感染症内科医 in つくば

旧総合内科への道標。
内科・感染症診療・感染制御・臨床微生物検査に関する最近の話題をまとめております。

診療体制の整備と地域への貢献

2016-10-15 | 日々の出来事
2014年度より3年間かけ微生物検査・臨床検査の改善を行い、微生物検査に対して世界の一流施設と比べても全く遜色ない水準まで引き上げる事に成功致しました。マイコプラズマ肺炎は遺伝子診断(菌の同定及び薬剤感受性)を各職種の連携により、医師の依頼より平均90分で報告し、肺炎患者さんの多くが外来治療で可能となっております。

今後は、院内のみでなく、各クリニックを経営されている先生方、各企業の産業医先生や担当の方々に有効活用頂けるよう準備を進めております。従来より要望の強い、渡航前(旅行前)ワクチン・内服処方についても対応いたします。

2017年7月本稼働予定で、順次連携試験をすすめてまいります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小児の下痢の原因検索での定... | トップ | 医療資源の乏しい8つの地域... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。