快聴亭夢想録

オーディオやゲーム・アニメ等、インドアライフを擬人化した機器と語ります。 皆々様、笑って許して下さい。(^^;

バスタに不満・・・

2017年01月04日 | 御耳汚しのグダグダ話
戯休「しかし、毎回思うけど・・・あのバスタってのは絶対に失策だよなぁ・・・。」
姫武者「結構そういう話は耳にしますけど、実際そうですか?」
戯休「使い難いったらないわなぁ・・・。 利用する度に悪いところが見えてくるみたいだ・・・。」
侍女「それでも何かどうか便利になったところがあるのではございませんか?」
戯休「ないねぇ・・・。 利用を兎に角回りくどくさせることで、管理する側が楽になっただけ。」
公女「あはははははっ、折角お金を掛けたのに、散々な評価だねっ。」
戯休「乗り場までとにかく遠いんだよ・・・。 今回はトースター持ちながらだったから余計にそう思ったわ・・・・。」
女騎士「鍛え方が足りないのではないのか?」
戯休「いや、あれはそうでなくとも辛い人は辛いぞ? 少なくともウチの親なら無理だ。」
黒侍「御高齢者には高低差がなくとも単純な距離だけで負担になるでゴザルしなぁ。」
戯休「あと、コンビニな。 狭いところに無理やり詰め込んだから通路が狭く、レジに並んでいる人だけで一杯になり、品物も見れない。」
侍女「冗談が過ぎるのでございます、主殿。 それでどうやって品物を選んで買うのでございます?」
戯休「何も持たずに列に並んで、進む内に前を通った棚から一発勝負でかごに入れ、最後に清算?」
公女「さながら遊園地の一方通行アトラクションみたいだねっ!」
女騎士「私は工場でのベルトコンベアー作業が頭に浮かんだぞ。」
戯休「そうかもしれない・・・。 まぁ酷いもんさ・・・。」
姫武者「どの辺の声を反映して設計したんでしょうね・・・。」
戯休「さぁ? ただまぁ俺の私見の範疇を出ないことは確かだし、良いと思っている人もいるかもしれないけど。」
黒侍「改善を期待するよりは、主殿が慣れるほうが遥かに話が早いでゴザろうよ。」
戯休「そうなんだろうさ・・・。 でもほら・・あの発車時間ギリギリまでヨドバシで遊んだり、好き勝手買い物したりメシ食ったりとかできるあの環境が良かったの・・・。」
女騎士「もうそこだけ聞いてると只の我儘だぞ、主殿。 あまり駄々をこねると、そうだな・・・クッコロ大魔王とやらが襲ってくるぞ?」
戯休「それお前のことだから?! ある意味既に襲われてる気もするけどね?!!」
公女「だからといって、高速バスの利用をしないという選択肢はないんだよねっ。」
戯休「その気になれば停留所まで家から歩いて行ける利便性、何よりその価格・・・。 文句を言うばかりではあるが、これからも頼りにせざるを得ない。」
姫武者「故に厳し目に見てしまうという事なんでしょうけど・・・。」
戯休「俺が東京遊びの最後の〆として新宿西口で遊んでしまう習慣があるから余計に辛いのかも。 最後に新宿に電車で着く様にして、最初から南口に行ったりすれば・・・。」
黒侍「そういう試行錯誤をしていけば、いつか上手い付き合い方が見付かると信じるでゴザル。」
戯休「ぶっちゃけ一番は・・・・JRがもうちょっと使い易いお得切符を発売してくれることなんだけどね!!」
侍女「・・・こと此処に至って色々と台無しな台詞なのでございます・・・。」
戯休「今は無き『かいじきっぷ』こそ至高・・・。 猛烈に復活を望むです、はい!!」
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初売り2017 | トップ | 終わる休み »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown ( )
2017-01-05 21:26:18
そんなに悪いかねえ・・・
一旦新宿まで来てそこから各地方への高速バスに
乗ろうとした場合、到着後に迷路みたいな新宿駅
周辺をうろつかずに待合室でのんびり出来るように
なっただけ、とてもありがたいんだけど・・・
Unknown (戯休)
2017-01-06 18:06:12
コメント有難うございます!

この印象に関しましては、私個人での感想に他なりません。
私自身がそう感じてしまったのでこのような内容ですが、他の方が違う印象を持つことは当然のことです。

そんな中、私と違う意見を戴き、大変有難く思っております。
こちらを見て下さった方々が、良い意見も悪い意見もあるから、評価は自分で判断しよう・・・ということになっていただければ、とても意義のあることだと思います。

これからもよろしくお願いします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL