自由と正義のための選択肢

今後の日本の進むべき道を考える政治ブログ

マスゴミに不都合な真実

2016-11-05 12:19:57 | Anti-M

媒体(メディア)は洗脳の道具にもなる。
報道も人間が行うものだからどうしても主観が入る。
それは仕方ないが、捏造記事や飛ばし記事は許されない。
ウソは必ず大きなマイナスとして自らに戻ってくるだろうに。

権力におもねることは卑しい行為だ。全く同感だ。
変な妥協記事も同様だ。権力も悪いが反対派も悪い、的な。
自らが見た通り感じた通り報道すればいい。ところが、できない。
媒体が巨大化し媒体業界で暗黙の了解ができてしまうのだ。

つまり、業界自体が権力化し、真実が伝わらなくなるのだ。
闇取引や暗黙の了解で彼らは報道しない自由や印象操作を行う。
マスゴミ帝国、闇の権力者はマスゴミだ。しかもヤバくなると掌返し。
反権力で庶民の味方を標榜するが、正体は営利企業だ。しかも汚い。

ゴミの正体は南朝鮮を見ればわかる。南朝鮮の雛形は日本だから。
反日を煽り、世論調査で政権を中国に傾斜させたのはマスゴミ。
中国が冷たくなり経済がヤバくなると全責任をパククネ政権に。
国政を壟断したのはチェスンシルよりマスゴミ。しかも現在進行中。

日本マスゴミの南朝鮮隠しはネットの普及で完全に崩れた。
北朝鮮の拉致公認の時のようだ。それまで媒体業界は拉致を完全無視。
チェスンシル事件で掌返しが始まる。「腐れ国家、嫌韓は正しかった」
もううんざり。新聞は読まず、テレビはなるべく見ないようにしよう。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 崩壊が始まる | トップ | 半島に近いということは・・・ »
最近の画像もっと見る

Anti-M」カテゴリの最新記事