goo

ヒミズ

11年/日本/129分/青春ドラマ/PG12/劇場公開(2012/01/14)
−監督−
園子温
過去監督作:『恋の罪』
−アクション監督−
坂口拓
−原作−
古谷実
−脚本−
園子温

−出演−
*染谷将太…住田祐一
過去出演作:『フレフレ少女』
*二階堂ふみ…茶沢景子
*渡辺哲…夜野正造
過去出演作:『冷たい熱帯魚』
*諏訪太朗…まーくん
過去出演作:『冷たい熱帯魚』
*川屋せっちん…藤本健吉
過去出演作:『婚前特急』
*吹越満…田村圭太
過去出演作:『冷たい熱帯魚』
*神楽坂恵…田村圭子
過去出演作:『恋の罪』
*光石研…住田の父
過去出演作:『カイジ2〜人生奪回ゲーム〜』
*渡辺真起子…住田の母
過去出演作:『愛のむきだし』
*モト冬樹…てつ
過去出演作:『悪夢のエレベーター』
*黒沢あすか…茶沢の母
過去出演作:『冷たい熱帯魚』
*堀部圭亮…茶沢の父
過去出演作:『KG カラテガール』
*でんでん…金子
過去出演作:『冷たい熱帯魚』
*村上淳…谷村
過去出演作:『極道兵器』
*窪塚洋介…テル彦
過去出演作:『ICHI』
*吉高由里子…ミキ
過去出演作:『カイジ2〜人生奪回ゲーム〜』
*西島隆弘…YOU
過去出演作:『愛のむきだし』
*鈴木杏…ウエイトレス
過去出演作:『花とアリス』
<ストーリー>
普通の人生を夢見る住田と茶沢。衝動的に父親を殺してしまった住田は、以後の人生を「オマケ人生」として悪党退治を始める。一方、自暴自棄の住田に茶沢は…。


「生きろ」と、君が言った。


<感想>

茶沢さんウザい(笑)

冗談は置いといて、今日本人監督で一番信用できる園子温監督がまたもや衝撃的な作品を届けてくれました。

『稲中』で有名な漫画家・古谷実先生の原作漫画は既に読んでいます。

そっかぁあれを実写化したらこうなるんだ・・・。

原作漫画からも主人公たちの‘もがき苦しみ’がヒシヒシと伝わってきましたが、本作も同等、いやそれ以上に‘痛み’と合わせてガンガン画面奥から押し寄せてきました。

ヴェネチア国際映画祭で新人俳優賞をW受賞した染谷将太と二階堂ふみの魂の叫びに似た渾身の演技には息が苦しくなります。
圧倒され過ぎちゃって。
言葉では表現出来難い、なんかこう迫りくる演技にググッと首を絞められるような、そんな圧迫感に近い思いを抱かされるんです。
上手過ぎるというよりも全身全霊を込めた気魄の演技ですよ。

すみません。
何か上手く言葉が出てこないや。
まだの人は是非観て頂いて、その目で2人の演技を体全体で感じ取って下さい。

脇役も安定。
園子温組が集結してますから安心して観れますし、また彼らの熱演にも心揺さぶられる事でしょう。
窪塚洋介の“脱・原発”ドロップキックすら「おぉ!」ってなります。

陰の主役・渡辺哲の喜怒哀楽が入り混じった演技なんて絶品です。
「住田さんには未来があるんです!!」
好きだなぁこのシーン。

でんでんに関してはもうここに書く必要もないでしょう。
存在感見せつけてくれるなぁ。

神楽坂恵は服の上からでもええ乳して・・・んっんん・・・失敬。
今作の吉高ちゃん。

45秒の名演。
たった45秒でも目に焼き付けてくる辺りは流石。
最早名女優。

平和だ安心だと言われているこの国ですが、若者たちは病んでいるんですよ。
小さな事から大きな事まで人それぞれでしょうけど、何かしら皆、不安を抱えて生きている。
それをバネにして未来に向けて歩んで行けるか、それとも挫折して自ら歩みを止めてうずくまってしまうのか。

「住田 頑張れ!!」

東日本大震災を経験した今こそ、逆境に負けず希望を持って前へ、前へと歩むべきなのだ。
いや、走って切り開いていくべきなのだよ、若者たちよ!
日本の未来は君たちに懸っているのです。
住田と茶沢が相手を、自分を励ましながら叫び続けるラストシーンには、そんなメッセージが込められているようにも思えて、胸がジンジンと熱くなり感動に震えました。
原作では絶望的なラストでしたが、本作では敢えて今の日本人にあるべき姿に置き換えたラストになっており、この事で観る側は打ちひしがれる事無く、逆に勇気づけられ感極まってしまう気持ち良さがありました。
間違いなく素晴らしいラストシーンです。

この映画、何度も観直したいなぁ。
久しぶりにセル版、買いだろうって思った。
大傑作ありがとうございます!園監督!!

今作の美女図鑑

茶沢さん役の二階堂ふみ。
私自身としては今作が初見となりますが、この娘、私が推しているアイドルの子と雰囲気が凄く似ているんだよなぁ。
まぁそれもあってかファンになっちゃったんだけれど、演技自体も表情とかでガッツリ魅せてくれて鑑賞中ずっと虜でした。
そういや茶沢さん用に両親が作っていた手作り絞首刑台ってどうなったんだろ。

オフィシャル・サイト

評価:★★★★★
12/07/03DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
レンタル開始日:2012-07-03
メーカー:ギャガ・コミュニケーションズ
コメント ( 10 ) | Trackback ( 40 )
« ダーク・フェアリー 劇場版 神聖かま... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (KLY)
2012-07-05 00:36:32
あのラストのエールに心が震えましたよ。園子温監督からのメッセージがしっかり届いたようにも思います。
それにしても主演だけでなく園子温組は俳優がいいなぁ。個性的でホント好きですわ。もち吉高ちゃんも含めてね♪
 
 
 
役者の (sakurai)
2012-07-05 07:33:45
皆さんの力演は本当に素晴らしかったですね。
監督の多分無茶な要求に、全身全霊で答えてるって言う感じ。
でも、暴力映画が基本ダメなんですよ。
だから次の一歩に!は分かるんですが、どうしても辛すぎて。
それをまざまざと見せられるもんで、どうしても感性と相容れないです。
じゃあ、見るなよ!なんですが、この監督からは目を離せない!と言うのもあります。
難しいです。
 
 
 
>KLYさんへ (ヒロ之)
2012-07-05 22:19:12
コメント有難うございます!!

私も震えました心が。
素敵なラストシーンに仕上がったなぁと感動と共に感心しましたよ。
原作通りじゃなくて良かったです。

園監督は、脇役もきっちりと名優で固めてくるので作品自体も凄く完成度が上がります。
だから園作品って全部が見所になっちゃうんですよね〜。
これって並大抵の監督じゃ出来ないですよ。
 
 
 
>sakuraiさんへ (ヒロ之)
2012-07-05 22:26:38
コメント有難うございます!

本作は特に主人公に対する暴力(言葉の暴力も含めて)が観ていてゲンナリさせられるものが確かにありましたからねぇ。
私も最初は酷いなぁと感じましたが、でも何か途中からこれは原作をそのまま形にしたものだと割り切って観る事にしましたから、許せるものはありました。
ラストがかなり未来を据えた明るいものになっていたので更に救われた想いも抱きました。
作品に対しての向き・不向きは人それぞれでしょうから、sakuraiさんの様な意見を持たれる方が居ても仕方がないと思いますよ^^
 
 
 
Unknown (とら)
2012-07-17 00:23:36
すばらしい作品でしたね。
ず〜っと、のめりこんでみていました。
原作の雰囲気に、よく東日本大震災を折り込んだなって感心しちゃいます。
賛否両論みたいですが、園監督だからこそなしえたんじゃないですかね。

あ、同じく茶沢さんの死刑台がどうなったかが気になります。
というか、茶沢さんの家庭事情の結末が抜けてますよね。
 
 
 
>とらさんへ (ヒロ之)
2012-07-17 00:50:52
こんばんは^^
ほんと、良く出来た作品でした。
魅せられる内容・演技ってこういうのを言うんだなぁと凄く思わされました。
かなり観ていて辛い展開ですけど、変更が加えられたラストによって希望が持てる好いエンディングを迎える事は出来ました。

茶沢さんの首吊り台の件がどうでも良い感じになっちゃっているのが残念ではあります。
結局どうなったんだろって気になりますけど、作品がとても好きになったので別にいっかぁってなってます。
 
 
 
今晩は☆★ (mezzotint)
2012-07-17 19:37:45
ヒロ之さん

今晩は☆彡お邪魔するのが遅くなりすみません!原作のラストは絶望的なんですね。
こちらは何となく希望が見えて良かったです。
園監督、素晴らしいですね。次回はどんな
作品でしょうね。
 
 
 
>mezzotintさんへ (ヒロ之)
2012-07-19 00:29:05
こんばんは〜。
コメント有難うございます^^

あのラストをそのまま持って来ず、明るい希望を抱かせるものに変更したのは良かったんじゃないかなとは思います。
原作のままだったら多分私は満点つけていないかも。
やっぱりドンヨリしたまま終わられるよりかは、少しは明るくさせてくれる終わり方の方が良いですよ。
園監督の新作、待ち遠しいです。
 
 
 
TBありがとうございます (ONE OF THE BROKEN)
2013-04-22 09:54:33
原作ってもっと悲惨な話だったと思いますが
この映画版では悲惨ながらも非常に前向きで希望のあるラストが描かれてて、良かったです!
ただ、やはり個人的には何かにつけて「過剰な」園子温の作風って好きになれないな〜っていうことを改めて感じました。
 
 
 
>ONE OF THE BROKENさんへ (ヒロ之)
2013-04-22 21:46:08
コメント有難うございます。
原作漫画のラストは悲惨ですね。
バッドエンドでした。
今回は震災を絡めることによって、最後は希望を持たせるものになっていました。
この辺が凄く良かったです。
園監督の作風は独特ですからね。
好みが分かれるのも仕方がないと思いますよ。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
ヒミズ (LOVE Cinemas 調布)
『愛のむきだし』、『冷たい熱帯魚』、『恋の罪』と問題作を世に送り出している鬼才・園子温監督が古谷実原作の人気漫画を映画化。初の原作ものを送り出してきた。主演は『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』の染谷将太と『指輪をはめたい』の二階堂ふみ。2人はベネチ...
 
 
 
ヒミズ (to Heart)
「生きろ」と、君が言った。 製作年度 2011年 上映時間 129分 映倫 PG12 原作 古谷実 脚本/監督 園子温 音楽 原田智英 出演 染谷将太/二階堂ふみ/渡辺哲/光石研/吹越満/渡辺真起子/神楽坂恵/でんでん/村上淳/窪塚洋介 15歳の孤独な少年、住田祐一の夢は、誰にも迷惑...
 
 
 
ヒミズ (映画的・絵画的・音楽的)
 『ヒミズ』を吉祥寺バウスシアターで見ました。 (1)本作は、昨年、『冷たい熱帯魚』と『恋の罪』で鮮烈な印象を残した園子温監督の作品ですから、やはり大いなる期待を持って映画館に出向きました。  園監督は、このところ随分と短いインターバルで衝撃作を次々に公開...
 
 
 
ヒミズ (あーうぃ だにぇっと)
ヒミズ12月26日@一ツ橋ホール いつもより男性の姿が多い。
 
 
 
「ヒミズ」 (元・副会長のCinema Days)
 早くも今年度のベストワン候補が登場したという感じだ。決してウェルメイドな作品ではない。作劇がゴツゴツと荒っぽく、余計なシークエンスや“もっと整理した方が良い”と思われる箇所もかなり目立つ。しかし、本作に込められたメッセージ性は、そういうマイナス材料...
 
 
 
2011年12月26日 『ヒミズ』 一ツ橋ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ヒミズ』 を試写会で観てきました。 これは、とーーーっても観たかった映画でした。 園監督だし期待していましてけど、ダメじゃん 若い、染谷将太、二階堂ふみが好演なんですけど、 監督の失敗作に近い出来でした 【ストーリー】...
 
 
 
ヒミズ (うろうろ日記)
試写会で見ました。【予告orパンフの印象】暗い感じ。中学生の思春期で思うようにな
 
 
 
『ヒミズ』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ヒミズ」□監督・脚本 園 子温 □原作 古谷 実□キャスト 染谷将太、二階堂ふみ、渡辺 哲、吹越満、神楽坂恵、光石 研、       渡辺真起子、黒沢あすか、でんでん、村上 淳鑑賞日 1月14日(土 )■劇場 TOHOシネマズ川...
 
 
 
『ヒミズ』 (2011) / 日本 (Nice One!! @goo)
監督・脚本: 園子温 原作: 古谷実 出演: 染谷将太 、二階堂ふみ 、渡辺哲 、吹越満 、神楽坂恵 、光石研 、渡辺真起子 、黒沢あすか 、でんでん 、村上淳 、窪塚洋介 、吉高由里子 、西島隆弘 、鈴木杏 試写会場: 東商ホール 公式サイトはこちら....
 
 
 
映画レビュー「ヒミズ」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
ヒミズ コレクターズ・エディション [Blu-ray]クチコミを見る◆プチレビュー◆ヒリヒリする痛みの後に、かすかな希望の灯が見える青春映画「ヒミズ」。主演の若手俳優二人が素晴らし ...
 
 
 
ヒミズ/染谷将太、二階堂ふみ (カノンな日々)
公開を目前に控えて園子温作品のTVスポットが深夜帯でもない時間にたくさん目にしましたけど、これまでのことを考えたら劇的な変化ですよね。公開規模もこれまでの園子温作品では ...
 
 
 
ヒミズ (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。古谷実原作、園子温監督。染谷将太、二階堂ふみ、吹越満、でんでん、渡辺哲、 諏訪太朗、川屋せっちん、神楽坂恵、光石研、渡辺真起子、モト冬樹、堀部圭亮、黒沢あす ...
 
 
 
ヒミズ (Akira's VOICE)
住田がんばれ!!!  
 
 
 
身内の暴力と他人の優しさ。『ヒミズ』 (水曜日のシネマ日記)
第68回ベネチア国際映画祭コンペティション部門で主演の染谷将太と二階堂ふみがマルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)を受賞した作品。不幸な家庭環境に置かれた中学3年生の男子生徒と彼を取り巻く人たちの物語です。
 
 
 
園子温・監督『ヒミズ』声に出して叫びたい日本語。 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
園子温・監督が古谷実・原作コミック『ヒミズ』を映画化。撮影準備期間中に起こった東日本大震災をうけて舞台設定を変更して完成。主演の染谷将太と二階堂ふみは、本作でヴェネチア国際映画祭マルチェロ・マストロヤ
 
 
 
ヒミズ (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
東日本大震災の津波で破壊された街並みでのロケーションを行っているので、絶望の淵まで追いやられた若者の再生が現実と重なっている。間違いなく2012年ベスト邦画の一つになるだろう。
 
 
 
『ヒミズ』 (こねたみっくす)
恐るべき園子温監督の世界で恐るべき輝きを放つ染谷将太と二階堂ふみ。 トコトン絶望的だと言われている古谷実先生の原作を東日本大震災と絡めることで、絶望・暴力・でんでん親 ...
 
 
 
ヒミズ (ダイターンクラッシュ!!)
2012年2月6日(月) 21:05〜 ヒューマントラストシネマ有楽町2 料金:1000円(Club-C会員料金) パンフレット:未確認 『ヒミズ』公式サイト 園子温の新作は、稲中の漫画家の作品が原作。稲中もこれも読んだことはないが、稲中がギャグ漫画であるが、これはシリア...
 
 
 
『ヒミズ』 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
超話題作『ヒミズ』(公式サイト)を観て参りました。 園監督初の原作物という事ですが、いつもの通り未読です。 が、娘から原
 
 
 
ヒミズ (悠雅的生活)
普通。日常。軽口のバラード。
 
 
 
ヒミズ (そーれりぽーと)
予告編を観てからずっと気になってた『ヒミズ』を観てきました。 ★★★★★ 観ていて心が痛くなる、世の中どっちを向いても光が見つからない、そんな中にも光を見出そうと這いずる主人公の感情を瞬間的に疑似体験する。 『ダンサー・イン・ザ・ダーク』『息もできない』...
 
 
 
ヒミズ2011/12/26試写会(2012-004) (単館系)
12/26 ヒミズ試写 一ツ橋ホール 古谷実による漫画で商業誌連載第四弾目の作品である。 今までのギャグマンガ路線から一線を画した作品で、人間のより暗い部分を見せる作品に仕上がっている。 全4巻。 2...
 
 
 
「ヒミズ」絶望の中でそれぞれ望んだ希望と未来を見つけた2人の支柱 (オールマイティにコメンテート)
「ヒミズ」は古谷実原作の「ヒミズ」を映画化し第68回ヴェネツィア国際映画祭にて出演した染谷将太さんと二階堂ふみさんが新人賞にあたるマルチェロ・マストロヤンニ賞を受賞した ...
 
 
 
No.298 ヒミズ (気ままな映画生活)
「行け!稲中卓球部」の古谷実が、若者の心の暗部を浮き彫りにしたコミック「ヒミズ」を、「冷たい熱帯魚」「恋の罪」の鬼才・園子温監督が実写映画化。ごく普通に生きることを願 ...
 
 
 
ヒミズ・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
これが、ポスト3.11のリアル。 「ヒミズ」は、昨年「冷たい熱帯魚」「恋の罪」という、人間のダークサイドを描いたパワフルな2作品で気を吐いた、園子温監督による最新作。 原作は古谷実の同名漫画で、今...
 
 
 
ヒミズ (心のままに映画の風景)
中学3年生の住田祐一(染谷将太)は、同級生の茶沢景子(二階堂ふみ)に好意を抱かれ、何かと積極的にアプローチされる。 貸ボート屋を営む敷地内には、震災で家を失くした人たちが暮していたが、ある日、...
 
 
 
■『ヒミズ』■ ※ネタバレ有 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2011年:日本映画、園子温監督、染谷将太、二階堂ふみ、渡辺哲、吹越満、神楽坂恵出演。
 
 
 
ヒミズ  監督/ 園 子温 (西京極 紫の館)
【出演】  染谷 将太  二階堂 ふみ  渡辺 哲  光石 研 【ストーリー】 15歳の少年・住田祐一は、実家の貸しボート屋に集まる、震災で家を失くした夜野さん、田村さんたちと平凡な日常を送っていた。住田のクラスメイトの茶沢景子は、大人びた雰囲気の住田が好きで....
 
 
 
ヒミズ (迷宮映画館)
うーん、だんだん苦手な風になっていく。。。
 
 
 
俺にはわかる〜『ヒミズ』 (真紅のthinkingdays)
 15歳、中学三年生の住田(染谷将太)は、震災で家を失った大人たちが集う、 湖の畔の貸しボート屋で暮らしていた。住田のクラスメイト・茶沢(二階堂ふみ) は、「普通最高!」と叫ぶ住田を神格化し、憧...
 
 
 
ヒミズ ひみつやないよ、ヒミズだよ。もぐらのことなんだって。 (労組書記長社労士のブログ)
【=4 -0-】 特に注目していなかったけど友人からのお奨めだったし、主人公の2人がヴェネチア国際映画祭では最優秀新人俳優賞にあたるマルチェロ・マストロヤンニ賞のW受賞したというのも話題だったので、観ようかなと思いだした。 今日、東京に中途半端な時間に到着して...
 
 
 
映画「ヒミズ」 (FREE TIME)
映画「ヒミズ」を鑑賞しました。
 
 
 
『ヒミズ』 (ラムの大通り)
----この映画、観る前からかなり期待していた映画だよね。 「うん。でも最初は違ったんだ。 このニュースに触れたのは まだ、園子音監督の前作『恋の罪』が 東電OL殺人事件をモチーフにしたと話題になっていた頃。 いまじゃや、“東電”のトの字も出ないけどね。 ところ...
 
 
 
ヒミズ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
「冷たい熱帯魚」の園子温監督が漫画家・古谷実(『行け!稲中卓球部』)の問題作を映画化。家庭環境に恵まれない少年と愛に飢えた少女、2人の中学生の青春を切れ味鋭い独自のタッ ...
 
 
 
ヒミズ(2011) (銅版画制作の日々)
 「生きろ」と、君が言った。 評価:=80点 「行け!稲中卓球部」で人気を獲得した漫画家・古谷実が、“ヤングマガジン”で連載していた問題作を、『冷たい熱帯魚』『恋の罪』と野心作を連作する園子温監督が映画化。原作を読んでいないのでどんな...
 
 
 
ヒミズ (こわいものみたさ)
『ヒミズ』 【製作年度】2011年 【製作国】日本 【監督】園子温 【出演】染谷将太/二階堂ふみ/渡辺哲/諏訪太朗/吹越満/神楽坂恵/光石研/渡辺真起子/でんでん 【イントロダクション】 by ...
 
 
 
ヒミズ (いやいやえん)
古谷実さんの同名コミックを実写映画化。原作は未読ですがかなり暗い内容らしい。当然かなり暗い映画だとは知っていましたが、評判良さそうなので借りてみました、園子温監督ですしね。 しかし私には微妙に合わなかった。ぐっとくるところもあったが手放しで受容でき...
 
 
 
「ヒミズ」 (みんなシネマいいのに!)
 神楽坂恵(B92-W58-H87)は、1981年生まれで、芸能界デヴューは20
 
 
 
「ヒミズ」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
「冷たい熱帯魚」から「恋の罪」のようなドロドロ映画にまで行ってしまった園子温監督が「紀子の食卓」のような家庭映画側に帰ってきた。 両親に逃げられ、ひとり震災後のボート屋を営む少年と彼を慕う少女の物語。 行きつくところまで行って、ちょっと落ち着いた? と....
 
 
 
ヒミズ(DVD) (Merry Merry)
「生きろ」と、君が言った。 出演:染谷将太, 二階堂ふみ, 渡辺哲 監督:園子温 原作:古谷実 製作年:2011年 製作国:日本 上映時間:129分 【内容】 15歳の少年・住田祐一 は、実家の貸しボート屋に 集まる、震災で家を失くし た夜野さん、 田村さんたち と平凡な日常を送っ...