スカイラインに乗った仙人の徒然草

日本の永世中立国と21世紀ルネサンス提唱。若い方の夢の実現と将来性を。世界平和の構築。現在流「学問のすすめ」を綴りたい。

スカイラインに乗った仙人の徒然草

2017-02-22 09:19:52 | つれづれなるままに こころにうつりゆく 
      「メタボ」について   
 前回は仙人のメタボについて少しお送りしましたが、「アヒルの子」の
ように醜いわけではありません。ポッコリ型ではないのです。

 最近は週1の休肝日も設けて、「動かないのに沢山食べる」そちらの
醜さにブレーキをかけて100歳人生を目指しています。

 身体チエックで出てくるデーターによれば、実年齢よりも13~15歳
若く表示されます。

 近年の日本人の食生活が向上したのか、外食産業の繁栄のお蔭?か
高齢者の独り暮らしが増えたのかもしれません。

29年ぶりという「エンゲル係数が上がってきた」と喜んではいられ
ない。政治家の認識とかけ離れた結果を示しているのであるから、
本来ならエンゲル係数が下がってこそ生活水中が良くなっていることを
示すのを忘れてはいけない。
(第2次安倍政権発足して上昇しているという)
 他の消費財にお金を掛けられない悲しい現象です。

 付け加えれば、食材の贅沢が表れているのかも知れません。
「金持ちは身体が弱く貧乏人は元気だ」という古人の言葉は、身体を
動かさないでも御馳走が食べられる人と、働かなければ食ってゆけない
人の差を言い表しているのでしょう。
 
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スカイラインに乗った仙人の... | トップ | スカイラインに乗った仙人の... »

コメントを投稿

つれづれなるままに こころにうつりゆく 」カテゴリの最新記事