岐阜大学ボート部

2013年、復活! 部員46名で楽しくわいわいがんばってます!

岐阜レガッタ!!!

2017-05-03 01:50:08 | 大会
こんにちは!こんばんは!おはようございます!岐阜大学ボート部です!

日に日に気温も上がってきて、ボートを漕ぐには最適な季節となってまいりました。

ここを過ぎると熱くなってくるので、漕いでいる身としては今ぐらいの季節が一番良いなぁと思う毎日であります。


さて今回は!前々から言っておりました!岐阜レガッタのご報告をさせていただきます!

タイムは書きますが本名は伏せさせていただきます、ご了承ください。





男子シングル予選結果
4分29秒(S石)6着
3分57秒(S口)1着
4分11秒(N瀬)5着
5分1秒(T村)6着
4分25秒(I木)6着


う~ん、微妙...というか遅い!圧倒的に練習不足ですね...我々岐阜大学ボート部は練習するための場所が大学から車で一時間という環境にあります。

そのため水上に出ての練習は土日しかできません...それを言い訳にはしたくないですが、兎にも角にも練習不足であることは疑いようがない!

陸上でのタイムを水上でも出すことが出来るようもっと経験を積むべきであると痛感いたしました...

というかみんなスタートでミスりすぎよ...後半500mより前半500mのほうが遅いってどういう事や!!!

という訳で!スタートの練習がシングルスカルの選手たちには必須であるという事がわかりました!直すべきポイントがわかっているのは大きい事です。

そしてそして!一見良くない結果に見えますが、我らがエース!S口君が余裕のよっちゃんで一位となり準決勝へと上がってくれました!!!素晴らしい!!!

漕ぎ終わった後の「余裕だったわ」の一言には次期エースの風格を感じました。

それからどれとは言わんが筆者!!!だからおめ~はオールを返すのが遅ぇんだよぉッ!!!





男子ダブル予選結果
3分56秒(S&T)6着
4分16秒(I&Y)6着


こちらも結果は惨敗でした...こちらは練習不足というよりも練習中の様に本番漕ぐことが出来なかったという感じでした。

本番に慣れる事も非常に大切です。練習中はブイは浮いていませんからそれにぶつからない様に漕ぐ事を練習から意識すべきだと学びました。





女子シングル予選
4分40秒(Y田さん)6着
5分54秒(S井さん)6着

体力不足やパワー不足など様々な課題が浮き彫りとなりました。

ただ、技術はついてきているのではないかと筆者は見ていて思いました。






男子4×オープン参加
3分21分(TGBO)(オープンなので順位とかないが2着)


圧倒的じゃないか!!!我が軍は!!!我が艇は!!!我らが先輩は!!!

ただ一つ気になりましたのが中部電力さんに負けてしまった事です。彼らは舵手付きフォア、我々はなしクォ...力の差を思い知りました。

ただまだ数回しか乗ったことがない艇でしたのでこれからに十分すぎるほど期待を寄せられます!







男子シングル敗者復活戦
5分01秒(S石)5着
5分35秒(T村)6着
4分24秒(N瀬)5着
4分43秒(I木)6着


練習不足に加えてBADコンディションに弱いという事が判明した敗復でした。

そして筆者は壊していた膝に限界を迎えました、皆さんも体は労わりましょう。






女子シングル敗者復活戦
4分46秒(Y田さん)3着
6分01秒(S井さん)6着


一方女子シングルは敗者復活で一人勝ち上がることが出来ました!

疲れてきても最後までフォームを崩さなかったのが功を奏した様です(筆者視点)!おめでとうございます!






男子ダブル敗者復活戦
4分09秒(I&Y)5着
4分26秒(S&T)6着


体力が限界に来ると目に見えてバランスとスピードが悪くなってしまうのがダブルというものです。

体力をひたすらつけるのも大事ですが、ペアを組んでいる者同士一緒に漕ぐからには、同じ位に体力を鍛える事も大切だと見ていて思いました。

ブイにあたる事件も多発しましたのでやはり、BADコンディションでまっすぐ進む訓練が足りないなぁと感じました。

だっていつも練習してるところが天気良いんだもん!!!大会も同じ場所だけどね!!!







男子シングル準決勝
3分57秒(S口)2着


どうもS口(本人)です。予選はある程度余裕があったんですが.....

準決勝、独特の緊張感、自分よりも強い選手がいるというプレッシャーにより、スタート直後オールがブイに激突.....

周りの選手に何艇身つけられたのでしょうか.....2?3?それ以上ついていたのでしょうか.....

全力をだしても1着の選手には追いつけませんでした。というより相手の選手、本気で漕いでなかった.....

来年もう一回勝負したい!いや、今年中にその選手がいる石川県の大会に出場して並べたい!次こそは!!!!!

とにかく感じたことはスタートが遅いこと...いくら体重が重いとはいえ最高速度になるまでに時間がかかりすぎる。そしてレートが遅いこと...

海外の選手のようにスタートからフィニッシュまでレート34ほどで漕げるようにしないと...

やはり、自分の弱さを認めないと成長できませんね.....結果は惨敗ですがいい経験になりました。

そして最近の悩みは艇の重量制限を超えてしまって艇が沈むこと。ハイトが余計に低くなる、漕ぎにくい、もっと上半身も使ってしっかり漕ぎたい!

どうしても猫背になってしまうので艇にうまく力がかかっていないのでしょうか...まあ、艇のことを考えるより先に見直すべき点が山ほどあるのですが...

そんなことはさておき、岐阜レガッタの結果が悔しく、これからはもっと練習を頑張らないと、という訳で翌日2000mエルゴをしました。記録6:50.3

まだ遅い、弱い、弱すぎる。明らかにパワー不足.....もっと筋トレもして体重増やさないと...(目標の体型はNZLのkiwipairです)

今年中には体重を85オーバーにして6:40を、いや、6:30をきる!!!



そして今年、絶対どこかの大会で1位になってやる!!!





女子シングル準決勝
4分50秒(Y田さん)6着


準決勝の敵は手強かった。かなり接戦に持ち込みましたが、結果は惜しくも六着。

何着になってもおかしくない試合でした。次回も期待しております。






男子4×オープン参加
3分15秒(TGBO)(オープンですが一応1着)


勝った...明らかに艇の種類は違うけど...悔いなしの一着となれました!!!

ただ悔いなしとは反省なしという意味ではありません。見直すべきことは沢山ありました!私は乗ってなかったからわかりませんけど!

新しく手に入れた(買って頂いた)この艇で我々は世界を絶望のどん底に叩き落して見せます!!!これからの猛特訓と成長にこうご期待です!!!











という感じで今年の岐阜レガッタは終了いたしました!う~ん、はっきり言って...いやはっきり言わなくとも結果は微妙でした。悪かったとすら言える。

一番の原因はやはり水上での練習不足でしょう。ブイにオールが衝突する事件やスタートミスは陸上の練習では直すことが出来ない課題です。

今回の大会をバネとして次回も等と安直なことを言うつもりはありません。我々はいつだって勝ちたい、負けてたまるかという思いでやってきました。

それでも今回の大会で、間違いなく我々は今まで意識していなかった新たな課題を見つけたはずです。

今回の敗北を精神的なバネとして、悔しさに歯を食いしばりながら頑張る...ではただの体育会系です。

悔しさは取り敢えず置いておき、冷静に自分の欠点、弱点、長所を意識し、水上に行ける事が少ない分、一回一回の練習に今まで以上集中していく事こそが勝利への道です。

後ろを向きながら進んでゆくボートに倣って我々もしっかりと過去の自分の漕ぎを見つめながら成長していくことが出来れば、

そして今回の大会が決して無駄なものとならない未来に辿り着くことが出来れば喜ばしいと思います。











さて!今回は凄く真面目な感じで進めてしまいました!申し訳ない!最後なんてポエムみたい!ヤダ恥ずかしい!

え?そんなに真面目でもない?いやいや今回ビックリマーク少なかったでしょ!知り合いにビックリマーク多すぎるから減らせと言われたんで減らしたんですよ!

そんな私事はさておき、上の様に真面目過ぎるまま締めてしまっては、岐阜大学ボート部らしくもない!だからいつものテンションで締めさせていただきます!

いつも応援してくださっている皆様、今回は良くない結果となってしまい申し訳ありませんでした!

新歓も落ち着きましてこれからは練習に本腰を入れることが出来ますのでどうかこれからもご声援よろしくお願いいたします!

今回は長くなってしまいましたがここまで読んでくださった方、そして岐阜レガッタ関係者の方々本当にありがとうございました!

それではまたお会いしましょう!!!次回から筆者変わるけどね!!!ここ五回ほどありがとうございました~!











PS



岐阜大学ボート部は後片付けもする素晴らしい部活です(当然)。



岐阜大学ボート部twitter⇒ https://twitter.com/rowing_gm
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 試漕会と岐阜レガッタのご報告! | トップ | 新歓合宿!! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿