銀幕大帝α

切り株愛好連盟加入ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で8周年。2400作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

探偵はBARにいる

2012年02月19日 14時11分29秒 | 邦画サスペンス
11年/日本/125分/犯罪ミステリー・サスペンス/PG12/劇場公開
監督:橋本一
原作:東直己『バーにかかってきた電話』

出演:
大泉洋…探偵<俺>
過去出演作:『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』
松田龍平…高田
過去出演作:『ボーイズ・オン・ザ・ラン』
小雪…沙織
過去出演作:『ALWAYS 続・三丁目の夕日』
西田敏行…霧島敏夫
過去出演作:『SPACE BATTLESHIP ヤマト』
田口トモロヲ…松尾
過去出演作:『GANTZ: PERFECT ANSWER』
波岡一喜…佐山
過去出演作:『ヘルドライバー』
有薗芳記…田口幸平
過去出演作:『七人の弔(とむらい)』
竹下景子…近藤百合子
過去出演作:『借りぐらしのアリエッティ』
石橋蓮司…岩淵恭輔
過去出演作:『忍たま乱太郎』
松重豊…相田
過去出演作:『踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!』
高嶋政伸…<俺>を拉致した男
過去出演作:『20世紀少年<最終章> ぼくらの旗』
吉高由里子…近藤恵
過去出演作:『婚前特急』
<ストーリー>
ススキノのBARを根城にする探偵の下に、ある夜「コンドウキョウコ」と名乗る女から奇妙な依頼の電話が舞い込む。依頼を引き受けた探偵は直後に命を狙われ…。
<感想>
雰囲気がダンディーだねぇ。

大泉洋、これはハマリ役でしょう。
凄くカッコいい。
喧嘩も強いんだか弱いんだか良く解らない所もユーモア感があって面白い。
でもってかなり助平で飲兵衛。
それでもやる時はやる。
けど、それ以外の時はどうしようもない位だらしない。
このギャップの差があって<俺>という男の魅力が引き出されているように思える。

相棒の高田もキャラとしては良い。
腕っ節だけは一人前だが、肝心な時にラーメン食べるのが遅くて後の祭りだったり、寝ていて助けに来るのが遅れたり、愛車はポンコツだったりと、若干行動がヌケてはいる。

頭脳派の<俺>。
肉体派の高田。

この微妙に噛み合った凸凹コンビは作品を盛り上げる意味では面白いキャラ設定だ。

予想していた以上に結構ハードボイルドな作風で、PG12らしい激しい顔面殴打姿、流血シーンが随所に登場するし、お子チャマは駄目よ、なHなシーンもあったりする。

単なるオーソドッグスな探偵サスペンスでは無い所にも魅力を抱き、愛と憎しみにより壮絶な復讐劇へと突き進んでいく様には大人が楽しめる極上なエンタテイメント・ミステリーとして凄く好感も持てる。

依頼人となる電話の主が誰なのか。
その辺は「やっぱりな」という想いはしたが、それでも彼女なりの復讐計画に対する念の入り様と、後腐れの無い実行とけじめの付け方には舌を巻かされるものがあったし、切ない余韻だけはしっかり与えてくれました。

続編は既に決定済みとの事だが、個人的にはとても堪能出来た作品だったので、このクオリティを保ちながらどんどんシリーズ化していって欲しいものです。

残念ながら今作の吉高ちゃんは今回はお休み。
だって、写真のみの登場なんだもん。
チェッって物凄くガッカリしちゃったよ。

オフィシャル・サイト

関連作:
『探偵はBARにいる(2011)』(第1作)
『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点(2013)』(第2作)

評価:★★★☆
12/02/18DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
レンタル開始日:2012-02-10
メーカー:テレビ朝日
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (38)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スマーフ | トップ | ファイナルファンタジーVI... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2012-02-19 22:10:23
大泉さんて、こんな役もできるし『しあわせのパン』のような素朴な役もできるんですよね。思ったよりも幅の広い俳優だなぁと思いました。
松田龍平は瑛太との『まほろ駅前多田便利軒』もコンビで続編ないかなぁと期待してるんです。原作には続編ありますしね^^
Unknown (ふじき78)
2012-02-19 22:21:06
今、東京では早稲田松竹と言う名画座で『探偵はBARにいる』と『ルパン三世 カリオストロの城』が二本立てで上映されています。イカスぜ。流石、魔都東京。
>KLYさんへ (ヒロ之)
2012-02-20 00:04:12
大泉洋で真っ先に思いつくのは

ねずみ男

なんですけどね(笑)。
そう思うと色んな役が出来る俳優さんですよね。

松田龍平はどんどんお父さんに似てきましたよね。
そういや余り彼の作品観ていないんですよねぇ。
『蟹工船』も未見ですし^^;
>ふじき78さんへ (ヒロ之)
2012-02-20 00:07:06
へぇ~凄い組み合わせですね。

二本立てってのも珍しいですよね。
昔は良く映画館で二本立てやってたんですけどねぇ。
東京は沢山の劇場があって良いですよね~。
吉高ちゃん (そよ)
2012-02-20 14:49:29
私、電話の主が吉高ちゃんかも? って可能性も疑ってました
小雪さんの喋り方が・・ 何気にビミョーなんだもん^^ ;
声のトーンとか、めっちゃ聞いてしまった


次回作、なかなか楽しみですね~
気に入ったので期待しております
こんにちは♪ (yukarin)
2012-02-20 15:18:25
大泉洋さんはハマリ役でしたよね。
相棒の松田龍平くんとのバランスも良かったし。
お話よりもキャラで観ちゃったかなーという感じなので続編が楽しみです。
>そよさんへ (ヒロ之)
2012-02-20 23:58:09
あ、実は私もです!
吉高ちゃんなら良いのにな~っていう想いはありました。

けど、どう聴いてもあの声は小雪さんですし

そよさんは騙されちゃったって所でしょうか。
純粋な気持ちで観る事も映画を観るには大切な事なのかもしれませんね。

私もこれは是非ともシリーズ化して欲しいです。
今度はストーリーにも深みを持たせて欲しいものです。
>yukarinさんへ (ヒロ之)
2012-02-21 00:01:55
こんばんは~^^

探偵役が似合っていましたね大泉さん。
龍平くんとのコンビも面白くて良かったです。
確かにキャラの魅力が表立つ作品でしたね。
続編では内容にももう少し力を入れて欲しいです。
でも、中々堪能出来る作品でした。
大泉さん♪ (ちゃぴちゃぴ)
2012-02-22 01:43:58
いいですよね~。嫌いっていう人聞いたことないくらいの好感度の高い俳優さん。
どっちかというと人間ドラマで、サスペンスはあんまり重くなかったですね。
今の月9で、探偵をやっておられますが、仲里依沙といい味出してます。コレ、あんまし中身が…なんでどうでもいいんだけど。
吉高さん、まさかの写真出演!残念だったね。
松田龍平クンのは、はよ多田便利軒観にゃ~。
>ちゃぴちゃぴさんへ (ヒロ之)
2012-02-22 23:41:39
大泉さん、好きですねぇ。
どんな役させても様になっているというか。
声も好きなんですよね~。
声フェチには堪らない渋さがあります。

そうですね。
人間ドラマを軸にした作品かなって思います。
松田くんとのコンビが面白過ぎました。
月9、観てませんが、そこでも探偵されているんですね。

吉高ちゃん、何時出てくるんだろうって待っていたのに、あれだけだなんて残念過ぎます。

『多田便利軒』人気あるんですね~。
チェックしてみます。
TBありがとうございます (ONE OF THE BROKEN)
2013-03-09 01:31:35
原作に忠実っていうのも難しいでしょうけど
それでも原作のイメージとはちょっと違いすぎるかな~?
原作ファンとしてはちょっと残念な作品です。
>ONE OF THE BROKENさんへ (ヒロ之)
2013-03-09 23:29:42
こんばんは!
コメント有難うございます。
原作を読んでいないので私は比べられなかったのですが、そんなに原作のイメージからはかけ離れてしまっていましたかぁ。
まもなく続編が公開されるようですが、そちらはどうなんでしょうか。

あわせて読む

38 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
探偵はBARにいる  監督/橋本 一  (西京極 紫の館)
【出演】  大泉 洋  松田龍平  小雪 【ストーリー】 舞台は札幌・ススキノ。この街の裏も表も知り尽くした探偵は、いつものように行きつけのBARで相棒兼運転手の高田と酒を飲み、オセロに興じていた。そこへ“コンドウキョウコ”と名乗る女から電話が。職業柄、危険の...
「探偵はBARにいる」依頼人の調査を受けて死にかけた先にみた愛された女の復讐劇 (オールマイティにコメンテート)
「探偵はBARにいる」はバーでしか依頼を受けない変わった探偵がある女性の依頼を受けて調査した案件が大きな組織が絡んでおり、次第に事件に巻き込まれていくストーリーである。今 ...
探偵はBARにいる (だらだら無気力ブログ!)
二人のキャラクターが面白かった。
探偵はBARにいる 【映画】 (as soon as)
「ギムレットには早すぎる」 レイモンド・チャンドラーの『長いお別れ』の中で使われるセリフ 最初に大泉洋扮する探偵が、Barでこのギムレットを注文する おお~… 私立探偵ハードボイルドを意識...
探偵はBARにいる (to Heart)
何かあったら 電話してくれ。 製作年度 2011年 上映時間 125分 原作 東直己『バーにかかってきた電話』(ハヤカワ文庫刊) 脚本 古沢良太/須藤泰司 監督 橋本一 出演 大泉洋/松田龍平/小雪/田口トモロヲ/波岡一喜/有薗芳記/松重豊/高嶋政伸/榊英雄/片桐竜次/本宮泰風/....
モジャモジャ頭はススキノ探偵~『探偵はBARにいる』大泉洋×松田龍平 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。モジャモジャ頭はススキノ探偵~♪(吉田拓郎「旅の宿」のメロディでw)←こんな替え歌を思いついてしまうぐらいモジャモジャ頭の(←褒め言葉です)大泉洋主演による東映プログラムピクチ
「探偵はBARにいる」 懐かしい昭和の香り (はらやんの映画徒然草)
なんか懐かしい昭和の香りがしますね。 場末のバー、気の置けない相棒、依頼の電話、
探偵はBARにいる (佐藤秀の徒然幻視録)
吉高由里子はどこにいる 公式サイト。東直己原作、橋本一監督、大泉洋、松田龍平、小雪、西田敏行、マギー、榊英雄、本宮泰風、安藤玉恵、新谷真弓、街田しおん、野村周平、カル ...
探偵はBARにいる (悠雅的生活)
黒電話。缶ピース。時計を止めて
探偵はBARにいる (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
バーにかかってきた電話だけで仕事を引き受ける探偵は、自分の身の安全を守るのが非常に難しい。でも、助手の高田(松田龍平)が強いので可能なのだろう。登場人物を丁寧に描いているので、2時間の上映時間退屈しないで楽しめた。小雪がなぞめいた女性を好演していて、高...
探偵はBARにいる (LOVE Cinemas 調布)
札幌在住の作家・東直己の「バーにかかってきた電話」をベースに映画化。札幌を舞台に2人の探偵がとある依頼から危険に巻き込まれていく様子を描いたクライムミステリーだ。主演は『アフタースクール』の大泉洋と『まほろ駅前多田便利軒』の松田龍平。共演は小雪、西田敏...
『探偵はBARにいる』 (ラムの大通り)
-----今日は、もう出かけるから、フォーンに喋るようにだって。 だったら、帰ってきてゆっくり話せばいいのにね。 さて、この『探偵はBARにいる』。 実はスゴくお気に入りの作品ニャんだって。 どこが違うのかって聞いたら、 「やはり撮影所育ちの監督だからだな」だって....
探偵はBARにいる (勝手に映画評)
東直己の小説「ススキノ探偵シリーズ」の第2作「バーにかかってきた電話」が原作。ちなみに、「探偵はBARにいる」と言うのは第1作のタイトル。 「ススキノ探偵シリーズ」と言う事なので(?)、北海道の大スター大泉洋が主演です。この人は、基本・・・って言うか、絶対コメ...
シリーズ化希望! ~『探偵はBARにいる』 (真紅のthinkingdays)
 札幌・ススキノのバー「ケラー・オオハタ」で依頼の電話を待つ探偵(大泉洋)は 携帯電話を持たず、運転手の高田(松田龍平)とオセロ三昧。そんな彼に、「コン ドウキョウコ」と名乗る謎の女性から電話...
探偵はBARにいる/大泉洋、松田龍平 (カノンな日々)
このタイトルに見覚えがなかったんですけど、たしか原作モノだったよね?と思っていたら原作は東直己さんの『ススキノ探偵』シリーズの『バーにかかってきた電話』という作品なの ...
『探偵はBARにいる』を109シネマズ木場7で観て、空気に拍手ふじき☆☆☆ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【☆☆☆普通に面白かったけど、どこかで抑制が働いてしまった】 「夜は大概ここにいるから電話してくれ」 「電話したらどうなるの?」 「君を明るくしてあげるの ...
探偵はBARにいる (映画的・絵画的・音楽的)
 『探偵はBARにいる』を渋谷TOEIで見てきました。 (1)本作の主演の大泉洋が、これまた主演を演じた『アフタースクール』(2008年)がなかなかの出来栄えだったので、これもと期待して映画館に出かけました。  物語は、オフィスが持てないために、札幌ススキノにあるバ...
探偵はBARにいる (メルブロ)
探偵はBARにいる 376本目 2011-36 上映時間 2時間5分 監督 橋本一 出演 大泉洋(探偵<俺>) 、 松田龍平(高田)     小雪(沙織) 、 西田敏行(霧島敏夫)      ...
映画『探偵はBARにいる』 (闘争と逃走の道程)
 東直己氏の代表作〈ススキノ探偵〉シリーズを、北海道出身である大泉洋を主演に迎えて映画化。アジア最北の大歓楽街、札幌・ススキノを、探偵が駆ける! バーにかかってきた電話 (ハヤカワ文庫JA)東 直己 ...
探偵はBARにいる☆独り言 (黒猫のうたた寝)
原作をうまーく公開前に図書館で借りられてラッキー読み始めたのはいいのですが、、、気がつくと返却期限1週間近く過ぎていて、びっくりしました。まだ、読み切ってないのを斜め読みして返却してあとはもう、劇場行って映画観ちゃえっと映画館へ。お馴染み大泉洋が主役の...
探偵はBARにいる(2011-069) (単館系)
映画の『探偵はバーにいる』の原作はシリーズ一作目の 「探偵はバーにいる」じゃなくて、二作目の「バーにかかってきた電話」 が原作。 そして映画のタイトルは「探偵はBARにいる」 例によって原作は読ん...
『探偵はBARにいる』 (beatitude)
札幌・ススキノ。この街の裏も表も知り尽くした探偵(大泉洋)は、いつものように行きつけのBARで相棒兼運転手の高田(松田龍平)と酒を飲み、オセロに興じていた。そこへ“コンドウキョウコ”と名乗る女から電話が……。職業柄、....
『探偵はBARにいる』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「探偵はBARにいる」□監督 橋本 一 □脚本 古沢良太、須藤泰司□原作 東 直己(「バーにかかってきた電話」) □キャスト 大泉 洋、松田龍平、小雪、西田敏行、竹下景子、石橋蓮司、松重 豊、       高嶋政伸、阿知波悟美、...
探偵はBARにいる (Akira's VOICE)
地味だぁ・・・(事件が)  
探偵はBARにいる (迷宮映画館)
バランスの悪い乗りだったなあ。
探偵はBARにいる (新・映画鑑賞★日記・・・)
2011/09/10公開 日本 PG12 125分監督:橋本一出演:大泉洋、松田龍平、小雪、西田敏行、田口トモロヲ、波岡一喜、有薗芳記、竹下景子、石橋蓮司、松重豊、高嶋政伸 何かあったら電話してくれ。 札幌在住の作家・東直己の“ススキノ探偵シリーズ”か...
探偵はBARにいる (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「探偵はBARにいる」監督:橋本一出演:大泉洋、松田龍平、小雪、西田敏行、田口トモロヲ、波岡一喜、有薗芳記、竹下景子、石橋蓮司、松重豊、高嶋政伸配給:東映概要:行きつけの ...
[映画『探偵はBARにいる』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆今夜は、気楽に見れる作品を求めましたら、この作品と相成りました^^  予告編を見ていた時点で、C調ハードボイルド風な物語だと予想できた。  その度合いによっては、傑作になり得ると思ったが、残念ながら、その期待には沿うことはなかった。  序盤、一仕事を...
探偵はBARにいる (C'est joli~ここちいい毎日を~)
探偵はBARにいる’11:日本◆監督:橋本一「茶々 天涯の貴妃」◆出演:大泉洋、松田龍平、小雪、西田敏行、マギー◆STORY◆“俺”は札幌の歓楽街ススキノの私立探偵。相棒兼運転手の高 ...
探偵はBARにいる (うろうろ日記)
試写会で見ました。タイトルがストーリーをすべて語っていますね。BARに掛かってく
探偵はBARにいる (りらの感想日記♪)
【探偵はBARにいる】 ★★★☆ 映画(47)ストーリー 札幌のススキノでグータラな男・高田(松田 龍平)を相棒に探偵稼業を営む“俺” (大
探偵はBARにいる (晴れたらいいね~)
これ、続編決定なんだそうです。大泉洋さんは人好きのする方で、嫌いな人はあんまりいないんじゃないでしょうか?今季の月9でも探偵さんの役をされてますけど、これは脇ね。映画は ...
探偵はBARにいる・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
昭和テイストの和製ハードボイルド。 北の大地の歓楽街、札幌はススキノを舞台とした東直己の小説、「バーにかかってきた電話」を原作に、あの「相棒」を大ヒットさせたチームが新たに作り上げた「探偵はBAR...
探偵はBARにいる (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
東直己のススキノ探偵シリーズ『バーにかかってきた電話』を原作に「茶々 天涯の貴妃」の橋本一監督が映画化。謎の美女との接触が呼び寄せた殺人事件の謎を追う探偵とその相棒兼 ...
「探偵はBARにいる」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
評判がいいんで、続編もつくるらしいな。 タイトルは、「探偵はBARBERにいる」。 はい、ちょっとこの天然パーマなんとかならない・・・って散髪中かよ! 冗談はともかく、続編ができるのも納得できるほど、愉快な映画だった。 探偵が大泉洋。その相棒が松田龍平。こうい...
探偵はBARにいる (Diarydiary! )
《探偵はBARにいる》 2011年 日本映画 探偵はある日バーに掛ってきた電話で
No.258 探偵はBARにいる (気ままな映画生活)
【ストーリー】 作家・東直己のデビュー作「探偵はバーにいる」を1作目とする「ススキノ探偵シリーズ」の第2作「バーにかかってきた電話」を映画化。札幌の歓楽街ススキノで活躍す ...
映画「探偵はBARにいる」感想(DVD観賞) (タナウツネット雑記ブログ)
映画「探偵はBARにいる」をレンタルDVDで観賞しました。2011年9月に劇場公開された日本映画で、北海道を舞台に繰り広げられるハードボイルド・ミステリー作品です。今作...