のブラック家のみなさんに手紙を書いたのはとっても素敵な事だと思いました
またオスカーが嫌いなものが全て9.11に関する物事で、大人だけじゃなく子供までも心に暗い影を落としているのだと、改めて感じました
>ふじき78さんへ (ヒロ之)
2012-06-23 21:03:12
アスペルガー症候群なんですか?
それにしても浮き沈みの激しい態度で苛々しました。
自分の息子なら蹴り飛ばしているかも・・・いや暴力はいかんですな。
>sakuraiさんへ (ヒロ之)
2012-06-23 21:19:15
やっぱりそういう病気を持っていたんですね。
私は単なるわがまま坊やなのかと思っていました。
仰る様に「親の有り方とは」を上手く映画の中で描いていた作品ではありましたね。
温かい目で鑑賞すると感動の度合いもまた違ってきたのかもしれませんねぇ。
>makiさんへ (ヒロ之)
2012-06-23 21:26:46
こんばんは!

私は職業柄色んな子供、特にいっぺんに多くの子供を相手にしてきたので、様々な性格の子供を観てきましたが、本作のオスカーみたいなガキは初めて観ました。
だから余計に腹立つものがあったのかもしれません。

中盤からは妙に観れるものになってきて、ラストで予想だにしなかった母親の愛を知るってのにもう感動しちゃいまして。
なんだよ、すげぇ良い話やんってつつぅと涙が。

911の出来事を軸にしていますが、311を体験した我々日本人に対してのメッセージみたいなものも感じました。
深夜にお邪魔しま〜す☆ (Puff)
2012-06-24 01:29:24
オスカーを演じたトーマス・ホーン君、演技が上手いものだから
彼の行動には不快感を感じる人も多かったでしょうね。
私は彼のような子供には出会ったことがありませんが
広い世界の何処かには居るのかも知れないなあ、などと思ったりしました。
(実際遭遇したらとても戸惑いそうですが…!

マックス・フォン・シドー、良かったですよね!
この間のオスカーでは“爺さん対決”と言われ惜しくも逃しましたが
あの存在感、喋らずとも語る演技がとても印象に残りました。

何だかいろいろ考えさせてくれた映画でしたね〜
>Puffちんへ (ヒロ之)
2012-06-25 23:13:21
こんばんは〜

何か病気を抱えているのならちょっとはそれを匂わすものも入れて欲しかったです。
それだと少しは見方も変ったと思いますから。
他の方のコメントを読んで初めてそうなんだぁって思いました。
それまでは世間知らずの男の子ってしか頭に無かったです。

爺さん対決なんて言われてたオスカーでしたが、マックス・フォン・シドーの演技は凄く良かったです。
表情演技にこうも魅せられるとは思いませんでいた。
素直に上手いなぁって思いましたよ

ほんと、色々と考えさせられる作品ではありました〜

あわせて読む

69 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い/Extremely Loud  (LOVE Cinemas 調布)
ジョナサン・サフラン・フォアのベストセラー小説を2人のオスカー俳優トム・ハンクスとサンドラ・ブロックの初共演で映画化。更に『愛を読むひと』、『めぐりあう時間たち』のスティーヴン・ダルドリーが監督を、『フォレスト・ガンプ/一期一会』、『ベンジャミン・バ...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (映画的・絵画的・音楽的)
 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)予告編からかなりいい映画ではないかと思ったのですが、実際に見てみてもなかなかの出来栄えの作品だと思いました。  ある意味で、『サラの鍵』同様、「鍵」を巡ってのお話と言えるで....
映画:ものすごくうるさくて、ありえないほど近い Extremely Loud & Incredibly Close  (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
アカデミー賞レースで、賞にからむか?のうちの一本。 エントリーされているのは、作品賞、助演男優賞。 NYの一家族が直面した911。 父を突然失ってしまった少年が、そのトラウマから立ち直るまでのプロセスを描く。 偶然見つけた父の残した「謎掛け」を解こうとす....
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い/Extremely Loud and Incredibly Close (いい加減社長の映画日記)
それにしても、タイトルが長い・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 9.11同時多発テロで最愛の父トーマスを亡くした少年オスカー。 その死に納得できないまま一年が経ったある日、父のクローゼットで見覚えのない一本の鍵を見つけると、その鍵で開けるべき鍵穴...
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 (みんなシネマいいのに!)
 あの日は、家に帰ってテレビをつけたら、ビルから煙が上がっている映像ばかりだった
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (あーうぃ だにぇっと)
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い@よみうりホール
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
9.11のワールドセンタービル崩壊で父親を失った少年が、父の遺品の中から見つけた鍵の持ち主をニューヨーク中を歩き回って悲しみを克服していく。家族やご近所さんや同じ町で出会う人々が、その悲しみを埋める役割を果たすこの物語は自信を持ってお勧めできる傑作だ。
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 2012年2月2日 ワーナー・ブラザース試写室 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 を試写会で鑑賞です。 私は大好きな映画でした 【ストーリー】  911の同時多発テロで、大切な父(トム・ハンクス)を亡くした少年オスカー(トーマス・ホーン)。ある日、父の部屋に入ったオスカー...
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 いま日本で観るべき理由 (映画のブログ)
 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を2012年2月下旬に公開するかどうか、配給会社は悩んだことだろう。まだ公開すべきではないという意見、今だからこそ公開すべきという意見、いずれもあったは...
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 □監督 スティーヴン・ダルドリー □脚本 エリック・ロス □原作 ジョナサン・サフラン・フォア□キャスト トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン、マックス・フォン・...
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 (或る日の出来事)
素晴らしい映画。半分以上は泣きながら観ていたと思う。
映画レビュー「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い [DVD]クチコミを見る◆プチレビュー◆心のロード・ムービー「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」。国家的で特殊なトラウマの克 ...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い / EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click アメリカ同時多発テロで父親を亡くした少年の希望と再生を描いたジョナサン・サフラン・フォアの 2005年に発表されたベストセラーを、 「リトル・ダンサー」「めぐりあう時間たち」「愛を読むひと」のスティ....
鍵穴を探す旅〜『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 (真紅のthinkingdays)
 EXTREMELY LOUD  AND  INCREDIBLY CLOSE  "Are you there?"  2001年、NY。9歳の少年オスカー(トーマス・ホーン)は、最愛の父(トム・ハ ンクス)を9.11テロで亡くす。一年後、オ...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い/トーマス・ホーン (カノンな日々)
『リトル・ダンサー』『めぐりあう時間たち』のスティーヴン・ダルドリー監督がジョナサン・サフラン・フォアの同名小説を原作を基に映画化した作品です。9.11同時多発テロで父親を ...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (Akira's VOICE)
ものすごく多くて,ありえないほど優しい。  
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (佐藤秀の徒然幻視録)
オスカーを授かったサンドラ・ブロック 公式サイト。原題:Extremely Loud & Incredibly Close。ジョナサン・サフラン・フォア原作、スティーヴン・ダルドリー監督、トム・ハンクス、サンドラ ...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (悠雅的生活)
1本の鍵。永遠の8分間。毎日が奇跡。
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (新・映画鑑賞★日記・・・)
【EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE】 2012/02/18公開 アメリカ 129分監督:スティーヴン・ダルドリー出演:トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン、マックス・フォン・シドー、ヴァイオラ・デイヴィス、ジョン・グッドマン、ジェフリー・ライト、....
スティーブン・ダルドリー監督『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』(Extremely Loud  (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。ジョナサン・サフラン・フォアの小説をスティーブン・ダルドリー監督が映画化『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』出演はトーマス・ホーン、トム・ハンクス、サンドラ・ブロ
スティーブン・ダルドリー監督 「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
急遽、今日、休みになりました。(ただ単に明日に仕事を振り替えただけですけど…) 私の知ってる映画館で、木曜日にメンズデーを実施している渋谷シネパレス そこで先週末からかかっている映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 アカデミー賞候補にもなっ...
試写会「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2012/2/10、よみうりホール。 開場時刻を15分も過ぎたころ到着したら、入場の列はなくなっていて、 1階席はほぼ満員だった。 いつもより開映時刻が早い(18:30)ためか、始まってからも 暫くは席を探してうろうろする人がいた。 ***    トム・ハン...
★ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(2011)★ (Cinema Collection 2)
EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE あの日父を失くした少年の、喪失と再生のものがたり 上映時間 129分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ワーナー) 初公開年月 2012/02/18 ジャンル ドラマ 映倫 G  【解説】  「僕の大事なコレクション」の原作『エブリ....
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (我が頭に巣くう映画達)
48点 2011年のアメリカ映画で、 監督は「リトル・ダンサー」のスティーブン・ダルドリー、 主演はトーマス・ホーンです。 トーマス・ホーンはこの映画がデビュー作だそうです。 アメリカ同時多発テ...
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 (こねたみっくす)
ものすごくうるさくて、ありえないほど近くにある親の愛。ものすごくうるさいのに、ありえないほど近くに感じる人を愛しむ気持ち。 9.11アメリカ同時多発テロで愛する父親を亡くし ...
映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」@よみうりホール (新・辛口映画館)
 客入りはほぼ満席。    【送料無料】ものすごくうるさくて、ありえないほど近い ブルーレイ&DVDセット【Blu-ray】価格:2,944円(税込、送料別)  映画の話  911の同時多発テロで、大切な父(トム・ハンクス)を亡くした少年オスカー(トーマス・ホーン)。...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い / EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click アメリカ同時多発テロで父親を亡くした少年の希望と再生を描いたジョナサン・サフラン・フォアの 2005年に発表されたベストセラーを、 「リトル・ダンサー」「めぐりあう時間たち」「愛を読むひと」のスティ....
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (風に吹かれて)
ブランコを思い切りこいで飛ぼう  公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/extremelyloudandincrediblyclose原作: ものすごくうるさくて、あり
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(13) ピーンと張り詰める重い空気からの解放感が心地よい
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い / Extremely Loud & Incredibly Close (勝手に映画評)
9.11により父を失った少年が、父の遺品の謎を追う物語。 物語に9.11が取り入れられていますが、9.11をテーマにした作品ではありません。突然の父の死を、象徴的・衝撃的に描くために9.11が選ばれています。その意味では、交通事故でも、飛行機事故でも良かったのかもしれ...
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 ('12初鑑賞20・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★− (10段階評価で 7) 2月18日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 16:10の回を鑑賞。
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (to Heart)
あの日父を失くした少年の、喪失と再生のものがたり 原題 EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE 製作年度 2011年 上映時間 129分 原作 ジョナサン・サフラン・フォア『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』(NHK出版刊) 脚本 エリック・ロス 監督 スティーヴン・...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】もう、これ泣くしかないでしょ。と思っ
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (そーれりぽーと)
911を題材に描いた感動作? 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を観てきました。 ★★★★ 観たことがないタイプの特殊な映画だった。 ちょっとネタバレ混じりで書きます。 あらすじをざっと紹介すると、父親を911のテロで失った少年が、父の死と向き...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (こんな映画見ました〜)
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』---EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE---2011年(アメリカ)監督:スティーヴン・ダルドリー 出演:トム・ハンクス 、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン、マックス・フォン・シドー 、ヴァイオラ・デイヴィ....
映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 (FREE TIME)
映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」を鑑賞しました。
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (とりあえず、コメントです)
ジョナサン・サフラン・フォア著の同名小説を映画化した人間ドラマです。 このタイトル、なかなか正確に覚えられなくて困るなあと思っていたのですけど、 父がトム・ハンクスで母がサンドラ・ブロックの予告編を観て、やっぱり観たい!と思っていました。 懸命に答えを探...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (キノ2)
★ネタバレ注意★  ものすごくうるさくて、ありえないほど近い。  久々にいい邦題だなぁ。  これは、原題の “EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE” を素直に訳したものだけど、オリジナルを忠実に伝えようとする姿勢は好感がもてます。日本語の選び方もまた...
映画『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-16.ものすごくうるさくて、ありえないほど近い■原題:Extremely Loud And Incredibly Close■製作国・年:2011年、アメリカ■上映時間:129分■字幕:今泉恒子■観賞日:2月18日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ □監督:スティーヴン・ダルドリー◆トム・ハン...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (ダイターンクラッシュ!!)
2012年2月19日(日) 19:00〜 丸の内ピカデリー1 料金:1250円(有楽町のチケットフナキで前売りを購入) パンフレット:800円(買っていない) 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』公式サイト 俺の大好きな歌U2の'Where The Streets Have No Name'を全...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (メルブロ)
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(原題: EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE) 393本目 2012-05 上映時間 2時間9分 監督 スティーヴン・ダルドリー 出演 トム・ハンクス(トー ...
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 (・*・ etoile ・*・)
'12.02.10 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』(試写会)@よみうりホール rose_chocolatさんのお誘い。自分でも応募したけどハズレ 見たかったのでうれしい♪ ありがとうございました! *ネタバレありです! 「9.11で父親を亡くしたオスカー。ある日、父のク...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (だらだら無気力ブログ!)
タイトルが長すぎるよ!
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (映画の話でコーヒーブレイク)
今週末公開の本作。 久々に試写会に当選し、先週金曜日、有楽町のよみうりホールで見てきました。 18時開場、18時半開演で、18時過ぎに到着した時は7階のホールに上がる階段の 4階から、列ができていました。 会場は満席。 トム・ハンクス、サンドラ・ブロック共...
[映画『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆昨夜観た『永遠の僕たち』に続いて、今宵も傑作を楽しめました。  試写状が届き、喜び勇んでの公開日前鑑賞です^^  そして、二日連続の「近親者の悲しい死を、ちょっと変わった生き方の主人公が受け入れ、未来に向かって克服していく物語」だった。  また、死に...
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』存在に、人は救われる (Healing )
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い ★★★★★ 9.11で最愛の父親を失った少年の、 ちょっぴり変わった“グリーフワーク”を描く ものすごくうるさくて、 ありえないほど近い Extremely loud and Incredibly close なんちゅうタイトルだと最初は思ったのですが、映...
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 (2011) / アメリカ (Nice One!! @goo)
原題: EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE 監督: スティーヴン・ダルドリー 出演: トム・ハンクス 、サンドラ・ブロック 、トーマス・ホーン 、マックス・フォン・シドー 、ヴィオラ・デイヴィス 試写会場: よみうりホール [2012年2月18日公開] 公式サイ...
*『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』* ※ネタバレ有 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2011年:アメリカ映画、スティーヴン・ダルドリー監督、トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン、マックス・フォン・シドー、ヴィオラ・デイヴィス出演。
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 理不尽な現実、そこからの再生 (はらやんの映画徒然草)
主人公は9・11で父親を亡くした少年オスカー。 タイトルの「ものすごくうるさくて
「ものすごくうるさくて ありえないほど近い」大判タオルハンカチ必須 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
予告編を見て泣き、映画を観てもっと泣き、家に戻って予告編をもう一度見て更にもっともっと泣く。 登場人物全てに感情移入してしまう、人々の心の再生の物語☆
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 (ラムの大通り)
(英題:Extremely Loud & Incredibly Close) 「なるほど。 これは評判がいいのもうなずける。 基本となる物語がよく練られているのはもちろんのこと、 演技、撮影、そしてそれらを束ねる演出が申し分ない。 ハリウッド映画って、どうしてこんなに隙がないんだろう...
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』・・・ブランコの向こうに (SOARのパストラーレ♪)
賢いがちょっと変わった行動を取ることのある少年オスカー。9.11のテロ事件で大好きだった父を亡くした彼に残る心の傷だ。最愛の父を失った悲しみを乗り越えられないでいた少年はある日、父のクローゼットで封筒に入った鍵を見つける。かつて父と遊んだ調査探検ゲームの思...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
探しものは何処にある? 9.11の同時多発テロによって、父を亡くした11歳の少年、オスカー・シェルの小さな冒険を通して、大いなる喪失と再生を描いた現代の寓話。 原作は2005年に発表されたジョナサン・サ...
【ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(2012)】 (明るいときに見えないものが暗闇では見える。)
【ネタバレあり】 留守電に残る「Are You There?」という父からのラストメッセージ。それを受け取る事を拒絶した少年は、花瓶の中に見つけた鍵が指し示す先に父の真のラストメッセージがあると信じます。 現実から目をそらし心を封印し、自分に厳しく母にも辛く当たり...
映画『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 (闘争と逃走の道程)
 初めてタイトルを聞いたとき、それが映画のタイトルなんだと気づかなかった。冗談みたいなタイトルですが、この映画にはちゃんと原作小説があって、タイトルもそのまま。しかも内容は〈9.11テロ〉に絡んだ、...
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』をユナイテッドシネマ豊洲12で観て、あれは本当にハッピーエンドなのかふじき★★★... (ふじき78の死屍累々映画日記)
ネタバレするつもりなので注意。 五つ星評価で【★★★★少年の演技、サンドラの演技、マックス・フォン・シドーの存在感、そして、トム・ハンクスの誰でもよさそう感にぐっと引 ...
『コクリコ坂から』をパルコ調布キネマで観て、評価に困る男ふじき☆☆☆ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【☆☆☆盛り上がりに欠けるけど、やりたい事は分からんでもない】 メロドラマに学生自治体ドラマが混じる。 1カット1カット居心地がいい。 それはジブリの遺 ...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (迷宮映画館)
いろんな面で辛すぎるが、力もみなぎる。さすがダルドリー。
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (Memoirs_of_dai)
"ものすごくうるさくて、ありえないほど近い"大切な存在 【Story】 9・11の同時多発テロで、大切な父(トム・ハンクス)を亡くした少年オスカー(トーマス・ホーン)。ある日、父の部屋に入ったオスカ...
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
おばあさんがおじいさんとヨリを戻す場面。おばあさんはおじいさんの姿を見とめて自分が持っていたショッピングバッグをドカンと床に卸す。おじいさんはそれを持つ。ただ、それだけ。言葉は何もない。 なに、いきなりディテールから入ってるの。しかも本筋とは関係がな....
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (いやいやえん)
あの日は、TVのチャンネルがどこもビルの崩壊を映していて異様に思っていた。何が起きたのかよくわからなかったし、テロだといわれても実感がなかった。幸い知り合いも誰もいないので切羽詰まった心配をすることはなかったが、歴史に残る大惨事となってしまった。 誰...
ものすごくうるさくてありえないほど近い(2011)EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE (銅版画制作の日々)
 あの日父を失くした少年の、喪失と再生のものがたり 評価:=70点 主役を演じたトーマス・ホーン君は正真正銘の天才少年らしく。アメリカで有名なクイズ番組でチャンピオンに選ばれたことから今回のような主役抜擢となったようです。現在14歳ですが、飛び級で高校...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (Diarydiary! )
《ものすごくうるさくて、ありえないほど近い》 2011年 アメリカ映画 − 原題
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(試写会) EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE (まてぃの徒然映画+雑記)
9.11の爆破テロ事件で最愛の父を失った息子が、長い旅路を経て立ち直るまでの物語。愛する人の喪失からどう立ち直るか、これは3.11後の日本にも重くのしかかってくる課題です。 オスカー(トーマス・ホーン)は、ちょっと繊細で感じやすい、でもとても聡明な男の子。父....
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
ジョナサン・サフラン・フォアの小説を「愛を読むひと」のスティーブン・ダルドリー監督が映画化。9.11同時多発テロで父を亡くした少年が、父の最後のメッセージを探すためニューヨ ...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (★ Shaberiba )
大好きった人の死を知るその臨場感に震えた・・。オスカー君は素晴らしかったな(涙)。
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』お薦め映画 (名機ALPS(アルプス)MDプリンタ)
鍵穴を探すためには、一人で家から外に出なくてはならない。それは引きこもり気味のオスカーにとっては大冒険! パパの遺した一本の鍵は確かにオスカーと彼の家族を変えた。それは不本意ながら死んでいった父親からの最高のプレゼントだった。人はみな優しくて温かい。そ...
【映画】ものすごくうるさくて、ありえないほど近い…タイトルの意味未理解? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
現在、自家用車を修理に出していて、代車ではどこにも行く気がしないピロEKです どうも最近は車の運転と相性が悪く困っています 前回「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」の前に書いてある近況報告で、福岡に行った話の続きを次回に…と書きましたが、そち...
【映画】ものすごくうるさくて、ありえないほど近い…タイトルの意味未理解? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
現在、自家用車を修理に出していて、代車ではどこにも行く気がしないピロEKです どうも最近は車の運転と相性が悪く困っています 前回「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」の前に書いてある近況報告で、福岡に行った話の続きを次回に…と書きましたが、そち...