感染症内科への道標

研究学園都市つくばより感染症診療・微生物検査・感染制御の最新情報を発信しております。

診療体制の整備と地域への貢献

2016-10-15 | 日々の出来事(管理人)
2014年度より3年間かけ微生物検査・臨床検査の改善を行い、微生物検査に対して世界の一流施設と比べても全く遜色ない水準まで引き上げる事に成功致しました。マイコプラズマ肺炎は遺伝子診断(菌の同定及び薬剤感受性)を各職種の連携により、医師の依頼より平均90分で報告し、肺炎患者さんの多くが外来治療で可能となっております。

今後は、院内のみでなく、各クリニックを経営されている先生方、各企業の産業医先生や担当の方々に有効活用頂けるよう準備を進めております。従来より要望の強い、渡航前(旅行前)ワクチン・内服処方についても対応いたします。

2017年7月本稼働予定で、順次連携試験をすすめてまいります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ATS/IDSA 院内肺炎ガイドライ... | トップ | マイコプラズマ肺炎の流行 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日々の出来事(管理人)」カテゴリの最新記事