快聴亭夢想録

オーディオやゲーム・アニメ等、インドアライフを擬人化した機器と語ります。 皆々様、笑って許して下さい。(^^;

PIONEER PD-70AE

2017年10月04日 | オーディオ&ビジュアルのアレ
戯休「今日はちょいと時間がない日なので急ごうか。 パイオニアのSACDプレーヤー『PD-70AE』のお話。」
芸術家「ううん♪ 今度はSACDプレーヤーって、人によってはオワコン扱いで寂しいさ?」
戯休「ところがどっこい、まだまださぁ! しかもこれ、ディスク再生特化型なのだぜ。」
執事「おお、それはまた・・・SACD対応のディスク特化型など、最早絶滅危惧種ですぞ。」
戯休「有難うパイオニア! 何だかんだ言っても、レーザーディスクの盟主はディスクを見捨てなかった! メルシー! おお、メルシー!!」
芸術家「もうテンションがおかしなことになってるさ?」
戯休「しかも、だ・・・見事なまでの物量作戦ときた。 これだ・・・これだよ・・・・。」
執事「大艦巨砲主義、ド直球でうのぅ。」
戯休「でも、こういう物量作戦って、やっぱり効くよ? ネットワークプレーヤーだって、もっとこういうアプローチすればいいのに。」
芸術家「不思議とスカスカさ? 良くも悪くも、さ?」
戯休「その重量、約19.6kg。 胸が熱くなるな。」
執事「しかし、所謂ハイレゾ対応がSACDのみというのは、いくら何でも思い切り過ぎではありませんかの?」
戯休「だから、データディスク再生対応になってるよ。 WAVやFLACとかなら192kHz/24bitまで、DSDなら5.6/2.8MHzまでOKさぁ。」
芸術家「ううん♪ それは何気に嬉しいさ? ディスク特化に偽り無く、今時対応さ?」
戯休「この前、そこまでのデータディスク対応をしておきながらSACD非対応とかいう機種にちょっぴり傷心したけど、今度はバッチリだね。」
執事「こういう形で生き残ってくれていけば、まだまだSACDプレーヤーも生き延びていけそうですのう。」
戯休「プレイリストを作るつもりでハイレゾデータディスクを作成する・・・後はそれを載せて再生するだけ・・・。 マーヴェラス!」
『オーディオ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« SONY PlayStation VR CUH-ZVR2 | トップ | ミュージックバード MBX-1 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お久しぶりに御座います (遊休)
2017-10-06 18:24:30
 音質なんて下手すりゃチップ一枚で決る…と言わんばかりのデジタル技術全盛のご時世にこの物量大投下…先日発売されたネットワークオーディオプレイヤーの新製品が物量ほぼそのままのチューニングし直しました製品だったので意外性2倍界王拳です。

 これは素直に羨ましい…当製品の下位機種(「PD-50AE」?)か、パイオニアも着々と準備しているであろうUHD BDプレイヤーに同等の物量かエッセンスを搭載してもらいたく思う所存であります。
Unknown (戯休)
2017-10-07 08:15:34
遊休様、コメント有難うございます!

まだまだ物量投資に浪漫を感じる年代なもので、大変な魅力を感じています。

こんなスタンスでUHD-BDプレーヤーなんか出してくれたら、涙と涎で干乾びそうになりますね・・・。

昔搭載されていた、CDを逆さにセットするターンテーブルなドライブ、復活してくれたらガチで検討します、はい。

コメントを投稿

オーディオ&ビジュアルのアレ」カテゴリの最新記事