わんこな毎日 part2

凸凹3わんこの毎日&バタバタな毎日の雑記帳です。

天使になった はるか

2016-10-15 21:34:56 | はるか
家を出て病院に向かう途中、たびぃちゃんのママに会いました。

すでに再輸血のお願いをしてあり、こんどはお姉さんの猫さんを連れて来てくれる事になっていました。


病院に到着し、受付ではるかの様子を話し、待つことに…

待っている間も時々苦しそうに鳴いていました。

今までと違う…

バックに手を入れ、はるかを撫でながら「大丈夫だよ、頑張ろうね」と声を掛けていました。

途中バックの中でう○ちをしてしまいました。
自分でしたのに、ほんとなら嫌がって、片付けろ~と鳴いて訴えるのですが、この時はもう体力を使い果たしたのでしょう…
う○ちを目の前にしてバックの中でグッタリしていました。

う○ちを片付けたところで看護師さんがはるかを迎えに来ました。
すぐに酸素室に入れますと言ってはるかを連れて行きました。

はるかが私の手から離れた最後の瞬間です。

すぐに裏に呼ばれ酸素室の前に通されました。

先生からは、「また同じ状態です、輸血しか方法がないが今はとにかく動かせる状態ではない、なんとか酸素室で落ち着くのを待ちます」とお話がありました。

輸血のお願いはしてありましたが、病院の都合とはるかの状態から今すぐには無理でした…

酸素室で預かってもらう事になり、帰宅するように言われました。

しばらくはるかの側にいて、帰宅することにしました。



はるかに、頑張れ!!明日も来るからね。と声をかけた時の写真。

これが、生前の最後の姿になりました。


気になりつつ帰宅したものの、午後には来客の予定があったので近所のスーパーへ行き買い物をしていました、その時病院から電話がきて…

はるかちゃんの呼吸が止まりました、すぐに来てください。

と…

とうとうこの時が来てしまった!!

急いでお金だけ払い荷物はパパに頼んで病院まで走りました。

私が着くと受付の看護師さんが慌て中へ通してくれました。

中へ入ると、人口呼吸器をつけて心臓マッサージを受けているはるかがいました。

電話をくれる前から強心剤を打ち心臓マッサージを続けているとの事でした、まだ体は少し温かいけど、硬直が始まっていました。

しばらくそのままマッサージを続けてくれていましたが、「先生が手を止めたら心臓も止まりますよね?」と尋ねると、そうなります。とのお返事…

もう戻ることはない…

飼い主が納得して終わらせるために、先生も頑張ってくれたのだと思います。
それは、飼い主のためであり、病院のためでもあるのでしょう…
でもそれは間違っていないと思います。中には無茶なクレームをつける人達もいるのでしょう。



もう息を吹き返すことはない…


はるかに「は~ちゃん頑張ったね、もういいよね」と声をかけ先生の手を止めてもらいました。

処置があるので待ち合い室で待つよう言われその場を離れました。

大勢の患者さんがまっていましたが、声を殺して号泣しました。

パパが遅れて到着し、きれいにしてもらったはるかを連れて帰宅…

帰りに、一緒に保護してくれた、ヨシヨシの所へ寄りはるかに会ってもらいました。

玄関前で三人で大泣きしました…


続く…
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« はるか… | トップ | お空へ… »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。