スカイラインに乗った仙人の徒然草

日本の永世中立国と21世紀ルネサンス提唱。若い方の夢の実現と将来性を。世界平和の構築。現在流「学問のすすめ」を綴りたい。

スカイラインに乗った仙人の徒然草

2017-07-16 04:11:59 | つれづれなるままに こころにうつりゆく 
 歩き遍路で280回も巡礼をしたという大先達は  

 何でも「中司茂兵衛」という人物であったそうな。

 江戸時代末期から大正時代までというから、随分と交通(道路事情)が
悪かったことと思うと同時に、その敬虔さに心を打たれる。

 前回の投稿で「88カ所巡礼をしませんか」とお誘いしても10人に
1人も応じていただけないと記したが、10人に1人は大きな数字で
ある。

 100人に1人でも、100万人となる。天文学的数字となる。

徳島県鳴門市に「百万人にお遍路を伝える会」という団体があって、
いろんな活動をなさっているようです。

 一番札所である霊山寺の中に設けられていて、全国いや世界中の
人々に四国88カ所の巡礼についての各種案内がなされている。

 お世話になる和尚さんに「どこから初めたよろしいか」お訊ねすると、
「どこからでもよいが、いちばん先は鳴戸の霊山寺に行きなさい」と
教えて下さった、その訳が行ってみて初めて理解できた。

 その霊山寺で頂いたパンフレットにとじ込みの葉書を送ると、更に
詳しい空海弘法大師の話しや、遍路についてのアドバイスが書かれた
資料を沢山送って下さった。

 「費用もいるのに」と思い、少しお送りさせて頂こうと思っている。

 信心はお金や時間に変えられないモノが宿っている。苦労をした筈の
たらちねの心に少しでも近づきたいものである。
 
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スカイラインに乗った仙人の... | トップ | スカイラインに乗った仙人の... »

コメントを投稿

つれづれなるままに こころにうつりゆく 」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。