銀幕大帝α

切り株愛好連盟加入ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で7周年。2400作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

ヘラクレス

2015年02月26日 | 洋画アクション
HERCULES
2014年
アメリカ
98分
アクション/アドベンチャー
劇場公開(2014/10/24)




監督:
ブレット・ラトナー
『ペントハウス』
製作:
ブレット・ラトナー
出演:
ドウェイン・ジョンソンヘラクレス
イアン・マクシェーンアムピアラオス
ルーファス・シーウェルアウトリュコス
ジョセフ・ファインズエウリュステウス王
ジョン・ハートコテュス王
レベッカ・ファーガソンユージニア
アクセル・へニーテュデウス
イングリッド・ボルゾ・ベルダルアタランテ
リース・リッチーイオラオス
トビアス・ザンテルマンレーソス



<ストーリー>
“12の難業”を成し遂げ生ける伝説となったヘラクレス。後年、彼はトラキアの王から国を助けて欲しいと依頼される。そこには苛烈な戦いと卑劣な罠が待ち受けていた。

−感想−

「さぁ言ってみろ。お前の名前は何だ!」

「俺の名はヘラクレスだぁぁああああ!」

ドッゴーーーン!!!!

80年代にこの作品作ってたら間違い無く主役をシュワちゃんが演じてただろうな。
なんとなーくだけど『コナン・ザ・グレート』を思い出したのよね。
ドウェインは肉体派アクション俳優が多数活躍した全盛期だった頃のシュワちゃんやスタローンの面影を現代に蘇らせた貴重な男じゃないかなぁ。

神が作り出した英雄か、それとも普通の人間としての英雄か、本作では謎めいた形となってはいるが、屈強で正義に熱く、仲間からの信頼も得ている妻子を失いし心には深手を負った優しき筋肉マンをドウェインが堂々と演じていて、そこはとても好印象だった。
後退はしない。
前進あるのみ、な果敢に戦いを挑む姿もまたカッコいい。

巨大で獰猛な野獣と対峙するヘラクレスというのは名を広める為の作り話的な設定になっているので、どうやってそれらを仕留めたのか、その辺はかなり端折っている。
なので、これら全てを見届けたかった私としては正直残念な気持ちになったのだが、恩を仇で返す糞爺王が実の娘や孫までも手にかけ様とした時、ヘラクレスの怒りが沸点に達し、腕力をフルに引き出して王達を地獄へと葬り去り、兵を跪かせる終盤の流れには痺れるものがあった。

ヘラクレスの仲間それぞれの活躍も武器が様々なので観ていて楽しい。
但し誰が何て名前なのか全く覚えられないのが難点。
だって男は皆、「なんとかス」なんだもんよ。
しかもちょっと長い名前だし。

後、ここは、といった盛り上がり1番な場面がそんなになかったのも惜しい。
味方兵や敵兵の数の多さ、そこから生まれる王を守る前提での整った陣形など、画に迫力さと壮大さはあるが、いざバトル開始となると期待する程の興奮気味なものにならないってのが、大きな見所を求める者としては少々物足りない感じ。

評価:★★★
15/02/26DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2015-02-25
メーカー:パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン

オフィシャル・サイト(日本語)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 捜査官X | トップ | 唇を閉ざせ »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2015-02-27 01:07:53
見せ場としては、あの宮殿みたいなの力だけで瓦解させるシーンは胸熱でしたね。ああいうのあまりにも桁外れで「ホビット」とかでやれないじゃないですか。

自分のブログみたら「『えらくレズ』でもOK」と書いてあって、流石、俺いつでもぶれないな、と自分にちょっと感心した。
この映画のレンタルは (morkohsonimap )
2015-02-27 02:00:20
DVDが劇場公開版で98分
Blu-rayがストロングなんちゃら版とかで劇場未公開のロングヴァージョンの101分なのですねぇ
ということで
Blu-rayで鑑賞しましたが、ロン毛のドウエインにはものすごく違和感で、ラストまで馴染めなかったけども
退屈せずに最後まで楽しめたです。
>ふじき78さんへ (ヒロ之)
2015-02-27 02:38:06
こんばんは!
ラストシーンですよね。
あそこは力技=ヘラクレスという構図が大きく出ていて良かったです。
それをバトルシーンでももっと出してくれたら尚良かったんですけどねぇ。

えらくレズww
ふじきさんのそういうとこ、好きです(ホモではありません笑)
>morkohsonimapさんへ (ヒロ之)
2015-02-27 02:41:22
こんばんは!
お久しぶりです。
コメントありがとうございます!

ブルーレイ版が少し長いってのはこの記事書いている時に知りました。
長いといっても2分ですけども、何を付け足しているのか気になります。
なんか私はロン毛のドウェインがコナンのときのシュワに見えて仕方がなかったです(笑)
こんにちは♪ (yukarin)
2015-02-27 15:44:55
あ〜昔だっらシュワちゃんが演じてましたね。
ドウェインさんは好きだからいいんですが、
バトルシーンが思ったほど盛り上がらなかったような...ちと忘れかけてたり(・_・;
外見がダメ!なんです・笑 (夢見)
2015-02-28 17:37:17
私の中の「ヘラクレス」のイメージじゃない(爆)

ただの英雄譚ならともかくも「ヘラクレス」


シュワちゃんは「コナン」です(こだわる・笑)


子供の日 読んだギリシャ神話の挿絵のイメージが〜〜〜〜
彫刻のような美形・外見
美しい筋肉〜〜〜

苦悩も似合う端正さ


私 無い物ねだりも得意です(爆十乗)

>yukarinさんへ (ヒロ之)
2015-02-28 22:52:30
こんばんは!
コメントありがとうございます。
今はドウェイン辺りが肉体派アクションスターの筆頭なのかなぁと、ふとそんな事を思いました。
盛り上がりそうで盛り上がらないなんとも微妙な展開でした。
>夢見さんへ (ヒロ之)
2015-02-28 23:08:55
こんばんは!
コメントありがとうございます。

ドウェインはイメージ通りでは無かったですか(笑)
違うイメージが頭にありますと、これじゃない感は生まれちゃいますよね。
この「ヘラクレス」は野獣って感じでしたね。
美形な「ヘラクレス」だと、若いピチピチな男優さんになるんでしょうけど、ちと誰が良いかは浮かばないです^^;
やっぱ (sakurai)
2015-03-02 15:28:49
ギリシャ神話のヒーローだから、肉体派!!!だけじゃ、ちょいと違和感があるのですよね。
あたしは、ただの神話に終わらせず、なかなか面白い構成にしたなあと、脚本に座布団2枚です。
>sakuraiさんへ (ヒロ之)
2015-03-02 22:30:40
こんばんは!
コメントありがとうございます。
ある程度美しさも欲しかった所でしょうか。
骨太アクションとしてはこれはこれで良かったと思いました。
ハーリン監督の方は面白いんですかねぇ。
意外とおもしろかった (ミス・マープル)
2015-03-03 12:56:16
ドウェイン・ジョンソンの肉体美はうっとりよりも「強い!」の一言ですね。
余計な恋愛もなかったし、ジョン・ハートの狡猾な演技も光っていて結構楽しめました。
前に見たよわっちい「「ザ・ヘラクレス」よりすっとよかったです。
>ミス・マープルさんへ (ヒロ之)
2015-03-04 00:36:24
こんばんは!
コメント&TBありがとうございます。

ドウェインの肉体はプロレスラーだけあって、仰る様に「強い」という感じですよね。
その肉体をフルに活用させたアクションは正に「ヘラクレス!」てな映像になっていました。
レニー・ハーリン版、評価悪いですね^^;
借りる気がどんどん失せてきました(笑)
こんにちは (maki)
2015-03-11 13:08:19
ザ・ヘラクレスよりはよかったものの
ここぞ!という見せ場がいまひとつだったのが難ですね
てっきり、本来の12の難行を見せる映画だと思ったら、
冒頭で終わっちゃって、
最近流行の「人間」ヘラクレスをみせるという構図
もうそろー飽きたなあ
神話の世界でいいんじゃないの
>makiさんへ (ヒロ之)
2015-03-11 22:52:17
こんばんは!

見せ場があまりなかったのが残念です。
そうなんですよ。
私もじっくり難行を見せてくれるのかと思っていました。
期待するほどの面白さはなかったですけど、まぁまぁという評価でしたね。
「ザ・ヘラクレス」面白くなさそうですね。
旧作になってからでいいかな(笑)。

あわせて読む

22 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『ヘラクレス』をミラノ座1で観て虚々実々だふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★筋肉こそ愛、筋肉こそ力、みたいな映画】    予告と本編の関係が「いがみ合ってる」みたいで大笑い。 予告のヘラクレスは伝説のヒーローであり、 本編の ...
ヘラクレス (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★☆【2.5点】(11) 上映時間98分と割と短めなのにずいぶん長く感じる映画だった。
劇場鑑賞「ヘラクレス」 (日々“是”精進! ver.F)
ヘラクレス、降臨… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201410240001/ ★枚数限定ポスター★【ドウェイン・ジョンソン】ヘラクレス 映画ポスター (HERCULES) [DS]価格:6,800円(税込、送料別) 【楽天ブックスならい...
ヘラクレス 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
ギリシャ神話に登場するヘラクレスを描いた アクション映画で、主演は『ワイルド・スピード』 シリーズなどで知られるドウェイン・ジョンソン が務める『ヘラクレス』が公開、アイマックスデジタル シアターで3D字幕版が2週間限定で上映されていました のでそちらまで遠征...
『ヘラクレス』 2014年10月19日 TOHOシネマズ六本木ヒルズ (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ヘラクレス』 をジャパンプレミア試写会で鑑賞しました。 ドウェイン・ジョンソン(ザ・ロック様)はでかくて良い男だった 【ストーリー】  人間と全能の神ゼウスの間に誕生した、半神半人の男ヘラクレス(ドウェイン・ジョンソン)。神さえも恐れおののく並外れた...
ヘラクレス(HERCULES) (田舎に住んでる映画ヲタク)
全能の神ゼウスと人間のアルクメーネの息子ヘラクレス(ドウェイン・ジョンソン)は、半神半人の豪傑としてその名を轟かせる存在であった。そしてある悲劇を経験したヘラクレスは12の功業(12の異形のモンスター退治)を経て、預言者で槍の達人アムピアラーオス、盗...
ヘラクレス/ドウェイン・ジョンソン (カノンな日々)
ギリシャ神話に登場する半神半人キャラとしてトップスター、英雄ヘラクレスを主人公にしたアクション・アドベンチャー作品です。ギリシャ神話は大好きでもちろんヘラクレスの物語 ...
ヘラクレス ★★★★ (パピとママ映画のblog)
ギリシャ神話に登場する半神ヘラクレスを主人公にしたアクションアドベンチャー。全能神ゼウスと人間の間に生まれたヘラクレスが、さまざまな戦いを経て英雄へとなる姿を追う。監督は『X-MEN:ファイナル ディシジョン』などのブレット・ラトナー。『オーバードライヴ』な....
ヘラクレス(3D吹替版) (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【HERCULES】 2014/10/24公開 アメリカ 98分監督:ブレット・ラトナー出演:ドウェイン・ジョンソン、イアン・マクシェーン、ルーファス・シーウェル、ジョセフ・ファインズ、ジョン・ハート、レベッカ・ファーガソン、アクセル・へニー、イングリッド・ボルゾ・ベルダル....
ヘラクレス (だらだら無気力ブログ!)
案外、神話の英雄譚とかってこうやって作られていくんだろうなぁ。
ヘラクレス (うろうろ日記)
映画館で見ました。 【私の感覚あらすじ】 ヘラクレスが仲間と一緒に国を助けたつも
ヘラクレス (あーうぃ だにぇっと)
ヘラクレス
「ヘラクレス」伝説のつくりかた (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
実はあまりマッスル映画は好きじゃないので、基本的にはさほど期待しないで観に行ったのだった。 ところが!案外面白いよ〜♪ 12の難行をこなした勇者ヘラクレスが、全能の神ゼウスと人間の息子として伝説が神話となって語り継がれるようになったいきさつが良く解って、...
『ヘラクレス』('14初鑑賞73・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆− (10段階評価で 8) 10月24日(金) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン8にて 18:50の回を鑑賞。
ヘラクレス (迷宮映画館)
いろんな意味で裏切られた。あ、いい意味もあります。
ヘラクレス (マープルのつぶやき)
JUGEMテーマ:アクション映画全般 「ヘラクレス」 原題:HERCULES 監督:ブレッド・ラトナー 2014年 アメリカ映画 98分 キャスト:ドウェイン・ジョンソン      イアン・マクシェーン      ジョン・ハート      ルーファス・シーウェル ...
「ヘラクレス」ジャパンプレミア試写会 (ここなつ映画レビュー)
舞台挨拶付きジャパンプレミア試写会に文字通り「参戦」。会場はドウェインファンの熱気に溢れ、ああこの人のレスラー人気ってまだ衰えていないんだな、と実感。ザ・ロックはもちろん今や俳優であり、ハリウッドスターとしてアクション作品のドル箱なのであるが、やはりそ...
ヘラクレス (そーれりぽーと)
ロックの泥臭い芝居には興味無いけど、とりあえず上映館数が多い話題作なので、『ヘラクレス』を2D で観てきました。 ★★★★ 全然期待していなかった状態で観始めたところ、最後までずっと変化球を投げ続ける感じで飽きさせない展開なところがほんと良かった。 VFX技...
超人ロック冒険記 ブレット・ラトナー 『ヘラクレス』 (SGA屋物語紹介所)
アキレス、ペルセウス、オリオン、オデュッセウス… ギリシャ神話の英雄は数あれど、
ヘラクレス (ダイターンクラッシュ!!)
2014年11月8日(土) 19:30〜 TOHOシネマズ日劇1 料金:1500円(シネマイレージデイ+3D料金) パンフレット:未確認 増毛したヘラクレス 『ヘラクレス』公式サイト 連荘で観たファンタジーの中で一番マシ。 正攻法の映画だ。 本作の前に、ひっそりと公開された ...
ヘラクレス (いやいやえん)
【概略】 神々の王ゼウスと、人間の女の間に生まれたヘラクレスは、恐るべき怪物と戦う〈12の難業〉を成し遂げ、生ける伝説となる。時は流れ、紀元前358年。アテネ王に仕えていたヘラクレスは、最愛の妻と子供たちの死を機に傭兵となり、金のために仲間と諸国を転戦して...
ヘラクレス (Hercules) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ブレット・ラトナー 主演 ドウェイン・ジョンソン 2014年 アメリカ映画 101分 アドベンチャー 採点★★★ 誰も知らないってのをいいことに、結構みなさん自分の過去についてついつい美化して語りがちですよねぇ。「オレも昔はそれなりにワルだったんだぞぅ」...