快聴亭夢想録

オーディオやゲーム・アニメ等、インドアライフを擬人化した機器と語ります。 皆々様、笑って許して下さい。(^^;

ONKYO Scepter SC-3

2016年10月29日 | オーディオ&ビジュアルのアレ
戯休「そういうわけで・・・休日限定を含む工事、開始と相成ったですよ。」
君主「土曜日の出勤は毎度の事ですが、前もって日曜日もとなると、それなりに気が重いものですね。」
戯休「名目上は平日に休みは取れるけど、場合によってはそうもいかないわけで。」
侍「総じて暇だったというツケが一気に来た感じですかね。」
戯休「好き好んで暇だったわけじゃないけどさぁ・・・。 もうちょっとこう、通年で均一に仕事が散らばって欲しいです、はい・・。」
君主「忙しい時期は違えど、大体そんなもんですよ、仕事って・・・。」
戯休「で、気を取り直して・・・今日はオンキヨーの2ウェイスピーカー、セプターシリーズ『SC-3』のお話。」
侍「・・・・。(キョロキョロ)」
君主「何を探してるんだ?」
侍「いや・・・・絶対姫さん辺りが『忍者キャプター』を歌って乱入してきそうだと思って。」
戯休「お前も乱入する側だろうが、バカチンがぁ!」
侍「いやぁすみません。 で、主殿・・・・これはシュシュッシュと風より速いんですかね?」
戯休「速くね~し! ってか、乱入者いなくても関係ねーし!?」
君主「・・・その割に嬉しそうに見えるのが何とも・・・。」
戯休「ヲタにヲタネタは何時でも何処でも別腹なのさ・・・。 で、今度こそ戻って、と。 今や懐かしい範疇になってしまったセプターシリーズ、まさかの仕切り直しです。」
侍「15年ぶりですか。 そうは言っても15年前位であれば、主殿だってそれなりに見たり聴いたりしてますよね?」
戯休「それなりにはね。 個人的には『国産でホーン』みたいな印象が強かったけど。」
君主「中でもスピーカーではやはりグランドセプターでしょうか・・・。」
戯休「普通に『買えねー置けねー縁がねー』ではあった、うん。」
侍「今でもそれは変わらなさそうなのが切ないというか・・。」
戯休「その辺を機にしだしたら負けなんだよ・・・。」
君主「ただ今回は、設置に優しい小型2ウェイで、恐らくはその気になれば購入も可能な範疇にありそうです。」
戯休「ホーン採用の上でね。 1本30万円という価格については・・・個々の判断にお任せします。」
侍「その辺の価格帯になると、あの他社の化物みたいなスタンダード機の領域に近くなるから怖いよな・・・。:
戯休「800某ね・・・。 俺でも仮にここまで出せるなら、そっちの検討もすると思うわぁ・・。」
君主「その意味では挑戦者ですね・・・。 無論、我々とすれば実に応援したくなる挑戦です。」
戯休「何よりホーンですよ、ホーン・・・。 いまやそれだけでもステータス。 心躍るねぇ・・・。」
侍「これから先、展開していくんですかね?」
戯休「そうあってほしいけど・・・。 とはいえ、グランドセプターまでは流石に期待しない。」
君主「今の御時世、開発しようとするだけでも相当リスキーでしょう。」
戯休「ま、そういうリスクが減って、どんどん各社が攻めれる状況になって欲しいけどねぇ・・・。」
侍「でも、少しはそうなってるからこそセプターも復活したし、他者で言えばダイアトーンがうずうずしてるって事かもしれませんよ?」
戯休「そうだったらいいなぁ・・・。」
『オーディオ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Apple MacBook Pro 2016モデル | トップ | 神無月5週の反芻2016 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL