激変する未来に向けて、銀色狼の備忘録

遠くない未来、地球も世界も激変すると直感している。愚人は何を考えどう行動していくのか、趣味と生活を含め、その備忘録とする

豊洲市場に「凍土壁」と「爆破弁」を設置してはどうか?

2016-09-15 19:51:09 | 原子力災害

豊洲市場には地下に2000トンの強アルカリ性汚染水が貯留し、地下空洞にはガスが貯留しているそうです。大変危険な建築物らしいので本格的な対策が望まれます。

共産党都議団と都議会公明党の「視察動画」を公開!豊洲市場の地下の水は「強アルカリ性」水深最大20センチ

産経ニュース 2016.9.15 12:30更新

 築地市場(東京都中央区)の移転先となる豊洲市場(江東区)の主要施設下で、都が土壌汚染対策に実施したとしていた4.5メートルの盛り土が行われていなかった問題で、共産党都議団は14日、豊洲市場を視察し、盛り土のない青果棟の地下空洞にたまっていた水を調べた結果、強アルカリ性だったと発表した。(抜粋終了)

 

豊洲市場「爆発」の恐れも 地下空洞に引火性ガスの危険性
日刊ゲンダイ 2016年9月15日

 (一部抜粋) そもそも、外部識者の専門家会議がなぜ、盛り土を提言したのかというと、汚染土壌から発がん性の高いベンゼンなどの有害物質が揮発し、建物に拡散するのを防ぐためだ。それが汚染土壌の上を砕石層で覆っただけなんて、シロートが考えても揮発したベンゼンが空気中に広がっていることが容易に想像できる。

  ベンゼンは発がん性以外に「引火性」も高い化学物資だ。工業会などの資料によると、〈揮発性が高くかつ引火性の強い液体であり、空気との揮発性混合ガスを形成〉〈屋内、屋外または下水溝で爆発の危険がある〉と注意喚起されている。(抜粋終了)

 

(私見)

築地市場(東京都中央区)の移転先となる豊洲市場(江東区)の問題は基本的に東京都の問題であまり興味はなかったのですが、、、騒ぎになっているようなので、野次馬的にちょっと考えてみました。基本的に東京都の職員が勝手に変更(笑)して盛土を行わず、地下が空洞になって、その空洞に①汚染水が貯留している②引火性ガスが貯留している2点が問題になっているようです。まぁ、この程度の事は以下の2つの対策で何とかなるのではないのでしょうか?

①汚染水が貯留している→凍土壁を作れば汚染水は流入しない

②引火性ガスが貯留している→爆破弁を設置して内圧を下げれば爆発は防げる

2つとも既に日本で行われた実績があるので「豊洲市場」で行えば済むのはないだろうか?

今回の問題に対する銀色狼の提案:「豊洲市場」に「凍土壁」と「爆破弁」の設置を急げ!(笑)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北朝鮮を暴走させているのは... | トップ | 北朝鮮の核危機と少女像移転 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

原子力災害」カテゴリの最新記事