COCO’s tea room

気になった出来事について更新していきます

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『ストーリー・セラー』

2011-03-28 | 
. . . 本文を読む
コメント

『悪の教典-上-』

2011-03-03 | 
. . . 本文を読む
コメント

『ペンギン・ハイウェイ』

2011-02-27 | 
読書マラソン実施中です。 今回は、森見登美彦さんの 『ペンギン・ハイウェイ』を 読みました。 何か独特な世界ですね。 第31回日本SF大賞受賞作ということですが、 非常に楽しく拝読できましたよ! 森見さんは『夜は短し歩けよ乙女』を書いてとのことなので、 本屋大賞読書マラソンが終わったら読んでみましょうかね。 . . . 本文を読む
コメント

『ふがいない僕は空を見た』

2011-02-19 | 
2011年本屋大賞の候補作を読む読書マラソン実施中。 今回は、窪美澄さんの 『ふがいない僕は空を見た』を読みましたよ。 もう、凄くドロドロした世界。 人が生きるって辛いこともある… でも、何があっても生きること。 このことを語りかけられた気がしました。 今が苦しくても頑張っていこう! 大変、意義深い読書でした。 ただし、性交を濃厚に書いてあるシーンがあるの . . . 本文を読む
コメント

『キケン』

2011-02-16 | 
2011年本屋大賞が発表されるまでに、 候補作10冊を読み切るという 読書マラソンを敢行中です。 今回、読んだのは有川浩さんの 『キケン』です。 表紙を見た時、学生運動の話しかと思いましたよ(笑) 表紙のインパクト強すぎです! まあ、感想としては、 自分の学生時代もこんなに人に話したい時代を過ごせたかな と思い返していました。 今、学生生活をしている人達 . . . 本文を読む
コメント

『神様のカルテ2』

2011-02-14 | 
本屋大賞2011年の候補作10冊が発表されました。 大賞が発表されるまでに、 候補作を読み切る読書マラソンを始めました。 大賞が発表されるまでに読み切ることができるのか…。 今回、読んだのは 『神様のカルテ2』 『神様のカルテ』の続編ですね。 著者は夏川草介さんです。 地方病院の緊急医療に携わる一止(いちと)と、 カメラマンの細君であるハル。 彼等の住み . . . 本文を読む
コメント

『本田宗一郎 夢を力に』

2011-02-11 | 
こんな本を読みましたよ。 世界のホンダを作りあげた人。 そう『本田宗一郎』氏の自伝本。 株式会社パナソニックの創業者である松下幸之助氏と並ぶくらい、 好きな事業主に選ばれていましたっけね。 興味深く読みましたよ。 次は誰の本を読みましょうかね、SONYの井深氏の本とかありますかね? . . . 本文を読む
コメント

『江-姫たちの戦国-下』

2011-02-05 | 
ついに、読み終わりました。 田渕久美子さんが書いた本は初めて読みましたが、 非常に面白かったです! 大河ドラマはまだ序盤ですが、 今後も楽しく見たいものです! . . . 本文を読む
コメント

『江-姫たちの戦国-』

2011-01-23 | 
今回、読んでいるのは、この本。 『江-姫たちの戦国』 そう、今年の大河ドラマで、 上野樹里さんが江役を演じています。 上・中・下巻の三刊ありますが、 今回は、上巻を読み終わりました。 ドラマになる作品のせいか、比較的、会話文が多いので、読みやすいですね。 久々に司馬遼太郎氏以外の歴史物を読みましたが、 なかなか面白い作品です。 . . . 本文を読む
コメント

謎解きはディナーのあとで

2011-01-15 | 
お嬢様刑事が殺人事件を解決する話。 ここまで聞けば、ありそうな話だが、 実は毒舌執事が難事件を解決に導く。 ユーモアたっぷりの本格ミステリー作品。 面白いぞ、これは!! 本屋さんにあったPOPを見て購入しましたが、 ミステリー苦手の人にもお勧めできます! 著者は東川篤哉さん。 ぜひ、ご一読を! . . . 本文を読む
コメント

『翔ぶが如く』

2010-03-27 | 
今年から読んでいた本。 やっと終盤です。 この本、大作です。 【タイトル】翔ぶが如く 【著者】司馬遼太郎 【発行所】株式会社文藝春秋 全十巻という長さ。 話の内容は、明治維新の話ですね。 よくある本の紹介では、征韓論争で敗れた西郷が薩摩に帰り西南戦争を起こす…。 ただ、読んでいるうちに、結論はそうであっても、そこまでの過程を知らずして、明治という時代を語れない。 そのためには、警 . . . 本文を読む
コメント

国連改革-「幻想」と「否定論」を超えて

2010-01-26 | 
【タイトル】国連改革-「幻想」と「否定論」を超えて 【著者】吉田康彦(よしだやすひこ) 【発行所】株式会社集英社 【発行日】2003年12月22日第一刷発行 【種類】集英社文庫0224A 【ページ数】254ページ 【ISBNコード】4-08-720224-0 【定価】本体700円+税 国連広報官、IAEA広報部長を務めた経験がある著者が書いたこの本。 国連こそ万能な機関である「幻想」を打ち破 . . . 本文を読む
コメント

パレスチナ紛争史

2010-01-25 | 
【タイトル】パレスチナ紛争史 【著者】横田勇人(よこたはやと) 【発行所】株式会社集英社 【発行日】2004年5月19日第一刷発行 【種類】集英社文庫0244D 【ページ数】206ページ 【ISBNコード】4-08-720244-5 C0222 【定価】本体680円+税 パレスチナ問題は、非常に複雑でわかりにくい。 この問題を、過去の歴史に沿って、わかりやすく解説してくれる本書。 また、第 . . . 本文を読む
コメント

はじめての年金・医療保険 -保険の基本は社会保険から

2010-01-22 | 
【タイトル】はじめての年金・医療保険 -保険の基本は社会保険から 【著者】兒玉美穂(こだまみほ) 【発行所】株式会社集英社 【発行日】2001年2月21日 第一刷発行 【種類】集英社文庫0079B 【ページ数】220ページ 【ISBNコード】4-08-720079-5 C0236 【定価】本体660円+税 医療保険や年金制度を初心者向けにわかりやすく紹介してくれている本。 社会保険に疎い人が . . . 本文を読む
コメント

機密費

2010-01-21 | 
【タイトル】機密費 【著者】歳川隆雄(としかわたかお) 【発行所】株式会社集英社 【発行日】2001年8月22日 第一刷発行 【種類】集英社文庫0103A 【ページ数】206ページ 【ISBNコード】4-08-720103-1 C023 【定価】本体660円+税 外務省官僚の松尾克俊元要人外国訪問支援部長の横領事件をきっかけに世間に「機密費」が知れ渡る。 この作品では「官房機密費」と「外交機 . . . 本文を読む
コメント