スカイラインに乗った仙人の徒然草

日本の永世中立国と21世紀ルネサンス提唱。若い方の夢の実現と将来性を。世界平和の構築。現在流「学問のすすめ」を綴りたい。

スカイラインに乗った仙人の徒然草

2017-07-15 04:59:13 | つれづれなるままに こころにうつりゆく 
  また、四国88カ所への巡礼への旅が  
 気にしていた事柄が、割合すんなり進んだので、僅かながら心に
ゆとり?が出てきたのかも知れない。

 とはいえ、文字変換が間違って「真央」となれば、浅田真央さんは
どうしているのかなと思い、「忖度」と出れば、国の代表も大変だなと
なる。

 多忙な毎日の中で、階前の梧葉の下で新聞や本によって得る知識と
先人の知恵に喜びを味わう。

 悟りの境地も近づく? となればこそ巡礼の旅への誘惑が乏しい量の
大脳のどこかで頭をもたげてくる。

 前回の四国巡礼後、1週間を経た脳ドックによる検査は、完璧では
なかったので、よけい早く結願を終え、更に複数回は回っておきたい
気がする。

 多くの方々のネットによるリポートのお蔭で、随分と知識を蓄える
ことができました。
 分厚いファイルブックを読み返してはあちこちのお寺を想像している
ところです。

お会いする皆さん方に「一緒に行きませんか」とお誘いしても、10
人に1人も応じてはいただけない。

 一言で「行きたい、ぜひとも連れて行って」と言われる方もあるが。
 そのような方は、親御さんが熱心な信心家であったとか、身近に
何とも言えない問題を抱えている方に多いようである。昔の四国巡礼
とは異なり現代のそれは癒しの世界でもあるのだが
。 
  
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スカイラインに乗った仙人の... | トップ | スカイラインに乗った仙人の... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。