銀幕大帝α

切り株愛好連盟加入ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で7周年。2400作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

オール・ユー・ニード・イズ・キル

2014年11月17日 20時48分56秒 | 洋画アクション
EDGE OF TOMORROW
2014年
アメリカ
113分
SF/アクション
劇場公開(2014/07/04)



監督:
ダグ・ライマン
『ジャンパー』
製作総指揮:
ダグ・ライマン
原作:
桜坂洋『All You Need Is Kill』
出演:
トム・クルーズウィリアム・ケイジ
エミリー・ブラントリタ・ヴラタスキ
ビル・パクストンファレウ軍曹
ブレンダン・グリーソンブリガム曹長
ジョナス・アームストロングスキナー
トニー・ウェイキンメル
キック・ガリーグリフ
フランツ・ドラメーフォード
ドラゴミール・ムルジッチクンツ
シャーロット・ライリーナンス



<ストーリー>
謎の侵略者の攻撃で滅亡寸前となった世界。同じ日を無限に繰り返すループ能力を持つ戦闘能力ゼロの兵士・ケイジは、最強の女兵士・リタから徹底的に鍛えられる。

日本原作、トム・クルーズ主演。

-感想-

死んでは戦い、死んでは戦い、それの繰り返し。
同じ時間を何度も行くので、自分がどうやって死ぬのかを知る事が出来る。
それ故に、次はどうそこでの窮地を突破出来るのかが前もって計算し得る。
もしその考えが間違いで失敗したならば、もう一度違う事を試せば良いのだから。

繰り返し同じ場所で戦う事により、敵の動きも読めるので次第に戦闘能力も向上していく。
あれだけ戦地経験ゼロだった男が、あれよあれよという間に立派な戦士へと成長していく過程が面白い。
「いやだぁ・・・僕、そんな所、行きたくないよぉ~~~」
怖さと緊張で汗びっしょりになり、顔面蒼白、途中逃げ出そうとしたりする、何処か挙動不審なトムクル初期の姿が滑稽だった。
そんな男が最後には部隊の中心的な人物になるんだもんな。
いかに戦場では経験、時には運が大事かを、トムクル演じるケイジを観ていたらはっきりと確かめられる。
そりゃあ勿論、訓練も大事だけどね。

まるでゲームオーバー有りきのアクションゲーム、又はアドベンチャーゲームを観ているかのようなノリの作品。
一度死んで、じゃあ、あそこはああすればクリア出来るんだなというゲームプレイヤーの決意を込めた新たな再戦を、トムクルが代わりに映画の中でやってくれている。
色んなゲームで何度もゲームオーバーを体験し、苛々しながらも、気力で再チャレンジした事があるユーザー諸君ならば、この主人公の心持には多少なりの共感を抱く事が出来得るかもなので、ゲーム好きならば特にこの映画の世界に入り込めるのではないだろうか。

トムクルが観念して死ぬ場面は、ゲームプレイヤーが「あぁ!やっちまった!!」とコントローラーを思わず放り投げてしまう行為と非常に似ていて、妙に楽しい。
何かゲーム好きにしか楽しめないような事をずらずらを書いてしまったが、決してそうではない。
映画ファンにも十分楽しさを提供してくれる、立派な娯楽作になっていますよ。

軍人がパワードスーツを着込んで徒歩移動する時の全身動作のぎこちなさ。
何処と無く手足にわっかを付けられた囚人が歩いている様に見えたのは私だけか?(笑)
余りにも何度も死ぬので、一番最初ってどうやって死んだんだっけ?と観直したのも私だけだろうか?

評価:★★★★
14/11/17DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2014-11-12
メーカー:ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

オフィシャル・サイト(日本語)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (22)   トラックバック (72)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スイートプールサイド | トップ | ザ・ベイ »
最近の画像もっと見る

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは! (スパイクロッド)
2014-11-17 23:14:37
それなりにおもしろかったのだけど、
ほかの方々ほど楽しむことができなかったのは、
やはりボクがゲームを全然やらない人間だからでしょうか?

ヘタレなトムちんの多彩な死にざまはめちゃくちゃおもしろかったんですけどね
エミリー嬢の二の腕にもやられました(笑)
なんとセクシーな腕立てや!
こんばんは! (タケヤ)
2014-11-18 00:17:53
何度も何度も繰り返されるじゃないですか?
死んで戻って死んで戻って・・・

僕ですね、ゲームはほとんど
しないんですよ。だからあの
感覚がよく分からなくてですね。

理解に少し苦しみましたね~。

でもナゼカ面白かったなあ
という印象だけは残っていますね!
うーん (りお)
2014-11-18 01:11:57
ゲームをやらない人間としては、繰り返し部分がちょっとしつこくてしんどかったですね。
確かに、最初に死んだのはどこだっけ…と思いました。
戦場に出てすぐ、何が何やらわからないうちにオダブツ、でしたっけ?
>スパイクロッドさんへ (ヒロ之)
2014-11-18 01:20:17
こんばんは!
コメント&TBありがとうございます。

ゲームを昔からよくプレイしている自分としては、あるある的な感覚を覚えて面白かったのですが、ゲームをプレイされた事のない方にはイマイチなんでしょうかね^^;

最初の頃のトムクルの何も出来ずに死んでいく様が楽しかったです。
まるで初めて買った新しいゲームソフトをプレイしている自分を見ているようで(笑)
あの腕立て伏せはセクシーでした!
>タケヤさんへ (ヒロ之)
2014-11-18 01:34:20
こんばんは!
こちらにもありがとうございます。

なるほど~。
あ、ほら、あのファミコン時代のスーパーマリオですよ。
あれって、死んだらまた最初からじゃないですか。
ああいう感じに近いと思います。
今のゲームって途中セーブが出きるのが大半ですから、我々が小学生時代に夢中になったファミコンソフトを思い出して貰えれば良いかもです。
私は親にファミコンは買って貰えなかったので、学校終りに友達の家へ行ってゲームをプレイさせて貰っていたのですが、その時の記憶が蘇って、妙にこの作品の繰り返しという部分に面白さを感じました。
>りおさんへ (ヒロ之)
2014-11-18 01:37:28
こんばんは!
コメントありがとうございます。
りおさんもゲームはされない派ですか。
あの繰り返し部分にしつこさを感じるのも致し方ないかもしれませんね。
初めに死んだのは、敵に見つかったので、近くにあった地雷を抱きかかえて自爆しました。
そこで敵の血を浴びたので、ケイジはああいう人間になったという事ですね^^
こんにちは。 (みぃみ)
2014-11-18 10:48:41
おどおどトムさんが新鮮で、思わずくすっとなり、
掴みはおっけ~、楽しみました♪。
私、RPGもABGも大好きなので、クリアの為に頑張るプレイヤー気分もわかります。

ラスボス前に、やり直しできないセーブ効かないというのもハラハラ感が増しました。

面白かったです☆。
Unknown (maki)
2014-11-18 12:51:19
昔プレイしていた横スクロールアクションの中でも
いわゆる「死にゲー」とよばれているものを
思い出しちゃう作品でしたよね
ここがわかってると共感性がうまれて
さらに楽しめるのだけれど、
わからなくてもブラックコメディな死に様などで楽しめる
娯楽作品になってたと思います
コンティニューが出来なくなったあとのハラハラ感も、
やっぱり共感。
リタの二の腕の逞しさに、戦場感覚も生まれました
ここなつです (ここなつ)
2014-11-18 12:59:12
こんにちは。TBありがとうございました。
私もケイジがひ弱な軍人から戦士へ変わっていくのがとても面白かったです。
でも、きっと、この破壊→成長こそが、ゲームのテーマにありがちな感じでゲームっぽいのでしょうね。
最初の死に方 (ミス・マープル)
2014-11-18 16:22:38
同じく最初はどう死んだっけ?
繰り返される2日間が少しずつ違った展開になっていくので
全然飽きずに見られました。
それでもあの戦闘スーツは重そうでしたね。エミリー・ブラント
が着るとかなり軽そうに見えたのは、本物も軽かったのかな。
輸血された時はハラハラしましたねえ。
あるある多数 (メビウス)
2014-11-18 22:24:53
ヒロ之さんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

移動歩数を数えながら攻撃をチョン避けしたりとか、Bダッシュして敵の出現パターンに間髪入れず弾幕ぶち込んだりというように、失敗した経験を次なる攻略に活かしながらラスボスに向かっていくみたいな展開は、イチゲーマーとしては『あるある』の連続で確かに面白かったですね(笑

ループモノでもありますからあまり反復し過ぎるとダレる危険性もありはしましたが、個人的にはあまりそういう感覚が無かったかも?パワードスーツとかもカッコ良く、ギタイのビジュアルも悪くなく、そしてナヨナヨしたトムという面白い姿を見れたのも楽しかったですね。車に轢かれてゲームオーバーになったシーンはかなりバカっぽかったです^^;
ゲームは (sakurai)
2014-11-19 08:04:46
サッパリ疎くて、まったく違う方向からみましたが、とっても面白かったです。
人生、やり直せたらっていう究極の人間の望みを思う存分やっちゃうってのが潔くていいです。
今回は美人図鑑はなしですか?
エミリー・ブラントの二の腕見て、鍛えねば・・・と。
>みぃみさんへ (ヒロ之)
2014-11-19 10:54:50
おはようございます!
コメントありがとうございます。

おどおどとするトムさんなんて滅多に見れないので、妙に可笑しさはありましたね。
ゲームをプレイする人には、似たような感覚を味わえる作品になっているので、そういう意味でも楽しい仕上がりでした。


そうそう、ラスボスを1回で倒した時ほど、爽快な事はないですよね~^^
>makiさんへ (ヒロ之)
2014-11-19 11:00:38
おはようございます!
「死にゲー」ありましたね~。
マリオから始まり、グーニーズとか悪魔城ドラキュラとか。
たちの悪いものになると魔界村とか(笑)
こういうゲームをプレイしていると、仰るように共感性が持てて楽しさ倍増でした。
色んな死に方もゲームに似てて面白かったです。
残機無しでラスボスに挑む、緊張感。
あれも、本作のラスボス戦に近いものがありましたよね。
>ここなつさんへ (ヒロ之)
2014-11-19 11:04:02
おはようございます!
コメントありがとうございます。
同感ですね。
ケイジが何度も同じ戦場を経験して、強さを身に着けていく過程に面白さを感じました。
確かにこの作品の楽しさはゲームぽい形に近いので、寄りゲームファンには堪らないものがあるのではと思います。
>ミス・マープルさんへ (ヒロ之)
2014-11-19 11:24:26
おはようございます!
あれだけ何度も死ぬと、あれ?一番最初ってどうやって死んだっけ?と終わってからもう一度観てしまいましたよ(笑)
同じ戦場に行くんですけど、トムクルの行動で微妙に変化していくというのが面白かったですよね。
パワードスーツを着た兵士の動きがえらくぎこちなかったでしょ?
そんなんで戦えるの?と思いましたが、戦闘になったら普通に戦ってましたね。
女性用はもしかしたら軽量に作られているのかもしれませんね。
輸血された時は、あ!もうループ出来ないやん!てその後の展開にまた大きな興味を持ちました。
>メビウスさんへ (ヒロ之)
2014-11-19 11:33:00
おはようございます!
コメント&TBありがとうございます。

何処か「メタルギア・ソリッド」に近い感じがしませんでした?
ケイジ=スネークみたいな。
私はあのゲームを真っ先に思い出しました。
何度も死んで、ゆっくり考えてからじゃああそこはああやって進んでみよう、と再チャレンジする感覚。
本作はそれに非常に似ていると思います。
なのでメビウスさんと同じくゲームをする者としては、ニヤッとする部分が多かったです。

何度も同じ場面を見せられるので飽きる可能性はありますが、テンポが良かった為か、私も別にクドくは感じませんでしたねぇ。
むしろそこに楽しさを感じました。
全体的に観ても、とても良く出来た作品だと私も思います。
世界観とかも好きでしたし、ストーリーにも引き込まれました。
トムさんがヘタレな形で登場するってのも今までにないもので、その点も面白かったですね。
車に轢かれてゲームオーバーってのも、ゲームでもありそうで可笑しかったです。
>sakuraiさんへ (ヒロ之)
2014-11-19 11:38:54
おはようございます!
こちらにもコメントありがとうございます!
ゲームをしない方には評価余りよろしくないのですが、sakuraiさんは楽しまれたようで良かったです^^
死んで生き返って、別の道を進むってのは一度はやってみたいですよね。
私も、これまでの人生の中で、あああそこはああすれば良かった!と何度思った事やら。
今回は美人図鑑はなしです。
個人的にですが、お顔がそんなに好みじゃないんです^^;
スタイルは凄く良かったんですけどね。
こんちは~! (Puff)
2014-11-20 10:24:53
うんうん、ゲームをする人はこの映画はさらに面白味が増したでしょうね。
あ、でも、私もゲームしない人ですが、かなり楽しめましたですヨ!
何度も繰り返すけれど、毎回少しずつ趣向を変えてあるので飽きることもなく、
今回はどうなったかな!?みたいに探す面白さがありました。

囚人!確かに!笑)
イメージとしては、難攻不落の海に浮かぶ刑務所要塞に閉じ込められて、
ガシガシに付けられて重そうに歩く感じですね!
何の映画だったけ?そんなのがありました。

トムクル、最初は、高みの見物する嫌な奴でしたけど、
何度も繰り返すごとに人間的にも成長し、良い奴になって行くところも良かったですよね~
>Puffちんへ (ヒロ之)
2014-11-20 21:35:04
こんばんは~

ゲームと似たような感じの仕上がりでしたので、ゲーマーとしてはニンマリする部分が多くありました。
繰り返しの場面に飽きられる方もおられるみたいですが、Puffちんは楽しまれたんですね
そうそう、あの微妙に変化していく所が面白く、もう一度同じ場面に来た時はどういう行動をするのか?とワクワクさせられるものがありました。

あのパワードスーツを来た兵士の動き観ていたら、囚人が歩かされている姿を思い出して、変な笑いが出ました。
そんなんで本当に戦えるのかい?と思ってましたけれど、戦場では普通に動いていましたね(笑)

一度も戦場に行った事のない上官が、急に前線に出されて悪戦苦闘。
何度も死に、何度も戦い抜く事で、人間性が高められ、精神的にも強くなっていく部分にも面白さを感じ、大変楽しく観れた作品でした
こちらもお邪魔します (せつら)
2014-11-27 23:21:32
何度もゲームオーバーになりリセットしながら少しづつ進んでラスボスを倒す
日本人なら有野課長にお任せですね・・・・
私は忍耐力も記憶力もないので私には無理です。
原作のほうはどういった作品かわかりませんが映画は面白かったです
>せつらさんへ (ヒロ之)
2014-11-28 00:17:19
こちらにもコメントありがとうございます。

あはは。
確かに!
有野課長なら何度でもクリアーするまでトライしてくれそうです。
私も途中で詰ったら、ネットでどうクリアーするのか調べちゃいます。
それでも自力で難関突破出来なかったら買取お願いしちゃう程に短気ですから(笑)
ゲームをする人は特に面白いと感じる作品だったと思います。

あわせて読む

72 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
オール・ユー・ニード・イズ・キル~戦場の広告屋 (佐藤秀の徒然幻視録)
Come Find me When You Visit The Louvre! 公式サイト。原題:Edge of Tomorrow。桜坂洋原作、ダグ・リーマン監督。トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ビル・パクストン、ブレンダン・グリーソン ...
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 2014年6月28日 TOHOシネマズ日本橋 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 を鑑賞しました。 トム・クルーズの来日から覚めやらぬうちの先行上映はだから 客入りはまずまずでした。 が、なぜか、おっさんばっかり! 日本橋がどうなのか いや、周りは女性のが全体的には多かったが、映画の内容なんでしょう...
オール・ユー・ニード・イズ・キル/EDGE OF TOMORROW (我想一個人映画美的女人blog)
日本の桜坂洋のライトノベル(同名)が原作。 主演、トムちん。(原作若い男だけど、、、) 監督は、「ボーン・アイデンティティー」(つまらん)、「Mr.&Mrs. スミス」(ブラピとアンジー夫婦になる前の夫婦喧嘩)、 「ジャンパー」(まぁまぁ)などのダグ・...
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 ~リーマン野郎の限界~ (偏愛映画自由帳)
2014年/アメリカ/113分 監督:ダグ・リーマン 出演:トム・クルーズ    エミリー・ブラント ■概要 原題は『Edge of Tomorrow』。桜坂洋氏のライトノベル『All You Need Is Kill』を原作とした、アメリカ製作によるSFアクション大作です。監督は『ボーン・ア...
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 (時間の無駄と言わないで)
日本のラノベがトム・クルーズ主演で映画化される時代が来るとはねぇ。 エンドクレジットでトム・クルーズよりも先に日本人の名前が出てくるのは感慨深い。 で、とても面白い映画 ...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (花ごよみ)
原作は桜坂洋作の小説All You Need Is Kill。 ハリウッドで映画化、世界公開です。 主演はトム・クルーズ。 主人公ケイジを演じます。 共演は戦場の女神、 リタを演じるエミリー・ブラント。 宇宙からの侵略者ギダイとの戦闘の中で 滅亡寸前の地球を救うため、 戦...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (映画好きパパの鑑賞日記)
 日本のラノベ(桜坂洋作)をハリウッドで大作映画した作品で、ワンアイデアがダグ・ライマン(リーマンから表記が代わった)監督の演出と、トム・クルーズのはまり方があいまり、なかなかできた娯楽作に。SF好きなら見て損はしない傑作です。  作品情報 2014年ア...
映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』★タイトルは殺伐感あるもイイ明日は来ると (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
  作品について http://cinema.pia.co.jp/title/164228/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。     原作:桜坂洋 英題:『EDGE OF TOMORROW』 原作未読で(さわりだけ)、映画のみの印象です。 ...
オール・ユー・ニード・イズ・キル  監督/ダグ・ライマン (西京極 紫の館)
【出演】  トム・クルーズ  エミリー・ブラント  ビル・パクストン 【ストーリー】 近未来の地球。侵略者の激しい攻撃に、人類の軍事力ではもはや太刀打ちできなくなっていた。対侵略者の任務に就いたウィリアム・ケイジ少佐は、戦闘によって亡くなる。しかし、タイム...
映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』観てきた~ (よくばりアンテナ)
近未来SFアクション。 トム・クルーズ主演。 日本のライトノベルが原作。 まさしくゲーム感覚。 何度でもやり直しちゃうRPGで経験値をたっぷり積んでラスボスにのぞむっていう(・∀・) ニヤニヤ 楽しめました。 異星人が侵略してきて、二等兵として...
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 面白さの秘密 (映画のブログ)
 娯楽映画や娯楽小説は、私たちを心地好く現実逃避させてくれる。  『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の痛快な面白さの根底にあるのも、虫がいい現実逃避である。  『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の原作は日本の小説『All You Need Is Kill』。"kill"とい...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4,5点】(11)(11) エミリー・ブラント演じるリタのキャラに魅了されっぱなし!(笑)
オール・ユー・ニード・イズ・キル (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ダグ・ライマン 出演:トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ビル・パクストン、ブレンダン・グリーソン 【解説】 作家・桜坂洋のライトノベルを、トム・クルーズ主演で映画化したSFアクション。近未来の地球を舞台に、ある兵士が戦闘と死をループしながら、幾度....
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 (beatitude)
近未来。地球は謎の侵略者からの攻撃を受け、そのあまりの戦闘力の高さに人類はなすすべもなかった。ウィリアム・ケイジ少佐(トム・クルーズ)は決死の任務にあたるが、敵にダメージを負わせることなく戦死。しかし気付くと時は出撃前に戻っていた。少佐はタイムループに...
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 (こねたみっくす)
良くも悪くもライトノベル原作。独特の世界観とキャラクターは面白いが、伏線のない物語は何も印象に残らない。 桜坂洋先生の原作をハリウッドが実写映画化したことで大いに話題 ...
オール・ユー・ニード・イズ・キル 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
日本のライトノベルが原作で主演をトム・クルーズ が務めるSFアクション映画『オール・ユー・ニード ・イズ・キル』が公開されましたので観に行って きました。 こちらは3D作品で3D字幕版を観ましたが、面白かった ので次の週に2D字幕版をリピート、計2回鑑賞と なりまし...
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 (2014) (相木悟の映画評)
ライトでヘビーな優良SF戦記ではあるのだが…?! タイムループをモチーフに奥深いテーマ性を示す戦争アクションに成りえた筈が、なんともはや惜しい逸品であった。 本作の原作は、桜坂洋による日本産ライトノベル。日本でも一般的な知名度が高いとはいえない当作が、...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (だらだら無気力ブログ!)
結局、何回死んだのかな?
オール・ユー・ニード・イズ・キル (映画三昧、活字中毒)
■ 試写会にて鑑賞オール・ユー・ニード・イズ・キル/EDGE OF TOMORROW 2014年/アメリカ/113分 監督: ダグ・ライマン 出演: トム・クルーズ/エミリー・ブラント/ビル・パクストン/ブレンダン・グリーソン/ノア・テイラー 公式サイト 公開: 2014年07月04日...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】 一匹の敵を倒したトムさんは、死ぬと同じ
映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」IMAX、3D、字幕 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2014/7/6、109シネマズ木場。 良い席は早々と満杯で、中央通路2つ前の列を選択。 前過ぎず、迫力は倍増。 *    トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ビル・パクストン、ブレンダン・グリーソン。 * 近未来。 ヨーロッパ等に落下した隕石、と思ったもの....
オール・ユー・ニード・イズ・キル (うりぼうのシネ煉獄)
視聴環境:映画館、字幕  試写会に行ってきました!  新作の試写会ではなく、ブルーレイ・DVDの発売を記念した催しみたいです。けど久しぶりに映画館のスクリーンで見られてシ・ア・ワ・セ!  もう何度か鑑賞しているのですが、何度も繰り返される死を経ながら次....
劇場鑑賞「ALL YOU NEED IS KILL オール・ユー・ニード・イズ・キル」 (日々“是”精進! ver.F)
ループの先にあるものを目指して… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201406290000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】All you need is kill [ 桜坂洋 ]価格:626円(税込、送料込) 【楽天ブックスならいつでも...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (Break Time)
今朝は、曇りがちな天候でしたが・・・
映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル(2D・字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『オール・ユー・ニード・イズ・キル(2D・字幕版)』 (公式)を本日、先行上映にて劇場鑑賞。採点はちょっと緩めで、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら70点にします。なお、桜坂洋氏の原作ライトノベル『All You Need Is Kill』は未読。 ...
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「オール・ユー・ニード・イズ・キル」 □監督 ダグ・リーマン□脚本 クリストファー・マッカリー、ジェズ・バターワース、ジョン=ヘンリー・バターワース□原作 桜坂洋□キャスト トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ブレンダン・...
オール・ユー・ニード・イズ・キル★★★★.5 (パピとママ映画のblog)
作家・桜坂洋のライトノベルを、トム・クルーズ主演で映画化したSFアクション。近未来の地球を舞台に、ある兵士が戦闘と死をループしながら、幾度も戦闘するうちに技術を身に付けていくさまを描く。監督は、『ボーン・アイデンティティー』『Mr.&Mrs. スミス』などのダグ...
オール・ユー・ニード・イズ・キル IMAX-3D/トム・クルーズ (カノンな日々)
原作が日本の桜坂洋さんによるライトノベルというキャッチコピーで大々的に宣伝されているトム・クルーズ主演のSFアクション・ムービー。たしかにハリウッドで採用されるようなSF監 ...
「オール・ユー・ニード・イズ・キル」 (prisoner's BLOG)
タイムループもののバリエーションなのだが、普通なら死んだらおしまいのところを死ぬたびに一定の時点に戻って繰り返す、というのがいかにもゲームのリセット感覚で、だからゲームばかりやっている今どき若い者は死をバーチャルなものにしか感じられないから命に対する敬...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (Akira's VOICE)
やっぱりラブストーリーでした。  
映画:「ALL YOU NEED IS KILL」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成26年7月1日(火)。 映画:「ALL YOU NEED IS KILL」。 監  督:ダグ・リーマン 原  案:桜坂洋 美  術:オリヴァー・スコール 音  楽:クリストフ・ベック 編  集:ジェームズ・ハーバート キャスト: ウィリアム・ケ...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (風に吹かれて)
ミッションを必ずクリアする男トム・クルーズ 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/edgeoftomorrow 原作: All You Need Is Kill (桜坂
運命は自ら支配せよ~『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 (真紅のthinkingdays)
 EDGE OF TOMORROW  近未来。エイリアンの侵略により、地球人類は滅亡の危機に瀕していた。米 軍広報官ウィリアム・ケイジ(トム・クルーズ)は、実戦経験の無いまま、ロンド ンで最前線に送られてしまう。戦闘開始後、あっけなく戦死するケイジだった...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (いやいやえん)
【概略】 謎の侵略者により滅亡寸前となった世界。同じ日を繰り返すループ能力を持つ戦闘能力ゼロの兵士・ケイジは、最強の女兵士・リタに鍛えられる。 SFアクション 謎の侵略者「ギタイ」からの激しい攻撃で、滅亡寸前に追い込まれた世界。 軍のPR活動に従事...
「オール・ユー・ニード・イズ・キル」 (ここなつ映画レビュー)
気晴らしに「オール・ユー・ニード・イズ・キル」。見事に気晴らしできました。やはりトム・クルーズはいいなあ。盤石の気晴らしを提供してくれる。難しい事を何も考えなくていい。安定したスリルとアクション。しかし、実際には物理学的には難しい話なのである。もちろん...
『オール・ユー・二ード・イズ・キル』 (ラムの大通り)
(原題:EDGE OF TOMORROW) ----この映画、トム・クルーズの新作だよね。 また、SFニャんだ。 「うん。『オブリビオン』に続いてのね。 しかも、トム・クルーズらしく いつもながらの変化球」 ----えっ、どういうこと? 「じゃあ。 まずはその設定から。 舞台は宇宙から....
オール・ユー・ニード・イズ・キル (マープルのつぶやき)
JUGEMテーマ:SF映画 一般 「オール・ユー・ニード・イズ・キル」 原題:Edge of Tomorrow 監督:ダグ・リーマン 2014年 アメリカ映画 113分 キャスト:トム・クルーズ      エミリー・ブラント       ビル・パクストン      ブ...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (映画と本の『たんぽぽ館』)
死と覚醒のループ * * * * * * * * * * ハリウッドのSF系アクション作品はどうも見る気がしない ・・・などと言いながら性懲りもなく本作を見たのは、 原作が日本のライトノベルということと、 まだやっぱり、すっかり諦める気にはならない・・・....
オール・ユー・ニード・イズ・キル (♪HAVE A NICE DAY♪)
これは面白かった~~~~~! 戦場で死んだはずのトムちんが 目が覚めたら又同じ光景の「前の日」に戻っているではありませんか! 同じ事を繰り返してる。。。 こんな感じの作品ってあるけど やっぱり面白い。 前に殺された時は、この時!と解るので 仲間を助けた....
「オール・ユー・ニード・イズ・キル」 日本発である訳 (はらやんの映画徒然草)
日本の同タイトルの小説を原作として、トム・クルーズ主演、ダグ・ライマン監督で映画
オール・ユー・ニード・イズ・キル (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ダグ・リーマン 【出演】トム・クルーズ/エミリー・ブラント/ビル・パクストン/キック・ガリー/ドラゴミール・ムルジッチ/シャーロット・ライリー 【公開日】2014年 7月4日 【製作】アメリカ 【ストーリー】 近未来。地球は謎の侵略者からの攻撃を受け...
オール・ユー・ニード・イズ・キル・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
勇者さまが、できるまで。 地球が、突如として未知のエイリアンの侵略を受けた近未来。 戦闘中に戦死したはずの主人公は、目覚めるとその前日に時間が巻き戻っている事に気付く。 そして延々と繰り返される、同じ一日の覚醒と死。 なぜ彼は、時空の無限ループに陥っ...
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』を109シネマズ木場1で観て、トムちんのSFは難し目ふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★ぶひょひょひょひょんって宇宙人は大好き】   時間を操れる敵に勝てるのか。 時間を操れるなら、ドラえもんじゃないけど、もっと上手く操れるだろ、 って ...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (迷宮映画館)
最近のトムちんは、本当にいい!
オール・ユー・ニード・イズ・キル 3D (そーれりぽーと)
日本人のライトノベルが原作、トムちん最新作『オール・ユー・ニード・イズ・キル』を3Dで観てきました。 ★★★★★ 凄く良くできたタイムループ映画。 トムちん演じる主人公は軍の少佐だけれど、広報一本でここまで来て戦闘に関しては全くの素人という設定。 この映画...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (to Heart)
原題 Edge of Tomorrow 製作年 2014年 上映時間 113分 原作 桜坂洋『All You Need Is Kill』(集英社スーパーダッシュ文庫刊) 脚本 クリストファー・マッカリー/ジェズ・バターワース/ジョン=ヘンリー・バターワース 監督 ダグ・ライマン 出演 トム・クルーズ/エミリー...
映画:オール・ユー・ニード・イズ・キル 鑑賞直後に「もう1回続けて観てもいいかも」って凄い久々! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
NYステイ時、この映画が公開直前で、けっこう広告にヒットした。 原題は、Edge of Tomorrow。 どうも?同時間軸を何度タイムループしてる主人公たちの話らしいな、と。 同時間軸ループなSFというと、当ブログ的にぱっと思い出すのは2作品。 ひとつは、ビル・マー....
オール・ユー・ニード・イズ・キル  Edge of Tomorrow (映画の話でコーヒーブレイク)
劇場公開を見逃した本作。DVD発売は今月12日のようです。 韓国行の飛行機の中、小さなモニターで鑑賞。 こういうアクション系は大画面で見たいところですが、贅沢は言えません。 そして…約2時間の飛行時間なので、着席するなり見始めたのですが…、 機長のごあいさつ、...
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 (2014) / アメリカ (Nice One!! @goo)
原題: Edge of Tomorrow 監督: ダグ・リーマン 出演: トム・クルーズ 、エミリー・ブラント 試写会場: ワーナー・ブラザース試写室 公式サイトはこちら。(2014年7月4日公開) ある日、決死の任務に就くことになったウィリアム・ケイジ少佐は、本格的な戦闘が...
『オール・ユー・ニード・イズ・キル(Edge of Tomorrow)』ダグ・リーマン監督、トム・クルーズ、エミリー・ブラント、他 "目覚めたら... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、ラストに触れています。『オール・ユー・ニード・イズ・キル』Edge of Tomorrow原作 : 桜坂洋監督 : ダグ・リーマン(ダグ・ライマン)トム・クルーズ、エミリー・ブラントビル・パ
「オール・ユー・ニード・イズ・キル」☆マシンガンの嵐 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
熱烈なトムちんファンのお向かいさんの予定に合わせて、ずーっと待っていたトムちん映画をようやっと観られたyo♪ 評判がそれほど高くないようだったので、ちょっと期待度を下げて行ったら、結構楽しめちゃった。
オール・ユー・ニード・イズ・キル (ダイターンクラッシュ!!)
2014年7月13日(日) 19:20~ 109シネマズ川崎7 料金:2300円(IMAX3D) パンフレット:未確認 これまた使い古されたループもの 『オール・ユー・ニード・イズ・キル』公式サイト 最近では「ミッション:8ミニッツ」、毛色は違うが「バタフライ・エフェクト」...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (ダイターンクラッシュ!!)
2014年7月13日(日) 19:20~ 109シネマズ川崎7 料金:2300円(IMAX3D) パンフレット:未確認 これまた使い古されたループもの 『オール・ユー・ニード・イズ・キル』公式サイト 最近では「ミッション:8ミニッツ」、毛色は違うが「バタフライ・エフェクト」...
[映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆これまで何度も語っていることだけど、私は、時間ループネタの小説を書いたことがある。  世に色んな時間ループ題材の作品があり、最近では「まどか☆マギカ」が心に残っているが、この『オール・ユー・ニード・イズ・キル』も、きっちりと作り上げられた傑作と言えよ...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (rambling rose)
謎の侵略者の攻撃によって窮地に陥ってしまった人類。そんな中、軍の広報担当ケイジは、ある事から兵卒として最前線へと送られてしまう。
オール・ユー・ニード・イズ・キル (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第352回「最近、期待し過ぎていたから・・・今日は。」 ここのところ、自分の中で勝手に盛り上がってしまい、いざ観ると思ったほどでは無くてガッカリするという作品が続いています。今回の作品「オール・ユー・ニード・イズ・キル」も数ヶ月前に観た予告編で私の大好....
オール・ユー・ニード・イズ・キル (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【EDGE OF TOMORROW】 2014/07/04公開 アメリカ 113分監督:ダグ・ライマン出演:トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ビル・パクストン、ブレンダン・グリーソン 、ジョナス・アームストロング、トニー・ウェイ、キック・ガリー、フランツ・ドラメー、ドラゴミール・ム....
「オールユーニードイズキル」 (Con Gas, Sin Hielo)
戦場のまどか☆マギカ。 ループもので思い出す最近の作品が「魔法少女まどか☆マギカ」だ。 暁美ほむらが鹿目まどかを救うために何度も時間を行き来したように、本作の主人公・ケイジ少佐は異星から来た「ギタイ」と戦い続ける。 死んでもリセットして戦い続けること...
映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 (健康への長い道)
 日本の同名ライトノベルが原作(ただし映画としての原題はEDGE OF TOMORROW)のハリウッドSFアクション大作を新宿ピカデリーで。  平日だというのに、結構な人出です。 Story 近未来。地球は謎の侵略者ギタイからの攻撃を受ける。彼等のあまりの戦闘力の高さに人類...
『ALL YOU NEED IS KILL 』('14初鑑賞51・劇場)  (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 7月5日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 13:20の回を鑑賞。
オール・ユー・ニード・イズ・キル (はるみのひとり言)
もう先行上映ありましたけど・・・翌日の試写会で観ました。謎の生物ギタイの侵略が進み、世界は滅亡寸前に追い込まれてました。軍の広報担当だったケイジ少佐は、危険を逃れようとしたため上官の怒りを買い、戦闘の経験もないのに新兵として最前線の送り込まれてしまいま...
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 (La.La.La)
JUGEMテーマ:映画 制作年:2014年  上映メディア:劇場公開  制作国:アメリカ  上映時間:113分  原題:EDGE OF TOMORROW  配給:ワーナー・ブラザーズ  監督:ダグ・ライマン  主演:トム・クルーズ      エミリー・ブラント ...
映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」レビュー(未来を変える為に死ぬ) (翼のインサイト競馬予想)
映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」のブルーレイを見たのでレビュー記事(感想)を書いてみたいと思います。(ネタバレは無しです。)YouTube 映画「オール・ユー ...
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』を観てきた!? (映画観たよ(^^))
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』を2D字幕で観てきました。 日本原作と話題ですが未読です。。でも、先行でやってたから観てきちゃった(^^)/ 宇宙からの侵略者に立ち向かうんだけど、何度も時間を繰り返して攻略方法を探るというストーリ。 英雄リタにエミリー・...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (Edge of Tomorrow) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ダグ・ライマン 主演 トム・クルーズ 2014年 アメリカ/オーストラリア映画 113分 SF 採点★★★ 難易度が高めな上にミスってもリセット出来ず、コンティニューがないくせに残機が一機。ゲームだったらこれ以上ない鬼畜さですよねぇ、人生って。クリア出来...
何度も死することで、 (笑う社会人の生活)
28日のことですが、映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」を鑑賞しました。 侵略者と人類の戦闘中 ケイジ少佐は戦死。しかし死んだはずのケイジが意識を取り戻すと周囲の時間は戦闘が始まる前に戻り 不可解なタイムループから抜け出せなくなる 戦いと死を何度も繰り...
【映画】オール・ユー・ニード・イズ・キル…久しぶりに時間旅行についてダラダラ考察 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
本来、年賀状書いたり、大掃除しないといけない時期 最近は(普段なら)ほとんど書かないブログ記事を書くという現実逃避行動に出ているピロEKです そんな訳で映画観賞記録 「オール・ユー・ニード・イズ・キル」 (監督:ダグ・リーマン、出演:トム・クルーズ、...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (こんな映画見ました~)
『オール・ユー・ニード・イズ・キル 』---EDGE OF TOMORROW---2014年(アメリカ )監督:ダグ・ライマン出演: トム・クルーズ 、エミリー・ブラント、ビル・パクストン 桜坂洋の同名ライトノベルをトム・クルーズ主演で映画化したSFバトル・アクション大...
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』エイリアンはデジャ・ブ (@KOBAのムービー!ムービー! )
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』EDGE OF TOMORROW(2013年アメリカ) 監督          ダグ・ライマン 脚本          クリストファー・マッカリー              ジェズ・バターワース              ジョン=...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (Sato's Collection)
見ました。 近未来の地球。宇宙からの侵略者ギタイの激しい攻撃に、劣勢を強いられた人類。士気高揚の任務を命じられたウィリアム・ケイジ少佐(トム・クルーズ)は、上官に逆らい一兵卒に落とされ戦闘に出撃する事になる。戦闘経験のないケイジは戦闘中ある女性リタ・ヴ...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (miaのmovie★DIARY)
【ALL YOU NEED IS KILL AKA EDGE OF TOMORROW】 制作国: アメリカ  制作年:2014年 謎の侵略者“ギタイ”からの激しい攻撃で、滅亡寸前に追い込まれた世界。 戦闘スキルゼロのケイジ少佐は最前線に送り込まれ、開戦5分で命を落と す。だが次の瞬間、彼は出撃前...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (のほほん便り)
日本のSFライトノベルを原作に、ハリウッドで映画化、という情報への興味から見てみました。 主演は、なんと、トム・クルーズ!だったのですね。あらま、びっくり この手のタイム・リープものは、日本エンタメの十八番で、「時をかける少女」や、コミックでは、ハル...