夕刻のデイドリーマー

ナチュラルに……殊更な作為策謀に用は無し

新しさは……

2017年07月16日 | 夢というもの
そんなに素晴らしくもなく、往々にして……目新しくモノ珍しいというだけの側面が強い。

回数、頻度によってドンドン『使い古され』ていく……。
最初が一番魅力高く、鮮度ある内(珍しい)は興味を強く持てる……。

しかし徐々にそれは当たり前化していき何の変哲もないありきたりとなってしまう。

結局、人もモノもコトもそして夢も……時間の壁を越えながら興味惹かれ続けるものに価値がある。
尚且つ、その興味が尽きないだけじゃなく増して行くってのが理想だろうなぁ……と思う。

僕はとてもミーハーでもあるから自然素材が万能とは言わない。
しかし、土や、石や木材などは過ぎて行く時間を味方に付ける?とでも言う具合に……時間によって、存在感が深まっていく……。飽きが来なくてドンドン魅力的になる。

車選びもその価値観で選んだからもう21年乗り続けている。
コレが飽きること無く、毎朝斬新な魅力を感じている。

飽きが来なくて、時間を味方に付けるものは、手にする時は、物珍しくもなく、インパクトはかえって少ないのが特徴だ……。

何となく手に入れ、気付けばその魅力にハマっているといった具合だ。
瞬間瞬間のインパクト✖興味の耐用年数がヒトやモノの魅せられる価値と言うことだろう。

夢も その流れで考えれば、『見果てぬ夢』こそがその人に取っての最高の夢である!と言えよう……。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 演歌に…… | トップ | try to remember »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。