戯人舎

『夢あるいは現』日記

「夢あるいは現」日記 『この空を飛べたら〜』

2017-07-13 | 日記
 『この空を飛べたら』を初めて聞いたのは、中島みゆきの歌ではなくて、加藤登紀子の歌だった。場所は、天王寺野外音楽堂で、バックバンドは何とセンチメンタルシティーロマンスだった。突然の進路転換をして、劇団に入って何年か経った頃、初演出を経て、この野外音楽堂でも公演をやろうと思っていた自分の、その時の心情で聞いたせいなのか、5月の、しかも野外での、青空と風に運ばれて来る音楽とで「歌詞」とは別のイメージを抱いたのか、その後、この歌は僕にとっての応援歌になった。「ああ、人は昔々、鳥だったのかも知れないね」だから、色々あるけれど、やると決めたのだから、飛んでみようと。
‏ そんな想いをずっと持っていたからなのか、清水邦夫の『とりあえず、ボレロ』に出て来る「ボレロということばの語源知ってる?ボウラー、とぶという動詞なんだ。とぶ。一寸先の闇へとぶ。とりあえず、とぶ。そしてやぶれたら…そう、とりあえず、バイロンさ」と言う台詞に、ずっとシンパシーを感じていたし、戯人舎を名乗るようになってからのレパートリーの大半を清水作品が占めることになった要因でもあった。迷ったら、飛ぶ。とりあえず、飛ぶ。そして例え、失敗だったとしても、うだうだ思わないで「とりあえず、バイロンさ」と。
‏ 十年は一昔なら、もうそろそろ、昔、芝居をやって居ましたと、言わなければならない年月が過ぎない内に、再び「はるかなる戦いの日々」に復帰しなければならないと。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「夢あるいは現」日記 『信... | トップ |   

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ゆり)
2017-07-14 12:28:26
よく「とべ!」と言われたのを思い出しました。
「とりあえず、ボレロ」の台詞も今読み返すと感じることが10年前とはずいぶん違うものですね。
確かにこの台詞には勇気をもらえます。
Unknown (ゆり)
2017-07-14 12:30:08
再びの「戦いの日々」を楽しみにしています

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。