快聴亭夢想録

オーディオやゲーム・アニメ等、インドアライフを擬人化した機器と語ります。 皆々様、笑って許して下さい。(^^;

ケンコー・トキナー フォンタナII ISリュック

2017年05月17日 | その他のアレ
戯休「今日はケンコー・トキナーから発売されるカメラバック『フォンタナII ISリュック』のお話をしましょう。」
旗本「ふむ・・・。 見た感じは通常の背負う型の鞄に見えるが・・・。」
戯休「収納的にはそうだね。 一見してじゃ判らないけど、これはいわゆる鞄にそのまま腰掛けれるリュックってやつさぁ。」
女王「偶に見かけますね。 いわゆるアイディア商品的な形でですが。」
戯休「結構安いやつだと、簡易的なパイプ椅子が合体してるやつとかあるよね。」
旗本「あれはあれで、わざわざ括り付ける必要もなく、便利ではありそうだが・・・。」
戯休「ただまぁ・・・いささか見栄えという点ではちょっとと思わなくもない。 それに、俺の個人的な印象だと・・・脆そうだし。」
女王「耐荷重については、人それぞれの事情もありますしね・・・。」
戯休「昔の俺なら一発K.Oする自信があるぜ!」
旗本「そんな武勇は自慢にならんわ・・・。:
戯休「で、これ。 一見して座れると判らない理由は、リュックそのものに剛性があるわけですよ。」
女王「フレーム等の骨組を内蔵しているということなのでしょうが、良い意味で判り難くて良いですね。」
旗本「全ての方向に過信は出来んが、カメラを保護するという点からしても歓迎すべきことであろうな。」
戯休「その辺は天下のケンコー・トキナー。 第一にカメラバックとしての信頼性あっての製品なはずさぁ。」
女王「そこは本当に安心出来るポイントでしょうね。 仮に座れたとしても、カメラが壊れては疲れるよりも辛いことです・・・。」
戯休「今回取り上げた理由としては、先のGWの経験があったからなんだよね・・・。」
旗本「相当疲れたと泣き言を言っておったな。」
戯休「事故がなければしばらくその話題になったんじゃなかっていう、ね。」
女王「そうならなかったのは幸いでしたが・・・。 その時の経験から、旅先でこうしたものを使って休めれば嬉しかったと・・・そういうことでしょうか?」
戯休「それもあるし、実際今回の旅行に持っていった通常の荷物の方の旅行鞄、座れるやつだったのよ。」
旗本「そういえば新調しておったな・・・。 忘れていたが。」
戯休「いやもうそれが助かったのなんのって! 今年の名古屋駅、相当人が多かったけど、そうして座れたから有難かった。 同じ場所で待ち合わせていたと思われるお年寄りには申し訳なかったけども。」
女王「羨ましそうにされました?」
戯休「他人から羨望の眼差しを浴びたのは何年振りだろうか・・・。」
旗本「状況次第では労りの心が足りぬと叱られそうではあるが・・・・。」
戯休「一応貴重品の入ったバッグを他人に、というわけにもいかんでしょうよ。 まぁそういうことにしておいてくれ・・。」
女王「そこで味わった便利さと、実際の大変さが交わって、こうしたバックに目が行ったということですね。」
戯休「いや、結構馬鹿にならないと思うぜ、これ。 リュックに一杯道具が詰まってればそれだけ疲弊するし。」
旗本「休むにはいずれ背負った荷物は降ろすもの。 場所も広がらず、他者に迷惑も掛かるまい・・・。」
戯休「勿論、健脚な人なら必要ないものだけどね。 むしろもっと大きくなって邪魔になるかもしれないけど、上に立てる、ちょっとした脚立代わりに使えるのとか出ると、喜ばれるかもしれない。」
女王「安定性の問題もありますし、実現には相当大変そうですね・・・。」
旗本「鞄としての性能を犠牲にしないと難しかろうな・・・。」
戯休「まぁその辺は蛇足な部分とうことで。 まずは座れるこれ。 疲れ易いブラザーも安心さぁ。」
『デジタルカメラ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スリーイーホールディングス... | トップ | オリンパス Tough TG-5 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL