銀幕大帝α

切り株愛好連盟加入ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で8周年。2700作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

ベイマックス

2015年04月26日 13時46分02秒 | アニメ
BIG HERO 6
2014年
アメリカ
102分
アドベンチャー/コメディ/ファミリー
劇場公開(2014/12/20)




監督:
ドン・ホール
クリス・ウィリアムズ

製作総指揮:
ジョン・ラセター
声の出演:
スコット・アツィットベイマックス
ライアン・ポッターヒロ
T・J・ミラーフレッド
ジェイミー・チャンゴー・ゴー
デイモン・ウェイアンズ・Jrワサビ
ジェネシス・ロドリゲスハニー・レモン
ダニエル・ヘニータダシ
マーヤ・ルドルフキャスおばさん
ジェームズ・クロムウェルロバート・キャラハン教授
アラン・テュディックアリステア・クレイ
声の出演(日本語吹替版):
川島得愛ベイマックス
本城雄太郎ヒロ
菅野美穂キャス
小泉孝太郎タダシ



<ストーリー>
幼い頃に両親を亡くし、謎の大爆発で兄を失ってしまった少年・ヒロの前に突然、ロボットの“ベイマックス”が現れる。

“優しさ”で世界を救えるか?

「あなたの心とカラダを守ります。」
彼の名はベイマックス。
人を傷つけることを禁じられた、
優しすぎる僕のロボット。


-感想-

「ベイマックス、もう大丈夫だよ」

またてっきり感動的ロボットドラマなのかと思って観てたら、急にヒーロー戦隊ものになったのでビックリ!


出会いがあれば、必然と別れも訪れる訳でして、タイムワープホール内でのシーンは辛い!悲しい!!

ベイマックスはビニール製のメタボロボットで、その姿とお茶目な動作からも物凄く優しさに包まれた性能を持ち合わせているケアロボットだというのははっきりと伺えます。
これを戦闘用に改良していくヒロですが、パワーがアップしても性格は変わらずのまま。
ただ1度だけヒロが暴走しちゃって、チップを入れ替えたばっかりにベイマックス自身も暴走ロボットと化してしまう。
歯止めが利かなくなったロボットは本当に恐ろしい。
冷静になったヒロもこの体験を猛省して、その後は一切そういうのはやらない。
そう、人を癒すロボットを殺しの道具として使ってはいけない。
そういうのを監督もやんわりと観客に伝えたかったんだろうなぁ。

ベイマックスは充電式なんだけれど、バッテリーが切れ始めるとヘベレケになっちゃう。
もうどう見ても中年の酔っ払い(笑)。
余りにもギャップが激しすぎて腹抱えて笑ってしまった。

ヒロを筆頭に天才学生の集まりなチームなので、それぞれの有り得ない程に高度な変身スーツは観ていて楽しい。
ただヒロとベイマックス以外はそんなに役立ってなかったような気が・・・。
活躍はしてたけども、大活躍て所まではまだ達していなかったかな。
出来立てホヤホヤのチームだから致し方なしか。
今後チームワークが高められていったら個々の活躍も目立ってくるんだろうなぁ。

ふんだんに盛り込まれた多彩なアクションの数々、クスッと笑えるコメディ要素(セロテープシーンの妙な間の置き方とか好き)、意外な敵(歌舞伎マン)の正体と、善悪はっきりと分かれた子供でも十分に理解出来るシンプルな物語、そして1番は何よりもベイマックス!
全てが最高と思えるアニメでした。

評価:★★★★★
15/04/25DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2015-04-24
メーカー:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

オフィシャル・サイト(日本語)

関連作品:
『愛犬とごちそう(2014)』(併映短編)

これ結構感動出来ます。
御主人様の悲しむ顔を見たくないワン!と奮闘する子犬ちゃん。
短い尺ながらも喜怒哀楽全部入っていて、最後は喜で終わる所が素敵。
御主人様が幸せならオイラも幸せだワン!
だってとっても美味しい食事と、とっても楽しい1日が提供されるのだから。
人並みの感情を表に出して観る者の心をほんわかさせてくれる子犬ちゃん、可愛かったな~^^
評価:★★★★
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (20)   トラックバック (54)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドラキュラZERO | トップ | Facebookで大逆転 »
最近の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (yutake☆イヴ)
2015-04-26 14:56:40
こんにちは☆

TBありがとうございます♪

親しみやすい素敵な貴記事に
お返しTBさせてくださいませ♪
>yutake☆イヴさんへ (ヒロ之)
2015-04-26 15:42:58
こんにちは!
励みになるコメントありがとうございます^^
これからも宜しくお願い致します。
Unknown (ふじき78)
2015-04-26 21:07:24
> ただヒロとベイマックス以外はそんなに役立ってなかったような気が・・・。

誰か一人が突出している訳ではないのだけど、最後の戦いでは一人一人がマイクロボットを蹴散らして、ブラックホールに吸い込ませるという事を地道にやったのが、最後のヒロとベイマツクスの活躍に繋がってるのだと思います。
Unknown (ボボ)
2015-04-26 21:20:46
ベイマックス可愛かったですね。
私の小学校の頃仲の良かった一級上のガキ大将にフォルムが似ており懐かしみを感じました。

ベイマックスとヒロ以外の活躍が少なかったのは同意です!!もっと見せ場を上手い具合に割り振ってくれれば傑作でした。
こんばんは。 (大阪ひろき)
2015-04-26 23:07:41
ヒロ之さん、こんばんは。
「ベイマックス」、良かったですね。
お話のテンポの良さ、展開の早さで、最後まで飽きさせないですね。
インターネット上でも、話題になっていますが、日本の宣伝方法と外国の宣伝方法が違っていて、日本版の予告編を見てみると、「感動」がウリの作品に思われますが、作品を観てみると、想像していた内容とは、異なり、アクション重視のヒーロー映画で、驚かされました。
実は、こう言う作品だったのかと。
ですが、良い意味で裏切られた感じで、かなり楽しめました♪
ディズニーアニメで、今まで、ヒーロー映画は、あまり記憶にないので、とても斬新でしたね。
日本のロボットアニメ、タツノコプロ作品、そして、戦隊ヒーロー作品へのオマージュが随所に散りばめられていたり、主人公の兄弟のお名前が「ヒロ」と「タダシ」だったり、街中に並び立っている日本語の看板や電柱、トトロやドラえもんのようなベイマックスのふっくらとした見た目(日本のキャラクターじゃないけど、ミシュランのビバンダムにも似ていました。)などなど、日本文化へのリスペクトや愛が沢山詰まっていたので、嬉しかったですね。
ハートフルなストーリーも良かったのですが、アクションも最高でしたね。
スピード感のあるカーチェイスや戦闘シーンに、手に汗握り、ずっと、スクリーンに釘付け状態でした。
特に、ラストバトルは、特大スケールのアクションの連続で、まるで実写のアクション映画を観ているような迫力で、とても気分が高揚しました。
ラストは、ホロリとさせられました。
全編に興奮と家族愛と友情が満載の感動的な作品で、大満足でした!!!!!
是非続編を制作してほしいですね。
あと、日本版エンドソングのAIさんの「Story」の英語版も、良かったですね。
本当に、いつまでも色褪せない名曲だと思います♪
併映の短編映画「愛犬とごちそう」も、ワンちゃんが可愛くて、癒されましたね♪
それでは、失礼致します。
追記。 (大阪ひろき)
2015-04-26 23:37:53
ヒロ之さん、こんばんは。

>ふんだんに盛り込まれた多彩なアクションの数々、クスッと笑えるコメディ要素(セロテープシーンの妙な間の置き方とか好き)、意外な敵(歌舞伎マン)の正体と、善悪はっきりと分かれた子供でも十分に理解出来るシンプルな物語、そして1番は何よりもベイマックス!
全てが最高と思えるアニメでした。

先程、書き忘れてしまいましたが、上記、全て、ヒロ之さんと同感ですね。
本当に、ヒロ之さんの仰るとおりで、お子様からご年配の方まで、老若男女問わず、どなたでも、楽しめる勧善懲悪のシンプルなストーリー、そして、笑いあり、涙あり、感動ありと、色々な要素が詰め込まれた良作でしたね。
本当に、全てが最高と思えるアニメでしたね。
続編を熱望致します。
それでは、お休みなさい☆
改めて、失礼致します。
>ふじき78さんへ (ヒロ之)
2015-04-27 00:27:48
こんばんは!
こちらにもありがとうございます。

あっそうかぁ、そういう意味ではきちんと出番は用意されてましたね~。
彼らの努力があったからヒロとベイマックスの見せ場にも繋がったてのは納得です。
>ボボさんへ (ヒロ之)
2015-04-27 00:31:52
こんばんは!
コメントありがとうございます。

正にケアロボットと言われるだけの事はありベイマックスには癒されました。
そんなに似てらっしゃったご友人がおられたんですか。
より親しみを持って見られた事でしょう。

ヒロとベイマックス以外の4人にはもう少し個々での大きな活躍の場を設けて欲しかったかもです。
折角のスーパースーツを着込んでいるのに、それが余り活かせなかったのは少し寂しい気もしました。
>大阪ひろきさんへ (ヒロ之)
2015-04-27 00:43:42
こんばんは!
コメントありがとうございます。
大阪ひろきさんは確か映画館で御鑑賞されたんでしたよね?
評判が良かったので期待してアニメでしたが、本当に面白かったです。
海外の予告編は違うんですか?
日本版はTVCMで見ましたが、あれだけだと感動アニメななのかと思っちゃいますよね。
私もそう信じ込んでいたので、いきなりヒーローものになったのにもは驚きました。
でも私も大阪ひろきさんと同じでその驚きが良い具合の裏切り感があって、楽しさは膨らみました。

これ、かなり日本の事を考えて作品にしてくれてますよね。
あらゆるシーンで日本の看板が見れたのは嬉しかったですし、なにより主人公が日本人というのには同じく親しみを持てました。
私はベイマックスを最初見たとき真っ先に思い出したのはトトロでした。
ジョン・ラセター監督は宮崎監督を敬愛しているので、もしかしたら意識してこのような姿にされたのかもしれませんね。
アクションばかりではなく、ストーリーも実に奥が深く、またコメディ部分も笑えるものが多くて、最初から最後まで飽きずに見れることは出来ましたけども、やはりなんといってもベイマックスの愛らしさが1番でした。
こういうロボットなら欲しい!と本気で思いましたよ。
普段エンドロールは飛ばしてしまう私ですが、今回はじっくりと聞いてました。
それくらい映画に満足して余韻に浸ってたんだと思います。
短編映画もとても良かったです。
ワンちゃんのがんばりに感動でした!
>大阪ひろきさんへ (ヒロ之)
2015-04-27 00:48:49
追記ありがとうございます。
子供でも大人でも見れる良作でしたよね~。
私は難しい話は苦手にしているタイプなので、これ位シンプルなストーリーだと親しみが持てて素直に映画に集中出来ます。
また善悪はっきりと分かれているので、ヒロたちに大きな応援心が生まれるというのも良かったです。
続編があるとすると、彼らのチームワークは更に高められると思いますので、ヒロとベイマックス以外の仲間の活躍の場も増えそうですね。
私も是非、続編を作って欲しいです。
こんばんは。 (大阪ひろき)
2015-04-27 01:20:00
ヒロ之さん、こんばんは。

>海外の予告編は違うんですか?

日米の宣伝方法、「売り方」が、かなり違うみたいですね。
検索したら、比較した、面白いサイトを見つけました。
日本は、「感動」が売りで、アメリカは、「アクション」が売りの宣伝になっていますね。
女性には、前者の方が受けが良さそうだし、男性には、後者の方が受けが良さそうですね^^
               ↓

http://matome.naver.jp/odai/2141866561764500601

それでは、失礼致します。
>大阪ひろきさんへ (ヒロ之)
2015-04-27 02:02:01
こんばんは!
詳しい解説がなされているサイトへのお導きありがとうございます。
じっくり拝見させて貰いました。

予告詐欺、とか書かれていますね(笑)
実際比べてみるとポスターからして全然違いますね~。
アメリカでは完全にヒーローアクションとして宣伝していますが、あちらではマーベルコミックということもあり皆さん見る前から分かってたんでしょうか。
日本では馴染みのない原作なので、それで敢えて多くの人に見てもらうためにこのような「感動系」アニメとして宣伝したかな??
実際私もこれに原作があるのを知りませんでしたから。
確かに米版の宣伝だと男性が多く見に行きそうですが、日本版だと万人受けしそうではあります。
国によってはそれぞれ宣伝の違いがあるというのも面白いですね。

それでは改めまして、おやすみなさいませ。
こんにちは (maki)
2015-04-27 15:13:59
ベイマックスが最初ミシュランに見えて仕方なかったのだけれど、
ヒロを抱きしめるベイマックスが次第に可愛らしくみえて。
お話は正直面白いと言える部類ではなかったですけど、
じんわりと喪失感がうまっていくような、
あたたかな感覚がありましたね
>makiさんへ (ヒロ之)
2015-04-27 23:46:03
こんばんは!
ミシュラン(笑)
確かにあれにも見えますね。
ベイマックスが本当に愛らしかったです。
ベイマックスのお蔭も多少あるかとは思いますが、作品そのものもとっても良かったです。
私はこれ大好きですね~。
泣きましたよ~ (そよ)
2015-04-28 00:05:19
もう大丈夫だよのシーンは号泣でした
いい映画です
ベイマックスが真面目で超・ちゃんとしているのでいろんなところで笑えます
ベイマックスの声担当の声優さんがよかったですね~
優しい、誠実な声でした

こういうロボットが本当に実用化されないかな、と思います!
たくさんの人が助けられますよね~
>そよさんへ (ヒロ之)
2015-04-28 00:12:28
こんばんは!
コメントありがとうございます

もう全く同じで、もう大丈夫だよ、はウルウルしちゃいました
別れのシーンが出てくるんだろうなという予感はありましたが、実際にそれを見てしまうと涙腺が緩々になっちゃった
真面目過ぎるだけに可笑しな動きをするベイマックスがとっても可愛らしかったですよね~。
その愛らしい姿と声が絶妙にマッチしていました

どこかの研究所が実際にベイマックスをケアロボットの見本として作って欲しいですよね。
今の技術なら十分可能だと思いますから、是非とも実現させて貰いたいです。
Unknown (シグルド)
2015-05-01 03:37:09
おひさですーw
これ映画館で見てきてましたww
そう、セロテープ補修のシーンは館内一斉に忍び笑いがwwww
自分も流石に耐え切れませんでしたwww

車で逃げるシーンでゴーゴーとワサビの掛け合いも面白かったです。
それにしてもゴーゴーかっこいいなw

歌舞伎マン、最初はタダシか?とか思ってたんですが見事にハズレ(´-ω-`)
ラストシーンは感動的ではありましたけど、
データカードの入れ替えやらなんやらが劇中ちょいちょい出てたので、
「あ、やっぱりかw」と思ってしまいましたね。
いや別に批判じゃないんですけどもww

ちなみに小ネタですがベイマックスの顔、
神社のでかい鈴(本坪鈴)のデザインをモチーフにしたそうですwwww
>シグルドさんへ (ヒロ之)
2015-05-01 21:20:13
どもども!
こんばんは!お久しぶりです^^

お!シグさんはこちらは映画館での鑑賞でありましたか。
セロテープと電池切れのところはもう声に出して笑っちゃったんですが、館内でも同じ状態みたいだったようですね。

アハハw
そうそうあの車で逃げるシーンもね、ただのカーチェイスじゃないってのが可笑しかったですよね。

歌舞伎マンは売ってもらえなかったおっさんが正体かと私はずっと思ってたんですが、良い感じに裏切られました。
ああいう風になったという理由にも納得でした。

その小ネタは初耳でした!
あの顔は神社の鈴をモチーフにして作られてたんですね。
なるほどね~。
こんばんは♪ (yukarin)
2015-05-03 00:17:29
途中からの戦隊ものにはびっくりでした 笑
ベイマックス欲しいですね~癒してもらいたいな。
短編のわんちゃんも可愛いかったです。
ちょっと食事が気になりましたが^^;
>yukarinさんへ (ヒロ之)
2015-05-03 14:24:06
こんにちは!
こちらにもありがとうございます。

急にジャンルが変わるのでビックリでしたよね。
ベイマックス、一家に一台欲しいですよね。
でもお値段が高そう^^;
短編の方も程よい感動が出来てとても良かったです。
どちらとも癒されました。

あわせて読む

54 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『ベイマックス』 期待される日本 (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  年末に配られた冊子に、面白い一覧が載っていた。  読売新聞の購読者に配られる読売家庭版2015年1月号のディズニー映画特集だ。「時代を超えて愛され続けるディズニー長編アニメーション」と題して、長編映画第1作目の『白雪姫』から最新の54作...
ベイマックス (Akira's VOICE)
こんにちは。僕はヒロ。ヒーローです。  
ベイマックス (映画好きパパの鑑賞日記)
 ハートフルな予告とはまったく違う、アメコミ風戦隊ものでした。日本をリスペクトしているのも悪くないんだけど、主要キャラクターの行動倫理にいまいち共感できなかったのと、日本語版はチョイ役の菅野美穂がトップクレジットにあったのがダメでしたね。  作品情報 ...
劇場鑑賞「ベイマックス」 (日々“是”精進! ver.F)
あなたを、必ず守ります… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201412200000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】【CDポイント3倍対象商品】ベイマックス オリジナルサウ...価格:2,700円(税込、送料込) 【ベイマ...
ベイマックス (あーうぃ だにぇっと)
ベイマックス@ウォルト・ディズニー試写室
ベイマックス(吹替)~色々な意味で残念感漂う (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Big Hero 6。スティーブン・T・シーグル、ダンカン・ルーロー原作のマーベルコミックのアメコミより。ドン・ホール、クリス・ウィリアムズ監督。(声)本城雄太郎 ...
映画『ベイマックス』★大丈夫!ラストまでボムッとケアしてくれる♪ (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
      作品について   http://cinema.pia.co.jp/title/163908/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。     兄タダシが作ったのは、ケアロボットのベイマックス☆     コンセプト通り、“...
<ベイマックス> (夢色)
観てきました~ ←違。始まる前に「愛犬とごちそう」っていうショートムービーが流れて、途中までそんなに食べたら太ってしまうよ!ダメだよ!って、なんかバッドエンドになるのかと思ってヒヤヒヤしたでも途中で「くぅ~ん」ってなってるワンちゃんが、飼い主の...
『ベイマックス』 2014年12月27日 TOHOシネマズ錦糸町 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ベイマックス』 を鑑賞しました。 パスポート3本目 【ストーリー】  西洋と東洋の文化がマッチし、最先端技術分野の先駆者たちが数多く住んでいるサンフランソウキョウ。そこに暮らしている14歳の天才児ヒロは、たった一人の肉親であった兄のタダシを亡くしてしまう...
ベイマックス ★★★ (パピとママ映画のblog)
マーベルコミックスのヒット作「BIG HERO 6」を基に、ディズニーが放つアドベンチャー。架空の都市サンフランソウキョウを舞台に、並外れた頭脳を持つ少年ヒロが、生前に兄が開発したロボットのベイマックスと一緒に死の真相を暴こうとする。メガホンを取るのは、『くまの...
ベイマックス (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(招待券) 起伏に満ちたストーリーはアニメの域を超えた?
「ベイマックス」、ぷよぷよロボットの大冒険 (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆☆☆ ロボット好き ☆☆☆☆☆ 舞台は、架空都市サンフランソウキョウ、サンフランシスコと東京が合体。そこここに漢字や仮名の勘弁がなんとなく懐かしい。 映画館の都合で、2D吹き替え版で鑑賞。まあ、この手の作品は、吹き替えのほうが気楽。 も...
ベイマックス(Big Hero 6) (田舎に住んでる映画ヲタク)
 孤独な少年と心優しいロボットの絆や冒険を描いたディズニーの長編アニメーション。最先端の技術が集う都市サンフランソウキョウに暮らす14歳の天才少年ヒロは、自ら開発したロボットを使い、アンダーグラウンドのロボット格闘技に夢中になっていた。ヒロの良き理解者...
ベイマックス 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
アメリカのコミック会社マーベルから刊行されている コミックを原作としたディズニーのアニメ作品 『ベイマックス』が公開、『アナと雪の女王』に 続くディズニーアニメのヒット作となり、ロングラン を果たしていました。 しかし3月にもなるとさすがに終わりに近づき字...
ベイマックス/スコット・アツィット (カノンな日々)
サンフランシスコと東京を融合した架空の近未来都市を舞台に最愛の兄を失った孤独な主人公の少年と兄が遺したケアロボットが巨悪に立ち向かって行く姿を描いたディズニーが贈るア ...
ベイマックス (映画的・絵画的・音楽的)
 『ベイマックス』(2D日本語吹替版)をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)ディズニーのアニメながら、評判がいいので映画館に行ってきました。  平日の昼間でしたが冬休み中ということで、映画館は子供たちで満席状態でした。  本作(注1)の初めでは、都市の上空か....
『ベイマックス』(2014) (【徒然なるままに・・・】)
ディズニー傘下となって以降のマーベル・スタジオ製作作品はウォルト・ディズニー・プレゼンツだが、これはマーベル・コミック作品をディズニーがアニメ化したという、いわば初のマーベルとディズニーのコラボ作品。といってもラストの超大物(爆)がカメオ出演する以外マー...
ベイマックス (Break Time)
今日は、この時期らしい天候で・・・
[映画] ベイマックス (12時間Blog)
「ベイマックス」を川崎109シネマズにて観て来ました まずいきなりですが、今作って本当にピクサー制作なのかな?という疑問符が鑑賞後の第一印象でした……CGクオリティは非常に高いんですけどハナシの練り込みが甘いというか、ストーリー的にはどうにも平凡としか言え...
『ベイマックス』('14初鑑賞84・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 12月20日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 15:00の回を鑑賞。
その柔らかさ、無限大 ドン・ホール クリス・ウィリアムズ 『ベイマックス』 (SGA屋物語紹介所)
ついさっき気づいたんですがね… 20日でブログ開始から丸10年経ってました… あ
ベイマックス (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
ベイマックス '14:米 ◆原題:BIG HERO 6 ◆監督:ドン・ホール 、 クリス・ウィリアムズ『くまのプーさん』『ボルト』 ◆出演:ライアン・ポッター、スコット・アツィット、T.J.ミラー、ジェイミー・チャン、デイモン・ウェイアンズ・Jr、ジェネシス・ロドリ...
映画「ベイマックス(2D・日本語吹替版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『ベイマックス(2D・日本語吹替版)』 (公式)を昨日に劇場鑑賞。採点は ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら80点にします。 ざっくりストーリー 3歳で両親を亡くした14歳の天才発明少年ヒロは、唯一の理解者で最愛の存...
『ベイマックス』をトーホーシネマズ六本木7で観て、そら、これはええやろふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★安定】 観た人は分かってるだろう。 観てない人はまあ早く観に行ってください。 つまり、話題になってる宣伝。 間違ってはいないが、あれが全てではない ...
『ベイマックス』をUCT6で2D吹替で観直して、安定としか言いようがないふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★物語は超安定】 本当に面白い物語は何回見ても摩耗に耐える。 という訳で2回目だからして全然、大丈夫。 前回は2D字幕、今回は2D吹替えである。 ...
「ベイマックス」 (或る日の出来事)
日本風味の風景がよかったかな。
ベイマックス (miaのmovie★DIARY)
ベイマックス オリジナル・サウンドトラック (初回生産限定)(2014/12/17)V.A.商品詳細を見る 【Big Hero 6】 制作国:アメリカ  制作年:2014年 深夜、あるラジオ番組で、リスナーからの西洋と東洋の 文化がマッチし、最先端技術分野の先駆者たちが数多く住んで い...
ベイマックス(日本語吹替版)  監督/ドン・ホール&クリス・ウィリアムズ  (西京極 紫の館)
【声の出演】  本城雄太郎(ヒロ)  川島得愛 (ベイマックス)   菅野美穂 (キャス)  小泉孝太郎(タダシ) 【ストーリー】 西洋と東洋の文化がマッチし、最先端技術分野の先駆者たちが数多く住んでいるサンフランソウキョウ。そこに暮らしている14歳の天才児....
ベイマックス (だらだら無気力ブログ!)
まさかの戦隊物だったとは。
映画「ベイマックス」 (しづのをだまき)
2014 米国 108分
『ベイマックス』 (こねたみっくす)
私はベイマックス。あなたの心とカラダを守ります。 兄タダシから受け継いだ弟ヒロに注がれるベイマックスの愛に涙が止まりませんでした。 短足でおデブで表情がなくて決まったこ ...
ベイマックス (風に吹かれて)
ロボットを兵器にしないでね 公式サイト http://www.disney.co.jp/movie/baymax サンフランソウキョウに住む14歳の天才少年ヒロは、幼い頃に両親を亡くし、母親が代わりの
『ベイマックス(吹替版)』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ベイマックス」□監督 ドン・ホール、クリス・ウィリアムズ□脚本 ロバート・L・ベアード、ダニエル・ガーソン、ジョーダン・ロバーツ□キャスト(声の出演) 川島得愛、小泉孝太郎、菅野美穂、本城雄太郎、金田明夫 ■鑑賞日 12...
ベイマックス (本と映画、ときどき日常)
監督 ドン・ホール 声の出演 川島得愛       本城雄太郎       小泉孝太郎 目の前で爆発火災で兄を亡くした化学天才少年の主人公。 兄が残した傷を癒す為に作られたロボット≪ベイマックス≫と共にその真相を探り出す。 う~ん… ちょっと想像してた...
ベイマックス (いやいやえん)
【概略】 幼い頃に両親を亡くし、謎の大爆発で兄を失ってしまった少年・ヒロの前に突然、ロボットの“ベイマックス”が現れる。 アニメ かけがえのない大切な人を失った時、ぽっかりと胸にあいた穴はどう治せばよいのだろうか…最愛の兄タダシを失い心に深い傷を...
「ベイマックス」 Big Hero 6 (2014 ディズニー) (事務職員へのこの1冊)
原題はBig Hero 6。すんげーヒーロー6人組、ぐらいの意味だろうか。マーベルの地味なコミックが原作らしい。このタイトルには、実は主人公の名前がうっすらしこんである。その少年の名はヒロ(Hiro)。住んでいるのはサンフランソウキョウという、サンフランシスコと東....
ベイマックス (そーれりぽーと)
『アナ雪』で勢いづくディズニー・アニメの最新作、『ベイマックス』を観てきました。 ★★★★ 『アナ雪』の後なのを意識したのか、姉妹の話だったのが兄弟の話に。女子が喜びそうだった話から男子が喜びそうな内容になっています。 舞台は空想上の街サンフランソウキ...
ベイマックス (miaのmovie★DIARY)
ベイマックス オリジナル・サウンドトラック (初回生産限定)(2014/12/17)V.A.商品詳細を見る 【Big Hero 6】 制作国:アメリカ  制作年:2014年 深夜、あるラジオ番組で、リスナーからの西洋と東洋の 文化がマッチし、最先端技術分野の先駆者たちが数多く住んで い...
「ベイマックス」☆ふわぽよ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
すっかりUPが年末押し迫った今頃になってしまったけど、クリスマスに「ベイマックス」を観てきたyo
『ベイマックス』 (beatitude)
技術分野最先端の頭脳が集まる都市サンフランソーキョーに住む14歳の少年ヒロは、たった一人の身内である兄タダシを謎の事故で失う。心を閉ざし悲しみに暮れるヒロの前に、突如ベイマックスというロボットが現れる。空気で大きくふくらみゆったりと動くベイマックスは、タ...
泣いてもいいんだよ。~『ベイマックス』 【2D・吹替え版】 (真紅のthinkingdays)
 BIG HERO 6  近未来の架空都市、サンフランソウキョウ(奏京)。14歳のヒロは3歳で両親 を亡くし、大学生の兄タダシと共に叔母の元で暮らしていた。13歳で高校を卒 業した天才少年であるにも関わらず、ロボットファイトで賞金稼ぎに耽るヒロ。 ...
ベイマックス (シリモンコンとナコントン)
『ベイマックス』 "BIG HERO 6" (2014・アメリカ・1h42) 監督 : ドン・ホール/クリス・ウィリアムズ 声の出演 : ライアン・ポッター、スコット・アツィット、ダニエル・ヘニー、T・J・ミラー、ジェイミー・チャン、デイモン・ウェイアンズ・Jr、ジェネシス・ロ...
ベイマックス・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
愛で、すべてを救う。 むちゃくちゃ面白い! 東京とサンフランシスコを合体させた架空の街、サンフランソウキョウを舞台に、オタク少年のヒロと亡き兄の残したロボット、ベイマックスと仲間たちが冒険を繰り広げるSFファンタジー。 監督は共にストーリー畑出身で、20...
ベイマックス (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【BIG HERO 6】 2014/12/20公開 アメリカ 108分監督:ドン・ホール、クリス・ウィリアムズ声の出演(日本語吹替版):川島得愛、本城雄太郎、菅野美穂、小泉孝太郎 “優しさ”で世界を救えるか? 「あなたの心とカラダを守ります。」彼の名はベイマッ...
ベイマックス (心のままに映画の風景)
西洋と東洋の文化がマッチし、最先端技術分野の先駆者たちが数多く住んでいるサンフランソウキョウ。 幼くして両親を亡くし、兄のタダシとともに叔母キャスのもとで育った14歳の天才少年ヒロは、謎の爆発事故でタダシが命を落として以来、すっかり心を閉ざしてしまった...
『ベイマックス』(吹替版) (仲間が増えるといいなぁ・・・)
孤独な少年と心優しいロボットの絆や冒険を描いたディズニーの 長編アニメーション。 最先端の技術が集う都市サンフランソウキョウに暮らす14歳の 天才少年ヒロは、自ら開発したロボットを使い、アンダーグラ ウンドのロボット格闘技に夢中になっていた。 ヒロの良き理解....
「ベイマックス」 (Con Gas, Sin Hielo)
才能ある少年はきちんとケアしよう。 原題は"Big Hero 6"。なんとMARVEL作品である。 そういう目で見れば、なるほど科学方面に突き抜けたキャラクターたちのデフォルメがきっちりと当てはまる。 主人公ヒロをはじめ全員が「超」のつく天才だ。およそ想像を....
ベイマックス (はるみのひとり言)
サンフランソウキョウに住む14歳のヒロは発明が大好きな天才少年。幼い頃に両親を亡くし、兄のタダシとキャスおばさんと暮らしている。ある日、タダシが爆発事故で帰らぬ人に。悲しみにくれるヒロの前に、タダシが残したケア・ロボットベイマックスが現れる。傷ついた心...
『ベイマックス』を吹き替えで観てきた!? (映画観たよ(^^))
すっかり、映画を観ない映画 blog と化してしまっていましたが、、 『ベイマックス』を2D吹き替えで観てきました!? 開幕週のクリスマス&お正月映画なので昼間はほぼ満席でしたね。 まず最初に、短編アニメ「愛犬とごちそう」でハートフルな気分を醸成させてくれ...
映画『ベイマックス』感想 正しく導くヒーローへの道 (映画を観たからイラスト描いた)
『ベイマックス』Big Hero 62014年/アメリカ/102分監督:ドン・ホール/クリス・ウィリアムズ声の出演:ライアン・ポッター/スコット・アツィット/ダニエル・ヘニー/ジェームズ・ ...
ベイマックス  BIG HERO 6 (映画の話でコーヒーブレイク)
昨年末、私の誕生日公開!と知り、随分前からまだかまだかと楽しみにしていたのに…、 なんだかんだとタイミングが合わずとうとう上映終了~ DVD発売は思ったより早かったですね。そして…やっと鑑賞 映画館で観なくてよかったです。 2か所で滂沱の涙 DVDを止め、ティッシ...
ベイマックス (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ドン・ホール、クリス・ウィリアムズ 出演:スコット・アツィット、ライアン・ポッター、T・J・ミラー、ジェイミー・チャン、デイモン・ウェイアンズ・Jr、ジェネシス・ロドリゲス、ダニエル・ヘニー、マーヤ・ルドルフ、ジェームズ・クロムウェル、アラン・テュデ...
ベイマックス (Big Hero 6) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ドン・ホール/クリス・ウィリアムズ 主演 スコット・アツィット(声) 2014年 アメリカ映画 102分 アニメ 採点★★★ ブログタイトルの脇に「“泣ける”イコール“いい映画”なの?」なんてのを掲げちゃってるせいか、泣ける映画を全否定してると思われがち...
映画「ベイマックス」レビュー(最後のロケットパンチ) (翼のインサイト競馬予想)
映画「ベイマックス」のブルーレイを見たのでレビュー記事(感想)を書いてみたいと思います。(ネタバレは無しです。)YouTube 映画「ベイマックス」予告編 無料動画あ......