スカイラインに乗った仙人の徒然草

日本の永世中立国と21世紀ルネサンス提唱。若い方の夢の実現と将来性を。世界平和の構築。現在流「学問のすすめ」を綴りたい。

スカイラインに乗った仙人の徒然草

2017-04-20 03:32:45 | つれづれなるままに こころにうつりゆく 
  ダイエットは自分に克つことから 
 丸々と太った方にお話を聞くと、一様に「食事がおいしい」という。

 仙人「そりゃ結構。健康な証拠です。でも歩き方が不自然ですので
膝が痛いのではないですか。」

 「お医者さんに痩せるようにと言われます。」と返って来るが、
一向にお痩せにならない。
  
 仙人「もう大分になりますが、変わりませんね。私はもう3か月間
ヘルスメーターの数値が変わりません。」と申し上げておく。

 痩せたいけれど、その努力をするのが嫌なのか?出来ないのか?
「体重計が壊れて測れない。買いに行く時間がない。」などは、
全くこちらの気持ちを全く無視されているだけのことのようである。

 体重が減れば血圧も下がります。歩くのも楽になり膝の痛みも
和らぎます。そのためには、ご自分の取り組み方が大切です。

 大切なことは、日本人は食べすぎです。テレビ・週刊誌・新聞等に
料理の紹介とその技を懇切丁寧に紹介されているため、どうしても
包丁を手にする機会が多いと思われます。

 ダイエットは、食べながら痩せることですが、食べすぎは太ります。
必要以上のカロリーを摂れば当然溜まります。
もう一つは食材の選択が間違っているかもしれません。

 まず、自分の中に住むもう一人の誘惑に克つこと=克己心=が必要
であり、ほんの少しの時間と僅かな測定器具の費用が必要です。
 あとは効果が現われるまで継続することが大切です。

 旅先リポートをお送りするつもりでしたが、旅行中に感じたことを
忘れないうちに綴っておきたくキーボードに向かいました。
 
 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スカイラインに乗った仙人の... | トップ | スカイラインに乗った仙人の... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。