銀幕大帝α

切り株愛好連盟加入ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で8周年。2800作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

イントゥ・ザ・ストーム

2014年12月24日 22時07分23秒 | その他(ドキュメetc.)
INTO THE STORM
2014年
アメリカ
89分
パニック
劇場公開(2014/08/22)



監督:
スティーヴン・クエイル
『ファイナル・デッドブリッジ』
出演:
リチャード・アーミティッジゲイリー
サラ・ウェイン・キャリーズアリソン
マット・ウォルシュピート
アリシア・デブナム=ケアリーケイトリン
アーレン・エスカーペタダリル
マックス・ディーコンドニー
ネイサン・クレストレイ
ジェレミー・サンプタージェイコブ
リー・ウィテカールーカス
カイル・デイヴィスドンク
ジョン・リープリービス



<ストーリー>
アメリカのシルバートンで巨大竜巻が発生。気象学者のアリソンらストームチェイサーが現地を目指す一方、高校の教頭・ゲイリーは生徒たちを避難させるが…。

“怪物”のど真ん中へ――

-感想-

やぁ!お久しぶりですやん、サラ・ウェイン・キャリーズさん。

とか書きながら本当は最後まで顔は知っているけれど、何の他作品に出てたのか完全に記憶から抜けていたんですけどね(笑)
長女産んで亡くなってから(あ、TVドラマ『ウォーキング・デッド』内での話です)久々に彼女を観たものだから、あれ?この女優何処で観たっけ?と、この記事書くまでマジに思い出せませんでしたよ^^;
腹掻っ捌いて死んだの結構昔の様に感じるんだが、そんなに昔でも無かったわ。

竜巻映画と云えば、ヤン・デ・ボン監督(この人、今何してるの?)作『ツイスター』が真っ先に頭に浮かぶけれど、あれが今から18年前の1996年に作られたのかと思うと、本作と比べても見劣りしないし、むしろあの時代に良くまぁあれだけの映像が作れたものだと感心するものはあるなぁ。

こちらも『ツイスター』に負けず、迫力満点の竜巻パニック映画になっております。
固定カメラだけじゃなく、手持ちカメラ等も多用した事で、それとなくドキュメンタリー風な味わいになっているのも面白い。
色んな角度、視点を用いって登場人物達が巨大な竜巻から必死に逃げ惑う姿を映し出す事で、寄りリアルに近づいた災害映像として成り立たせている所が本作にとってのポイント。

そして、最大の見せ場は、やはり竜巻の目の中にカメラが飛び込んだ所でしょうな。
とは言え勿論作り物だし、実際にもそんな景色なん?と本物を観た事が無い私からすればファンタジーな世界なのだが、それでもあそこまで現実っぽく且つ美しく描かれると、感動と興奮が一緒になって襲ってきた様な、竜巻追跡隊長ピート同様に「おぉ!」と目をキラキラさせながら魅入ってしまう、そんな心地好い気分に浸れましたよ。
ピートにとっても、竜巻の目に入る事が使命でしたからね。
映画としてもここにメインを置いていたと思うし。
どんな形にしろ、結果的には目撃する事が出来たのだから、死と引き換えに飲み込まれていったピートも満足だろうし、観客も満足。
万々歳であります。
ピートの執念と男気に感謝ですな。

遊び半分で同じく竜巻に吸い込まれたユーチューバー二人組みは助かるってのは何とも皮肉なもんですが(笑)。
バカだけど、終始ノリノリなこの二人組み、何故か嫌いにはなれないゾと。

同じ人物がカメラに向かって語り掛けるコメントが災害前と後では異なったものになるというのも、大災害を経験すると人は命に対しての意識を180度変えるてのは、我々日本人被災者の考え方にも当てはまっていて、何時来るか分からない災害には常に注意を払い、準備と対策を怠らずに、というメッセージ性をきちんと含めて、他人事じゃないんだぞと分からせた上で話を締め括る辺りに、本作がいかに唯のパニック映画で終わっていないかが明確にされていて好感度が上がっちゃったな。

評価:★★★☆
14/12/24DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2014-12-23
メーカー:ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

オフィシャル・サイト(日本語)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (38)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヘルレイザー/ゲート・オブ... | トップ | DOCUMENTARY of AKB48 The t... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2014-12-25 08:36:10
いや、ユーチューバーは殺しとけ。
TBありがとうございます (すぷーきー)
2014-12-25 16:29:17
生身で竜巻に巻き込まれたおバカ二人のラストは、無理がありすぎだと思いました。(^^;)
>ふじき78さんへ (ヒロ之)
2014-12-27 14:07:38
こんにちは。
追跡体長が浮遊している時にユーチューバーの飛んでいる姿も映っていたら笑えたのに・・・w
>すぷーきーさんへ (ヒロ之)
2014-12-27 14:27:01
こんにちは!
コメントありがとうございます。
確かに、あんな竜巻に飲み込まれても助かるってのは有り得ないですよね(笑)
ま、監督さんは内容が災害という重たいものだったので、最後位は笑って終わらせようと考えてこうしたのかもしれませんね。
出遅れ~ (Puff)
2014-12-28 02:06:59
そそ、驚異の映像に度肝を抜かれましたね!
リアル度で言えば、ここ最近観た映画の中では断トツではないかしらん。
仰る通り、いろいろな視点や角度から捉えているので、
ドキュメンタリーとしてもドラマとしても重層的なものになっていましたね。
竜巻が襲って来る時に逃げるシュミレーションにも役立つと思いました!えへへ

あのお馬鹿二人はホントお馬鹿さんで…
彼らがいることで、緊張感が続く中の息抜きにはなりましたね。
呆れつつも憎めないキャラなんですよね~

竜巻の目に巻き込まれた人。
何だか恍惚としてましたね、
たとえ生きて帰れなくても彼には本望だったでしょうね~
ホントにあんな風になっているなら、私も巻き上げられたいと思いましたよう
Unknown (せつら)
2014-12-29 10:01:58
ちょっと昔は年に一度の大作ディザスターパニックという感じでしたが
近年は見られなかったのでうれしかったですね
やはりノストラなんとかさんが予言外しちゃったしいろいろ地球滅亡
予言外しちゃってるしだからかな~
B級ならくさるほど出してるのに大作となるとほんと久しぶりでした
お金が掛かっているだけあって竜巻の映像や被害の映像など
凄かったですね、俳優さんが日本では知名度がない方ばかりで
その辺地味だったかな~
>Puffちんへ (ヒロ之)
2014-12-30 00:09:40
こんばんは~
きっちりとリアルに竜巻を映像化させていて、見応えがありましたよね~
固定カメラだけじゃなく、POV方式も取り入れている辺りには、より緊張感を膨らませていて良かったと思います。

ユーチューバー二人組みは本当にバカなんですけど、嫌いなバカではなかったです。
ああいう憎めないバカも、こういう緊迫した災害映画には必要かなとは思いました。

竜巻追跡体長は竜巻の中に入る事を生き甲斐にしていたので、例えその後に死ぬ運命が待ち受けていると分かっていても、願いが叶ったのだから、彼としては本望ではあったでしょうね。
やり遂げた感が表情にも出ていました。

死なない前提なら、一度巻き上がられてみたいですよね~
>せつらさんへ (ヒロ之)
2014-12-30 01:18:32
こんばんは!
こちらにもありがとうございます。
TVムービーとかではこの手のディザスター作品は多く未だに作られているんですが、劇場公開する程の大作はここ最近は無かったですね。
ネタが尽きた感もありますが、同じ題材でも演出に工夫さえ施せば幾らでも面白いものは作れるというのを本作で立証されたのではないでしょうか。
迫力ある映像と、モキュメンタリー風な作りにドキドキしながら観れる作品でしたね。
確かに出演者は日本では知名度の低い方ばかりでした。
よく知らない俳優さんばかりだと、誰が死ぬのか分からないという楽しみは生まれますけども^^
こんにちは (maki)
2015-01-12 12:54:04
超大作ってわけじゃないけど、
迫力ある映像で魅せてくる作品でしたね~
うん、ツイスターがみたくなったかも。
でもバカなユーチューバーが助かるのは納得がいかん!
>makiさんへ (ヒロ之)
2015-01-12 23:10:09
こんばんは!
竜巻が迫力あって凄くワクワクしながら観れました。
ツイスターも面白かったですよね。
もう一度見直したけども、どこかの局が放送してくれないかしら。
ユーチューバーが助かったのは、多分監督がどんよりと終わらせたくなかったのかも。
こんにちはー (momorex)
2015-02-15 11:36:21
最近、噂やタイトルでB級って判断するのは間違いだってことに気が付き始めました。
これもそうで、主役2人は有名な俳優さんだし、何より竜巻シーンが圧巻でした。
ユーチューバーさんについては、確かに皆さん仰っている通りなぜ助かったのかは不明ですね(^^) このノリは私はマイケル・ベイ監督を思い出しました。
>momorexさんへ (ヒロ之)
2015-02-15 22:48:14
こんばんは!
コメント&TBありがとうございます。

タイトルだけだと一見駄目そうでも、いざ観てみると意外と面白い、と思う作品はありますよね。
私も実はあまりこの作品には期待してませんでした。
どうせ「ツイスター」もどきだろ、て思ってましたから。
いやいや、パニック映画としては凄く良く出来た作品でしたよ。
竜巻シーンが圧巻でしたねぇ。
私はそんなにユーチューバー2人が生き残った事に対しての不満不平はないです。
むしろ、暗い雰囲気をカラッと明るくさせて終わらせた事に好感が持てました。

あわせて読む

38 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
イントゥ・ザ・ストーム (佐藤秀の徒然幻視録)
最近のSF映画の原点のような昇天シーン 公式サイト。Into the Storm。スティーヴン・クォーレ監督、リチャード・アーミティッジ、サラ・ウェイン・キャリーズ、マット・ウォルシュ、マ ...
『イン・トゥ・ザ・ストーム』 2014年8月5日 一ツ橋ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『イン・トゥ・ザ・ストーム』 を試写会で鑑賞しました。 まだアメリカでも公開前の為か、厳重なセキュリティチェックがありました そこまでする必要があるんでしょうかね 中国ならまだしも日本だからそんなに盗撮の心配はなさそうですが... 【ストーリー】  直径1,00...
『イントゥ・ザ・ストーム』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「イントゥ・ザ・ストーム」□監督 スティーブン・クォーレ□脚本 ジョン・スウェットナム□キャスト リチャード・アーミテージ、サラ・ウェイン・キャリーズ、マット・ウォルシュ ■鑑賞日 8月24日(日)■劇場 TOHOシネマズ...
映画「イントゥ・ザ・ストーム」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2014/8/22、109シネマズ木場。 シアター5。 過去ログによると「中央通路直前のD列は前過ぎ」とあったので 中央通路直後のF列を選択した。 なお、E列は中央通路に振られており、座席はない。 ** リチャード・アーミテージ、サラ・ウェイン・キャリーズ、...
イントゥ・ザ・ストーム 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
竜巻ディザスター映画『イントゥ・ザ・ストーム』 が公開されましたので観に行ってきました。 こちらはドルビーアトモス採用映画で対応する 劇場まで遠征して鑑賞、ガッツリ鳴らしてくれて 迫力がありました。 イントゥ・ザ・ストーム ブルーレイ&DVDセット(初回限...
イントゥ・ザ・ストーム (そーれりぽーと)
『ツイスター』以来の本格竜巻映画『イントゥ・ザ・ストーム』を観てきました。 ★★★★ 意外だったのは、モキュメンタリーの手法を用いた映画だったことと、その演出が緊迫感を高めるのに凄く効果的に行っていると言うこと。 モキュメンタリーである事を感じさせないス...
映画『イントゥ・ザ・ストーム』★ものスゴイ竜巻の中で(>_<) (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
    作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/164564/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。     嵐をわざわざ、体感するなんて ……( ― _ ― )!! と言う感じではありますが 怖いモノみたさで、鑑賞し...
劇場鑑賞「イントゥ・ザ・ストーム」 (日々“是”精進! ver.F)
巨大竜巻、襲来… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201408220001/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】【BD2枚3000円2倍】ツイスター【Blu-ray】 [ ヘレン・ハ...価格:1,500円(税込、送料込)
イントゥ・ザ・ストーム (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4,5点】(11)(11) 映像とヒューマンドラマが期待以上の出来で大満足!
「イントゥ・ザ・ストーム」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:Into the Storm)見せ物に徹する潔さが良い。とはいえ、ストーリーには過度に御都合主義的な部分は見当たらず、演出は若干のケレン味を織り交ぜつつもテンポは良好で、ちゃんと1時間半の尺に収めているなど、作り手の的確な仕事ぶりが目立っている。娯楽映画....
イントゥ・ザ・ストーム (映画情報良いとこ撮り!)
イントゥ・ザ・ストーム 巨大竜巻がシルバータウンを襲った。 これは、過去最大のものだ。 飛行機も飲み込まれる程の威力。 市民は、シェルターへと避難した。 そんな時間があったんだ。 また、この巨大竜巻を追うやからもいた。 この自然現象をどう乗...
イントゥ・ザ・ストーム (映画好きパパの鑑賞日記)
 超巨大竜巻が街を襲うというプロットは単純ながらも、SFXの発達で迫力の映像が見られる作品。劇中のセリフにありますが、アメリカでは「ハリケーン・カテリーナ」「ハリケーン・サンディ」などの異常気象が問題になっており、日本も広島の水害など、豪雨、竜巻の被害が...
『イントゥ・ザ・ストーム』をトーホーシネマズ六本木6で観てゲラゲラ大笑いふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★単純明快】   「竜巻が来た」 「キャー」 それだけの映画。 娯楽映画の基本ってこういうくだらない見世物主義でしょ。 実に満足。 【銭】 トー ...
『イントゥ・ザ・ストーム』 (2014) / アメリカ (Nice One!! @goo)
原題: Into the Storm 監督: スティーブン・クォーレ 出演: リチャード・アーミテージ 、サラ・ウェイン・キャリーズ 、マット・ウォルシュ 、アリシア・デブナム・ケアリー 、アーレン・エスカーペタ 公式サイトはこちら。 観測のため荒れ狂う竜巻に立ち向...
イントゥ・ザ・ストーム/リチャード・アーミティッジ (カノンな日々)
直径3,200メートル、秒速135メートルもの巨大竜巻が襲来するさまと襲われた人々の死闘をドキュメンタリータッチな映像で描いたディザスター・パニック・ムービー。監督はジェームズ ...
イントゥ・ザ・ストーム (試写会) (風に吹かれて)
ナイフは便利な道具です 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/intothestorm8月22日公開 監督: スティーブン・クォーレ  「ファイナル・デッドブリッジ」
イントゥ・ザ・ストーム ★★★ (パピとママ映画のblog)
史上最も規模が大きい竜巻に襲われた人々の死闘を描くディザスターパニック。ジャンボジェット機も簡単に飲み込む直径3,200メートル、秒速135メートルもの巨大竜巻が襲来するさまを、臨場感あふれる映像で映し出す。メガホンを取るのは、『タイタニック』『アバター』など...
イントゥ・ザ・ストーム (あーうぃ だにぇっと)
イントゥ・ザ・ストーム@ワーナーブラザース映画試写室
イントゥ・ザ・ストーム (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
モンスターのような竜巻を手持ちカメラで撮影しながら、父と息子や母と娘などの人間のドラマがうまく絡み合っているのがすごい。3Dでないのに、竜巻の頂上を突き抜けて雲の上に出た瞬間の爽快感は衝撃的だった。体験娯楽映画として秀一な出来栄えだ。
『イントゥ・ザ・ストーム』 息継ぎに気をつけろ! (映画のブログ)
 鑑賞中に一斉に息をする音が聞こえる映画は珍しい。  『イントゥ・ザ・ストーム』はそんな稀有な一本だ。  映画が佳境に差し掛かると、我知らず息を止めてしまう。まったく自覚はない。  危険が去ってはじめて息を呑んでたことに気付き、ようやく息を吐き出す。...
イントゥ・ザ・ストーム。 (すぷのたわごと。)
『イントゥ・ザ・ストーム』の試写会に行ってきました。 コスプレしてない“トーリン・オーケンシールド”を見てみたくて応募。 原題は『INTO THE STORM』。 高校の卒業式の日、シルバートンの街に巨大竜巻が襲いかかる。 ゲイリー(リチャード・アーミティッジ)は...
イントゥ・ザ・ストーム (映画と本の『たんぽぽ館』)
廃墟の街で人はまた25年後に向けて歩み始める * * * * * * * * * * 牛やトラックが風に巻き上げられて空を飛ぶ・・・ そんなシーンを未だに覚えているのですが、 それは「ツイスター」という、本作と同じく竜巻をテーマとした作品。 しかしそれが....
『イントゥ・ザ・ストーム』(2014) (【徒然なるままに・・・】)
マイフェイバリット・ムービーの中に『ツイスター』を入れてる身としては、これは劇場に体感しに行くしかありません。お話は大きく二つのグループに分かれて展開してきます。一つは高校教師の父親と高校生二人の息子、母親が亡くなってからギクシャクしっぱなし、という家...
『イントゥ・ザ・ストーム』 (こねたみっくす)
映像だけは凄い。ただリアルな怖さは一切ない。 これはディザスターパニック映画というよりはモンスターパニック映画です。巨大竜巻を自然災害というよりは予告編通りに「怪物」 ...
イントゥ・ザ・ストーム (シリモンコンとナコントン)
『イントゥ・ザ・ストーム』 "INTO THE STORM" (2014・アメリカ・1h29) 監督 : スティーヴ・クエイル 出演 : リチャード・アーミテイジ、サラ・ウェイン・キャリーズ、マット・ウォルシュ、マックス・ディーコン、ネイサン・クレス、アリシア・デブナム=ケアリ...
イントゥ・ザ・ストーム (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【INTO THE STORM】 2014/08/22公開 アメリカ 89分監督:スティーヴン・クエイル出演:リチャード・アーミティッジ、サラ・ウェイン・キャリーズ、マット・ウォルシュ、アリシア・デブナム=ケアリー 、アーレン・エスカーペタ、マックス・ディーコン、ネイサン・クレス ...
イントゥ・ザ・ストーム (だらだら無気力ブログ!)
アメリカさんとこも大変だ。
イントゥ・ザ・ストーム(Into the Storm) (田舎に住んでる映画ヲタク)
 観測のため荒れ狂う竜巻に立ち向かう「ストームチェイサー」と呼ばれるプロフェッショナルを中心に、直径3200メートルに及ぶ超巨大竜巻に直面した人々の姿を描いたディザスターパニックムービー。POV(主観映像)方式も取り入れた臨場感あふれる映像で、荒れ狂う竜巻....
嵐の中へ~『イントゥ・ザ・ストーム』 (真紅のthinkingdays)
 INTO THE STORM  アメリカ中西部の街。地元の高校では卒業式が行われようとしていたが、天候 が不安視されていた。かつては起こり得なかった、巨大な竜巻の発生が懸念さ れていたのだ。そんな中、「タイタス」 と名付けられた特装車を駆り、ストームチ...
イントゥ・ザ・ストーム (ダイターンクラッシュ!!)
2014年8月23日(土) 16:35~ チネ12 料金:1100円(チネチッタデー) パンフレット:未確認 主役はトルネード。 『イントゥ・ザ・ストーム』公式サイト ディザスター・ムービーは、結構登場人物が多く、多くのドラマが描かれるが、本作は、ドラマは3つくらいに...
イントゥ・ザ・ストーム (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第356回「コンピューターの進歩の方に驚くばかりでした。」 私は昔からディザスタームービーが好きだ。古くは「タワーリング・インフェルノ」や「エアポートシリーズ」、「ポセイドン・アドベンチャー」「ディープ・インパクト」「デイ・アフター・トゥモロー」、広い....
『イントゥ・ザ・ストーム』 (La.La.La)
JUGEMテーマ:映画 制作年:2014年  上映メディア:劇場公開  制作国:アメリカ  上映時間:89分  原題:NTO THE STORM  配給:ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント  監督:スティーヴン・クエイル  主演:リチャード・アーミティッジ ...
『イントゥ・ザ・ストーム』('14初鑑賞60・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 8月22日(金) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン2にて 11:40の回を鑑賞。
映画:イントゥ・ザ・ストーム Into The Storm クソ暑~い残暑にぴったりのディザスター物 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
いわゆるディザスター・ムービー(パニック映画、とも言う)の系譜。 近いところでいうと「ツイスター」 Twister に近いか? あちらもF5クラス級(秒速117-141m)のだったが、この映画に出てくるのも、秒速135m。 全体の0.1%未満という出現率のトルネード。 なので、....
イントゥ・ザ・ストーム (はるみのひとり言)
試写会で観ました。手荷物検査と金属探知機検査がありました。厳戒態勢ですね~。牛が飛んでたのと似たかよったかじゃないの~と思っていましたが、さらにパワーアップというかよりリアルで怖かったです。竜巻が生き物みたいでした。主な登場人物には都合良くそれちゃうと...
イントゥ・ザ・ストーム (いやいやえん)
【概略】 アメリカのシルバートンで巨大竜巻が発生。気象学者のアリソンらストームチェイサーが現地を目指す一方、高校の教頭・ゲイリーは生徒たちを避難させるが…。 パニック 竜巻映画です。96年の「ツイスター」がみたくなったな。 この手のパニック映画にあ...
『イントゥ・ザ・ストーム』 (ラムの大通り)
(原題:Into the Storm) ----いやあ。ほんとうに暑いニャあ。 10年前に、映画のお話を聞き始めた頃より、 さらに暑いみたい。 エルニーニョで冷夏と聞いていたけど、 もう信じられニャい。 「ほんと、このごろの天候はおかしいよね。 竜巻注意報なんかも出たりして、 ....
『イントゥ・ザ・ストーム』(2014) - Into the Storm - (momoな毎日)
B級風の使い古されたストーリーだというのに、そんなこと気にしてる暇が無いほど巨大竜巻が次々に!始まりの雹(ひょう)から超弩級巨大竜巻まで、全部ホンモノ!?にしか見えないスゴイ映像と迫力だった。また、あたり作品だー ■ イントゥ・ザ・ストーム - In...