感染症内科への道標

研究学園都市つくばより感染症診療・微生物検査・感染制御の最新情報を発信しております。

Artemether-lumefantrineはマラリア生殖母体の保菌を減らし伝播を防ぐ

2017-08-10 | ワクチン・Travel Medicine
論文名 :The Relative Effects of Artemether-lumefantrine and Non-artemisinin Antimalarials on Gametocyte Carriage and Transmission of Plasmodium falciparum: A Systematic Review and Meta-analysis
著者名 :Matthew M. Ippolito et al
雑誌 : Clinical Infectious Diseases ® 2017;65(3):486–94

要旨: artemether-lumefantrine(AL)とnon-ACTのマラリア生殖母体への有効性を比較したRCTのsystematic review

本論文から得られる知見:
・ マラリアは臨床症状が改善しても生殖母体が残り、蚊を媒介し二次感染を起こすことがある

・ 治療7日後、14日後の生殖母体の生存率で比較するとALはnon artemisinin-based combination therapy(ACT)より有効性が高かった

・ subgroup analysisではAL>amodiaquine-sulfadoxine/sulfalene-pyrimethamine>chlorquine-sulfadoxine/sulfalene-pyrimethamineの順で生殖母体への有効性が高かった
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ペルー北部での有鉤条虫感染... | トップ | 人での狂犬病、暴露前、暴露... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ワクチン・Travel Medicine」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL