熊本と福岡の手作り石けん教室 Witch's Kitchen -魔女厨房-

HSAハンドメイド石けん協会シニアソーパー、サリーのブログです。

暮らしの中の石けん教室のご案内

2017年12月13日 | Witch's Kitchen
こんにちは。
熊本と福岡の石けん教室の
サリーです。



寒くなりました。
今朝の熊本は氷点下だとか…。

だけど、昔はもっと寒かった。
霜柱を見なくなって
どれくらいになるでしょうか。

さて、12月16日(土)13時より
「暮らしの中の石けん教室」を
開催します。



初めてさんもOK!

暮らしの中で使う石けんを
手作りしちゃいましょう。

2017年最後の
「暮らしの中の石けん教室」は
馬油と椿油も配合した
贅沢石けんです。

詳細は下記を参照くださいね。

--------- 記 --------

「暮らしの中の石けん教室」
熊本市東区桜木会場

日時 :
2017年12月16日(土)13:00〜15:00

場所 :
熊本市東区花立2丁目23番2号
桜木地域コミュニティセンター 調理室

※駐車場がありませんので、
公共の交通機関、あるいは
近隣の有料駐車場をご利用ください。

費用 : 3800円

持参品 :
エプロン、ゴム手袋、必要な方はマスク、
洗って乾かした牛乳パック、
保冷バッグあるいは保温箱

申込み先 : 申込先はこちら
下記を必ず記入してください。
① 暮らしの中の石けん教室(熊本桜木)
②お名前(フルネーム)
③メールアドレス
④連絡のつく電話番号

申込み締切 : 12月15日(金)12:00




Witch's Kitchen ー魔女厨房ー では、
楽しい石けん教室を企画しています。



基礎から学ぶ
「初めてさんの手作り石けん教室」
(マンスリー講座)複数講師体制

オリジナルモールドで作る
「輝夜姫のたまご石けん教室」

子育ての記念に大人気!
「母乳石けん教室」

マニアックな石けん教室も随時開催中〜☆
お問合せはお気軽に *\(^o^)/*




#熊本と福岡の石けん教室
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「教室のための教室」熊本クラス最終回

2017年12月08日 | Witch's Kitchen
こんにちは。
石けん教室プロデュースの
サリーです。



12月6日(水)最終回を迎えた
小幡有樹子先生の
「教室のための教室」
熊本クラスは17:30に
全過程を終了しました。



大風で飛行機が
欠航になったこともありました。

大雨で延着甚だしく、
先生のご帰宅時間が
夜半過ぎに
なったこともありました。

最終回は台風のため
とうとう延期になりました。


参加者の皆さまも
万難を排して
ご参加いただきました。



言い訳はいたしませんが、
最後まで不手際だらけでした。

先生とご参加の皆さまに
ご迷惑をおかけしたことを
お詫び申し上げます。
↑ 詳細はヒミツです。



この教室が
きっかけで出来上がった
「九州石けん手帖」。



皆さん、
言葉にはできないくらい
真剣になって
製作に取り組んで
下さいました。


それは「九州石けん手帖」を
手に取って
読んでくださった方には
きっと伝わったことと
思います。

皆さん、
私も真剣だったんだよ。
厳しいメールを何度も送って
申し訳なかったと
心から思ってます。



そして、感謝しても
感謝しきれない感謝。

ありがとうございました。



私は6日の夜から
ずっと涙が止まりません。

心も体も泣いているから
涙が出ると身体までが
痛く感じます。

花を…。
花を咲かせよう。
花を咲かせなければ
なりません。

これは私の
大阪クラスの修了証です。




「教室のための教室」
熊本クラスから生まれた
「九州石けん手帖」は
好評発売中〜☆
お問い合わせはこちらです。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イルミネーション

2017年12月04日 | Witch's Kitchen
こんにちは。
熊本と福岡の石けん教室の
サリーです。



約四半世紀も前
「一週間何もしない仕事があります」って
テレビコマーシャルがありました。

熊本の製薬会社の
化粧品のコマーシャルでした。

当時幼稚園児だった息子とその友人は
「オレ、この仕事がしたい」なんて
本気で言ってました。

専任でできる、
そんな仕事が
あったらいいよね (^_^ゞ

一昨々日、
その製薬会社の敷地内に、
大きなツリーの
イルミネーションが
輝いていたした。

真っ暗ななかにそびえ立つ
大きなイルミネーション。

去年までは
敷地いっぱいが煌びやかな
イルミネーションに
彩られていたことを思うと、
寂しくなってしまいます。

感傷にふけってばかりは
いられません。

人はなにかを失いつつも
なにかを得ながら
生きていく。


泡ぶくとなって
消えゆくところによさがある
手作り石けんの情報満載。

「九州石けん手帖」は
好評発売中〜☆
お問い合わせはこちらです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加