gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

建と築 ラノベ版 築51日

2017-07-06 22:03:45 | 日記
感情は時に大きな力をもたらす

ベルリン大聖堂

ヒバ「コスモス」

ヒバ「フンボルト」

ヒバ「近代地理学の」

ヒバ「古典的名著」

切妻「ゲーテとの交流」

切妻「ダーウィンへの影響」

建「ダモクレスの剣」

切妻「」

切妻「チッ」

建「キケロ トゥスクルム談義」


建「ディオニュシオスはいった」

建「「それではダモクレスよ

おまえはみずからこの暮らしを

ちょっと味わって

私の幸福を

経験する気があるか?


彼がぜひやってみたいと

いうと 僭主は

当人は黄金製の

席に着くようにと命令し

食卓を金と銀で飾った」

ある日
ダモクレスが
シチリアの僭主
・ディオニュシオスの
権力と栄光を羨み
追従の言葉を述べた
すると後日
ダモクレスは僭主から
豪華な宴の招待を受けた
宴は贅を極めたものであったが
その豪華な席から
ダモクレスがふと頭上を見上げると
天井から今にも切れそうな
細い糸(馬の尾の毛)で
剣が吊るされていた
僭主・ディオニュシオスは
ダモクレスの羨んでいる
僭主という立場が
いかに命の危険を
ともなうものであるかを
示したのである
ケネディ大統領の国連演説
地球のすべての住人は

いずれこの星が

居住に適さなくなってしまう

可能性に思いをはせるべきであろう

老若男女あらゆる人が

核というダモクレスの剣の下で

暮らしている

世にもか細い糸で

つるされたその剣は

事故か誤算か狂気により

いつ切れても不思議はないのだ
つかさ「」
つかさ「アウグスト・ヴィルヘルム・フォン・プロイセン」

つかさ「1722-1758」

つかさ「ハインリヒ・フォン・プロイセン」

つかさ「1747-1767」

つかさ「ゾフィードロテア」

つかさ「ドイツ皇帝」

つかさ「ヴィルヘルム1世」

つかさ「」

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 建と築 ラノベ版 築50日 | トップ | 建と築 ラノベ版 築52日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。