Kオジサンの気の向くまま

日々のあれこれ・・・・・思いつくまま

再び、   この世界の片隅に

2017年03月04日 23時03分40秒 | 映画

私は、「この世界の片隅に」を名古屋で観て来ました。
カミさんがこの映画を見たいと言っていました。
隣街の関市で上映していましたので、私は2回目となったのですが、一緒に観に行って来ました。


通常では上映されない作品ですが、リクエスト作品として上映されました。
空襲で焼夷弾の落ちるシーン。
広島に原爆が投下されるシーンも有りました。
戦時中のモノの無い耐乏生活のシーン。色々有りました。
すずが姪の晴美と歩いていて、空襲の後へ来て、時限装置つきの爆弾で晴美が亡くなってしまいます。すず自身は右手を吹き飛ばされます。残酷な場面は、直接は出ませんでしたが、見ている人に想像させました。銃後でもこのような事が有ったと教える作品でした。
映画の中で、浦野すずが嫁ついで北條すずとなります。
すずの両親は海苔を造っていまして出て来た場所の名が「江波」でした。
どのような場所なのか、検索してみました。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%9F%E6%B3%A2_(%E5%BA%83%E5%B3%B6%E5%B8%82)#.E5.B9.B2.E6.8B.93.E3.81.A8.E5.9F.8B.E3.82.81.E7.AB.8B.E3.81.A6
ここで育ち、呉へ嫁ついで行ったのです。
こんな事を調べ、広島や呉の地理が判らなかったのですが、映画の深さを感じました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 岐阜版遊会 木版画展 | トップ | 昔の酒造用具と懐かしの道具... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。