スカイラインに乗った仙人の徒然草

日本の永世中立国と21世紀ルネサンス提唱。若い方の夢の実現と将来性を。世界平和の構築。現在流「学問のすすめ」を綴りたい。

記事のタイトルを入力してください(必須)

2017-05-15 01:52:20 | つれづれなるままに こころにうつりゆく 
  足摺岬の立て看板に
 「土佐の10傑」の偉人が紹介されていたが
 

 明治の元勲ではとも言われるあの有名な田中光顕翁の名がないのは
不思議であったが当地ではそうなのだろうとおもう。

慶応、明治、大正、昭和と生きた余りにも有名な人物なのに、
明治維新の立役者は田中光顕でなく坂本竜馬であったのかと認識を
新たにした。
 ネットでもあれだけページを広げている人物が、土佐の10傑に
選ばれていないのが腑に落ちなかったが、歴史は真実を曲げることも
あるとおかしな理屈をくっつけてみる。

 金剛福寺で、前の岩本寺で頂いたものを忘れたことにも気づかず、
車に乗ろうとしたところ、団体バスの添乗員さんが呼び止めて下さって
「前の岩本寺のものを・・・・。」と言って下さったので「ああやはり
遍路道を歩む方だな」と改めて気づいた次第。

 納経所でも、こちらが一人であるからか、快く譲って下さった。
御礼を述べて一言二言お話させていただいた方であったので「慌て者で
そそっかしくよく忘れ物をします。」などのお話もさせて頂いた。

 何でも伊丹空港で全国から募集した88カ所参りのお客さんを迎えて
御自分もお参りをしているとのことでした。ありがとうございました。

 足元が竦むような絶壁はさすが足摺岬だなと、雨にけぶる太平洋の
荒波と合わせ眺めながら、いろいろと自分の歩んで来た過去を振り返って
みる。
 
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スカイラインに乗った仙人の... | トップ | スカイラインに乗った仙人の... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。