激変する未来に向けて、銀色狼の備忘録

遠くない未来、地球も世界も激変すると直感している。愚人は何を考えどう行動していくのか、趣味と生活を含め、その備忘録とする

あけましておめでとうございます。今年は、、、

2017-01-04 12:32:08 | 米国

2017年も始まり、今年は世界の趨勢が大きく変わる年になるのではないでしょうか。米国大統領が反グローバリストのトランプ氏になったわけです。その他にもロシアの大統領であるプーチン氏は益々その勢いが強くなり、欧州や中東に手足を伸ばすのではないでしょうか。また、中国も巨大な軍事力を背景に全方向に進出してくるでしょう。

小さなニュースですが、早速、トランプ氏の影響が出てきました。

米フォード、メキシコ工場建設を中止 トランプ氏の批判に対応か  
 
日本経済新聞 2017/1/4 3:38

 【ラスベガス=中西豊紀】米フォード・モーターは3日、メキシコでの工場新設をとりやめ、代わりに米ミシガン州の工場で電気自動車(EV)と自動運転車をつくると発表した。フォードはメキシコの新工場で小型車をつくり米国に逆輸入する計画だったが、トランプ次期米大統領はこれを「恥知らず」と批判し、大統領就任後は高関税をかけると公言していた。(抜粋終了)

 

(私見)

保護貿易主義だと批判する人も多いのでしょうが、行き過ぎたグローバリズムで自国の産業と雇用が失われるようであればこのような方策も仕方ないのではないでしょうか。国益のための国家なのですから。おそらく今年はこのような流れが強くなるであろうと予想します。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イタリアナポリ周辺の巨大カ... | トップ | ワカサギ釣りのテントが張ら... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。