熊本と福岡の手作り石けん教室 Witch's Kitchen -魔女厨房-

HSAハンドメイド石けん協会シニアソーパー、サリーのブログです。

10月になりました。

2016年10月01日 | Weblog
こんにちは。
地域に生きるサリーです。(笑)

どこかなサイトで
キンモクセイの
話題を見かけました。

その日、
夜風にキンモクセイの香りを
嗅ぎつけました。

ああ、九州の地でも
キンモクセイの季節…。

そして見かけたのは
ギンモクセイの花。

小学生の頃、
月夜に香るのは
ギンモクセイと
教えてもらった。

それでは、
あの夜に香っていたのは
ギンモクセイだったのかしら…。

これは県立体育館近くの
ギンモクセイの花。




地域コミニュ二ティーセンターの
お祭りがありました。

ついこないだまで、
避難所になっていたコミセンもあり、
祭りができること自体が奇跡!



私も司会担当で、参加しました。



芝居役者も顔負けのメイクと衣装で
日舞を披露する1町内の
おじいちゃん。

演歌歌手のような晴れ着姿で
カラオケを歌う紳士淑女。

華やかなムームー集団の
ハワイアン。

地震で憩いの家が被災して
しばらくは
稽古も思うようにできなかったと
みんなが話していらっしゃいました。



朝から夕方まで続くお祭り。

お祭りが終わったら
外のテントを片付けて、
小学校に持ち込んで
明日の運動会の準備。

運動会の準備が終わったら、
コミセンに戻り
反省会という名の
打ち上げパーティー。

地域の行事が
いつものようにできる幸せ。

来年も再来年も
この会が開けることを
願わずにはいられませんでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ままごとや」さん

2016年09月05日 | Weblog
こんにちは、サリーです。

ナムセーウンを振り切って
逃げるようにやってきました *\(^o^)/*

バスを降りて地下街を通り抜け、
電車に乗って
やってきました武庫之荘。



携帯ナビを見ながら道に迷い、
たどり着いたのがココ!



看板ピヨちゃん's が
お出迎えしてくれました。



まずは朝ごはん。

手作り調理パン2種と
お味噌汁とコーヒー。

ままごとやさんの
お味噌汁は懐かしい味。



贅沢にも
スコーンもいただきました。

もうふた昔も前のことだけど、
「ままごとや」さんと
一度だけ一緒にお菓子
作ったことがあった。

その時に
教えてもらった粉扱いが、
ホットプロセスで作る
石けん粘土に生きているんだよ。

「ままごとや」さんは、
石けん粘土の恩人なんだよ。



朝食の後は
お昼のお弁当も
買っちゃいました。

皆さんもお近くに
お立ち寄りのさいは
ご来店なさってくださいね。

南武庫之荘3丁目23-1
プチグレース壱番館102
「ままごとや」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ナムさん。

2016年09月04日 | Weblog
こんばんは。
手作り石けん教室の
サリーです。

遠出の予定があるのに、
ナムセーウンが
来るって言う。

だから
ハラハラした週末を
過ごしていました。

それでも定刻に
バス停に行ってみました。



ナムさん、thank you!
バスは動いていた (T_T)



お友達に会いに大阪へ。

行ってきます *\(^o^)/*

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リンパマッサージ *\(^o^)/*

2016年08月23日 | Weblog
こんにちは。
熊本の手作り石けん教室の
サリーです。

毎月第四火曜日の
バンブービレッジさんは、
亜美 ~tsugumi~さんの
リンパマッサージの日 *\(^o^)/*



行きたい、行きたいと思いつつ、
なかなか行けないでいたのですが、
やっと時間ができました。

とにかく、Go!



まずは、ランチタイムに滑り込み〜。

オススメはゴーヤの
ペペロンチーノ (^_-)-☆

美味しかった *\(^o^)/*



そして、楽しみにしていた
リンパマッサージ ☆彡

サリー : ここのところ、すごく身体が辛いんです。

亜美 : 猫背は身体に悪いですよ。

サリー : 猫背ですか⁉︎
気をつけてるつもりなんだけど…。

すると亜美さんが、
私の身体のどこかに触れられた。

と同時に、ビビビッと
背骨の並びが見えた気がした!

猫背の部分が、実感できた (@o@)/

凄い、凄すぎる…。

よし、来月もお願いしちゃおう!

こうして、
リンパマッサージに
ハマっていく σ^_^; なのでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

忘れたい事がある。

2016年08月11日 | Weblog
こんにちは、サリーです。
お盆休みの時期になりました。

地方都市の老夫婦の家にも
都会に移り住んだ子ども達が
帰ってきます。

昨日の夕刻。

久しぶりに隣の町内の
おばあちゃんに会いました。

4カ月振りかな…。



前に会った時、
こんなことを話してた。

おじいちゃんが
暮れに脳梗塞で倒れて
大変だった。

おじいちゃんは、
家周りを掃除した後に、
家に入ってきて倒れた。

家の中だったのが、
不幸中の幸い。

外で倒れていたら、
どんなことに
なっていたか…って。



それが、
昨日はまるで別人。

目に輝きがなく、
私が誰だかもわからない。


おばあちゃんと話していると、
車椅子を器用に操りながら
おじいちゃんが様子を見に
近づいていらした。

後遺症はあるけれど、
とてもお元気。




だけど、
繊細な心を持つ
おばあちゃんには
忘れたい事がある。

そして
忘れたい事と
忘れたくない事が、
一緒になって消えていく。





偶然今日も
おばあちゃんに会った。

東京から息子さんが
帰っていらしたからか、
昨日より少し
調子が良さそうだった。


次におばあちゃんに
お目にかかるのは
いつのことだろう。

なんとも寂しい夕暮れだった。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加