タイの生活と日本の生活

タイの蝶の写真と、タイの風俗習慣生活等を紹介できれば、と思っています。日本ではタイの雑貨等を輸入販売しています

春野町の巨大灯篭

2016-02-25 20:05:02 | カメラ
巨大灯籠
 土地では「トーロー」とよび、秋には地区の氏神である若一王子宮(にゃくいちおうじぐう)の神輿(みこし)とおなばれがここまで来ることになっています。

 石燈籠は1基で、正方形の6段(西・南は7段あり、のちに付け足したものかもしれません)の台石の上にのり、総高4.6m、燈籠の高さは2.2m、火袋は32cmの四角、竿は70cmでその東西両面に「奉獻」、北面には「永代月燈」、南面には「文久三癸亥秋九月良旦(ママ)」、台石上段には「下両組」とそれぞれあります。燈籠・台石ともに砂岩で、竿部に補修のあとはありますが、保存状態も良好です。製作年代は新しいですが、春野地域内では一番壮麗な姿をしたものです。









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春が来た ツクシも顔出しました

2016-02-23 18:07:01 | カメラ
春が来た












フキノトウ




菜の花


福寿草
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高知の春野町 吉良神社 7人みさき

2016-02-20 17:22:07 | パタヤビーチ
七人みさき
 
 今ではもう「七人〔しちにん〕みさきのたたり」などと言う人はいないでしょうが、今のお年寄りが子どもだった頃には、きのうまで元気であった人が急に寝ついたりすると、「七人みさきにおうたからだ」などとよく言ったものです。
 七人の怨霊〔おんりょう〕‐実際は八人になりますが‐悲惨〔ひさん〕な最期を遂げた吉良親実〔きらちかざね〕以下の人びとの怨霊がいつも空をさまよっており、それに行きおうた人は大病になるというわけで、人びとはこの目に見えない魔ものを大変恐れたものです。
 親実が長宗我部元親〔ちょうそかべもとちか〕の怒りを受けて、小高坂〔こだかさ〕で切腹したのは天正十六年十月四日のことです。腹真一文字にかき切り腸をつかみ出すところを、検使〔けんし〕の宿毛甚左衛門〔すくもじんざえもん〕が大刀を振りおろしたわけです。
 この夜は、親実は小高坂の下村某の家で碁〔ご〕を打っていたのですが、元親の使いという二人の者が現われ、「元親の命である。」と言って切腹を申しわたしました。親実は打ちかけの一局を収め、沐浴〔もくよく〕して体を清め、静かに半膳の食事をしたためました。そうして左右の者に言いました。
「自分は秦〔はた〕家




















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大正ロマンの家見つけた、春野町

2016-02-19 19:11:43 | カメラ
大正ロマンの家は吉良神社の五十メートル行ったところにありました
どうも、地元の病院の家のようです、
わたしはこんな家にすみたいと思いました、是非吉良神社に行ったついでに
ご覧になる事をお勧めします、









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白鷺の飛翔その3 

2016-02-16 08:43:46 | パタヤあちこち蝶ほか
白鷺の飛翔その3 だんだん要領がわかってきた、まだまだ!!
ニコンに300ミリで三脚なしだからタイミングが難しいですね、
絞りを18にして、ISO200で実験。













コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白鷺 飛翔写真 へたくそ!!

2016-02-09 19:22:14 | 蛙をたべる
白鷺 飛翔写真 へたくそ!!
ニコン300ミリで挑戦したが無理でした、上手にとるようにこれから
勉強するつもりです、うまく写す方法を教えてください、
絞りを最大にして、連射かな?



















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タイの雑貨の見本市から、

2016-02-07 09:52:43 | 蝶の給水シーン
タイの雑貨の見本市から、







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水鳥の楽園今日は白鷺と青さぎ

2016-02-04 15:56:34 | カメラ
水鳥の楽園今日は白鷺と青さぎ









コメント
この記事をはてなブックマークに追加